236史

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

236enterの開設

2005年5月頃、236enterは開設した。当初の名称は週刊誌236enter、「無意味なサイト」として開設された。
しかし、メインコンテンツもないため、人気は皆無、当時、まざ~3という小説というか、文章というか、読み物があったが不評、
当然メインコンテンツにはならなかった。
当時、236enterは不髪の土地だった。

ルネサンスの時代

サイトの一時閉鎖

2005年7、8月頃、他の掲示板にて236支持者にハンネを似せて
269応援団などと名乗り、荒らしをする者が現れたため、サイトは一時休止した。

B君の台頭

2~3週間してからサイトは復旧したが、その後236史に残る荒らしが現れた。
B君である。これを書くと長くなるだろう。
これからコンテンツを増やし、サイトをより良いものにしようとしていた頃の事であった。
彼の荒らしの手口は、最初は自作自演認定や、「閉鎖しろ」などというごくありふれた方法であった。
しかしその一方、B君は自ら自作自演をし、「236は犯罪者」などという書き込みを繰り返していた。
書き込み時刻があまりにも集中していることから一目同然だった。
彼の自作自演の痕跡は236ちゃんねるの過去ログ倉庫に数多く残っている。
もっとも代表的なのがこれだろう。
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/4674/storage/1124134381.html
自作自演を指摘されたことにより、彼の手口は一新する。
シネシネコピペなど、悪言雑言を書きまくったコピペを貼りまくったのだ。
またもやシネシネコピペしかできないと指摘されたため、コピペ荒らしは一時、ごく短い期間辞めたものの、それしか対抗手段がなかったためか再開する。
そんな中、一部の住民に掲示板の整備を求められたため、B君を236ちゃんねるにはアクセス禁止にし、
その間に糞スレを過去ログ倉庫に移し、削除依頼スレを立て、掲示板の治安を守る制度が確立した。
その後、しばらく経った後、B君はプロキシを使い、236ちゃんねるに再降臨した。
しかし、もともとコピペ荒らししか出来ないため、削除制度の整った236ちゃんねるでは以前のような猛威を振るうことができず、コピペは次々に削除されてゆく。
それ以前にもB君は旧掲示板(現雑談掲示板)やしりとり掲示板に出没していたが、住民のいい見せ物であった。
死ねをNGワードにされたとき、当て字を用いて氏ね、シネ、あるいは言い方を変えて去れ、
などと言い方を変えてまで悪言コピペを続けたことからも、B君がこのサイトの荒らしに対する態度にどのような影響を与えたかは言うまでも無いだろう。
この頃から236enterには荒らしで遊ぶ性質が出来たのだろう。
その後、B君は236支持者の新技術により、サイトそのものを追放されてしまう。
236enterを揺るがした奸雄も、ついにこの時をもって消えてしまう。
八月から九月中、長きにわたる動乱であった

サーバー移転

九月頃
最初のサーバーにはcgiが置けなかった。これはサイトを経営する上では大きな支障となっていた。大半のオンラインゲームが置けないのである。
そうした状況から離脱すべく、サーバー移転を実行した。
当然cgiが置けるサーバーである。

236初のオンラインゲームSOLD OUT設置

cgiを置ける環境になったため236支持者は以前より計画していたSOLD OUTを開始した。
初心者が「商業サイトっぽい」と苦情を言ったことがあるようだが、「あくまでゲーム」
と弁解し、とくに支障は無く開設。
236史上初めてのオンラインゲームがようやくできたのだ。

貿易機能

SOLD OUTを設置して間もなく、クロッキー貿易網に参加し、広大なサイト間とつながる。
SOLD OUTはプレイヤーも非常に多く、相互リンクによってユーザーの確保にもつながる。
236enterは開かれたサイトとなった。

新たな敵の出現

自称「正義」、236enterに降臨

B君も過ぎ去り、ようやく落ち着いてきた頃、新たな「オモチャ」が現れた。
彼は、正義と名乗り「236のような厨房サイトがネットを駄目にする」と絶叫し
236支持者が荒らしたとするスレを提示してきたが、「理由が不当」「根拠がない」
と、反論され、自分では正義と名乗っていたが、別スレで「ゴキブリ君」と名付けられてしまい
自身も途中から名無しとして活動したために「ゴキ君」の名称が定着した。
ゴキ君もB君同様、コピペ荒らしに移行し、結局規制されてしまう。
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/4674/storage/1128783696.html
ゴキ君がB君と違う点は、VIPPERを召集しようとした点だろう。
ゴキ君自身も独特の顔文字を使い、コピペ荒らしを行ったが、VIPPERは現れず、結局一人で荒らすことになった。
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/4674/storage/1129321379.html
⊂ニニニ( oAo)ニニつ死ねー
↑これがその顔文字である。
時は十月の初旬であった。

混乱の中の分裂

236enterの中で最大の失敗は、ゴキ君の活動中にある試みをしたことである。
トップページで丁君に対して謝罪し、現実世界での反応を試すというものであった。
しかし、丁君よりも住民の反応が悪かった。
これを見た ID:yd6YIKKR ◆rGh93ubc9A などが、236が屈したと勘違いし、多くの職人がこのサイトを去った。
丁とは、236支持者のいじめっ子として話題になっていた。
この後、236は徐々に廃れ始める。

サイトの衰退、厨房の増加

ID:yd6YIKKR ◆rGh93ubc9Aが去った後、236enterは急激に衰退した。
旧掲示板にはHG、ラオウ、える(えろ)、ろろ(元ね~やん)などの厨房が増加し、たちまち掲示板は馴れ合いの場となってしまった。
掲示板でHGなどの困ったさんが、無意味な書き込みを連発した。たちまち掲示板はHGの糞スレで埋まった。
236ちゃんねるにも糞スレや重複スレ、馴れ合いとしか思えないスレが立った。
これによって、サイトは静まり返った。

腐った掲示板をカイカーク(・∀・)

職人が去ったあと、236に厨房が増え始めた。
管理人は、住民の要望も受け、スレッドを一斉に過去ログ送りにし、雑談スレなどの必要なものだけ残した。
236ちゃんねるを新掲示板と改名し、これまでの掲示板を廃掲示板とし、新掲示板ではスレ立て規制をかけた。
ひとまず、イタイ厨房サイトには戻らずにすんだ。

サイト大荒れ

(´,_ゝ`)ブッ 他称シリア君降臨

しばらく時が経ち、静まり返ったとき、その静寂を断ち切るように釣り師、(´,_ゝ`)ブッが降臨した。
彼はこのスレから活動を開始した。
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/4674/storage/1130408194.html←シリア語ブラクラ有、注意
彼の特徴は誤字が目立ち、皆にレスを返し、シリア語ブラクラに頼るという性質があり、
後になって釣り師であることを指摘される。
実は、以前AA長編版で話題になった伝説の釣り師「クマア三世」を話題にした「は!板」で、このサイトのURLが晒されており、
そこから流れてきた者と思われる。
しかし、そんな釣りが起爆剤となって、236enter史上二度目の台風を迎えることとなった。

B君復活、祭り再開

シリア君が活動して三日後、あの伝説のB君が復活、再降臨した。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/4674/1130838036/
このスレにも書いてあるように、
結構前だが俺がこのサイトを良善な書き込みで犯罪者サイトを閉鎖させようとしたんだが
とあり、B君は本物のBAKAであることが明らかになった。
そして、以前と同じように自作自演をし、コピペ荒らしをし、犯罪者呼ばわりをした。
しかし、こんなものは序章でしかなかった。

三人の荒らし、暴れまわる。

しばらくして、SOLD OUTにしかも自作自演の「皆のヒーロー竹林」という店が登録した。
この新種の荒らしはまさにキチガイそのものであり、意味不明な書き込みをした後、なんと個人情報を晒しだした。
彼は、以前話題になったT君の可能性もある。
さらに、いままで雑談掲示板でムダな書き込みをしていたHGも荒らしと判明、名前を変えて、こいつも個人情報を晒しだす。
http://236.but.jp/bbsk/test/read.cgi/tests/1130660175/59-60
さらにB君と加えて、このサイトには前代未聞の3人の荒らしが居ついた。

ガイドライン作成

荒らしがひどすぎるため、236は秩序を守るガイドラインを作成した。
このガイドラインは運営部の◆vmtBc5WCBcが提案、作成した。
このガイドラインには削除条件やスレッドの定義、個人情報を晒した者に対する対処などが定められており、おおよそサイトの秩序を守るには十分なものだろう。
http://236.but.jp/gaide.html
この威圧感により、HGは謝罪の意を示し、荒らし活動をやめた。
しかし、皆のヒーロー竹林はまだ謝罪しておらず、運営部ではIP公開をした。

ローカル厨増える

それからしばらくした後、現実世界の話を持ち込んでくる人(ローカル厨)が増えてきた
そして、管理人はローカル話を禁止にしたが、
ローカル厨はほとんどこれを読まず、どんどんサイトはローカルの馴れ合いの場となってしまった。

