「戦術指南」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る
戦術指南」を以下のとおり復元します。
*戦術指南

**装備・ユニットの設定
-スキルがソロと被ると無駄になるのでうまく振り分けよう。
-ソロは反撃+1や反撃XP半減のスキル持ちのユニットを優先しよう。
-装備のZOC無効はそれ以外ステータスが上げれないが総力戦の場合は一人以上はいると便利。特に複数技持ちのキャラとの相性が良い。移動や射程が伸びるスキルとのシナジーも良い。
-出撃のユニット数が少ない時はベンチのユニットから良い装備を回すと良い
-状態異常にする技が多いユニットの場合TECを上げると効果が発生しやすくなる
--小吾郎・晶・クルト・トウマ・ゼファーあたりがオススメ


**ユニットを役割分担させる
-移動+2要員
--大神・フレン・うらら。うららはXP120以上でAUTO発動。
-反撃要員
--反撃+1、反撃XP半減、DEFアップ、崩し気絶無効のスキルを装備と合わせて用意したい(反撃時は経験値アップと反撃+1以外は無効化されるので攻撃系のスキルは不要)。ダメージが溜まっていくものの、次のフェイズまで生きてる保証も無いので回復スキルの優先度は低い。他のキャラに回復させてもらおう。
-複数技要員
--最終的には全員習得するが時期に差がある。ZOC無効・移動+2・ATKアップ等が便利。射程+2は複数技では意味を成さないので注意。倒した数×XP10が貯まるので4体KOすればXP40%が帰ってくる。ただし必殺技と違いEXPのボーナスはない(未検証)。
-対ボス要員
--HP削り要員はATKアップ・サポートソロ+1等のスキルで火力を上げ必殺技で一気にHPを削り、反撃キャンセルのスキルで必殺カウンターを消す。
--EP減らし要員はDEFアップで必殺カウンターを誘発させる。
-DEFアップ要員
--上記に比べれば優先度は低いが大神・沙夜は全ユニットのDEFを上げれる。ただし各キャラのフェイズが始まると同時に効果が切れるので注意。例えば大神が使用した場合大神自身は次のターンのフェイズ開始まで効果が続くが、大神の次に動くキャラはフェイズと同時に効果が切れるので恩恵が薄い。使用者とのSPD差があればあるほど効果はあるが差が少ないと効果は薄い点に注意。
-ゲージ溜め要因
--ユニットによっては火力を捨ててゲージ貯めに走るのも戦術的には有効な手段。特に後半になるとXP100%以上が条件のオート発動スキルを所有する味方が増えてくる為、いかにしてゲージを稼ぐかも重要になってくる。
「そのユニットで一番ゲージが貯まる技×5>全ての技を使用+一番ゲージの貯まる技」となるユニットがゲージ為要因向き。具体的にはゼファー&リーンベルやクルト&リエラ等は無理に攻撃面を強化しようとするよりもXP上昇率30%上昇のアクセサリを装備して、アタッカーのためにゲージ確保に走った方が結果としてより多くのダメージを取れる場面が出てくる。
-回復役
アイテムが有限なこのゲームでは意外と重要。特に敵からのアイテム取得数が減少する2週目以降は回復をスキルで行う局面も増えてくる。
全体回復はユーリ・ジェミニ・ハーケンが覚える。ハーケンは全体全回復スキル持ち、ユーリは全体状態異常回復スキル持ち、ジェミニはアタッカーとしての運用も可能とそれぞれに独自の強みがある。

**基本的な立ち回り
-毎回移動距離いっぱいに動く必要はない
--時間制限があるステージもあるが足りなくなることはまずないので、焦る必要は全くない
-単騎で敵の多い方に突っ込まない
--サポートアタックの恩恵を受けれないばかりか、敵に囲まれてあっという間にダメージが蓄積してしまう。団体行動を心がけよう
-フリーカーソルモードで敵の攻撃範囲を確認しよう
--攻撃がギリギリ届かないところに待機して敵をおびき寄せるのもあり
-移動+2やZOC無効を活用する
--移動+2は「フェイズ終了時まで有効」。つまりターンを跨いでも効果は切れない。例えほぼ全員の行動が終わってから味方最後のユニットで全員に移動+2を付けても無駄にはならず次のターンで移動+2が有効。
---何が言いたいかというと、行動の早いユニットにフレンを組ませるメリットは「1ターン目から全員が移動+2できるだけ」なので必要以上に組み合わせに拘る必要はない。
--うららの「ウキウキ大行進」はフェイズ開始時にXP120%あればノーコストなのでXPの節約になるが、うららの順番を把握していないと防御していてXPが120%を下回る可能性もある。
-余っているアイテムは使おう
--各種20個までが上限なので余っているなら使っていこう。XPの温存にもなる。特に状態異常回復のアイテムは常に余っているのでスキルで回復させるのはXPの無駄。
-端の方の宝箱を取りに行く際、次のターンで宝箱に届くギリギリの距離で待機すると戦線に戻りやすい。


