「《そして誰もいなくなるか?》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《そして誰もいなくなるか?》」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *《そして誰もいなくなるか?》
  通常罠
  このカードは相手ターンのみ発動する事ができる。
  自分フィールドに存在する「悪魔の妹 フランドール・スカーレット」1体をゲームから除外する事で、
  フィールドに存在する全てのカードを破壊する。 このカードを発動した次の自分のエンドフェイズに、
  自分の除外ゾーンに存在する「悪魔の妹 フランドール・スカーレット」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。 
 
 [[《悪魔の妹 フランドール・スカーレット》]]を条件に発動できる全体除去。
 
 フィールドリセットとしての性能は高いものの、条件となる[[《悪魔の妹 フランドール・スカーレット》]]の召喚自体が難しいため多用はできないだろう。
 [[《悪魔の妹 フランドール・スカーレット》]]にも単体除去効果があるため、それだけでは対処しきれない時や対象をとる効果に耐性のあるモンスターを相手にした時に真価を発揮する。
 但しその場合も、自分ターンに3700攻撃力が生かせない(逆に生かせたら反則的なダメージを叩きだせるが)ことに注意すべし。
 相手の手札が少ない時に発動できれば、ガラ空きの場に適当なモンスターでダイレクトアタックするだけでも大きく流れを掴むことができる。
 全体としては非常に強力であるものの、イマイチ使いどころに乏しいカードである。
 
 //相手ターンにしか使用できないので《ファントム・オブ・カオス》とのコンボは残念ながら成立しない。管理人のバランス調整の巧みさがここでも伺える。
 
+しかし、フランドールの召喚だけを狙ったデッキの場合では、召喚までのディスアドバンテージを覆せる強力なカードとなる。
+流石に特化したデッキでも、そう簡単には[[《悪魔の妹 フランドール・スカーレット》]]を出すことは出来ないため、召喚まではどちらかと言うと守備側で、[[《紅き月 レミリア・スカーレット》]]も、[[《紅魔の従者》]]で出す場合が多いと思われるため、攻撃できず大抵、相手は攻撃に対処するカードを残しているはずである。
+そこで、このカードの出番である。
+相手のターンでの除去を《亜空間物質転移装置》のように避けながら使えたり。
+さながらエンド前に撃つ《サイクロン》等のように撃つことができる。しかし、破壊力は《サイクロン》などと比べ物にならない。
+そうして大量のカードを失わせた後、[[《悪魔の妹 フランドール・スカーレット》]]で相手を追い詰めて行きやすくなる。
+また、エンドフェイズに撃てばエンドフェイズまで効果を持つカードや《亜空間物質転移装置》などを無力化出来る。つまり[[《幻想の境界 八雲紫》]]に勝てるのである!エンドフェイズまで生き残る必要がある上に、偶にしか起こりえない状況だが。
+
+まさに、全てを破壊する程度の能力をカード化したような効果なので、フラン好きなら是非とも使いこなしたいカードである。
+
+効果発動時 She died by the duel, and then there were none. と演出メッセージが出る。
 
 
 -原作・アニメにおいて―~
 [[東方紅魔郷]]における[[フランドール>《悪魔の妹 フランドール・スカーレット》]]のスペルカード。いわゆる耐久弾幕。
 発動している間はフランドールが画面から消える演出がなされる。
 
 //-コナミのゲーム作品において―~
 
 //-神話・伝承において―~
 
 **関連カード
 -[[《悪魔の妹 フランドール・スカーレット》]]