「アクセンチュアの公共部門や営業の職種について」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

アクセンチュアの公共部門や営業の職種について - (2010/12/22 (水) 17:50:32) のソース

*公共部門人事・組織管理グループコンサルタントについて


今回はアクセンチュアの人事などに関するコンサルティングに迫ります。
[[公式サイト>http://www.accenture.com/Countries/Japan/]]
からいろいろと引用させていただいています。

組織(ワークフォース)、企業パフォーマンスの最大化を実現するため、
最適な組織・人材編成の企画および効果創出支援をはじめ、トップマネジメントやChief HR Officer(CHRO)の支援、また、人事改革、人材育成・開発、風土・働き方の改革、ならびに、これらに関係する情報システム構築を支援するのが、この人事・組織管理グループコンサルタントのアクセンチュアにおける役割です。

**チェンジ・マネジメント(Change Mangement)
企業合併、新規事業立ち上げ、ERP導入等の大規模な変革のプロセスを管理し、変革の成果を生み出すために社員の意識や行動を変えることを目的にしたサービスです。

**ヒューマンリソース・トランスフォーメーション(HR Transformation)
民間企業や公共部門の人事組織・機能を再編・強化することで、人的資源に関わるマネジメントを効率化し、より効果の上がるものへと変革するサービスです。

**ワークフォース・トランスフォーメーション(Workforce Transformation)
技術開発部門、IT部門、営業部門、マーケティング部門等、主としてナレッジをベースに働く職能部門を対象に、社員のスキルや生産性を高めるための組織環境の開発や仕組みの設計・導入・定着化支援を行います。ラーニング、ナレッジ・マネジメント、コンピテンシー開発サービスなども同様に行います。



やはり外資系なだけあって横文字が多いなー
でも、現場では「チェンジどうなってる?」とかで会話されてるんだろうな。
という妄想タイムw