コストってなに?

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

消費するエリクサー量のことである

ここで記事にすることはそんなことではなく、コストについての考え方である。
「5コス」といったらコスト5のこと。

まず「重い」「軽い」の定義だが個人によって曖昧であり、クラロワでは三銃士がダントツの9。
次いでゴーレムが8、ペッカ・メガナ・ラヴァ・ババ小屋が7となる。コスト毎のカード数を表にすると
コスト 種類数
10 三銃士ミラー
9 1
8 1
7 4
6 8
5 14
4 21
3 22
2 8
1 2
この平均コストは4.08である(三銃士ミラー除く)ため、
1~3コスは軽い
4,5コスは普通
6コス以上は重いと言われやすい。

コストが重いカードほど、その効率は上がってくる。つまり、3コスの矢の雨を2回撃っても、6コスのロケットには敵わない。
HPに関しては一概に効率が上がるとは言えないが、それでも8コスゴーレムのHPは脅威だろう。

かといって、コストが重いカードはもちろんすぐには出せないし、カウンターにも弱いし、バッチリ対策されたときのエリアド負けっぷりは危険が伴う。
例:・三銃士に火球撃ったらエリアド5
 ・ペッカにスケアミでエリアド4
 ・バルーンにコウモリでエリアド3

コストが重いカードはハイリスク・ハイリターン。
ロマンも多分にあるが、運用は計画的に。
最終更新:2018年03月02日 11:23