「大沢賢治」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

大沢賢治」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *428 ウーア・ウイルス
 >『ウーア・ウイルス(UA virus)』(1)
 >フィルウイルス科ウーア様ウイルス属ウーア・ウイルス。
 >エボラウイルスなどと同じ科に属し、ウーア・ウイルス
 >性劇症出血熱を引き起こす。空気感染するが、感染
 >者が発症するまでは他者に伝染しない。米国疾病予
 >防管理センターの危険度格付けで言うと、最も危険な
 >ウイルスの分類、リスクグループ4に属する。
 
 *428 ウーア・ウイルス
 >『ウーア・ウイルス(UA virus)』(2)
 >短径90~110nm(ナノメートル)程度、長径500n
 >m~700nm。しばしば反り返った形状の「鎌型」になる
 >ため、「死神の鎌」と呼ばれることもある。外皮膜を有
 >し、表面には多たんぱく質のスパイク状の突起が並ん
 >でいる。
 >
 >(※1ナノメートル:10億分の1メートル)
 
 *428 致死率は100パーセント
 >詳細な情報が秘匿されウーア・ウイルスの感染例はほ
 >とんど知られていない。わかっている限りで感染した患
 >者のすべてが短期間で死亡しているため、致死率が
 >100%となっている。感染例が増えれば、100%で
 >はないにしても、非常に高い致死率であることが予想
 >される。
 
 *428 発症
 >数個のウイルス粒子を吸い込むだけで、肺からリンパ
 >節に移動、全身に広がる。肝細胞やマクロファージな
 >どの様々な部分で増殖し、血管の内皮細胞を破壊す
 >ることが確認されている。脳に侵入すると「泥化」という
 >血と体液が混在した状態になる。
 
 *428 大越製薬
 >大沢賢治が勤務する製薬会社。国内外に強固な販売
 >網を持ち、年商は一兆円の大企業。世界的に需要の
 >ある薬剤の特許をいつも有し、厚生労働省や政治家
 >にも大きな影響力がある。社員数は7000人。そのう
 >ち研究員は600人。
 
 *抗ウイルス剤
 >ウイルス性感染症に効果のある治療薬。インフルエン
 >ザウイルスやヒト免疫不全ウイルス(HIV)に対する治
 >療薬が一例として挙げられる。治療薬といっても万能
 >ではなく、ただ病気の進行を遅らせるものだけのものであっ
 >たり、薬に耐性を持つウイルスには効果がなかったり
 >と、まだまだ課題は多い。さらなる発展を見込み、世界
 >中の学究機関や製薬会社が研究を進めている。
 
 *ワクチン
 >人間の体内に入っても大丈夫なように無毒化・弱毒化
 >されたウイルスや病原体のこと。投与することによっ
 >て、体内に免疫抗体を作り出し、感染症にかかりにくく
 >なる。
 
 *ナノテクノロジー
 >ものすごーく小さなモノをつくったり動かしたりする技術
 >のこと。ナノメートル(10億分の1メートル)という原子
 >レベルの大きさでデバイス制御が可能。材料工学
 >や医療分野など応用分野の可能性は広く、アメリカを
 >始め多くの国が戦略として研究開発に力を入れてい
 >る。
 
 *428 DDS
 >ドラッグ(薬物)・デリバリー(送達)・システムの略。超
 >微小カプセルに仕込んだ薬剤を適当な場所に運ぶた
 >めのシステム。
 
 *428 DDS ※左に動画
 >DDSは患部にピンポイント
 >で薬剤を運ぶため、強い
 >薬でも副作用が少なくな
 >る。大越製薬が開発したD
 >DSは新素材の高分子を
 >利用したもので、薬剤を放
 >出した後のカプセルは、投与後1週間ほどで分解・消
 >滅する。
 
 *副作用
 >薬剤を投与し、治療に効果が上がることを「薬効」と言
 >うが、予期しない害のある現象は「副作用」とされる。た
 >だし、薬剤が身体に及ぼす影響は非常に複雑であり、
 >どんな薬にも「薬効」と「副作用」の双方がある。
 
 *動物実験
 >医薬品や医療技術などを人間に使用する前に、安全
 >性を確認するため動物を使用して行う実験。1964年
 >の医学研究者による人体実験論理規範「ヘルシンキ
 >宣言」では適切な動物実験の重要性が説かれている
 >が、一方で「動物虐待である」として実験に反対する
 >意見もある。
 
