星に願いを

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

咲「京ちゃん、短冊書いた?」

 

京太郎「おー。咲はもう書いたのか?」

 

咲「えへへ…実は書く内容はもう決めてたんだー。後は書くだけ!」

 

京太郎「へえー…どれどれ、見せてみろよ」

 

咲「あっ! ちょ、ちょっと京ちゃん! 書けてからにしてよー」

 

京太郎「今見ても同じだろー? どれどれ…」

 

京太郎「……『おもちがパイ』?」

 

咲「○リできるくらいおっきくなりますように!」エヘン!

 

京太郎「今見て良かったぁ! はい新しい短冊!」

 

 

 

和「あら須賀君…短冊、飾るんですか?」

 

京太郎「おう。せっかくだし上にでも飾っとくかなー」

 

和「須賀君は背が高いですからね。羨ましいです」

 

京太郎「なんなら和のも飾っとこうか?」

 

和「いいですか? それなら是非、私も…上の枝がいいですね。須賀君の隣くらいにお願いします」

 

京太郎「あいよっと…そういえば、さ」

 

和「はい」

 

京太郎「今日は髪、上げてるんだな。浴衣だからか?」

 

和「ええ。似合いますか?」

 

京太郎「ああ…良く似合ってるよ」

 

和「そうですか…ありがとうございます。あ、これです。私の短冊」

 

京太郎「うーん力強く堂々とした筆遣いで、よくまあこんなこと書けたもんだ!」

 

和「そんなに褒められても…」ポッ

 

京太郎「一ミリも褒めてねーよ! 書き直し!」

 

 

 

優希「犬! 私の分も上に飾れー!」

 

京太郎「へいへい。ここでいいか?」

 

優希「もっとだじょ! 一番上にしろ!」

 

京太郎「さすがに届かなねーって…」

 

優希「よし、浮け! 空中浮遊で届く距離だ!」

 

京太郎「舞空術はコモンスキルじゃねーよ! ったく…おいタコス」

 

優希「じょ?」

 

京太郎「肩、乗れよ。そしたら届くだろ」

 

優希「え」

 

京太郎「早くしろって。お前くらいの軽さなら大丈夫だからさ」

 

優希「う、う…わかった…」

 

京太郎「おし。立つぞー」

 

優希「うわわっ!? う、うー…」モゾモゾ

 

京太郎「動くな動くな! ほら、早く結べよー」

 

 

 

久「さーさーのーはー、さーらさらーっと」

 

京太郎「部長、ここに居たんですか」

 

久「あら須賀君。短冊はOK?」

 

京太郎「ええ、全員分飾っときました。部長は空、見に行かないんですか?」

 

久「少ししたらイくわよー。せっかく晴れてくれたんだし、天の川も見とかないとね」

 

京太郎「そっすねー。えーと、あれがデネブ、アルタイル、ベガ?」

 

久「違うけど」

 

京太郎「…すんません。ちょっと気取ってみました」

 

久「ふふ、いーんじゃない? …さーさーのーはー、さーらさらー…」

 

京太郎「部長、さっきからそれ歌ってますよね。好きなんですか?」

 

久「そうねー…笹の葉型でサラサラって羨ましいわよね」

 

京太郎「あっれー? 何の話してんすか?」