ルーザ (リアムス自治国家)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

グラスシードの両親が健在だった頃、まだ子供のグラスシードが通っていた道場にいた少女。グラスシードは剣技の部で、ルーザは武術の部でそれぞれ道場最強を誇り、互いの腕を認めあった。
やがてルーザは故国リアムス自治国家へ戻り、帝国将軍となったグラスシードと、6892年に行われたシグリア攻略戦で敵味方として再会することとなる。
この戦いで重要拠点シグリアの都を落とされ後退。

更に、クルーディア帝国と共和国サムルトンが連合軍を組み、リアムス自治国家に遠征を開始、ランドヴァルク作戦が実施される。
ルーザも、ルーニアの戦いドゥカースの戦いと連戦するが、圧倒的兵力の差もあり、連合軍の勢いは凄まじく、首都にまで肉薄される。
ルーザは、グラウス高原の道で長蛇の列となった連合軍を分断するべく進言、ゴンドゥラと共に出陣するが、この奇襲は連合軍に見破られ、グラウスの戦いでも敗退するが、サムルトンの裏切りによる遠征軍の内乱により、かろうじて滅亡を免れた。

しかし、その後の歴史の流れはクルーディア帝国がすべての主導権を握る。これにコルカフォーンと共に抗おうと、私兵をもってサムルトン遠征に乱入、戦場にリアムス健在の意地を見せるが、コルカフォーンの戦死によりルーザは撤退、帰国する。

その後、カオスクラウンの戦いが勃発し、クルーディア帝国が内乱状態となると、グラスシード軍はリアムスに協力を要請した。
この内乱にグラスシードが勝つことに賭けたルーザの説得により、リアムスグラスシード軍へ、将来の安泰を条件にの協力を約束、ルーザは援軍としてグラスシードと共にフェリサス討伐に参加した。

グラスシードが皇帝に即位すると、約束通りリアムス自治国家への侵略はなかったが、既に属国に近い状態だった為、ルーザも時折帝国から押し付けられる理不尽な命令に苦心した。

人物

  • 明るい性格だが、相手が誰だろうと恐れずに本音を言う為、トラブルも巻き起こしていた。
  • グラスシードだけではなく、シルフィとも幼き頃の顔なじみとなる。

関連項目


最終更新:2013年04月16日 02:53