編集のすゝめ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじめに

まず、最低限注意してほしいのはマナーを守ることです。
これは見る側も、作る側も同じです。
また、情報に誤り等があった場合はコメントや雑談等で指摘をお願いします。


ページを作ろう

テンプレも参考にしてください。というかテンプレに全部書いてあります。(投げやり)
また、文体は全体で統一しなくてもいいので、せめて記事内では統一してください。ここでは敬語を使用していますが、『~である』や、『~ではないか』などの文体でもOKです。


内容を考えよう

テンプレをもとに概要を書く場合、他サイトからの全文の直接引用歌詞のすべてを直接引用することはやめてください。前者はそもそもそこまでして書く必要が無いのと、後者はグレーなので、細心の注意を払ってください。


使えそうなプラグインなど

すでにatwikiを扱える方からしたら何を今更!と思うようなことしか書いてありません。

折りたたみ

#region
あああああ
#endregion
と入力すると、
+...
あああああ
と表示されます。また、ネタバレに配慮する場合、
#region(close,ネタバレ)
ネタバレ内容
#endregion
と入れると、
+ネタバレ
ネタバレ内容
といった風にすることを推奨します。ネタバレ、私的解釈等にお使いください。

基本文字装飾

  • 取り消し線
&s(){テキスト}
と入れると、テキストと表示されます。
検閲により削除されたことを書くときにご利用ください


  • 小さな文字
&small(){テキスト}
と入れると、テキストと表示されます。
小声で言いたいことを書くときにご利用ください


  • 大きな文字
&big(){テキスト}
と入れると、テキストと表示されます。
声を大にして言いたいことを書くときにご利用ください!!!


  • 強調・太字
&strong(){テキスト}
と入れると、テキストと表示されます。
尚、
&bold(){テキスト}
でもテキストと表示されます。特に差はありません。
何かを強調したい時にご利用ください


  • 下線表示
&u(){テキスト}
と入れると、テキストと表示されます。
何か重要なことを言いたい時にご利用ください


  • 文字列に点の下線を表示
&underdot(){文字列}
と入れると、文字列と表示されます。
重要と言えば重要だけどそこまで重要じゃないときにご利用ください


  • 文字に色をつける
&font(red){テキスト}
と入れると、テキストと表示されます。
また、
&font(#ff91b2){テキスト}
と、カラーコードを使用してもテキストと表示されます。
反転は、
 &font(white){テキスト}
と入れると、テキストと表示されます。
ちなみに、A3!のキャラクターなどのカラーコードを纏めている素晴らしいサイトがありますので、必要な場合『A3! イメージカラー カラーコード』とGoogleなどで検索してください。尚、MANKAI資料館様のサイト掲載のカラーコードが色が鮮やかなので管理人はこっそりおすすめします。

&fontのさらに詳しい使い方は、こちらを参考にするといいと思います。
ちなみにこのページはリンク先のページから使えそうなものを移植しています。


  • 右寄せ表示
#right(){テキスト}
と入れると、
テキスト
と表示されます。
使い道はわかりません。


  • 中央表示
#center(){テキスト}
と入れると、
テキスト
と表示されます。
使い道はこちらも使いたいと思った時です。


|あ|い|h
|う|え|
と入れると、
と表示されます。一覧くらいでしか使わないとは思いますが一応。


  • 複数の文字効果を重ねる

例えば、太文字に下線という強調しまくりの文字を書きたい場合、
&u(){&bold(){テキスト}}
と、{}の中にいくつか効果を入れてやると テキストと表示されます。
また、
&font(b,u){テキスト}
と入れてもテキストと表示されます。
一つだけじゃ物足りないときにご利用ください


結論

さて、こまごまといろいろ言いましたが、結局のところ、管理人一人では限界があるのでこうしてお願いをしているわけです。ぜひ、お時間あればご協力をお願いします。
最終更新:2020年09月22日 13:54