【実はこんなことが】呟き舞台裏【ありました】 537-590


2016年
03月22日
21:14

537: レヴィドラン

―時は未知の怪物が咆哮をする前に遡る―
~ブレイゾン宙域~

その頃ソルブレイズとティーンチは【深遠なる蒼き闇】の生成した特殊空間が
自然崩壊していくのを眺めていた。人類は深遠の存在に勝ったのだ。

ソルブレイズo0見事だレヴィドラン・・・そしてその戦士達よ
ティーンチ「しかし驚きましたね本当に深遠の存在を倒してしまうとは・・・だがそれが彼らの『選択』・・・ならば良い事ですそれこそが究極の変化なのですから所で、ソルブレイズ貴方はこれからどうするのですか?」
ソルブレイズ「俺かそうだな・・・俺は―――」

 

だがその先を言う前に口が止まった、異変に感じたからだ。ティーンチも異変を感じ取り蒼壊世の果てを見る・・・そこには何と花弁が消えた所で止まっているのだ。

ソルブレイズ「どういうことだ?【深遠なる蒼き闇】は倒されたはずだ・・・?」
ティーンチ「たしかに深遠なる存在は戦士たちによって倒されてるはず・・・まさか!?」


~同時刻アルカンタス平原~

その頃のほほん平和なアルカンタスでは何とモンスター達が無駄に高性能な望遠鏡で【深遠なる蒼き闇】の生成した特殊空間(蒼壊世の果て)の様子を見ていたのだった(笑

デルゴン「あり?なんやあのデッカイ花消えると思うたら花弁だけ消えてそれ以外消えてへんな(望遠鏡で見てる」
ビック・ザ・デルゴン「何でやろうな?(望遠鏡で(ry」
デルター「俺に言われたって分からん(望遠鏡(ry」
グランダム「でもそのおっきいの(【深遠なる蒼き闇】)倒されたら消えるのに何か不思議だべさー(望遠k(ry」

モンスター達とアルカンタス調査部隊が首を傾げている・・・その時であった

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


,,,,,,, llllllll llllllll
'lllllllll lllllllll lllllll
lllllllll, lllllll' lllllll
'lllllllll,,,,,,,,,llllllllllllll
,,,,llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll'''''
lllllllllllll'''''''''llllllllll
'lllllllll,
'lllllllll ,,,,,,,,,,,,,,,,,,
,,,,,,,,,,,,llllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllll''''''''''''''
llll'''''''''''''''''' lllllllll
llllllllll
'lllllllll,
lllllllll,
lllllllll

 

 

 

lllllllllllllllllllllllllllllllll,
'''''''''''''''''''''''''lllllllll
lllllllll
lllllllll
,llllllll
lllllllll
lllllllll
,lllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

 

 

llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''lllllllll'
,,,,,,,,, ,lllllllll
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,lllllllll''
lllllllll,,,,llllllllllll''
lllllllll' ''lllll''''
lllllllll
,llllllll'
,,,lllllllll'
,,lllllllllll'
,,lllllllllllll'''
'lllll''''

 


llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''lllllllll'
,,,,,,,,, ,lllllllll
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,,llllllllll''
lllllllll,,,,llllllllllll''
lllllllll 'lllll'''
lllllllll
,,llllllll'
,,,lllllllll'
,,,lllllllllll''
,,lllllllllllll'''
'lllll''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''lllllllll'
,,,,,,,,, ,llllllll'
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,,llllllllll''
lllllllll,,,,lllllllllll'''
lllllllll 'llll''''
llllllll'
,,llllllll'
,,,lllllllll'
,,,lllllllllll''
,lllllllllllll'''
''lll''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''lllllllll'
,,,,,,,,, ,llllllll'
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,,llllllllll''
lllllllll,,,,lllllllllll'''
lllllllll ''lll''''
llllllll'
,,llllllll'
,,,lllllllll'
,,,lllllllllll''
llllllllllllll'''
''lll''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''lllllllll'
,,,,,,,,, ,llllllll'
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,llllllllll''
lllllllll,,,llllllllllll'''
lllllllll ''ll''''
llllllll'
,lllllllll'
,,llllllllll'
,,llllllllllll'
llllllllllllll'''
''lll''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
,llllllll'
,,,,,,,,, lllllllll'
lllllllll ,llllllllll'
lllllllll ,,llllllllll''
lllllllll,,lllllllllllll''
lllllllll ''''''''
llllllll'
,,llllllll'
,,lllllllll''
,,,,lllllllllll''
llllllllllllll''
''''''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
,llllllll'
,,,,,,,,, ,lllllllll'
lllllllll ,lllllllll'
lllllllll ,,llllllllll''
lllllllll,,llllllllllll'''
lllllllll '''''''
llllllll'
,,llllllll'
,,lllllllll''
,,,,lllllllllll''
lllllllllllll'''
''''''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
,llllllll'
,,,,,,,,, ,lllllllll'
lllllllll ,,,lllllllll'
lllllllll ,,,llllllllll''
lllllllllllllllllllllll'''
lllllllll '''''''
llllllll'
,lllllllll'
,,,llllllllll'
,,,,lllllllllll''
lllllllllllll'''
'''''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
,llllllll'
,lllllll, ,lllllllll'
lllllllll ,,,lllllllll'
lllllllll ,,,llllllllll''
llllllllll'llllllllllll'''
lllllllll '''''''
llllllll'
,lllllllll'
,,,llllllllll'
,,,llllllllllll''
llllllllllll'''
'''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
,llllllll'
lllllllll ,,llllllll'
lllllllll ,,llllllllll'
lllllllll ,,,llllllllll''
llllllllll'lllllllllll'''
lllllllll '''''
llllllll'
,lllllllll'
,,,llllllllll'
,,,lllllllllll''
llllllllllll'''
''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
,llllllll'
lllllllll ,lllllllll'
lllllllll ,,llllllllll'
lllllllll ,,lllllllllll''
llllllllll'lllllllllll'''
lllllllll ''''
,lllllllll
,lllllllll'
,,llllllllll''
,,,lllllllllllll''
'lllllllllll'''
''''

 

lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
,llllllll
lllllllll ,lllllllll'
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,,,llllllllll''
lllllllll''lllllllllll''
lllllllll '''
,lllllllll
,lllllllll'
,,llllllllll''
,,,lllllllllllll''
'llllllllll'''
''''

 

lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
,llllllll
lllllllll ,lllllllll'
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,,,llllllllll''
lllllllll'''llllllllll''
lllllllll '''
,llllllll'
,lllllllll'
,,llllllllll''
,,,,,llllllllllll''
'llllllllll'''
''''

 

lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllll
lllllllll ,lllllllll'
lllllllll ,,,lllllllll''
lllllllll ,,,lllllllllll''
lllllllll'''lllllllll'''
lllllllll '''
,llllllll'
,,lllllllll'
,,,llllllllll''
,,,,lllllllllllll''
''llllllll''''
'''

 

lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''llllllllll
llllllll'
lllllllll ,lllllllll'
lllllllll ,,,lllllllll''
lllllllll ,,,lllllllllll''
lllllllll'''llllllll''''
lllllllll
,llllllll'
,,lllllllll'
,,,llllllllll''
,,,,llllllllllll'''
''llllllll''''

 


lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''llllllllll
llllllll'
lllllllll ,lllllllll'
lllllllll ,,,lllllllll''
lllllllll ,,llllllllllll'
lllllllll''''lllllll'''
lllllllll
,llllllll'
,,lllllllll'
,,,llllllllll''
,,,lllllllllllll'''
''llllllll'''

 


llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''llllllllll
llllllll'
lllllllll ,llllllll''
lllllllll ,,llllllllll'
lllllllll,,,,,,lllllllllll''
lllllllll''''lllllll'''
lllllllll
,llllllll'
,,lllllllll'
,,,llllllllll''
,,,lllllllllllll''
''lllllll''''

 


llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''lllllllll'
,,,,,,,, ,lllllllll'
lllllllll ,llllllll''
lllllllll ,,llllllllll'
lllllllll,,,,,,lllllllllll''
lllllllll' 'lllllll'''
lllllllll
,llllllll'
,,lllllllll'
,,lllllllllll'
,,,llllllllllll'''
''lllllll''''

 


llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''lllllllll'
,,,,,,,,, ,lllllllll
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,lllllllll''
lllllllll,,,,,lllllllllll'''
lllllllll' ''lllll''''
lllllllll
,llllllll'
,,,lllllllll'
,,lllllllllll'
,,lllllllllllll'''
'''lllll''''

