「《新記敷器・不幸断絶拳》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《新記敷器・不幸断絶拳》」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *《新記敷機・不幸断絶拳》
  融合・効果モンスター
  星1/水属性/魔法使い族/攻  0/守  0
  このカードは特殊召喚できない。
  このカードがエクストラデッキから墓地へ送られた時、自分フィールドの「アクエリオンルナ」1体からエレメントカウンターを1つ取り除いて発動する。
  フィールドに存在する厄カウンターを全て取り除き、「アクエリオンルナ」1体の攻撃力はこの効果で取り除いた厄カウンターの数×500ポイントアップする。
 
 EXデッキから墓地へ送られた時[[《アクエリオンルナ》]]のエレメントカウンターを取り除くことで効果を発動できる。フィールド上の[[厄カウンター]]をすべて取り除くことで[[《アクエリオンルナ》]]の攻撃力を取り除いた数だけアップする。
 
 攻撃力を大幅に上昇させる可能性があり、エンドフェイズに元に戻るわけでもないが、[[《アクエリオンルナ》]]の効果で墓地へと送る場合、エレメントカウンターを2つ消費することになるので注意。
 [[厄カウンター]]が多い方が当然効果は大きいため、[[【アクエリオン】]]で使うよりは[[【厄カウンター】]]の切り札として使った方が無難。多量の[[厄カウンター]]を取り除き、高攻撃力でとどめを刺そう。
 一応[[【アクエリオン】]]に対[[【厄カウンター】]]用として入れることもできるが、この場合使うことはまれだろう。
 
-無理せず[[厄カウンター]]を[[【アクエリオン】]]に取り入れるには、[[《ブロークン・アミュレット》]]を何枚か積むといいだろう。
-アクエリオンの上級で対処出来ないクラスのモンスターに対し発動することが出来、[[《ブロークン・アミュレット》]]によって乗った[[厄カウンター]]は3つだが
+無理せず[[厄カウンター]]を[[【アクエリオン】]]に取り入れるには、[[《ブロークンアミュレット》]]を何枚か積むといいだろう。
+アクエリオンの上級で対処出来ないクラスのモンスターに対し発動することが出来、[[《ブロークンアミュレット》]]によって乗った[[厄カウンター]]は3つだが、それを取り除くことで[[《アクエリオンルナ》]]の攻撃力は3600まで上昇するため、十分切り札級モンスターになるだろう。
 
 発動時メッセージ 
 麗花「今こそ不幸を……断ち切れ!!」
 全ての厄を取り除き力に変える!!
 
 攻撃名が&bold(){「不幸断絶拳!」}になる。
 
 **関連カード
 -[[《アクエリオンルナ》]]
 -[[厄カウンター]]