台風が来た!

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

久「えー…それではここまで白熱した『絆創膏はブラかどうか』についてですがー」

 

京太郎「ここ最近で一番くだらない議題でしたね」

 

まこ「京太郎はなんも言わんかったが…ブラは苦手じゃったか?」

 

京太郎「ただ呆れて物が言えなかっただけなんで…」

 

和「私はブラ扱いでかまいませんよ。なくても擦れて感じるのでそれはそれですが」

 

京太郎「怪我になっちゃうからダメ!」

 

咲「じゃあニップレスは?」

 

京太郎「それはそーいう用途だから…」

 

優希「うぅ…え、えーい!」ガバッ

 

京太郎「なんでいきなり背中に飛びつく!?」

 

久「うーん、会議は踊る…それじゃ採決の前に。この中で今ブラ付けてるひと挙手ー」

 

「「「「「……」」」」」

 

京太郎「ダメじゃねーか!」

 

久「じゃあブラ持って来てる人ー。私は鞄の中、心の中」

 

和「持って来てます。須賀君の鞄に入れようかと…」

 

咲「えっと、一応…」

 

まこ「あー、ロッカーの中じゃ」

 

優希「…持ってないじょ」

 

京太郎「だぁからぁ! なんでじゃ!」

 

 

 

久「ふー、なんだか議論が深まったわねー」

 

京太郎「あれを議論と呼ぶ学生議会長が恐ろしいんですけど…」

 

まこ「それにしても、どうするんじゃ?」

 

咲「凄いなあ…」

 

優希「なんかワクワクしてくるじぇ!」

 

和「そうですね。非日常的と言うか、なんだか気持ちが浮ついてきます…」

 

 

ビュオオオオオ! ガタガタガタ…

 

京太郎「外に出たらおしまいだよな、これ」

 

和「ふふっ、外に出したらおしまいだなんて、須賀君はお上手ですね」クスクス

 

京太郎「その内容をそんな上品に言えるってスゲーよ」

 

 

 

京太郎「うーん…どうします? 無理やり帰りますか?」

 

久「危ないでしょ。最悪一泊かしら…購買は?」

 

優希「行ってくるじょ! タコスの生存確認は宇宙船地球号乗員の義務だじぇ!」

 

京太郎「待て待て待て、俺も行くって。晩飯いるかもだしな」

 

優希「お…おう! 行くぞ犬、ついてこい!」

 

京太郎「へいへい」

 

 

和「もうゆーきったら…突いて来いだなんて、積極的ですね」

 

咲「二人が帰ってきたらなんて言ったらいいかな?」

 

久「そうねー…おめでとう、とか?」

 

まこ「お疲れ、でええと思うが…体格的に優希のほうが疲れとると思うがのー」

 

「「「「あははっ!」」」」

 

 

 

京太郎「さすがに人いねーなー…」

 

優希「帰りのHRで早く帰れって言われてたからな! 部活も中止になったはずだじょ?」

 

京太郎「うぉい! なんで会長のいる部活がやっとんじゃ!」

 

優希「でもこの方が特別感がうなぎ上り! わからんか小僧!」

 

京太郎「まあ分からんでもないけどな…つーか風強すぎんだろ。窓が割れそうじゃんか」

 

優希「心配性もいいとこだじぇ。こーいう窓は丈夫もいいとこで」

 

バァンッ!

 

優希「ひぅっ! わ、わわっ!?」ヨロッ

 

京太郎「っぶね! おいおい、大丈夫か?」

 

優希「…あ、わ…あぅ…」

 

京太郎「? どーしたよ。おーい優希ー?」ペチペチ

 

優希「……はっ! な、なにをするかー!」

 

京太郎「あだっ、何って意識飛んでたから頬軽く叩いただけだろ?」

 

優希「ほっぺたを叩くなんて…後ろから見たら無理やり、の、飲ませてるみたいでエロティックだじょ!」

 

京太郎「鬼畜か! つーか顔赤いぞ? 風邪なら戻っとけよ」

 

優希「…ぅー」