 


llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''lllllllll'
,,,,,,,,, ,lllllllll
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,,llllllllll''
lllllllll,,,,llllllllllll''
lllllllll' ''lllll''''
lllllllll
lllllllll'
,,,lllllllll'
,,,lllllllllll''
,,lllllllllllll'''
'lllll''''

 


llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''lllllllll'
,,,,,,,,, ,lllllllll
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,,llllllllll''
lllllllll,,,,lllllllllll'''
lllllllll 'lllll'''
lllllllll
,lllllllll'
,,,lllllllll'
,,,lllllllllll''
,llllllllllllll''
''lll''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''lllllllll'
,,,,,,,,, ,llllllll'
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,,llllllllll''
lllllllll,,,,lllllllllll'''
lllllllll 'llll''''
llllllll'
,,llllllll'
,,,lllllllll'
,,,lllllllllll''
llllllllllllll'''
''lll''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''lllllllll'
,,,,,,,,, ,llllllll'
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,lllllllllll'
lllllllll,,,llllllllllll'''
lllllllll ''lll'''
llllllll'
,lllllllll'
,,,lllllllll'
,,,lllllllllll'
llllllllllllll'''
''lll''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''lllllllll'
,,,,,,,,, ,llllllll'
lllllllll ,,lllllllll'
lllllllll ,,llllllllll''
lllllllll,,,llllllllllll''
lllllllll ''''''''
llllllll'
,,llllllll'
,,lllllllll''
,,,,lllllllllll''
llllllllllllll''
'''''''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
,llllllll'
,,,,,,,,, ,,llllllll'
lllllllll ,lllllllll''
lllllllll ,,llllllllll''
lllllllll,,llllllllllll'''
lllllllll ''''''''
llllllll'
,,llllllll'
,,lllllllll''
,,,,lllllllllll''
lllllllllllll'''
''''''''

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
,llllllll'
,,,,,,,,, ,lllllllll'
lllllllll ,,,llllllll''
lllllllll ,,llllllllll''
lllllllllllllllllllllll'''
lllllllll '''''''
llllllll'
,,llllllll'
,,lllllllll''
,,,,lllllllllll''
lllllllllllll'''
'''''''

 


lllllllll llllllllllll lllllllllll
lllllllll 'lllllllllll 'llllllllll
llllllll' lllllllll' lllllllll'
llllllll llllllllll llllllllll
llllllll lllllllll llllllllll
llllllll llllllll llllllll
llllllll llllllll llllllll
'''''''' '''''''' ''''''''

,,,,,,,, ,,,,,,,, ,,,,,,,,
llllllll llllllllll llllllllll
'''''''' '''''''''' ''''''''''


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~ブレイゾン宙域~

ソルブレイズ&ティーンチ『ッ!?』

突如の大規模な咆哮と共に衝撃が来たのだ。突如の事態に2体のアークは10kmも押しのけられるように飛ばされたのだ。だが何とか態勢を整えたが少しの間揺れがあったが収まった・・・しかしティーンチは驚きが隠せなかった

ティーンチ「あり得ない!深遠なる存在は倒されたはず!まさか・・・深遠なる存在も変化したというのか・・・そう、究極の変化を・・・!」
ソルブレイズo0アークよりぬるいと思っていたが・・・これは想定外だ・・・!

驚きを隠せない二人だったが何よりソルブレイズはあまり驚きを表に出さなかったものの内心驚愕していた。

ソルブレイズo0何処かでこの衝撃が止まると思っていたがまさかCB次元全体に届くなんて想定外だ・・・!


~その頃アルカンタス平原では―

アルカンタス調査部隊『ドワーッ!?』
モンスター達『お~!?』

突然の咆哮と衝撃に何故か全員シンクロで中に1m位飛ばされた。
そして一斉にシンクロ尻餅、お前らホントこんな状況でもギャグ補正ぶれねぇなホント

デルゴン「何や!?何やいまのドガーンってのは!?」
ビック・ザ・デルゴン「ワイにも分からんで!あっせやデルター!こない時はSNS確認や!」
デルターo0何でSNS何だ・・・(;「わ、分かった!」

デルターがノートPCを起動して確認してみると『とんでもない次元震が起きた!』
『こっちもなぅ!』等先程の衝撃に関する内容が絶える事無く次々と出てきた。

デルター「どうやらここだけじゃないらしい・・・惑星の彼方此方いや・・・多分この宇宙全体で起きてやがる!」

\な、なんだってー!?(※アルカンタスのモンスター御一行)/
ΩΩΩ<な、なんやてー!?(※アルカンタス調査部隊の皆さん)

