菓子作り

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

京太郎「んー…これくらいですかね?」

 

ハギヨシ「いえ、角が立つくらいというのはこの程度ですよ」

 

京太郎「じゃあこっちの焼き具合は?」

 

ハギヨシ「こちらは十分でしょう。衣様も透華お嬢様も喜ばれるかと」

 

京太郎「なんで俺がこんなことを…」

 

ハギヨシ「いいではないですか。校内新聞の罰、でしたか?」

 

京太郎「エッセイとか無理ですよ。けどお菓子作りは意外と…」

 

ハギヨシ「こちらは才能がおありですよ。パティシエを目指されるのも一つの道でしょうね」

 

京太郎「そっすかねー」

 

 

智紀「……いい」キラン