※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「14-769」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

14-769」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+
+----
 『野』(や)という言葉には「官職につかないこと、民間」という意味があります。
 対義語は『朝』(ちょう)。朝廷の『朝』です。
 
 『朝』と『野』は、光と影のような存在です。
 『朝』があるからこそ『野』という言葉が意味を持ちます。
 反対に『野』が存在せず『朝』のみがあったとしたら
 その『朝』の存在はとてつもなく無意味なものとなるでしょう。
 
 多くの場合、『朝』は大変に支配欲が旺盛です。
 そのため常に『野』を支配したいと思っています。
 『野』はただ自分に奉仕するために存在すればいい
 とすら考えているかもしれません。
 
 『野』は『朝』にどれだけ虐げられても、最後まで『朝』に寄り添おうとします。
 たとえ重税を課せられても、理不尽な法令がしかれても
 文句を言いつつ結局は『朝』に従ってしまいます。
 それは罰則に対する恐怖ゆえではありますが
 自分には『朝』になり変わる実力がないのだと諦めているのかもしれません。
 またあるいは、己を支配せんとする『朝』の輝かしく力強いことを
 誇らしく思っていた時代もあったかもしれません。
 
 けれどきっといつか、『野』の裡につもりつもった不満が爆発するときが来るでしょう。
 『野』は死力を尽くして『朝』に反抗し、己も大きな傷を負いながら
 ついには『朝』を滅ぼすでしょう。
 しかし『朝』なしには存在できぬのが『野』。
 かつての『朝』と入れ替わるように、『野』の中から新しい『朝』が生まれます。
 一旦生まれ出てしまえば、『野』と『朝』はやはり別個の存在。
 新しい『朝』はやがて以前の『朝』と同じく暴虐を尽くすようになります。
 『野』はそれに耐えつつ、かつて己が滅ぼした『朝』を
 今となっては懐かしく思い起こすのです。