2016年
03月25日
15:32

538: MI4989 削除

~惑星ダスド、リメイラタウン郊外のどこか、システィの自宅~

システィ「(´・ω・`)うわあああ……さっきのよく解んない地震のせいで塗りをミスっちゃった……どうしよう」
エルシー「塗り直したら?」
システィ「デカールの上に塗っちゃったの……」
エルシー「ああ、御臨終様……」

2016年
03月27日
12:09

539: レヴィドラン

~???~

ネプギア「んっ・・・上手くいったのかな・・・?」

妹ドランがいう精神世界に来たネプギア、周辺は辺り一面海・・・というか海中だった。思わず口を手で押さえようとしたが・・・実際にいる訳ではなく精神世界なので問題なかった。

ネプギア「でも・・・ホント綺麗・・・あっ!そうだお姉ちゃんは・・・」
ネプテューヌ「こっちよネプギア」

後ろから声が聞こえて来たのか振り返るとネプテューヌの姿があった。
ネプギアも自身の姉も上手くレヴィの精神世界へ入る事に成功したのだと一安心したが・・・如何せん気になる点があった。

ネプギア「そういえば・・・IMSが纏われてないよそれに、お姉ちゃんの女神化もいつものに戻ってる」
ネプテューヌ「ホントね・・・精神世界って事もあるのかしらね、とにかくレヴィを探すわよ向こうが長く持つとも限らないわ・・・」

姉の言う通り現実世界ではいまだに苦戦が強いられている一刻も早く精神世界でレヴィを見つけて呼び戻さなければならなかった。

ネプギア「でも・・・この広い海の中をどう探せばいいんだろう・・・」
ネプテューヌ「そうね・・・何か道しるべになるヒントがあれば・・・ん?ネプギアあれを見て」
ネプギア「えっ?」

二人は周辺を見渡しているとネプテューヌがある物を発見しネプギアに教えてその方向を見ると光が二人の前に浮遊していたのだ。これは一体何なのか・・・少し警戒しつつも近づくと声らしきものが聞こえた。

―光に導かれろ・・・さすれば紫の姉妹よ、探すべき場所へたどり着くだろう―

ネプギア「私達の探すべき場所・・・もしかして!」
ネプテューヌ「ええ、レヴィの居る場所にいけるはず、行くわよ!」
ネプギア「うん!」

二人は光の後を追った・・・しかしまた声が聞こえてきた。

―光に導かれし者・・・汝らの求む道、炎の鉄の化石、黄金の暴君が牙を向けるだろう・・・求めるのであれば力を示せ―

 

ネプテューヌ「炎の鉄の化石・・・そして黄金の暴君・・・どう意味なのかしら・・・」
ネプギア「分からない・・・でも何かが襲い掛かって来るかもしれないよ」
ネプテューヌ「けど止まる訳にはいかないわ、立ちはだかると言うのなら倒すまでよ」
ネプギアo0レヴィさんを助けるためだからね・・・立ち止まれません!

二人は覚悟を決めつつ進む・・・その時であった。

WARNING!!
A HUGE BATTLE SHIP
FIRE FOSSIL
IS APPROACHING FAST

二人の真上を何かが通ったのだ。二人は素早く武器を構えた。射撃武装は無いがいつもの武器があるのだ。負けるわけにはいかないそして何かは二人の前に立ちはだかるように現れた。

ファイアフォスル『・・・・』
ネプギア「これがさっき聞こえた声の言う炎の鉄の化石・・・なのかな・・・」
ネプテューヌ「恐らくはそのようね」

二人の目の前に現れた炎の鉄の化石・・・ファイアファオスルは8mだが実際は圧倒的な巨大を誇る、精神世界故にこのような事が可能なのだろう・・・しかし強さは変わっていないそして口から火炎放射器が出てきて炎を吐いたが二人は素早く避けた。え?海の中じゃないのかって?精神世界だから問題ありません

ネプテューヌ「炎の鉄の化石・・・なるほどね納得だわネプギア行くわよ!」
ネプギア「うん!」

ファイアフォルスの攻撃を回避した後二人は一気に接近するファイアフォスルは鱗のような装甲が開いて砲台が出てきた。そして次々と攻撃を仕掛けてくるミサイル、レーザー、プラズマ弾と何でもござれの弾幕だが二人は避けていき―――

