※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「エクセレント下僕」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

エクセレント下僕 - (2007/09/01 (土) 23:21:48) の編集履歴(バックアップ)


BACK(戻れない)



騒動のあった直後、酒場を後にしたレラ。

彼女はトレマルと別れ、レンガ作りの家屋に挟まれた、せまく細い通りを歩いていた。
人目を避けて歩く、つまりは逃げ出す為である。
騎士による尋問で時間をとられるなどまっぴらだった。
付け加えるなら、指名手配中の男との接触などは早めに切り上げたほうが良い、という判断からである。


この街ラングフルクに限らず、最近では碁盤目状に家々が建ち並ぶケースが増えている。
家屋の隙間を縫うようにして、大小の通りが広がっているという仕組みだ。

大通りだけを避けるようにして歩くのは容易なことだが、一方で似たような景色ばかりが続き、
位置をよくよく確認していないと単純な街並みとはいえ、迷子になってしまうことも珍しくない。
そのことを心配する意味も含めて、数ブロックおきの十字路に騎士警団の詰め所が存在し、
街の安全と治安とを守っている。

今は、ツヴァルスという名のついた大通りにある詰め所から、大勢の騎士が捕り物に向かったとの事。
夕暮れ通りは、にわかに騒がしくなっている。
どこで騒ぎを聞きつけたのか、市民達が野次馬がてら出かけて行く真っ最中だ。


レラは全てをよく心得ているようで、詰め所と野次馬が群れるところを避け、
何処かへと歩いている。ただ、その挙動はどこかおかしい。

せいぜい数人が、うつむき加減に歩くレラとすれ違った。
しかし皆して、やはり騎士の活躍が何よりも気になるようで、レラの奇抜な服装にも、
彼女が手にし眺めていた、一枚の写真 にも無関心だった。

おかげでレラは歩きながら一人、写真に没頭している。


レラが手にしている写真には、聖職者が身につける群青のローブを身にまとった青年が写っていた。

青年は華奢であり、髪を逆立て、眼鏡をかけているところまでは見て取れる。
遠くからこっそりと撮影したものなのだろう、被写体はあさっての方向を向いてしまっている。
けれどその表情はまるで刃のように引き締まっており、
あとコンマ数秒もあれば、撮影者に向き直って、射抜くような視線を浴びせたのではないだろうか。
今にも静止画の青年の眼が、ぎらりと見る者を凝視し返してきそうだった。


レラは先ほどからずっとその写真ばかり、天にも昇る心地で見つめているのだ。
彼女が辿っている道、行き先こそ確かなものかどうか。実のところ、前方などほとんど見ていない。
満面の笑みを浮かべたまま右へふらふら、左へふらふら。

あげく、時折空を仰いでは「お兄様、ステキぃ・・・」などと呟く。
子連れの母親から『見ちゃ行けません』の烙印を押されること必至の存在になっている。


しかしレラにしてみれば、その写真は今回の情報屋トレマルとの接触で得た、
唯一にして最高の情報である。実に半年ぶりの有力情報なのだ。

舞い上がるのも無理は無い。レラは改めて感謝の言葉を、居ない当人に向けて捧げる。


「トレマルってばありがとう。やる時はほんとやってくれるんだよなぁ」


毎回、情報屋トレマルは依頼人と落ち合う日時も、場所も指定してこない。
彼は変装の名手であり、依頼人を驚かすことを楽しんでいるフシがある。

例えば、レラがふらりと立ち寄った酒場で、なぜか店員として働いていた。
それが今回であり、前回は演劇ですぐにやられた雑魚怪人、
そのまた前回は、レラが船で航海しているときに出会った難破船の乗組員だった。

ふとした際に姿を現し、目当ての情報を授けてくれる夢の情報屋。
その正体は未だ知れないが、国を守る騎士から指名手配されるあたり、大物なのだろう。
良くも悪くも。


「にしてもよ、この写真の場所ってどこなのかな?
 お兄様が身を隠すような街なんだから、それはもうインテリチックなところよね。
 北のメストミアかしら?それとも南のフリソニア?
 あれ、そういえばトレマルは撮影場所について何か口にしていた気がするぞ?
 確か・・・ガラシャド・・? ガラシュバ・・・?
 ああ、どうしよう!肝心なことを忘れている!」

レラは立ち止まると、大きく開けた口に手を当て、大袈裟なまでに絶望してみせる。
だがそれも一瞬のことで、すぐにまた挙動不審な歩行を始める。

「まあいっか。どうせ、トレマルのほうからまた会いにきてくれるだろうし。
 お家に帰ってから誰かに聞けばいいし!」

上機嫌と独り言が収まることはない。

「とにかく今回の大収穫は・・・この写真なんだ!
 ああなんて、なんてかっこいいお兄様!ボクの想像してたよりずっと上をいくね、これ!
 これでもうずっと夜は困らなくて済むぞ・・・熱い気持ちのまま寝れそうだ!」


その頃、日はさらに暮れてしまい、夜と言って差し支えの無い暗さになっていた。


レラはというと、ちょうど街外れの墓地まで来たところだった。

鉄柵でぐるりと周囲を覆われた恐ろしく広大な墓地であり、街の南部一帯を丸ごと占めている。
ここには、街のかつての有力者たちが代々眠っているという。
よく手入れされているようで、荒れた雰囲気は一切無く、
むしろ緑の芝生に等間隔で並べられた墓石により、美しくすら見える。

しかし辺りはいま、暗闇である。
さすがにこの時分になると、人々を寄せ付けない、とまではいかないが、
誰もめったに立ち寄らない区域とみて間違いないだろう。
住宅街からも離れており、浮浪者もあえてこの近くに縄張りは持っておらず、
まったく人気が無くなっていた。

「あれま。もうお墓まで来ちゃったよ」

これでもレラは、酒場からひたすらこの場を目指して歩いてきていた。

墓地の入り口であるアーチ状の門をくぐり、一人の主婦らしき身なりの女が出てきた。
お参りでもしていたのだろうか?小柄な彼女はレラを上目遣いで見ると、
顔をしかめ足早に立ち去って行った。
どうやら、レラの服装が気に入らなかったらしい。

レラはすれ違う女には見向きもせず、どしどしと石畳で造られた小道の上を歩いて行った。

頭上で無数の星がきらめく中、決して墓場そのものに用があるわけではない。
墓場を通り抜けた先に、レラの住処があろうなどと、先ほどの主婦は露程も思わないだろう。
何せその建物というのが、この街の市長が住まいと、市政の場に使っているものだからである。


数千はあろうかという、いわば墓地の丘とも称せそうなところを登りながら、
目指す建物がまだ遠くにあるが、ようやっとレラの目に入ってきた。

廃工場をむりやり市庁舎に改築したというそれは、左半分が未だ工場としてのいびつな装いを残し、
対して右のほうは小規模な宮殿のような、白くて小綺麗な造りをしているのであった。

「我が家ながら、素敵な造詣とはいい難いよね。・・・いつ見ても」

やっと我が家の門まで行き着きながら、レラはここでも独り言を言った。

「ああ、まったくだな」