国家賠償訴訟

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A.保護者の権利利益

 

1審は、保護者の保育所選択権(児童福祉法24条による)に対する侵害を認めた。

    →大阪高判平成18年4月20日判例地方自治282-55は、本件と同じような保育所廃止条例のケースで、民営化に    

     伴う信義則上の義務違反を認めて、国家賠償請求を認容した。

 

 

B.市の裁量権の逸脱濫用

 

侵害の明白性がなければ逸脱濫用とは判断できない。

    →最判平成17年9月14日行政判例百選209事件

最終更新:2009年07月31日 14:39