女子力向上委員会。レベル14

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

女子力向上委員会。レベル14

 

『決着ー! 個人戦決勝、全国行きが決定しました!』

 

『清澄の須賀選手、惜しくも全国を逃しましたが堂々の4位! まだ一年生の彼は今後が期待されます!』

 

健夜「……頑張ったね。京太郎くん」

 

 

「……」

 

「あー」

 

健夜「京太郎君」

 

「…すんません、負けました」ペコッ

 

健夜「ううん。頑張ってた。初めから見てたから、分かるんだよ?」

 

健夜「悔しいよね。泣きたいよね…」ギュッ

 

「……ふ、ぐっ…」

 

「お、れっ、本気で、がぢ、勝ちたくてっ!」

 

健夜「うん…いいんだよ。泣いていいの」ギュウッ

 

「…う、ううううううう!!」

 

 

健夜「落ち着いた?」

 

「はは…すみません、みっともないとこ見せちゃって」

 

健夜「いいのいいの。ふふ、なんだか弟ができたみたいで嬉しいなあ」

 

「弟ですか?」

 

健夜「うん…さっきみたいな可愛いところ、いつでも見せてくれていいからね?」

 

「うっ…み、見せません」

 

健夜「えー? なんでー?」

 

「見せませんってば!」