「池01」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

池01」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+[[【池】系統]]に戻る.
+**池01 [#fdcd0107]
+|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
+||起点|経由|終点|新設・変更|廃止・変更|担当営業所|備考|h
+|(1)|池袋駅西口|池袋二丁目→祥雲寺坂下→熊野町→大山→水道タンク→千川|池袋駅西口||1983年7月25日廃止|池袋営業所|大山先回り西光院循環|
+|(2)|池袋駅西口|→(''直通・川越街道経由'')→|日大病院|2008年3月31日新設|2018年3月19日廃止|池袋営業所|土曜・休日運休|
+-----
+**路線解説 [#c58d3ebb]
+国際興業バスにおける最南端のターミナルが池袋駅である。西口からは4つの循環路線が運行されていたが、現在は廃止されている西光院循環がトップナンバー・池01として運行されていた。地下鉄有楽町線池袋以西の開業以前の主力路線。現在のように幸町・高松地区を小回りで循環運行する[[池02]]・[[池03]]と異なり、川越街道から[[池05]]の経路で戻る大回り循環として運行していた。祥雲寺坂下とは現在の要町駅である。
 
+1983年7月25日に地下鉄有楽町線が営団成増(現・地下鉄成増)まで延伸された際に、[[池08]]と共に廃止された。この有楽町線延伸は池袋営業所全体においても大打撃で、多くの路線が廃止や減便を余儀なくされたが、川越街道で発生する渋滞によって循環部後半では並走する池05への利用の転移が多かったのも廃止のもう一つの側面である。
+
+初代廃止から約25年が経過した2008年、池袋駅西口から日大病院までを川越街道経由の速達で運行する2代・池01が新設された。平日朝の病院方向のみ運行で、9時から診察が開始されるのに合わせた運行である。有楽町線開通前は循環路線が主力だったが、現在は日大病院線([[池05]])が主力と変化しており、その病院線の直行版として空き番だったトップナンバーを与えられた。
+
+2017年3月21日のダイヤ改正で、これまで3本運行だったものが2本運行へ減便されたものの、発車予定時刻が8:20、8:40と揃えられた。しかしこの体制は長続きせず、2018年3月19日のダイヤ改正で各停便(池05)へ吸収される形で廃止された。
最終更新: