首筋おーじゃ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

やえ「むー…」

 

京太郎「…咲こねーな。自由時間一緒に行くっつっといて、寝坊してんだろうなあ」

 

やえ「……」

 

京太郎「和と優希も約束まで時間あるし、迎えに行った方がいいかね」

 

やえ「…………あの、ちょっといいかな」

 

京太郎「つーか小鍛治さんにも挨拶…それは試合の時でいいか」

 

やえ「あの、すみません。ちょっと聞きたいんだけど」

 

京太郎「そういや電話のアイツも東京来てんだっけ。さすがに会ったりは…ねーだろーな」

 

やえ「貴様ぁ! 私を無視するとはいい度胸だ! とうっ!」ツンッ

 

京太郎「うぉおっ!? いきなり後ろから乳首つつくお前は…まさか!」クルッ

 

やえ「ふっ、やっと気づいたか…」ファサッ

 

京太郎「誰!?」

 

 

 

京太郎「なるほど、道に迷ったと。てゆーか個人戦の出場者なんですね」

 

やえ「うん。奈良県選抜1位だ、ま、奈良王者とでも呼んでもらおうか! あっはっは!」

 

京太郎「へえー、凄いっすね。俺なんて4位ですよー」

 

やえ「うん? 個人戦4位ってこと? それなら凄いじゃないか!」

 

京太郎「そうですかね…結局全国には進めなかったけど」

 

やえ「そんなことに拘る必要は無いな。要は自分が納得できるかできないか、それだけのことだから」

 

京太郎「納得…ですか」

 

やえ「まあ? 私くらいになれば王者じゃないと満足できないわけよ」

 

京太郎「はは、凄い自信ですね。素直に凄いと思います」

 

やえ「そうかそうか! ふふ、もちろんベッドもキングサイズで思いっきり全身を使って夜の運動だ!」

 

京太郎「凄いアホだなこの人」

 

 

 

京太郎「まあ…ここだったら俺、昨日通ったんで案内できますよ? 行きましょうか?」

 

やえ「いや、なんだか人を待っていたみたいだし、教えてもらうだけでいいよ」

 

京太郎「でも…女性一人を放っておくわけにも」

 

やえ「…ふふ、なんだ。案外ナンパな男なんだね。けどそういうのは待っている子に向けてあげるといい」

 

京太郎「そういうわけじゃないですけど! まあ…そちらがそう言うなら」

 

やえ「お礼と言ってはなんだけど…そうだ、このゴム紐をあげようか。舐めてもいいから」ゴソゴソ

 

京太郎「そんな特殊な趣味はねえよ!」

 

やえ「はいこれ。んー…なんか右側を結ってないと変な感じもするな。どう?」

 

京太郎「どうもこうも…………」

 

やえ「ん? どうした? 何か付いてるかな…首回り? 虫刺されとかあった?」

 

京太郎(細く見えるのに適度な肉付き…ラインに右の髪が掛かってチラチラと…)

 

京太郎(夏の日差しで白い肌が陽の色に染まって、でも髪の影の下ははっとするほど白くて…)

 

京太郎(すげえ…なんつーか、ヤバイ。これ、マジでヤバイ)

 

やえ「うーん? まあ助かったよ、また機会があったら会おう。それじゃ」

 

京太郎「あ……」

 

 

咲「京ちゃーん、お待たせー」トテチテ

 

京太郎「…おー、遅かったな」

 

咲「? 京ちゃん、どうしたの? ぼーっとして」

 

京太郎「…てい」

 

咲「ひゃっ!? な、なに? 首の後ろなんて見てどうするの?」

 

京太郎「…なんかすごかった。首筋王決定戦優勝」

 

咲「??」