「編集ガイドライン」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

編集ガイドライン」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 //編集する際に注意するべき事項
 分かり易いwikiで在るためにお願いします。
 ***ページの新規作成は@wikiモードで
 理由としてあげられるのは以下の通りです。
 -テキストモードではタグが使えない
 -テキストモードは記号を多用する必要のある文章を記述する際には便利です。
 ***ページタイトルは簡潔にわかりやすく
 一行で目的を類推出来るようにします。
 ページ名に注意書き(作成中など)を併記しないでください。
 誤ってページ名称を付けた場合はすすこべまでしたらば経由で通知下さい。
 全ての範囲にて修正を行います。
 ***内容はわかりやすく
 誰が読んでもわかりやすい文章であるよう、心がけてください。
 複数の解釈が可能な文章などは読者を混乱させます。
 必ず確認しながら編集するようにしましょう。
 閲覧中に気がついた点はできるだけ修正してください。
 意味がわからない記述は掲示板等で正直に言いましょう。
 新聞等の公共放送と等しく優しい口調で記述をお願いいたします。
 wikiは不特定多数で編集することが前提となっています。
 
 ***確認作業を忘れずに
 文章の内容・打ったタグが正しいかどうかプレビューを使って確認してください。
 書きかけの箇所は行頭にスラッシュを二本入れてコメント行にするか、その旨をわかるように記述してください。
 
 ***記述は第三者の視点から
 wikiで一般的に言えることですが、尊敬謙譲や過度な丁寧語は不要です。
 編集者の自称などで書き方に困って謙譲すると、結局誰かが書き直すことになります。
-具体的に言えば、のでのでと接続詞を多用して読む気持ちを削いだり、
-既定の約束事を無視して虚構を書き連ねる人は退場してもらいます。
+//具体的に言えば、のでのでと接続詞を多用して読む気持ちを削いだり、
+//既定の約束事を無視して虚構を書き連ねる人は退場してもらいます。
+//上記二行のコメント行のように“退場”や“出入り禁止”など一般的に使われない表現は避けて下さい。“アクセス禁止措置を執る”など、より具体的で直接的な表現をお願いします。
+//また、この場合“書き連ねる”より“記述する”の方が適切です。一カ所でも該当する点があれば、連ねなくても問題があります。
 
 ***作成したページの登録をお忘れなく。
 サイトマップに作成したページを登録してください。
 
 
 ----
 お気付きの事項がございましたら加筆修正をお願いいたします。