「《天狗が見ている》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《天狗が見ている》」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *《天狗が見ている》
  永続魔法
  相手がドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加えた時、こちらはデッキからカードを2枚ドローする。
 
 相手がドロー以外でデッキからカードを加えた時に自分はドローする効果を持つ永続魔法。
 
 効果の狙い目としては汎用性の高い《クリッター》があるが、制限カードであるため必ずデュエル中使用されるとは限らない。
 《封印の黄金櫃》もデッキから手札にカードを加える効果では無いため対象にはならない。
 デッキに入れても複数枚は積まない方がいい。事故の原因となってしまう。《闇の指名者》を使うのであれば話は別だが。
 
 と、上に書いてあるが《闇の指名者》ではドローできない。
-
-《徴兵令》ではドローできないが、《冥界の使者》では(相手のデッキに星3以下のバニラがいれば)ドロー可能である。サーチの前に他の処理が入るカードには反応しないようだ。
+要するに、相手がデッキから選択し手札に加えるサーチ効果に対してならば発動する。
 
 発動時メッセージ「新聞記者の天狗が相手の動きを監視する!!」
 ドロー時メッセージ「天狗に情報をキャッチされた!」