 *臨床試験
 >新薬の承認などの申請には、動物実験の後に健常人
 >や患者に薬剤を投与し、安全性や適応を評価する人
 >体実験(臨床試験)を行わなければならない。日本で
 >は、臨床試験に関する知識や機会が不足しており、新
 >薬開発の足かせとなっている。
 
 *エボラウイルス
 >「エボラ出血熱」を引き起こすフィロウイルス科のウイル
 >ス。現在、4つの型(アイボリーコースト、スーダン、レ
 >ストン、ザイール)が確認されている。高い致死率(スー
 >ダン型53%、ザイール型88%)で知られているが、
 >アメリカに輸入された猿から発見されたレストン型には
 >人間に対する病原性がない。
 
 *リンパ節 ※左下に画像
 >哺乳類のリンパ管に点在する器官。体内に異物が侵
 >入したときに、この器官が
 >チェックを行い、白血球内部
 >のリンパ球やマクロファージ
 >などに捕食させる。ウイルス
 >に感染すると、この生体防御
 >機能が活発化して腫れ上が
 >ることがある。
 
 *428 梶原義男
 >渋谷署刑事課の刑事。人当たりは良いがつかみどころ
 >がない、控えめでありながら妙な存在感があるといった
 >理由で、署内では「和製コロンボ」「小さな高倉健」な
 >どと呼ばれている。
 
 *バナナ
 >バショウ科バショウ属の果実。栄養価が高い。
 >様々な種類の糖質を含んでいるため、長時間のエネ
 >ルギー供給が可能で、運動時のエネルギー源として
 >最適。
 >バナナの皮で滑って転ぶのは皮の内側に油が多く含ま
 >れているためだが、仮にその油分をすべて取り除いても
 >大阪の芸人はたぶん転ぶと思われる。
+
+*バナナ
+>バショウ科バショウ属の果実。
+>ロックンロールの王様エルヴィス・プレスリーは大変な
+>バナナ好きで知られ、ピーナッツ・バターとバナナの
+>サンドイッチを好んで食べたと言う。
+>大阪の芸人は落ちているバナナの皮を見ると、
+>「今どきバナナの皮でこける人なんかいまっかいな」
+>などと言いながら、かなりの確率で転ぶ。
 
 *中東
 >元来はイラン・アフガニスタンとその周辺の地域を意
 >味したが、現在ではインド・アフガニスタンを除く西ア
 >ジアから地中海沿岸のアフリカ北東部を含む地域を
 >指す。ただし、日本ではイスラームの影響の強い地域
 >をまとめて「中東」と呼ぶこともある。
 
 *中東問題
 >パレスチナ地域にイスラエルを建国したユダヤ人と、
 >そこにもともと住んでいたアラブ人との間で起きている
 >摩擦。宗教と歴史が複雑に絡み合っ紛争であり、と
 >てもこの場で語りつくすことはできない。
 
 *夫婦の会話
 >ある調査によれば、『夫婦の会話がほぼ皆無』という家
 >庭は全体の6%にあたるらしい。その理由は『疲れて話
 >す気力もない』『途中でケンカになる』が多く、中には
 >『そもそも話すネタがない』という回答もある。
 
 *428 無駄な会話をしない主義
 >大沢賢治には、まる一日何も会話をしないで終える日
 >がざらにある。口を開くのは歯を磨くためと食事をとると
 >きだけ。これまで14日間連続で会話無しの記録を持
 >つ。
 
 *指紋認証 ※右上に動画
 >指紋で個人を認証する技
 >術。生体認証(バイオメトリク
 >ス)という人間の身体的な特
 >徴を用いて個人を認証する
 >技術の一分野で、手のひら
 >の静脈や角膜との水晶体の合
 >間の薄い膜である虹彩を利用するなどの技術もある。
 
 *428 保管区域
 >危険なウイルスを扱っているため、抗ウイルス剤が保
 >管されているエリアに辿り着くには、IDカード照合、指
 >紋認証などの3重のロックを通過しなければならない。ま
 >た、研究所の入口には複数の警備員が24時間体制
 >で配置されており、外部の人間が保管区域内に入り込
 >むのは不可能に近い。
 
 *ラバーカップ
 >棒の先に柔らかい半球状のゴムがついた掃除道具。
 >詰まった流し口に押し付けて、その圧力で異物を押し
 >流すことが出来る。正式名称はラバーカップだが、この
 >名前で呼ばれることは少なく、「すっぽん」「ずっぽん」
 >「ずぽずぽ」「ずっぽんずっぽん」「かっぽん」「かっぽん
 >かっぽん」「ガッポ」「ちゅっぽん」など、実にテキトーな
 >呼ばれ方をされる。
 
