彼氏と彼女

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

菫「ふ…私の彼氏になったからには、一人前の男になって貰わないとな」

 

京太郎「はいはい。分かりましたよ」

 

濃紺の髪が風に舞う。シャンプーか、コンディショナーか、柔らかな香りが漂って。

 

楽しそうに笑う二つ上の先輩を見て、京太郎は思わずため息と、笑みを零す。

 

菫「まずはそうだな…聖水は掛けるのと掛けられるのと、どっちがいい?」

 

京太郎「一人前からは程遠い存在だろ!」

 

気を抜かずとも、少女から漏れ出る言葉の色はいつもと何も変わらない。

 

菫「聖水は嫌か…参ったな、それだと私にはこの後買い物をしつつ夕方のコンサートに行って、帰りに食事をするくらいのプランしか思いつかないのだが」

 

京太郎「パーフェクトじゃんか! チケットも用意されてるんですけど!」

 

菫「そうか…」

 

京太郎「なんでそんな残念そうなんだよ! その…普通に行けばいいだろ!」

 

おや、と少女の頬が、唇が吊り上る。悪戯っぽく。可愛らしく。

 

菫「ふふ、私の彼氏はデートという単語には弱いようだな」

 

京太郎「う…ま、まあ…初デートですから…これから慣れるんでいいですよ」

 

菫「やれやれ。頼むぞ京太郎――これでも、本当に好きなんだからな」

 

 

赤く染まる顔を見せないように少女の頭を撫でる手の平。

手の温度を感じつつ、少女は笑う。年下の男の子に微笑み、見守るように。