一月後の誕生日。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

なんだって、いつだって唐突だ。

すなわち万物の事象はすべからく唐突かつ必然であって、記憶と言う奴は全てを残すことなどできはしないのである。まる。

 

「はいはい…別にいいわよ。知り合ってまだ一か月だし、しずから呼ばれた時も理由知らなかったんでしょ?」

 

ありがてえ、ありがてえよ…あこちゃーマジあこちゃー。

 

「そのアコチャーって言うのはやめて」ズバッ

「アッ、ハイ」

 

しかしだな。

お誕生日会で誕生日プレゼントを持ってこないって、こう、やっちまった感があるんだ。

 

「だから…その、これ…」

 

知り合って一か月、仲としては苗字呼びからの脱却がなされた頃。

高価なプレゼントはさすがにナンセンス。というか、今集まりの理由を知ったわけで。

 

「すまん…今俺に出せるのはこれしかないんだ」

「逆になんでウナギパイなんて持ち歩いてんのよ」

 

美味いじゃないですか。

 

「はいはい…ま、ありがとね」

 

苦笑と一緒にひらひら揺れる彼女の手。

パキリと折れるウナギパイだけが、彼女の口へと収まったのであった。まる。