ネプテューヌ「クリティカルエッジ!!」
ネプギア「ミラージュダンス!」

ファイアフォスルに次々と攻撃を加えていく尻尾の武器を切り落としヒレの部分を破壊していくなど確実に攻めていった。そして側面に回った時砲台が出てきてチャージをし始めていたのだ。恐らく高威力の射撃だろう直撃してしまえば致命傷だ。だがみすみすやられるわけにはいかない。

ネプギア「ここで立ち止まってる訳にはいかないんです!M.P.B.L最大出力!」

ネプギアは自身の武器であるビームソードガンで相殺するため発射した。それと同時にファイアフォスルの砲台から赤いレーザーが発射される威力もあり押されかけている。

ネプギア「くっ・・・!お、押されてる・・・!」

何とか押し返そうとするが如何せん出力が足りないと思っていたらネプテューヌも加わった。

ネプテューヌ「一人の力がダメなら二人の力で押し切るまでよ!」
ネプギア「お姉ちゃん・・・うん!私とお姉ちゃんならいける!」

二人の覚悟と決意に反応したのかM.P.B.Lの威力が上がりそのまま赤いレーザーを押し切りそのままファイアフォルスの身体を貫いた!!
ファイアフォルス『!?!?!?』

押しのけられ身体を貫かれたファイアフォスルは爆発を何度か繰り返し爆発四散した!ゴウランガ!少し吹き飛ばされたが直ぐに立て直す。

ネプギア「やった・・・のかな?手ごたえは感じたけど・・・」
ネプテューヌ「あの爆発・・・多分倒せたはず」
ネプギア「そうだと良いんだけど・・・・あれ?お姉ちゃんあれ・・・」

爆風が流されたあとそこには赤い光が漂っていた・・・それはゆっくりと先程追っていた光に入り再び二人を導くかのように動き始めた。

ネプテューヌ「ネプギア行くわよ・・・これからって言った様子みたいね」
ネプギア「そうだね、あの光の導かれる先にレヴィさんがいるはずだから・・・」

必ず見つけ出す、そして共に帰ると決めたのだ。

~~~~~~

しばらくして光は下に行き始めた。
思わず二人は立ち止まるその下は断崖絶壁で大きく亀裂がありその下は真っ暗だった。・・・言ってしまえば深海である。

ネプギア「底が見えない・・・」
ネプテューヌ「でもこの先にレヴィはいるはず迷っている暇はないわ」

二人は亀裂に飛び込むように入って行った。本来なら水圧でペチャンコだが精神世界なので問題ない、精神世界万々歳である。二人は光を追いながら深海へ降りて行った・・・・

2016年
03月29日
00:02

540: レヴィドラン

~???の底~

二人は光に導かれるようにゆっくりと落ちていき深海らしき場所の底が見えてきた。普通なら見えないはずの底だが何故見えたか・・・それは―――

ネプギア「地面が蒼く光ってる・・・お姉ちゃんもしかして、この近くにいるのかな?」
ネプテューヌ「確信は持てないわ・・・でも確実にレヴィの所へ近づき始めてるわ」

蒼く輝いていたのだ、まぶしすぎず適度な明るさを保っており青い粒子が漂いどこか幻想的な雰囲気がただよっていた。そこに二人は着地すると言っても水中なのでゆっくり着地するのは当たり前だが・・・そして光は二人ので止まりまた進み始めた。いざ追うため進もうとした時だった・・・

―後ろに何か蠢いた―

ネプテューヌ&ネプギア『ッ!?』

気配を感じて振り返るがそこには何もおらず蒼く光る海底のみの光景だった。
気のせいだったのだろうか・・・二人は光を追うべく進む・・・

~~~~~~

幻想的な光景の道を暫く進んでいると巨大な洞窟らしき場所にたどり着いた。
それなりの大きさの洞窟に光が入って行く・・・
ふと何故か光の動く速度がゆっくりになった。元々ゆっくりだったので更に遅くなる。二人はどうして遅くなったのか考えていると・・・

