クズい貴方

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

京太郎「――つーかさ、お前から言ってきたんだろ?」

 

京太郎「今更無理とか、ムシ良すぎ。別に写メ売られてもいいっつーんならいいけどさ」

 

私が、悪いんでしょう。少なくとも自業自得という面は十分すぎるほど。

ジョークと済ませるには…あまりにも、軽率だったと。今更反省しても遅いのは、言われなくても分かっています。

 

「あっ…んっ、ん…」

 

ぞわぞわと這い回る手は乱暴で、まるでモノを引き寄せるように肩を掴みます。

そのまま、唇は奪われて。私の意思なんて知らないとばかりに、彼の舌が歯列をなぞって。

 

京太郎「は――で? お前、身体がえらく熱いけどさ…こういう時はどうボケるんだっけ」

 

彼の目が、声が、唇が。私を嗤っています。愚かな私を、愚かだと言うように。

震える私を憐れむように。

 

「あっ…あつい、ですね…少し、ぬ、脱いでも…いいですか…」

 

指が上手くボタンに掛からなければ、彼が代わりにボタンを外します。

ブラが上手く取れないときは、彼が外して奪われてしまいます。

ショーツが、自分で脱げないときは。

 

京太郎「ほら…いつ見てもツルツルだよな。ガキみてえ」

 

京太郎「あの時は穿いてなかったのに、いつの間にか恥じらいでも出たのかよ? ま…脱がす楽しみが出来ていいけどさ」

 

自分で脱げないときは。

彼が、嬉しそうに脱がせてきます。

私の大事な部分を蹂躙して、嬉々としてカメラに収めて。

私の涙を、可愛らしいと嗤いながら。

 

 

京太郎「……」

 

和「……」ゴクリ

 

京太郎「冒頭からボツ」

 

和「ええ!? あと修羅場らばーず編も入れて120ページもあるんですよ!? 授業中全力で書いたのに!」

 

京太郎「シュレッダーオン!」ビリビリビリ

 

和「ちょっ、それワードじゃなくて原本なんです! あ、ああー!」