ホモって言うな!

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「須賀君、おはよう」

「おう、おはよう」

 

中学二年生のときの話だ。入学から一年半、クラス替えから半年たった秋の頃。

俺の友達のうち、一人はソイツで。

ソイツの友達は、俺一人だけだった。

 

「須賀君は読書感想文の本決めた?」

「いんや、メンドくせーよな。なんかいい本ある?」

「えっと…須賀君ってどういう本が好き?」

「本とか読まないから、短いやつ」

「ええー…」

 

困ったように眉を下げる顔は女の子みたいで、きっちりホックまで締めた学ランが無かったら間違えるほど。

声だってほとんど女の子と変わらないくらい。頑張って男子っぽい私服を選んでも、結局女の子が男の格好をしてると思われる、そんな奴。

根暗なわけじゃない。けど消極的で友達が作れなくて、そのくせ寂しがりな奴で。

 

「あ、それじゃああの本がいいかも」

「何でもいいから貸してくれよー」

「しょうがないなあ…それじゃ、今日うち来る?」

「おう! そういや久しぶりだなあ――」

 

きっとあの日、家にさえ行かなければ良かったのに。

 

「――宮永の家に行くのってさ」

 

 

 

宮永の部屋は、らしいというか…本ばっかりで他に何もない部屋だった。

 

「そんなにキョロキョロしなくても」

「久しぶりだけど変わってねーよな。学生服と本と勉強道具しかないじゃん。きもー」

「キモいはヒドイよ…ええと、本だよね…あれ?」

 

真面目一辺倒な奴で、自分の部屋なのに学ランを脱いだだけで着替えもせず、シャツをズボンに入れたまま。

俺としてはその真面目さも面白かったんだけど、他の男子にはつまらなかったらしい。

だからコイツが意外と楽しい奴だってことも、困った顔が面白いことも知らないんだろうな。

 

「ごめん須賀君…ちょっとここに無いみたい。お姉ちゃんの部屋にあるかも」

「お姉さんいるのか。本は別に今じゃなくていいけどな」

「ううん…取ってくるよ。ちょっと待ってて」

 

そのまま行っちまうあたり、宮永らしいというか。

 

「……悪いな宮永、部屋漁りは友達の特権だよな」

 

目的は、当然お宝本。だいたいそういうものはベッドの下と相場が決まってるんだが。

 

「お、あったあった…ん?」

 

あったと言っても一冊だけだけれど、気になったのはその奥の物。

綺麗に畳まれているのは――

 

「服? 女子のか…?」

 

見間違え、ということもない。手に取れば間違いなく女子用制服で、しかもしっかり着た跡がある。

 

「宮永のお姉さんのか? でもなんでここに……」

「お待たせ、やっぱりお姉ちゃんの部屋に」

 

その時の宮永の顔ときたら。

笑顔がどんどん真っ青になって、面白いほど歪んでいくのを思い出すだけで。

 

「う、あ…な、なにしてるのっ!?」

 

素直な奴だけに、完全に墓穴を掘ってるとしか言えない。適当に笑い飛ばせばいいってのに…

 

「これ、宮永が着てるのか?」

「……」

 

目を向ければ可哀想なくらい震えている。もしかしたら嫌われるとか、そんなことでも考えているんだろうか?

もしそうだとしたら――

 

「いいんじゃね? 宮永って女子っぽいし、似合いそうじゃん」

「……え?」

「せっかくだしさ、着替えて見せてくれよ! 誰にも言わないからさ」

 

――この時、こんなことさえ言わなければ。

良かったのか、悪かったのか。俺にはわからないけれど。

 

 

 

思わず、唾が喉へと落ちていく。

 

「そ、そんなに見ないでよ…恥ずかしいよぉ…」

 

涙目でトランクス一枚の宮永は、確かに男子で間違いない。

けど、どういうわけかスカートを付ける仕草や、セーラー服に腕を通す仕草があんまりにも、俺の目を掴んで離さなくて。

分かっているのに、男だっていうのに。

 

「かわいい…」

「っ、そんなこと、言わないでよぉ…」

 

両手で覆われた顔はきっと真っ赤になっていて。ぺたんと床に落ちた腰が誘うように左右に揺れる。

そして何よりも。

 

「な、なあ…触ってもいいか?」

「え? あ、やっ!」

 

だってしょうがないだろ。

エロ本でさえヤバいのに、こんなのが居るんだ。

柔らかい太ももも、華奢な首筋も、本なんかよりずっとずっと綺麗で。

 

「宮永、どうせなら下着も替えようぜ」

「っ!」

「さっき、あったもんな。服の奥に、女子のパンツ。穿いてるんだろ」

「……」

「宮永」

 

押し倒した宮永の目が、俺を見上げている。

でもこれは嫌だとか、そういうのじゃなくて。

 

「ほら、着替えろよ」

 

少しずつスカートを押し上げる股間が。

 

「……う、ん」

 

宮永の本心なんだろう。

 

 

 

 

咲「どうかな!」

 

京太郎「……」

 

優希「京太郎が石になってるじぇ」

 

和「いいですね。こういうのも嫌いじゃありません」

 

咲「だよね! ちなみにこの後、滅茶苦茶」

 

京太郎「うおおおおおお!」ビリビリ

 

咲「あーっ! 何するの京ちゃん!」

 

京太郎「おぞましいもん書いてんじゃねええええ!」