 *428 いくつ
 >田中護は40歳、ひとみは19歳、歳の差はほぼ倍。だ
 >からといってお付き合いしていけないわけではない。
 >年の差カップルの方が結構うまくいくということもある。
 
 *トイレの詰まり
 >トイレの詰まりの原因は、紙などの流動物、またはうっかり
 >落とした固形物によるものがほとんどだが、ごくまれに
 >うんこが大きすぎて詰まってしまうから驚く。ちなみに
 >「うんこ」の「うん」はトイレで気張ったときの声のことで、
 >「こ」はその接尾語である。以上、詰まらないうんちくで
 >した。
 >(お食事中の方、ごめんなさい)
 
 *428 SNS
 >ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略。人と人と
 >の繋がりをメインのコンテンツにしたネット上の集会所。
 >梶原が属している警察関係者専用のSNS『poxi(ポク
 >シィ)』は、警察だけに取り締まりが厳しく、罵倒雑言、誹
 >謗中傷、エッチな書き込み、つまらないジョークなどは
 >瞬時に削除される。
 
 *428 刑事漫画
 >警視庁の広報誌に月1回掲載する予定。梶原自身が
 >作画を手がける。タイトルはすでに決まっていて、第1
 >話『噂の刑事カジ』、第2話『太陽にほえるカジ』、第3
 >話『私鉄沿線カジ』、第4話『夜明けのカジ』、第5話
 >『刑事カジャック』、第6話『スケバンカジ』、第7話『あ
 >ぶないカジ』、第8話『はみだしカジ』、第9話『踊るカ
 >ジ』、第10話『宇宙刑事カジバン』、以降続く……と
 >なっている。
 
 *428 親子連れ <>はJUMP
 >頭山照雄と娘の花。
 >借金取りから逃げて松濤までやってきた。
 >この直前、頭山は<御法川>と電話している。
 
 *人身御供
 >何かの利益のために、個人を犠牲にすること。
 >簡単に言えば、生け贄。
 
 *ブービートラップ
 >Booby trap
 >戦争で間抜け(booby)な兵士が引っかかって死傷す
 >る罠(trap)のこと。まぬけだましという意味で言えば、
 >教室のドアを開けた瞬間に上から落ちてくる黒板消し、
 >あれもブービートラップだ。
 
 *428 いくら
 >大沢の抗ウイルス剤開発には、およそ300億円の経
 >費がかかっている。大越製薬は年間の研究開発費に
 >約2000億円を投じているが、中でも大沢の研究にか
 >ける費用が最も高い。
 
 *428 誘拐事件の捜査
 >大沢の家には、捜査一課特殊犯罪捜査係の専門チー
 >ムである被害者対策班が派遣されている。対策班の
 >捜査員は、交渉術、オートバイや自動車の高速運転、
 >逆探知、特殊通信、電話記録取得などの訓練を受け
 >たスペシャリストばかりである。
 
 *428 エプロン
 >梶原が着用しているエプロンにプリントされているキャ
 >ラクターは、梶原の手によるオリジナルデザインのも
 >の。警視庁のマスコットキャラクターをモデルにしてい
 >る。名前はピンポくん。
 
 *裸エプロン
 >全裸にエプロンだけを着た状態のこと。コスプレ(コス
 >チュームプレイ)の一種。正面、背面、側面と、それぞ
 >れ異なる趣があり、どの角度が最も素敵かを議論しだ
 >すと止まらなくなってしまうので注意が必要。類似する
 >性的嗜好として、裸靴下、裸靴、裸ネクタイ、裸リ
 >ボン、裸マフラー、裸チョーカーなどがある。
+
+*428 おなか空いてない
+>1時間ほど前、大沢愛は家を抜け出し、駅前の喫茶店
+>『ロートレック』へ行ってサンドイッチと紅茶を注文してい
+>る。
+
+*チン
+>電子レンジで温めることをこう言ったりする。
+>温め終わったことを知らせる「チーン!」という音からき
+>ていると思うのですが、わが家の電子レンジは温め終
+>わったら「ピー!」と鳴るタイプなので、「チンする」とは
+>言いません。かといって「ピーする」とも言いません。
+
+*気泡シート
+>気泡シートが地球上に姿を現したのは1960年代のこ
+>と。当初は梱包材ではなく、部屋の壁紙やプールの落
+>ち葉を防ぐためのカバーとして開発された商品だった。
+>しかし、売れ行きが悪かったため、企業はこれを梱包材
+>として売り出した。そこで初めてヒット商品になったの
+>である。
 