新たな荒らしアナゴラーダー登場

長い間また静まっていた236enterを揺るがす人物が現れた。
アナゴラーダーという名前で、厨房的発言、個人情報公開などをした。
そして、せっかく荒らしてもガイドラインに沿ってすぐ削除されたが、アナゴは諦めず荒らした
更に、それに過剰反応する輩が多かったのも彼を活発化させた要因だろう。
一時期、かつての荒らしHGと同一人物の疑いがもたれていた。

皆のヒーロー竹林再降臨

ローカル厨が暴れ回っている時期に、皆のヒーロー竹林が再び現れた。
しかし、まだ竹林は規制されている上に書き込みがやけに遅いので、おそらく漫画喫茶からの書き込みだと思われる。
彼は前回と同様、管理人の個人情報を晒したり、言う通りにしないと先生に言いつけるなどと戯けたりした。
代表的な荒らし内容にはhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/4674/1135771179/11があるだろう。
しかし、非常に書き込みが遅く、まとまった書き込みはないため、あまりサイトの妨害にはなっていない。
しかも、お金を使っての行動のためいずれこれなくなるだろう?

正義改心

かつて236を荒らしていた正義(ゴ君)がどうやら某掲示板にて嫌な思いをしたらしく、
その嫌な思いを236住人達にさせていたということで改心して236のちゃんとした住人となった
コテ集にて凝視している者もいるが、彼は紛れもない正義氏であるのだ。
またお前か!再降臨
冬休みを利用してきたポリス、おいなどの厨房が降臨。
その中の「おい」は荒らし行為を起こした。(最近では見なくなったが)
また、HGも降臨(プロクシ、又はインターネットカフェ、携帯を使用)HGは「しげンヌ」、「内海マークシティ」などのハンドルネームを使用。(詳しくは雑談掲示板の「HGのまとめができましたよ」スレ参照。)
コレに対し、ID:yd6YIKKR氏 、正義氏、七し氏が煽ったりしたが、「しね」「(´<_,`) 」「ha?」などのレスを返し、低脳ぶりを発揮している。
また、色丹氏のfusianasanにも引っかかっている。つぐつぐ低脳!

B君一時的な復活

このサイトも閉鎖に近づき始めた頃、B君が復活を果たし、いつも通りな荒らしを行っている
が、コピペ荒らしも一時の物で今ではパッタリとB君レスが止んでいる

調子に乗ったHG大暴れ

一方、雑談掲示板では、「桜塚やっくん」や、「小梅太夫」等の芸人をハンネをたくさん持つのが大好きなキチガイHGがさらに調子に乗る
sizisya曰く「IPが違う」らしいが恐らく携帯とパソを使い分けた物と思われる
''↑いや、どっちもパソのIPだし、どのみちこのサイト携帯からは見れないよ by sizisya''
手口は、いつもどおり自分の気に入らない奴を必死で中傷するバカバカいモノ。
結局煽られ最後に放ってる言葉は「uza」だけ
最後は新技術規制を食らって消えたようだ

訪れた平和

基地外HGなどが消えて荒れ残りはあるものの、静かな236を取り戻した
だがしかし今は閉鎖、サーバー移転の忙しい時期。狙ってどの様な荒らしが来るのか分からないのである
平和ツマンネ(゚⊿゚)

新たなる236enter

鯖移転

鯖移転によってCGIの置けない錆に移転した。
コレによりFLASHは置けなくなった。

さらに鯖移転。

またまた移転し、元の鯖に戻った。
wikiは復活し、掲示板追加された。

挑発

それ以降掲示板の書き込みはほぼなくなったといっていいほど静まり返った。
もうだれも見ていないのである。
かつての栄光の影は一切残っていない。
しかし唯一このサイトを見ているというか監視している人々、学校を挑発するため、sizisyaはサイトを全部英語化した。
しかし、英語化はすぐに飽きたらしく、その語236自体謎の暗号と化した。
読めるものはsizisyaのみだろう。

HG再び出現

廃虚となった236だが、再び書き込みが増えだす。
HGが再びやってきたのだ。
しかし、書き込んでいるのは彼一人で、結局寂しくログが流れていくのみである。
それ以外は静まり返った236、もう復活する術はないのだろうか?

この記事について

この記事は荒らし対策としてメモ帳に残してあります。
この記事は作成者及び編集者の主観によって書かれています。ご了承下さい。