「《バーニング・リボーン》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《バーニング・リボーン》」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *《バーニング・リボーン》
  永続罠
  自分フィールド上に表側表示で存在するレベル8以上のシンクロモンスター1体をリリースして発動する。
  自分の墓地から「レッド・デーモンズ・ドラゴン」1体を自分フィールド上に特殊召喚し、このカードを装備カード扱いとして装備する。
  このカードがフィールド上から離れた時、装備モンスターを破壊する。
  手札のチューナー1体と自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送る事で、
  このカードの発動時にリリースしたシンクロモンスターを召喚条件を無視して自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
  このカードの効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、相手に直接攻撃する事はできない。
 
-《レッド・デーモンズ・ドラゴン》のサポートカード。自分の墓地に存在する《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を特殊召喚する効果と、発動時にリリースしたシンクロモンスターを墓地から特殊召喚する効果を持つ永続罠。
+[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン》]]のサポートカード。自分の墓地に存在する[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン》]]を特殊召喚する効果と、発動時にリリースしたシンクロモンスターを墓地から特殊召喚する効果を持つ永続罠。
 
 コストが重く、フィールド上にレベル8以上のシンクロモンスターが存在しなければ発動できず、それをリリースしなければならない点は蘇生カードとみれば《リビングデッドの呼び声》に大きく劣ってしまう。よって、このカードは蘇生目的で使うというよりも高レベルシンクロモンスターのサクリファイス・エスケープ、または連続攻撃を目的として使う方が効果的である。
 特に、このカードの効果の恩恵を特に大きく受けるのが[[《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》]]である。
 [[《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》]]は特殊召喚したターンのエンドフェイズまで墓地のチューナーの数により攻撃力が上昇する。しかし、シンクロ召喚と自身の効果以外の方法で召喚することができない。だが自身の効果で特殊召喚できるのはエンドフェイズ。つまりシンクロ召喚成功時にしか攻撃力の上昇効果を使うことができなかったのである。
 だが、このカードのリリースしたモンスターを呼び戻す効果は召喚条件を無視できるためにフィールドに特殊召喚できる。よって、再び攻撃力の上昇効果を使用することが可能になるのだ。
 このカードからの連続攻撃を行う場合は、このカードで特殊召喚したモンスターがそのターン内に相手に直接攻撃ができないため、相手フィールド上にモンスターが存在していなければならない。
 そのため、《リバイバル・ギフト》のトークン精製で相手フィールド上にモンスターを増やしたり、《ヴィシャス・クロー》、《ミスト・ボディ》で相手モンスターが戦闘で破壊されないようにするといった工夫が必要になってくる。
 コンボ色はより一層強くなるが、《ギブ&テイク》で墓地の《アルカナフォース0-THE FOOL》を相手フィールド上に特殊召喚し、《エネミー・コントローラー》で攻撃表示に変えた後で連続攻撃を仕掛けるというのもいいだろう。
 
 //-原作・アニメにおいて―~
 
 //-コナミのゲーム作品において―~
 
 //-神話・伝承において―~
 
 **関連カード
 -[[《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》]]
--《レッド・デーモンズ・ドラゴン》
+-[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン》]]