自害

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いつからだろう。

幼馴染が、同級生が、先輩が。こんな風になってしまったのは。

 

「京ちゃん!」

 

思わず漏れたため息が聞こえなければいいんだけどな。

 

「おう、咲。どうした?」

「えへへ…はいこれ、お弁当!」

 

知ってるよ。毎日だもんな、きっと今日も昨日や一昨日とは違うメニューなんだろ。

それも俺が好きな物や、苦手でも食べられるように工夫がしてあるんだ。

 

「ありがとな。一緒に行くか?」

「い、いいよぉ…私なんかが一緒に行ったら、付き合ってると思われたら嫌でしょ?」

 

ほんと高校生になってからは髪型を気にしてさ、知ってるんだぜ? 身だしなみに時間も掛けてるの。

 

「私なんか、全然だよ。和ちゃんみたいに、胸も大きくないし、優希ちゃんみたいな元気さもないし、全然、全然」

 

「ごめんね、頑張ってるのに京ちゃんの隣も歩いたらダメなままで、ダメだよね」

 

「あ、ごめんね! 気持ち悪いよね…もっと頑張るから。もっと頑張るから…」

 

頭掻きむしるの止めたんだな。

その方がいいよ…例えその理由が髪が傷むとか、俺まで悪くみられるからとかでも、全然いいよ。

だからきっと、一人になってから何かするんだろ。外から見えない場所に、自分で罰だって言いながら。

 

「それじゃあ京ちゃん…私、ちょっと寄る所があるから」

「ダメだ。一緒に登校しよう」

 

だから、咲の両手を握ってやるんだ。

 

「わ、わ…」

 

目を潤ませて自分の両手…というより俺の手を見る咲は、今日の間は自分の手を汚さない。

俺を汚したくないから自分の手を汚さない。知ってるんだよ咲、お前の事は。