「ボスソル情報」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ボスソル情報」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *◆ボスソル情報を書き込むページです
 改変・修正したい場合はどなたでもご自由にどうぞ。
 
 ----
 **出現条件
 ボスイノを除くCPUキャラに対し、
 ・覚醒(もしくは一撃)必殺技で10回以上勝利+全勝(1ラウンドも負けない)かつ、ノーコンティニューの状態でボスイノを倒す。
 
 この間、乱入されて負け、対人戦でコンティニューしていてもOK。
 CPUに1ラウンド負けた場合であっても、対人戦でコンティニューすれば無効になる。
 また、ボスイノ戦でコンティニューしても問題ない。
 
 タイムや、パーフェクト勝利は無関係。
 一撃必殺技は未使用でもOK。
 
 
 従来の家庭用サバイバルモードにあった、
 「覚醒フィニッシュ(ボーナス)」とは異なり、
 覚醒技による削りダメージで倒しても、覚醒技で勝利したと見なされる。
 多段ヒットする覚醒技をもつキャラなら有利だろう。
 
 
 なお、M.O.Mモードでもボスソルは出現する。
 アーケードモードと全く同じ運びで22戦目に登場となる。
 ボスイノ戦の時点からライフを引き継ぐので苦戦必至。
 
 
 ちなみに、モードとラウンド先取数の設定によって、
 ボスソルの出現に必要な「覚醒フィニッシュ」数も変化している。
 
 ・2本先取の場合   10回以上(M.O.Mモード含む)
 ・1本先取の場合   5回以上
 ・3本先取以上の場合 15回以上
 
 
 ----
 **開幕演出
 ボスイノが逃げ去った次元の穴が広がり、プレイヤーキャラが飲み込まれる。
 キャラが落下していき、AD2172の上空へ。
 (ステージ紹介演出などは無しで戦闘に。AD2172は対人戦時のものと同じ)
 
 そのまま視点は下がり、ギアにまたがるボスソルが映る。
 ボスソルの前方に開いた次元の穴からプレイヤーキャラが出現。
 (この時、着地する場合と仰向けダウンする場合がある)
 
 ボスソルがSLASH時と同じ開幕演出に入る。今回は演出中のCG増加無し。
 
 開幕ボイスはSLASHと同じ。3種とも同じ台詞だがで録り直し。
 
 
 ----
 **特徴
 
 ・CPU専用キャラでCGが徐々に増加(増加量は少ない)
-
-・SLASHのときほど防御力が高くない
 
 ・テンションバランスがすぐに高まる(最初から高いわけでは無さそう)
 
 ・リバサバクステはほとんど使用しなくなった
 代わりに、投げ、SV、タイランレイブ、殺界をリバサ技として頻繁に使用する
 
 ・ボスソルの殺界はFDしても距離が離れにくい
 
 ・プレイヤーでは使用不可能の禁断技「フレイムディストーション」を使用する
 
 ・非常に固い防御精度。ダッシュで突っ込んでくる際もガードを忘れない
 
 ・TGが50%以上ならDAAも多用
 
 ・地上ガード時はFDを多用するが、空中ではほとんど使用しない
 
 ・立ちHSなどからCCを使用してかく乱してくる
 
 ・青バーストよりも金バーストを狙ってくる。また、こちらの青バーストをよく見切る
 
 ・飛び込んでくる場合は、ほぼ必ずJHSを使用する
 
 ・他のCPU同様、エリアルコンボは確実に決めてくる(とくにダストは要注意)
 
 ・スラバの使用率は低い?
 
 ・こちらが距離をとると、長時間しゃがみこむ事がある。この時に近づくとBHBで牽制し、逆に離れるとダッシュやBRPで近づいてくる
 
 ・下段技の使用頻度が少ない(SLASHよりは比較的使ってくる模様)
 
 
 >*勝っても負けてもエンディングとなり、コンティニュー不可。 M.O.Mでも同様。ボスソルとすぐに何度も戦いたいなら、乱入してもらうしかない。
 
 
 ----
 **必殺技の傾向
 
->■BHB⇒主に牽制として使用してくるように。空中で喰らうとエリアルを狙われる。たまに2,3発連続で使用してくる
->■BRP⇒SLASHより多用する。FRCからの投げ狙いは健在。慌てずに対処すれば反撃可
->■SV ⇒こちらが起き攻めやめくりを狙うと反撃や、エリアルのシメとして使用。Lv1or2が空振りした場合は反撃のチャンス
->■GB ⇒前作のように乱用せず、主にこちらへのカウンターとして使用する
->■RI ⇒コンボ専用として使用。たまにぶっ放しとしても使ってくる
+>■BHB⇒主に牽制として使用してくるように。空中で喰らうとエリアルを狙われる。2,3発連続で使用してくることも
+>■BRP⇒SLASHより多用する。FRCからの投げ狙いは健在だが、慌てずに対処すれば反撃可
+>■SV ⇒こちらが起き攻めやめくりを狙う時の反撃や、エリアルのシメとして使用。Lv1or2が空振りした場合は反撃のチャンス
+>■GB ⇒前作のように乱用せず、主に飛び込みのカウンターとして使用する
+>■RI ⇒コンボとして使用。ぶっ放しとしても使ってくる
 >■チャージ⇒たまにちまちま使用。バーストに派生させることは殆ど無くなっている。たまにCCとしても使用
 