 *428 目玉焼き丼
 >梶原のシンプルレシピのひとつ。他にも茹で上げのス
 >パゲティにバターと塩コショウをしただけの「白スパ」な
 >どがある。どちらも料理と呼ぶにはあまりにもシンプルで
 >あるが、微妙な塩加減で素材の味を引き出さなければ
 >ならず、熟練を要する。
 
 *ネクタイピン
 >ネクタイにつける飾り留め具のこと。昔はカフスや社章
 >と並ぶサラリーマンの必須アイテムだった。最近はタイ
 >バーという名称でリニューアルされ、一部のおじさまの
 >間で密かなブームとなっている。
 
 *428 プリティーハニー <>はJUMP
 >『上木彩矢コミュニティ』によく出没する人物。農業と警
 >察に関して詳しく、『世界がもし100人の農村だったら』
 >『タレコミュニティ87分署』といったサイトにも頻繁に姿
 >を現す。ちなみに『タレコミュニティ87分署』には、<加
 >納慎也>の恋人・留美もたまに書き込みをしている。警
 >察のふがいなさを非難するプリティーハニーに対し、留
 >美は警察がいかに大変な仕事かを力説し、激しい論争
 >を繰り広げたこともあった。
 
 *占い ※左に動画
 >トランプや星座などで人の
 >運勢を判断する方法。良
 >い結果の時は信じて、悪
 >い結果の時は信じない。
 >占いとの付き合い方は、そ
 >れぐらいがちょうどいい。
 
 *428 大洗真之介
 >劇団迷天使の主宰者。
 >午後2時30分より御法川実の取材を受けることになっ
 >ている。
+
+*感染拡大(パンデミック)
+>ある特定の感染症が世界的な大流行となること。感染
+>爆発ともいう。14世紀のヨーロッパでは、コレラの大
+>流行で人口の3分の2が死亡したという説もあり、20
+>世紀初頭のスペイン風邪の大流行では、世界中で
+>2500万人以上が犠牲になった。交通機関が発展し
+>た現代では、感染拡大の危険性が増大しているとの見
+>解もある。
 
 *ボイスチェンジャー
 >自分の声を別人のようにする機器やソフトウェア。声紋
 >や口調を解析不能なほどに変換させるのは非常に困
 >難であり、リアルタイムでこれを行うには資金力や技術
 >力が必要となる。
 
 *蛍光色素
 >ある特定の光を照射することで、より波長の長い蛍光
 >を発する色素のこと。この色素を使用すると、より詳細
 >な観察を蛍光顕微鏡で行うことができる。
 
 *フルオレセイン
 >黄緑色の液体。蛍光色素の一種。主に顕微鏡で観察
 >する際に使われるが、その他に目の診断試薬などにも
 >用いられる。一度に最も使用されるケースは「緑の日」
 >とも言われる「聖パトリックの祝日」。アメリカのシカゴ川
 >を大量のフルオレセインで緑色に染め上げて祝う。
 
 *428 服務規程違反
 >会社の規則に反すること。大越製薬は職務上の情
 >報を外部に漏らすことを厳しく禁じている。重大な違反
 >をした場合、免職処分になるだけでなく、多額な賠償
 >金を求められることになる。
 
 *X線
 >放射線の一種。レントゲン線とも言う。病院で身体の
 >透視画像を撮影する際に使われるほか、空港などで
 >の手荷物検査、爆発物検査にも利用されている。
 
 *IDカード
 >身分証明カード。機密性の高い研究を行う施設では、
 >各研究員のIDカードにセキュリティレベルを記憶させ、
 >立ち入りを制限する措置が取られていることもある。
 >バーコードやICによるドア開閉など、電子的に制御さ
 >れたICカード技術の開発も盛んである。
 
 *DDS
 >ドラッグ・デリバリー・システム。
 >ミサイル・ドラッグと呼ばれることもある。的確に患部ま
 >で薬剤を運ぶターゲティング(標的指向性)技術が特
 >に重要であり、世界中で様々な試みが行われている。
 
