※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「意識」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

意識 - (2008/06/13 (金) 20:31:38) の最新版との変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *原作未読のままの同人活動
-プロフィールやブログ(削除済み)で「自分の好きなCP」として挙げられているCPが、明らかに未読の部数に登場するキャラクターである場合がある。
-オフ本で登場しているキャラや設定が、明らかにその時点で未読の部数に登場・判明するものである。
+主催らが「Golden party」開催を表明した時点で、特定の部数が単行本未購入、あるいは未読状態であることが判明している。
 
-|部数|読破状況|その他|
-|1部|オンリー開催表明後のブログ(削除済み)にて「文庫版を購入した」との発言||
-|2部|オンリー開催表明後のブログ(削除済み)にて「文庫版を購入した」との発言||
-|3部|既読||
-|4部|既読||
-|5部|既読(1月1日時点では未読)||
-|6部|「古本屋で立ち読みした」「08年5月に購入予定」との発言|2008年2月24日の時点で、承太郎と徐倫の親子を題材にした本を発行|
-|7部|未読|プロフィール・ブログ(削除済み)にて、お気に入りのCP(ジャイロ×ジョニー)があるとの発言|
+**部数ごとの状況
+***1部・2部
+-&bold(){08年?月?日}&br()オンリー開催表明後のブログ(削除済み)にて「文庫版を購入した」との発言。
+-この部に登場するキャラ同士のCP(&color(white){ディオ×ジョナサン}と&color(white){シーザー×ジョセフ})を好む旨の発言。
+***3部・4部
+-不明
+***5部
+-&bold(){08年1月1日}&br()掲示板の発言から推察して立ち読みは可能性があるものの、未購入確定。
+-&bold(){08年5月3日}&br()購入済み確定。
+***6部
+-&bold(){08年2月24日}&br()6部主人公の親子関係&color(steelblue){(※1)}を題材にした「ジョジョの奇妙な家庭‐プラチナエメラルドストーン&ダイヤモンドヘブン‐」を発行。
+-&bold(){08年4月4日}&br()主催プロフィールにて「6•7部も読みたいです」と明記。未読確定。
+-&bold(){08年5月3日}&br()「古本屋で立ち読みした」「08年5月に購入予定」との発言。立ち読み・未購入確定。
+***7部
+-&bold(){08年4月4日}&br()主催プロフィールにて「6•7部も読みたいです」と明記。未読確定。
+-この部に登場するキャラ同士のCP(&color(white){ジャイロ×ジョニィ})を好む旨の発言。
 
-***参考
+&color(steelblue){(※1)6部主人公の親子関係は6部で初めて明らかになる設定}
+
+**オンリー開催表明時の主催の原作読破・単行本購入状況
+***1部・2部
+-未購入
+-不明(立ち読みの可能性有り)
+***3部・4部
+-不明(購入済みの可能性有り・大)
+-不明(立ち読みの可能性有り)
+***5部
+-未購入
+-不明(立ち読みの可能性有り)
+***6部
+-未購入
+-未読
+***7部
+-未購入
+-未読
+
+**問題点まとめ
+-主催のプロフィールやブログ(削除済み)で「自分の好きなCP」として挙げられているもののいくつかが、明らかに未読の部数に登場するキャラクターである。
+-オフ本で登場しているキャラや設定が、明らかにその時点で未読の部数に登場・判明するものである。
+-単行本、あるいは文庫版を購入していないことを指摘されて「立ち読みはした」と解答している。&br()しかし&big(){&bold(){立ち読みは読んだうちに入るのだろうか}}。
+
+**参考
+[[2008年6月12日01:14時点のweb魚拓>http://s03.megalodon.jp/2008-0612-0114-00/hiro.art.coocan.jp/zz/putiputi/kanrinin.htm]]   ※プロフィール
 [[主催サイトの掲示板記事]]   ※5部文庫版の購入に関する記事
-[[掲示板質問1~4に対する解答]]
+[[掲示板質問1~4に対する回答]]   ※原作未読の状態でオンリー開催に踏み切った理由の説明
+
+----
+*ニコニコ動画
+ニコニコやYouTubeへの投稿・視聴はに関しては、各自意見が分かれるところがあるため、その是非についてはこのwikiでは議論しない。
+しかし概ね二次創作を行う人々の間では、あまり歓迎されない行為であるというのも事実だろう。
+また不特定多数の人の目に触れるニコニコ動画サイト上にBL要素を含む作品をアップするものの、批判のコメントが殺到し削除するという事態も起こっていた。