「GNW-20000 アルケーガンダム」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

GNW-20000 アルケーガンダム」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 |【型式番号】|GNW-20000|
 |【機体名】|アルケーガンダム|
 |【読み方】|あるけーがんだむ|
 |【所属陣営】|イノベイター|
 |【パイロット】|アリー・アル・サーシェス|
 |【動力】|[[GNドライヴ[T]]]×3|
 |【装備】|[[新型GNバスターソード]]&br()[[GNビームサーベル]]×2&br()[[GNファング]]×10&br()[[GNシールド]]|
 |【ベース機】|[[GNW-002 ガンダムスローネツヴァイ]]|
 
 **【詳細】
 [[GNW-002 ガンダムスローネツヴァイ]]のデータをベースに、イノベイター(イノベイド)側の最新技術を注ぎ込んで作られた新型ガンダムタイプMS。
 
-権天使である「アルケー」という天使の名を冠してはいるが、悪魔的に異様に伸びた長い四肢が特徴で、全身が深紅に塗装されていることとジンクスのような四つ目を持つこともあり悪魔のごとき外見を持つ。
-胸と両足に計3基の擬似太陽炉を持ち、圧倒的な高出力を備える。
+権天使である「アルケー」という天使の名を冠してはいるが、異様に伸びた長い四肢が特徴で、全身が深紅に塗装されていることとジンクスのような四つ目を持つこともあり悪魔のごとき外見を持つ。
+胸と両足に計3基の擬似太陽炉を持ち、出力に優れる初期型の擬似太陽炉ゆえに圧倒的な高出力を備える。
 
 武器は[[新型GNバスターソード]]と[[GNファング]]。
-ツヴァイのデータが反映されているものの、バスターソードは右腕に接続することでビームライフルとして運用が可能でファングも搭載数が増加した。
-また両足のつま先にビームサーベルを搭載し奇襲戦法が可能。
-サーシェスの得意とする格闘戦により特化した機体となった。
+ツヴァイのデータが反映されているため基本武装はツヴァイとあまり変わらない。
+
+だがアップデートが行われているためバスターソードは右腕に接続しパーツを展開することでビームライフルとして機能し、ファングも性能が5%上がり搭載数が増加した。
+またサーシェスの得意とする足技を強化するためつま先にビームサーベルを搭載し、奇襲戦法が可能。
 
 イノベイター専用MS同様バックバックと頭部が変形し[[コアファイター]]となるが、疑似太陽炉は搭載せず、コンデンサーに貯蔵したGN粒子の分しか航行できない。
 
 なおアルケーに搭載されている擬似太陽炉は初期型であり、圧縮すると強い毒性を持つ欠点はそのままになっている。
 ----