 *428 首筋
 >DDSは、首筋に残存している可能性が高い。
 >というのも、首筋にはいくつものリンパ節があるからだ。
 >リンパ節は、体内に侵入したウイルスを異物と見なして
 >攻撃するのだが、相手が強力な病原体だと負けてしま
 >うことがある。そうなると、その場でウイルスが一気に増
 >殖するのである。
 
 *残留
 >DDSに利用される素材は、当然のことながら人体への
 >ダメージが軽微もしくは無害でなければならない。使用
 >後は体内に蓄積されず、消化・吸収されるほか、排出さ
 >れるのが望ましい。だが一方、ウイルスが活動中である
 >と予想される期間は、体内に留まることも必要である
 >ため、バランスの取れた技術が必要となる。
 
 *428 Kaming
 >入会金1000円で年会費3000円。会員になると、
 >コンサートチケットの先行予約などの特典がある。大沢
 >が気に入っているのは、会員限定のサイトコンテンツ。
 >上木彩矢のブログやビデオコメントなどを見ることがで
 >きる。
 
 *モーツァルト
 >ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756―
 >1791)。オーストリア生まれの古典派音楽の巨匠。代
 >表曲「フィガロの結婚」「魔笛」「交響曲第41番・ジュピ
 >ター」など。
 
 *ショパン
 >フレデリック・フランソワ・ショパン(1810―1849)。
 >前期ロマン派の作曲家・ピアニスト。ポーランドの国民
 >的音楽家として有名。ピアノ独奏曲を多く残した。代
 >表曲「夜想曲第2番」「ピアノソナタ第2番」など。
+
+*ウンチク
+>蓄えた知識のこと。ほどほどに広うする程度なら周りか
+>ら感心されるが、得意げにひけらかし始めると煙たがら
+>れる。
 
 *428 本部 <>はJUMP
 >このとき、捜査本部は上層部による方針変更のため騒
 >然としていた。
 >現場に出ている<刑事>たちには、誘拐事件捜査の中断
 >命令が下された。
 
 *428 行方不明
 >大越製薬のニューヨーク支社長が、現地時間4月25
 >日午後9時から行方不明になっている。身代金などの
 >要求がないため、ニューヨーク市警ではなんらかのトラ
 >ブルに巻き込まれたものとして捜査を進めている。
 
 *428 本庁の刑事
 >警視庁捜査一課の沢渡喜一(さわたりきいち)。梶原の
 >渋谷署での活躍を耳にし、大沢邸での捜査に加えるこ
 >とを上司に薦めた。大沢への梶原の対応を見て、自分
 >の推薦は間違っていなかったことを確信する。しかし、
 >事件のあまりに意外な展開に、梶原に対して冷たい態
 >度をとるしかなかった。
 
 *428 撤収
 >警視庁はバイオテロに対処することになり、公安部が
 >主導する警備本部が設立された。ウイルス感染者で
 >あるマリアが見つかっていないため、誘拐事件の捜査
 >本部の人員は警備本部に吸収され、引き続き捜査を
 >続行することになっている。
 
 *428 謎 <>はJUMP
 >不思議・不可解なこと。
 >よく「○○の謎」とか「○○の秘密」などといったタイトル
 >の本が書店に並んでいるが、読んでみると大した謎で
 >もなくがっかりすることがある。
 >……という余談はさておき、そのとき、<彼ら>は2回目の
 >爆発の謎を解明するべく、ワゴン爆発の現場に向かっ
 >ていた。
 
 *プロバイダ
 >インターネットに繋ぐための接続サービスを提供する業
 >者。
 >通常インターネットに繋ぐには専用線が必要となり、そ
 >れを持たない場合はプロバイダとの契約が必要にな
 >る。
 >プロバイダがインターネットを接続をする際に、IPアドレ
 >スという識別のための番号がつけられる。
 
 *コマンドプロンプト
 >マウスを使わず、キーボードでコマンド(命令)を打ち
 >込んでパソコンを操作するための機能、またはその画
 >面のこと。
 
 *428 そっくり
 >そっくりといえば、以前、梶原は自分にそっくりな男に出
 >会って驚いたことがあった。男は梶原がたまたま入った
 >ヘアサロンに勤めていた美容師で、その男も梶原と目
 >が合うなり声をあげて驚いた。不思議な縁を感じた梶
 >原は、以来そのヘアサロンに通うようになったのだが、
 >ある日美容師に職業を聞かれ、正直に刑事であると
 >答えると、美容師は顔を青くして店を飛び出していっ
 >た。その後、梶原はその美容師と会っていない。