「《暴双龍ディラノス》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《暴双龍ディラノス》」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *《暴双龍ディラノス》
  効果モンスター【覚醒】
  星7/炎属性/恐竜族/攻2300 /守1600
  このカード以外の、
  自分フィールド上のモンスター1体をリリースする事でこのカードの攻撃力はエンドフェイズまで800ポイントアップする。
  この効果は相手ターンでも使用する事ができる。
  このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
  自分フィールド上に表側表示で存在する【覚醒】を持つモンスターの攻撃力は400ポイントアップする。 
  
  恐竜たちもわかってる。逃げたらヤバイ。目の前の敵より、後ろのこいつに殺される。
 
 10月第ニ週パック「和を以て貴しと為す」で登場した恐竜族の【覚醒】スピリット。
 自身の効果によって攻撃力は実質2700と最上級モンスターの中堅レベルの攻撃力となる。
 同じ[[【覚醒】]]を持つ[[《龍皇ジークフリード》]]と違い最上級モンスターであり、[[《紅き月 レミリア・スカーレット》]]と違い蘇生に関する制限も一切ない。
 その為《リビングデットの呼び声》や《死者蘇生》が合計3枚使用できる環境では[[《紅き月 レミリア・スカーレット》]]よりも出しやすく、[[《龍皇ジークフリード》]]よりも高い基本攻撃力を保てるため安定性は高い。
 また、[[【覚醒】]]を強化する効果も、素の攻撃力が低めである[[《龍皇ジークフリード》]]が最上級モンスターレベルの攻撃力2600まで引き上げられ、
 [[《紅き月 レミリア・スカーレット》]]も攻撃力3300と【覚醒】の効果を使わなくても高い攻撃力で圧倒できるレベルになる。
 
 このカードの属性・種族も【覚醒】サポートである[[《アンキラーザウルス》]]と同じ炎属性・恐竜族であり、サポートが共有できる。
 ただ、[[《龍皇ジークフリード》]]の有用なドラゴン族サポートカードの[[《ウィッシュ・ドラゴン》]]を生贄召喚のために共用出来ないのが少しだけ辛いが、【覚醒】の効果でリリースは出来る為同じデッキに組み込みやすい。
 
 
 -原作・アニメにおいて―~
 アニメ少年突破バシンにおいて主人公バシントッパの2番目に入手したXレアスピリット。
-1枚目のXレア[[《龍皇ジークフリード》]]も【覚醒】を持っており、このカードと一緒に使ったり《タウロスナイト》や《ダークディノハウンド》《ロクケラトプス》等のよく使う低~中コストスピリットをその効果で強化したりする。
 OCGバトルスピリッツでは地竜に【覚醒】を与え、【覚醒】を持つスピリットのBPを+1000する効果を持っている。
-しかし、【覚醒】を与える効果は他のXレアスピリットのようにゲームエンドに直結させられるような強力な効果ではなく、BP上昇値も+1000というXレアにあるまじき上昇数値であり
+1枚目のXレア[[《龍皇ジークフリード》]]も【覚醒】を持っており、このカードと一緒に使ったり《タウロスナイト》や《ダークディノハウンド》《ロクケラトプス》等のよく使う低~中コストスピリットをその効果で強化したりする。
+しかし、その【覚醒】を与える効果は他のXレアスピリットのようにゲームエンドに直結させられるような強力な効果ではなく、BP上昇値も+1000というXレアにあるまじき上昇数値であり
 それに加えてLV1ではBPが3000であり効果も発動できないと言う残念さによって最弱のXレア等と不名誉な称号を得てしまった。
 そのネタ級の弱さによって変な人気がある。
 また、《凶暴竜ディラノレックス》と言うこのカードのリメイク版とも言えるカードが2ランク下のレア度で登場した。
 そのカードは【覚醒】の強化版効果の【超覚醒】を与える上にコストがこのカードより2つも低く、【覚醒】と【超覚醒】では役割が違うとはいえ、このカードの立場がない。
 と、バトルスピリッツでは不遇であったこのカードだが、咲夜さんCGIにおいてかなり強力なカードとなって実装されたためアニメのような活躍が期待できる。