 >■FB ⇒使ってくる確率はかなり低い。F.ディストーション中に連続技のつなぎとして使ってくるようだが…よく分からない。ボスソルがFBを使う姿を見た人はかなりの強運の持ち主(?)だ
 
->■タイランΩ⇒連携としてはほとんど使用せず、リバサや単発で繰り出す。直前ガード、スラバで反撃可能
+>■タイラン オメガ⇒連携としてはほとんど使用せず、リバサや単発で繰り出す。直前ガード、スラバで反撃可能
 >■サーベイジ⇒連携や反撃として使用
 >■殺界⇒リバーサル、もしくは連続技にならないガトリングの割り込みに使用。ヒット、ガード問わず、乱舞に移行するのは相変わらず
 >空振り時に気絶することが少ない
 
 ----
 **◇フレイムディストーション
 ボスソル専用としてお馴染みの技。演出は変わらない。
 
 ・使用効果:チャージゲージとTGがMAXになる
 
 ・チャージゲージ、TG、ライフが自動増加する
 
-・効果時間はSLASHと同程度?効果終了後、チャージゲージはLv3で残る
+・効果時間はSLASHと同程度?効果終了後、チャージゲージはLv3で残るがTGは0になる
 
 ・SLASHのときと比べると使用する優先順位が低くなったのか、TG50%以上でもすぐに出してくることは少ない。
 
 **使用コンボ
 >投げ>6HS
 >立K→近S→2D>Fディストーション>Lv3サベ>Lv3タイラン
 >近S→2D>Lv1ロック>Fディストーション>Lv3サベ>立K→近S>エリアル~
-
+>Lv3ロック>ダッシュJP→JK→JS>JS→JHS>Lv3SV~
 
 ----
 **攻略
 
 バクステも無防備なダッシュもほとんど行なわないので、SLASHの時と比べてチャンスが少ない。
 フレイムディストーションを使われる前に倒しきるのが一番良い。
 1発殴られるとアドリブコンボされるので注意。
 基本は立ガード重視。ボスイノやボスソルは基本的にFB技を使用しない。
 
 (筐体の設定難易度次第?ボスイノがFB狂言実行を2ラウンド続けて使うのを確認。どうやら、使う時は使ってくるようである。いずれにしても使用頻度はとても低いようで、わざわざFBを警戒する必要は無いだろう)
 
 空中ではFDをほとんど使用しないので、J通常技を当て続けて引き下ろせば、地上通常技を喰らってくれることが多い。6Pが強いカイやポチョムキンらは比較的楽に倒せる。
 
 また、こちらがHJするとなぜかボスソルは着地するまで動くことがほとんど無いため、そこから投げることが出来る。具体的には
 HJ>投げ>追撃>HJ>投げ>追撃>…
 といった感じ。途中の追撃は省略してもいい。
 
 上記のやり方が難しいなら、安定はしないが2Dを必殺技でキャンセルしてボスソルにダウン復帰させて、着地際に再び2Dを重ね、必殺技をキャンセルするパターンがオススメ。例えば聖ソルなら
 2D>BHB>ボスソルダウン復帰>2D>BHB>ボスソルダウン復帰…
 で可能。注意すべき点は、ボスソルのJHSに引っかからないようにすること。
 
 
 聖ソルならではの攻略法として、
 ボスソルはダッシュでコチラに突っ込んでくる際はBRPやRIでぶっぱして接近してくる場合が多く、そこをGBで潜れるのでCHを取れる。
-他にも前方ダッシュや2段前ジャンプで接近された場合は大抵JHSを出すのでそこをGBで狩ることも可能。
+他にも前方ダッシュや2段前ジャンプで接近された場合は大抵JHSを出すのでそこをGBで狩ることも可能だ。
 コチラが画面端を背負った状況ならかなり安定するぞ。
 ただし、ボスソルはサギ跳びや通常投げ、BHBを頻繁に使うので、過信は禁物だ。
 
 
-青バーストは地上だとほぼガードされるので、あまり出さないほうがいい。ただし、エリアルを返す手段としては優秀なので、出し惜しみはしないように。
+
+青バーストは地上だとほぼガードされるので、あまり出さないほうがいい。
+ただし、エリアルを返す手段としては優秀なので、出し惜しみはしないように。
 
 
 余談だが、対CPUの切り札「一撃必殺技」も有効。
 特にポチョムキンは開幕からガトリングをスライドヘッドでキャンセルし、ダウンさせたら
 ・一撃必殺技準備>マグナムオペラ
 と行えば、パーフェクト勝利が余裕で出来る。
 
 
 ----
 [[トップページ]]