にゅるにゅるが割れ目に

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「は、あぁ…んあ…っふ…」

 

にゅるりと、割れ目からウナギが顔を出す。

上重先輩の濡れそぼったそこでうごめき、僅かな隙間に入ろうと、ぴったり閉じたそこを強引にこじ開けようとしていた。

 

「先輩、いつまで遊んでるんです? 早くしてくれませんか」

「ひっ…ご、ごめん、わたし…あ、あぁっ!」

 

動くに動けないんだろう。引いても押してもダメとなったら後は留まるしかない。

けどそれは、ウナギが暴れるのを、ただ耐えるってことだ。

 

「も、もう許してやぁ…須賀君、もう、あかん…」

 

目に涙を溜めこんで、こっちを見上げる先輩。少しだけ…いじめる末原先輩の気持ちが分かった気がする。

 

「ダメですよ。ほら、早く」

 

思わず口元が歪んじまうけど…ま、いいか。

とはいえこれをいつまでも続けても、時間ばっかりかかって仕方がない。

 

「じゃ、俺が手伝ってあげますよ…その方早くいけるでしょ?」

「あ、ちょっ、待って…!」

 

無造作に指を先輩のソコへと絡めていく。割れ目に入り込もうとするウナギを掬うように、俺も指を差し込んだ。

 

「あ、あああああっ!」

 

 

京太郎「はい、ウナギ掬えましたよ…その声なんとかなんないんすか」

 

漫「ん? なんかおかしかった? 男の子の好きそうな感じでやってみたんやけど」

 

京太郎「若干鬱陶しいんで…」