**味方のターン
-まずはXPを確認。MAXで余っているようならぜひ使おう。
-ゲームに慣れないうちはAUTOスキルを非常に見落としがちだが強力なものも多いのでうまく活用しよう
-ランダム技や確率発生のAUTOスキルはメニューのステータス>スキルの項目で何が発動中か確認できる

-基本的には常にサポートアタックを狙う
--サポートアタックは状態異常のユニットからは発生しないので注意
--複数のユニットが周りにいる場合Yボタンでユニットを選べる。追加効果のあるユニットが便利

-敵の数を減らす
--複数技をうまく活用する。中盤だと春麗・フランク・ジェミニ・ゼファー・小吾郎・晶・リュウ・クリス・零児・ダンテあたりが覚えている。大雑把には4人だと各10000ダメージ、2人だと各12000ダメージくらい。ATKアップがあると更に上る。ZOC無効があると場所を選びやすい。
-行動順の早いものから倒す
--反撃で倒せる程度のHPなら放置するのもあり
-基本的には全技CRTを狙うより、クロスヒットでXPを稼いでスキルを多用する方が効果が大きい。
--ギリギリ倒せないくらいのHPの敵の場合、クロスヒットを捨てて全技CRTより、ATK15%上昇、全パラメ10%上昇、ソロ、サポート攻撃+1などで直接ダメージを増やし、クロスヒットで(出来れば)XP100%以上を保っていた方が後の展開が楽。
--そもそも全技CRT自体があまり現実的ではない。
-射程外から攻撃した場合は反撃を受けない。
--特にボスの必殺技は受けるダメージが大きいので反撃キャンセルのスキルを持たない場合はうまく利用するとよい。

-各技を一回ずつ使うと攻撃回数が1回増えるのでダメージが上がる

-クロスヒットを起こした場合、本来ゲージが回収できないソロ、サポートでもゲージが回収できるようになる
--さらに戦闘終了後、クロスヒットのヒット数でXPにボーナスが入る
-XPは通常だと100までしかたまらないがクロスヒットさせることにより150までためれる
--例えばXP85の場合いきなりクロスヒットさせるよりもXP100になってからクロスさせたほうがXPがたまる
--100%以上のとき、ソロ、サポート共に一斉に呼ぶより、片方ずつ順番に呼んだ方がクロスヒットの時間が長く取れるので、ペアユニットの技が多く入り、ゲージ回収がよくなる。
---ソロ、サポート回数を増加させた場合は上記の限りではない。要は「ペアユニットの攻撃が余らない」様にクロスヒットを継続させるのが一番回収できる。
-敵を倒した時に攻撃回数が余っているのなら、XP回収のため使いきろう
--重ねて言うがXP100以上はクロスヒットさせないとたまらないので注意。リザルトのクロスヒット数ボーナスも100%以上にはならない。
--当然クリティカルのEXP+5%も適用されるので、倒した後でもクリティカルを狙っていこう
//トレモで検証したけど、ソロ・サポートを単独で当ててもゲージは一切上昇しなかった。後クリティカルを出しつつクロスヒットを狙うことも可能だから基本的にクロスヒットは積極的に狙った方がいいと思う。後半になればなるほどゲージ確保が重要になってくるし。


**敵のターン
-反撃で倒せるなら反撃
-序盤はXPが余るので防御一択
-技が増えてきた頃は反撃の攻撃回数が2回&ソロがギリギリ実戦に耐えうるレベル
--反撃XP半減や反撃回数+1のキャラは反撃しよう。ソロをこちらに回そう。
--それ以外のキャラは防御か応戦しない。XP100以下なら敵の攻撃で5増える。HPXPと相談で。
-反撃時は威力やXP回収率の良い技を連発しても良い。


*ボス戦
-雑魚とは違いEPで必殺技・複数技を使用してくるので、EPの管理も重要となってくる
--EPが100以上の時にHPの多いユニットで攻撃する。必殺技でカウンターを食らうがEPを100減らせる。DEFあげるスキルを使っていると3~4割程度のダメージで済むこともある。
--全員がHPに余裕があるなら複数技の方が威力は低いので誘発させるのも手
--ボスより先に動ける場合、下手すると必殺カウンター&ボスの通常攻撃を食らうことになるので、順番をよく考慮する。
--EPが110くらいの時は雑魚戦>スタートボタンで戦闘終了で反撃させてEPを20減らしボスの必殺技を回避するという荒業も可能
-反撃キャンセルのスキル・気絶・崩しで必殺カウンターを食らわないのでうまく活用しよう
-中盤からATKを上げるスキルが増えてくるので、ATKアップで強化してからのフルコン+必殺技が良いダメージになる。
--ちなみに必殺技でもCRTが取れる。
-必殺技によって敵をKOすることで経験値に20%増加ボーナスがあるので、ボスは是非これを狙おう
--レベル差のあるユニットはこれでかなりのレベル上げが可能

復元してよろしいですか?