ヨシノ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ヨシノ

名前 ヨシノ・ヨシノ
種族 キャスト
性別 女性
年齢 不詳
所属 リトルウィング
身長 165 Rp
体重 秘密(83 Kv)
タイプ ハンター/ブレイバー
レベル 191
一人称 私(わたくし)
二人称 貴方
三人称 ○○君、○○ちゃんorさん
趣味 座禅、古書集め、家事全般
好きなもの サグラキの花、ラウタス・フラワ
嫌いなもの 人道に外れる人物や行為

その他、紹介。

ニューデイズの雰囲気漂う、物腰柔らかなキャストの女性。

数年前より突発性機能停止症候群を発症、ガーディアンズを退役して故郷のニューデイズに隠棲していたところ、
「まだ体の自由が利くうちに、生まれ育ったグラールに恩返しがしたい」
という考えに至り、リトルウィングに入社する。
入社後はもっぱら何故軍事企業に依頼が来たのか分からないような妙な仕事や
ハードな割にほとんど見返りの無いボランティアじみた仕事を積極的にこなし、
また報酬が用意出来ないがために断られてしまった依頼を裏でこっそりと請負っている。

グラール教の異端の一派の信徒であり、ゼン(禅)やジン(仁)などといった独特の思想を持ち、
「とらわれず、あるがままにある」ことを理念としている。
修行の成果か長生きのためか、性格は極めておっとりとしていて肝が据わっているが、
その反面涙もろく、義理や人情にめっぽう弱い。
無益な殺生を嫌い刃の付いた武器を使わず、また銃も「手加減が出来ない」という理由から、
どうしてもやむをえない場合しか使用しない。
主に棒や釣竿を用いて戦い、奥の手として全てを投げ捨てて拳で戦うくらいのものである。
彼女の宗派には他にも戒律があるはずだが、「戒律という小事にとらわれては悟りを開くという大事は為し得ない」
と考えており、進んで守ろうとする姿は見られない。
データよりも直感を頼りに行動したり、機械やVRが苦手だったり、極度のマゾヒストだったり、
一言で言えば「ヘンな」キャスト。

「生身の体」に強い憧れを持っており、内部フレーム以外はほぼ全て生体パーツを使用して
ヒューマンに酷似した肉体を再現、身体機能や感覚を増幅するパーツは一切装備していない。
過去の諸事情により頭部生体チップに損傷を負っており、何らかの要因が重なり不安定な状況に陥ると
感情や感覚が暴走を引き起こす可能性がある。(彼女が精神的な修行を積むのは、ここら辺にも起因している)
自らの理念のもと、長い間メンテナンスと呼べるものをほとんど受けていないため
近視や関節痛、機能不全などといった「老化」ともとれる劣化現象が多々あるのだが、
当人はそれを全く気にする事も無く、むしろ老いてゆく事を楽しんでいる。

なお、シュルツは彼女の息子。

中の人より一言。

魔石が尽きた・・・
そろそろレベルが上がるのが怖くなってきたので育成を中断します・・・


バージョン1.02


名前:
コメント:
最終更新:2010年03月10日 20:10
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル