クラスでのご様子

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

京太郎「ふあ…朝からねみー…一限寝ようかな」

 

久「須賀くーん、いる?」ガラッ

 

アレッテセイトカイチョージャネ? カイチョーダ

 

京太郎「部長! どうしたんですか?」

 

久「ちょっとねー。今日の部活なんだけど、休みだって一年生に伝えといてくれない?」

 

京太郎「咲たちにですか? それならメールでいいんじゃ…」

 

久「それがどこかにいっちゃったみたいなのよ。朝から探してるんだけどねー」

 

京太郎「はあ…分かりました」

 

久「よろしくね。まこには私から伝えておくから」

 

京太郎「うっすー」

 

京太郎「…咲は、まだ来てないか。和んとこ行ってみるかな」

 

 

 

京太郎「えーと…ここだよな」

 

京太郎「うーっす、のど…原村さん、いるか?」ガラッ

 

 

和「はい、これはこの公式を当てはめれば…」

 

和「提出プリントはそこのボックスへお願いします。後で取りまとめますね」

 

和「一限目は先生が急用で自習とのことですから、もし分からないことがあれば聞いてくださいね」

 

和「はい? いえ、そんなに褒められることでは…ふふ、でもありがとうございます」

 

和「? どうしたんです? 顔が赤いですけれど…」

 

 

京太郎「……」ゴシゴシ

 

京太郎「……??」

 

 

和「あら…須賀君」トトッ

 

和「もう、朝から私をどうするつもりなんですか?」モジモジ

 

 

京太郎「あ、和だった」

 

 

 

京太郎「えーと…頼りにされてる感じなのか?」

 

和「どうでしょうか。ただクラス委員というだけですが…」

 

和「それでも嫌な仕事ではありませんね。私程度でも頼ってもらえるのは嬉しいですから」

 

京太郎(誰?)

 

和「それで須賀君は、どうしたんです?」

 

京太郎「あ、ああ…部長から連絡あって、今日の部活は中止だとさ」

 

和「そうですか。わざわざありがとうございます」

 

京太郎「ん…ああ」ボーッ

 

和「須賀君?」

 

京太郎「いや…なんかいつもと感じが違うから、なんつーかさ…」

 

和「…ふふっ」クスッ

 

和「安心してください、私はいつも通りちゃんと穿いてないですから」ボソボソ

 

京太郎「ときめき返してくれる?」

 

 

 

京太郎「えーと優希のクラスはこっちか」

 

京太郎「ちーっす、優希いるかー?」ガラッ

 

 

優希「はむっ、はふはふ、はふっ!」

 

優希「んぐ…ぷはー! やっぱり朝はタコスから始めるじぇー」

 

優希「匂いの広がらないタコス…いい時代になったもんだ」

 

 

京太郎「優希だった」ホッ

 

優希「お? 京太郎どうした! 私に会いたいのは分かるが朝から盛るには場所が悪いじょー」

 

京太郎「ちげーよ…部長が今日の部活、無しだとさ」

 

優希「そーかー…京太郎はまっすぐ帰るのか?」

 

京太郎「そうだな。特に寄るとこもねーし」

 

優希「ん…そっか…ありがとな京太郎! また昼に会おう!」

 

京太郎「おう、じゃーな」

 

 

優希「……え? ち、違う、別にそんなんじゃないじょ!」

 

優希「うー…からかわれるのは苦手だじぇ…」

 

優希「顔赤い…? み、見るなー!」

 

 

 

京太郎「そろそろ咲は来てるかね」

 

京太郎「咲ー、いるか?」ガラッ

 

 

咲「あ」

 

京太郎「……」

 

咲「えっと…これは京ちゃんの椅子を温めておこうかと…」

 

京太郎「ふんふむ。で、なんで背もたれに腕を回してんだ?」

 

咲「対面座位っぽくて…」

 

京太郎「椅子相手にか」

 

咲「えーと…あ、それじゃあ」

 

 

咲「うーん、やっぱり生身の京ちゃんは座りにくいね…」ムムム

 

京太郎「おかしくね? なんで対面座位になってんの?」

 

京太郎「つか暑いわ! 何月だと思ってんだ!」