泊まっていって

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

玄「それじゃ京太郎くん、こっちが京太郎くんのお布団です」

 

京太郎「ほうほう…隣の、それは?」

 

玄「これは私のお布団なのです!」ムフー!

 

京太郎「おいしょっと」

 

玄「し、仕舞わないでよぉ!」

 

 

――深夜――

 

玄「うー…おトイレ…」モゾモゾ

 

 

玄「きょーたろくーん…あけてー」コンコン

 

京太郎「玄さん? こんな時間にどうしたんです?」

 

玄「おトイレかしてー…」

 

京太郎「なんで部屋に来るんだよ!」

 

京太郎「ちょっ、なに脱ごうとしてんすか! ああもうこっち来て! 早く入って、ほら!」

 

玄「うー、ぬがしてー…」

 

京太郎「誰がするか!」

 

 

玄「ありがとー…おやすみぃ…」ポフッ

 

京太郎「人の布団で寝やがった…ったく、しょーがないな」

 

京太郎「…椅子で寝るか」

 

 

玄「……」ムクッ

 

玄「きょーたろーくん? ここでねてたら、からだ、いたくなるよ…」モゾモゾ

 

玄「えへへぇ…となり、座れないから、きょーたろーくんに座るね」

 

玄「あったかぁい…からだ、おっきいねぇ…んぅ」

 

 

チュン…チュンチュン…

 

玄「ふぁぅ…んんん…むにゃ」

 

京太郎「重っ! つーか身体いてえよ!」