「ブレンシエイル・リーベンヒルデ/ディアドリート・ソロン・ケレビシアン」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ブレンシエイル・リーベンヒルデ/ディアドリート・ソロン・ケレビシアン」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &font(#6495ED){更新日}:&update(format=Y/m/d D H:i:s) &new3(time=24,show=NEW!,color=red)
  
 ----
 &link_anchor(メニュー){▽}タグ一覧
 &tags()
 ----
 
 
 基準年より数千年前に誕生したクウィンディエスの女子。
 淡い金色の髪色と青色に輝く瞳が特徴で基準年においてはまだ少女であった。
 両親を事故によって失った孤児で孤児院で育った後にブレンシエイル家に引き取られて
 養子となった曰くつきな経歴があるが非常に芯が強い性格であり、
 誰が相手でもほとんど動じない程落ち着いており、
 特に幼少時代は監視者の個体であることを考慮しても年齢に
 似合わず他の同年代の個体よりもどこか大人びているところがあった。
 
 ひょんな事からレオニウス・ヴァスティローネと出会っており、
 当初こそ警戒したものの次第に優しさに惹かれて心を開く。
 以来レオニウスおじ様と呼んで慕うようになり、行動を共にするようになる。
 
 そんな彼女の運命を変えたのが当時連鎖していた事件群の
 一つであるディアドリート家を巡る騒動(ディアドリート騒乱)だ。
 この事件で彼女は古王家の復活と支配を目論む同族にして変種のジェムノアス・メルクリードに
 誘拐されてしまい、ジェムノアスと結託し、ディアドリート家復活とその支配を目論むゼフェレス・ルーゼンフェイドと
 危うく婚姻させられかけるが式に乱入したレオニウスら勇士の活躍によって救助され、ルーゼンフェイド一派も逮捕されるものの、同時に「もう貴方とは居られない」と意味深な言葉をレオニウス達に言い放ち、
 その目の前でジェムノアス・メルクリードと腹違いの兄でディクロス・ヴァルドケートの隊長の一人であるディアドリート・ソロン・イルドゥラーグに連れられ、
 そのまま行方知れずとなってしまう。
 
 実は彼女はクウィンディエスの中でも伝説として語り継がれる女傑ディアドリート・ガラディエルの末裔であり、
 現在は数少ない直系の末裔の一人である。
 つまりブレンシエイル・リーベンヒルデは本名ではなく、ディアドリート・ソロン・ケレビシアンが真名である。
 
 というのもこれはエルピナス危機後にマレフィオスフリートの残党によるディアドリート家を標的にした工作が
 激化したためであり、一族の者が自らの命を守るために他の一族に吸収されるなどで
 ディアドリート姓を名乗る人物が年々減少していったためだ。
 
 ルーゼンフェイドに狙われ、ディアドリート家復活の政略結婚の為に誘拐されたのもこのためで
 ディアドリート家の復活及び、本家と分家の統一と支配を目論むジェムノアスが
 同じ野望を持つルーゼンフェイドと結託したのだ。
 
 ジェムノアスらに連れられ、実家へ帰った彼女は祖父であるディアドリート・メッツァーナと再会、
 同時にディクロス・ゾルカムーアが死亡したはずの実の父ディアドリート・カルゾアームであることも知る。
 
 そこから暫くの年月が経ち、ベルナディール・コンツェルンの直属の私設兵団ディクロス・ヴァルドケートが蜂起し、
 エゼリア正規軍と衝突したクーデター事件ではディクロス・ヴァルドケートの鼓舞役兼前線隊長として金色のクウィンセルドを纏って赴き、
 白きクウィンセルドを纏う戦士と刃を交えるがそれがマキシエールである事に気付くと降伏し、
 正規軍側へ寝返り、ディクロス・ヴァルドケートの軍勢へ対抗する治安部隊や正規軍に加勢する。
 エゼリアでのクーデターを鎮圧した後はマキシエールと共にクウィンセルドを着た状態でロケット型のカプセルで
 宇宙へ出るとディクロス・ヴァルドケートの新兵器を前に戦意を失いかけていたエゼリア正規軍を鼓舞、
 死闘の末にカルゾアームを見事打ち倒し拘束、連行するもその途中で宇宙船の爆発に巻き込まれ、
 クウィンセルドに守られて負傷こそしなかったものの、気を失い、
 そのまま宇宙空間へ放り出されて行方不明になってしまう。
 
