「《プラズマ戦士エイトム》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《プラズマ戦士エイトム》」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *《プラズマ戦士エイトム》
  儀式モンスター
  星8/光属性/雷族/攻3000 /守2500 
  このカードは通常召喚できない。自分フィールド上に存在するレベル7以上のモンスター1体をリリースした場合のみ特殊召喚する事ができる。
  このカードは相手プレイヤーを直接攻撃する事ができる。この時、相手ライフに与える戦闘ダメージは半分になる。 
 
 自分フィールド上の最上級モンスターをリリースした場合にのみ特殊召喚できる条件召喚モンスター。
 《青眼の白龍》にも匹敵する攻守と直接攻撃能力を兼ね備えている。
 
 最上級モンスターにはこのカードを凌駕するほどのステータス、効果を備えているモンスターも少なくなく、
 1枚のディスアドバンテージを負ってまでビートダウンにしか能のないこのカードを出すべきかは悩みどころ。
 
 思いつく使い方としては妥協召喚モンスターをリリースする方法だろう。手札二枚の消費で攻撃力3000のモンスターが
 瞬時に現れるのは相手にとっては脅威となる。また蘇生はできないものの《トレード・イン》のコストにも使えるため、
 他の最上級モンスター以上にこのカードが腐るということはまずないだろう。
-
-ver2(別ページと統合)
-
-闇属性・戦士族の儀式モンスター。戦闘耐性、罠の効果を受け付けない永続効果と、攻撃力上昇の永続効果をもつ。
-前者の効果は、忘れられやすいが非常に強力である。相手の《聖なるバリア-ミラーフォース-》《炸裂装甲》を完全に無力化し、攻撃することができる。
-また、元々の攻撃力が0なので、《死のデッキ破壊ウイルス》の媒体としても使用できる。
-《死のデッキ破壊ウイルス》の生贄にしたあと、《リミット・リバース》で蘇生させれば、即座に攻撃力3000のアタッカーとして活躍できる。
-復活した後は、《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》の生贄にもできる。
-また、《ポールポジション》を発動していれば、魔法、罠に耐性を持つ強力なモンスターとなる。
-モンスター効果の耐性はないが、このモンスターの最大の特徴はその蘇生のしやすさ。
-《死者蘇生》《早すぎた埋葬》の他にも《リミット・リバース》《契約の履行》と、破壊されても即座に場に復帰できるだろう。
-
-このカードを中心としたデッキを組むなら、永続罠を多数採用したデッキになるだろう。
-採用する永続罠としては、魔法耐性を付与する《ポールポジション》蘇生させる《リミット・リバース》
-戦闘した相手をバウンスする《門前払い》相手の攻撃を制限する《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》
-壁と生け贄を同時にこなす《メタル・リフレクト・スライム》等か。
-
-このカードの弱点はなんといっても魔法・罠除去カードだろう。特に《ハーピィの狩場》を発動されてしまうと、ハーピィ達になすすべもなくタコ殴りにされてしまう。注意しよう。
 
 -原作・アニメにおいて―~
 アニメGXにおいて「三沢VS万丈目ホワイトサンダー」戦にて三沢が使用。
 場にいた[[《アサルト・キャノン・ビートル》]]を差し置いてダイレクトアタックを行い万丈目のライフを削った。
 確実に破壊できるはずのモンスターに攻撃しない、一見焦っているかのようなプレイングに見えたが、
 それは三沢の仕掛けた巧妙な罠であった―――はずなのだが…
 「三沢(光の結社)VSブルー男子」戦でも使用。
 [[《リトマスの死の剣士》]]を即座にリリースして特殊召喚し、直接攻撃効果を使用。
 モンスターを破壊しないことで相手の《バックファイア》の効果を発動させずに勝利を決めた。
 
 
 //-コナミのゲーム作品において―~
 
 //-神話・伝承において―~
 
 //**関連カード
 //-[[《カード名》]]