ネプギア「あっ!お姉ちゃん見て!洞窟の壁!」
ネプテューヌ「壁・・・?」

ネプギア指差した先には洞窟の壁には何かが映っていた。
二人は近づいて確認するとそれは・・・

ネプギア「これって・・・もしかしてレヴィさん・・・?」
ネプテューヌ「だとしても若いわ・・・まさかこれはレヴィの記憶・・・」

レヴィの記憶であった若いころのから今に至るまでの記憶が映像のように流れていた・・・傭兵として生き、一人ただ戦い続けてきた記憶が映像のように流れてきたのだ・・・過去に起きた事が次々と映し出される・・・オルガ・フロウとの戦い、レヴィアーナとの戦闘、カオスハートによる誘拐・・・そしてネプテューヌ達がレヴィと出会う瞬間・・・そして【深遠なる蒼き闇】との戦いが映っていたのだ

ネプテューヌ「レヴィ・・・大丈夫よすぐ助けるからそうよねネプギア」
ネプギア「うん、それにみんなと帰るって約束してるからね」

二人は思わず笑みが浮かぶその時であった・・・

 

―また何かが蠢き地面が少し盛り上がった。―

ネプテューヌ「ッ!ネプギア!」
ネプギア「分かってる!」

二人は一気に走り出した、あの時の気配は気のせいではなかったのだ。何か巨大なのが後ろから距離を詰めていたのだ。光も二人に反応するかのように動きが早くなる、だが丁度良かった。そのまま走っていると広い空間に出てきた。
ドーム状になっていたが道が分かれておらず一本道なのが幸いだった。
一気に駆けていくはずだったがそれより先に二人の目の前の地面が大きく盛り上がった。

ネプテューヌ「追い付かれたみたいね・・・ネプギア構えて!」

二人は武器を構えていつ現れてれても対処できる状態にする、地面の盛り上がりからして恐らく先程交戦したファイアフォスルより巨大なのは明白だった。
そして―――


WARNING!!
A HUGE BATTLE SHIP
GOLDEN RULER
IS APPROACHING FAST


勢いよく地面が爆発するように砂煙が立ちこもるがネプテューヌは一閃して切り払う・・・その砂煙から出てきたのは黄金輝くダイオウグソクムシに似た、暴君・・・
ゴールデンルーラーだった。その大きさは16mとファイアフォスルの2倍だがこれも元の大きさは更に大きいさらに暴君の名の通り途轍もない戦闘力を持っている。

ネプテューヌ「本当に黄金ね・・・あの声が正しければこれが黄金の暴君ね」
ネプギア「お姉ちゃん、来るよ!」

ゴールデンルーラーの目らしき部分が光りビームが弾幕のように発射される速射型故に二人は左右に分かれて回避する。ゴールデンルーラーはその巨体と重厚な装甲とは裏腹に素早い動きでネプギアの方に体を向けて大きくのけぞるとそこから球体型のボムやミサイルを次々と発射してくるまるで行く先を予測して進路を塞ぐように発射してきていた。外側に目立った武装が無い限り内蔵型の武装になっているようだ。

ネプテューヌo0この動きの激しさ・・・暴君なのも納得ね、けど!「クロスコンビネー・・・ッ!?」

後ろから攻撃しようとした時に何と背中の砲台らしき部分から紫色のレーザーがビームサーベルのように発射され咄嗟に躱したがネプギアから狙いを変えるように態勢を戻して今度は口らしき部位が開きそこから赤いレーザー・・・バースト砲が発射されたのだ。これは口が開く時点で何かしらの武器があるのだと察知したのか回避を優先にしていた。

ネプギア「お姉ちゃん大丈夫?」
ネプテューヌ「ええ、今の所はね・・・けどこの黄金の暴君さっきの炎の鉄の化石と違って一筋縄じゃいかなそうね・・・」
ネプギア「それでも倒さないと先に進めない・・・だったら確実に倒すまでです!」

2016年
04月01日
00:17

541: レヴィドラン

~???最深部~

二人の戦いを水面のような物で眺めていたそれは何処か懐かしみを感じていた、かつてのあの時のように・・・・

『・・・・・しかし結局は我は生きあの二人は死んだ・・・』

だが現実はどうだ?己は生きている
かつて己はあの銀の鷹と戦い打倒されたその際の爆発で消滅した・・・あの銀の鷹も二人も巻き込まれてだ。しかも二人が消える瞬間までハッキリと見ていたのだ・・・そして気が付けば見知らぬ宇宙にいた。
その宇宙での情報をとことん集めた・・・人間、アーク、ロイド・・・そのような存在がいる宇宙を静かに見続けていた。だがある時ある人に目が入ったのだ・・・最初は単なる傭兵・・・そう認識していたが何度も、何度も人間離れした事を成し遂げ進化していた。その進化は止まる事を知らず次々と繰り返した。
ある者達に利用された時は何れ死ぬのだろう・・・そう判断したがそれでも生き延びていた。ある者達はそれが進化の限界だと判断していた。