 クーデター事件収束後、暫く発見されず仕舞いだったことからマキシエールには死亡と判断され、
 葬式が行われたがそれを信じないレオニウスが宇宙船を駆って捜索、
 エゼリア周辺でゾルカムーアと共に漂っている所を発見され無事救出されるが
 同時にマキシエールが自身の葬式を行っていることを知ると葬式場へ赴き、
 マキシエールの顔を殴打、直後に掴みかかり、周囲を唖然とさせるが
 二度は手を上げず、優しく抱き締めている。
 
 事件収束から暫く経ち、落ち着いてきた頃にマキシエールが
 改めて葬式の件を謝罪し、同時にプロポーズしようとすると
 有無を言わさず、唇でマキシエールの口を塞ぎ、「これが答え」と承諾する。
 その後レオニウスら盟友を招待すると故郷のエゼリアで盛大な式が行われ、
 マキシエールと彼女の二人は晴れて夫婦となったのである。
+その際には誇張こそあれどエルピナス系の何兆という人物が
+マキシエールに嫉妬したとも言われているらしいのだが。
 
 未来史においては隠していた本当の姓であるディアドリート姓を正式に名乗るようになり、
 伝説の女傑ガラディエル復活の象徴という意味合いもかねて"黄金の不死鳥"という敬称で呼ばれるようになる。
 同時に企業の私設兵団に過ぎず、クーデター事件以降活動を休止していたディクロス・ヴァルドケートを体制などを一新した上で
 再編し、遊撃部隊である新生ディクロス・ヴァルドケートを旗揚げするとその指導者となった。
 
 成人後は2mを超える長身にクウィンディエスとしても1,2位を争うほどの美女に成長しており、幼少期以上に肝が据わり、
 凛とした雰囲気を崩さない戦乙女となっている。
 その美貌は仲間たちの士気を高め鼓舞する際にも役立っている他、
 同族や近縁種の男性はおろか同族のライバル種族であるケイオルディスの男性たちをも虜にするほどといわれ、
 宇宙海賊のディグロムをして"いい女"と太鼓判を押し、同じく宇宙海賊のバルヴォロス兄弟や暗黒騎士の異名を持つレイネス・メルゼラーグに
 至っては妻にしようと彼女を追い回しては求婚するほどとなっているのだ。
 
-そんな彼女も事件群がきっかけで相思相愛となったアルテシル・フィン・マキシエールと遂に結婚するが
-その際には誇張こそあれどエルピナス系の何兆という人物が
-マキシエールに嫉妬したとも言われているらしい。
-
-ディクロス・ヴァルドケートの最高指導者となった現在は前線に
+ディクロス・ヴァルドケートの最高指導者となってからは前線に
 出ることは減ったが修練は怠っておらず、幹部達と模擬戦を
 行うことがあるという。
 
 
 スペック 身長:170cm~218㎝、gex13~
 
 台詞
 「絶対に死なせません!なんと言われようと貴方を人として裁きます!」
 「現実に目覚めた?貴方は現実から逃げているだけ。理想も夢も失った空っぽの存在となった自分から!」
 「時の流れとは実に残酷なのですね。あの時の貴方はそんな事を言う方ではありませんでした。」
 「お久しぶりですディグロム殿。こんな形で相まみえようとは実に光栄。」
 
 
 >&bold(){感想}
 >モチーフは指輪物語のケレブリアンとロードス島戦記のディードリット、ゼルダの伝説のヒロイン、ゼルダ姫、
 >そして機動戦士ガンダムF91のセシリー・フェアチャイルドことベラ・ロナである(多いな
 >元々はエルピナス危機で活躍した女傑ディアドリート・ガラディエルの末裔としてチャット等で
 >名前だけ挙げていたキャラだったがずっと設定を考えていなかったため今回思い切ってテキスト化に至った。
 >銀河系でも重要なキャラとして作ったつもりなので
 >今後もチャット等で慎重に議論を重ねてキャラの骨組みを構築していきたいと思っている。