「-っす」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

-っす」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+*っす 助詞
+----
+[関連語]
+
 
+----
+<語義>
+(断定などの語気を持ち)です。
+
+<経緯>
+「です」が短縮した形式。若者言葉ながら「待遇」を意識した表現、と評されることがある。下記のようにもとは「体育会系」の間で使用されていた用語が、広く男性語として広まったものと思われる。
+
+<語法>
+「体育会系」の語としては敬語的な使用もあった可能性もあるが、広く丁寧語または丁重語として広く体言や用言の連体形に接続(ただし形容動詞は語幹に接続)。
+促音の拍は短くなりつつあるように感じられる。かつては促音部がはっきりと保たれていたが、発音上「これす」「いいす」「食うす」のようにただの「す」に近くなりつつある。
+
+<使用場面>
+
+
+----
+<実態>
+〔2007.Wikipediaより〕【助動詞】体育会系(敬)語。「-です」の短縮形。「いい-よ」 
+〔[[corpus>コーパスとしてWWWを利用した若者言葉研究]]WWW07〕
+#comment_num2(size=50,vsize=3)
+
+
+----
+追記欄