怪談はじめ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

草木も眠る丑三つ時。俺達は、部室に集まっていた。

 

久「さあみんな…ろうそくに火は付けたわね?」

 

ぼんやり光る部長の顔は、どこか歪んだ笑みにも見える。それは、テーブルを囲む面々も同じこと。

 

まこ「バレたらド叱られるが…ま、たまにはええか」

 

優希「夏の定番だじぇー…これが無くて何が夏か…」

 

和「雰囲気、ありますね。いえ、全然、怖くないですけど。はい」

 

咲「和ちゃん、オムツ要る?」

 

和「ください」

 

京太郎「おいおい、大げさすぎだろー」

 

和「は? ちょっと私、余裕ないのでジョーク言えないんですが」

 

京太郎「すんません…」

 

久「はいそこー。始めるわよ…じゃあまずは和から言ってもらおうかしら」

 

和「い、いきなりですか…わかりました…」

 

和は深呼吸を一つ。小さな火に照らされた顔はどこか白く、確かに余裕は無さそうに見える。

 

もし本気で怖いならサポートしないとな…そう思った矢先、和は決心したように口を開く。

 

ここは、聞くに徹するべきだろう。わざわざ和の勇気に水を差すこともない。

 

和「それでは…私の話、です」

 

 

和「遠く岩手には、昔から尺八様という」

 

京太郎「はいストーップ。余裕出てきたみたいなんでストーップ」