『だが・・・まだ残っている進化を超えてはいけない進化を、ありとあらゆる概念に囚われる事のない絶対的な例外になってしまえば・・・神でも・・・かつて人々が恐れた存在と同じように・・・それだけは阻止しなければならない』

それはある方向を見る・・・そこには青いスフィア型の結晶に閉じ込められ体を蹲るように瞳を閉じているレヴィの姿であった。まるで意識そのものを眠らせてるかのように・・・ふと水面の映像が光りゆっくりと再び覗き込むとゴールデンルーラーを撃破した二人の姿が映っていた。

『やはり倒したか・・・ますますあの二人を・・・だがもういない、亡き者の話をしても意味は無い、この二人が・・・彼の力を正しく導く素質があるか・・・試させてもらおう・・・』


~~~~~~


何かが様子を見ている事ネプテューヌとネプギアはゴールデンルーラーを倒した後再び光を追って移動していた。

ネプテューヌ「何とか黄金の暴君は倒せたけど、だいぶ奥に来ているわね」
ネプギア「光の輝くも強くなってるね、もうすぐレヴィさんの所にたどり着けるはずだけど・・・」
ネプテューヌ「大丈夫よ、途中の分かれ道も無かったそれに・・・」

光がピタリと止まりネプテューヌとネプギアも止まる、目の前には自然のとは程遠い機械の扉があった。光は強く光って結晶になる、そのままゆっくりと機械の扉の前にある端末の窪みにカチっと嵌り端末と機械の扉が光ったあとゆっくりと開いた。

 

―来い、光に導かれし者よ望む物はこの鉄の道にあるだろう―

ネプギア「お姉ちゃん今のは・・・」
ネプテューヌ「ええ、最初にレヴィの精神世界に入った時に聞こえた声よ、この通路で何があるか分からないわ警戒して行くわよ」

ネプギアは頷き互いに武器を構え直し進み始めた。
この通路の奥にレヴィがいるならば必ず助け出そう、そう思いつつ突き進んだ。

~???最深部~

暫く周辺を警戒しつつ歩いて行くと最深部なのか様々な蒼い結晶や粒子が漂う場所にたどり着いた。

ネプテューヌ「ここの何処かにレヴィがいるはず必ずここの何処かに・・・」
ネプギア「お姉ちゃん!あそこにレヴィさんが!」
ネプテューヌ「えっ!?」

ネプテューヌが周辺を見渡しつつ歩いているとネプギアがレヴィを見つけたのかネプテューヌはその方向に視線を向けるとそこにはスフィア状の結晶の中に蹲り瞳を閉じて眠ってるレヴィがいた。ネプテューヌはいても経ってもいられず駆けだした。

ネプテューヌ「レヴィ!待ってて!今・・・今助け――」

―やはり来たか紫の女神そしてその妹よ―

WARNING!!
A HUGE BATTLE SHIP
THE EMBRYON
IS APPROACHING FAST

その時であった。突如声が聞こえネプテューヌは思わず足を止めかけたがあと少しで手が届く位置にレヴィがいるのだ。止まる訳にはいかない、そのまま跳び女神ノ太刀でレヴィを閉じ込めている結晶を叩き割ろうとした・・・だが後少しと言う所で結晶が少し上に浮上した。そして周辺の粒子が集まるとレヴィを閉じ込めているスフィアより大きいスフィアが出現しそれが液体のように変形して何処かクリオネに似た姿になったあと頭部と胴体の所に機械の物体が出現した。

ネプギア「あれは・・・一体・・・」
ネプテューヌ「まさかこのデカブツも私達を妨げる敵なのかしら・・・」
『否、我々は紫の姉妹を導いた者』
ネプギア「しゃ、喋った!?」
ジ・エンブリオン『驚くのも無理はないと判断する、我はジ・エンブリオン』
ネプテューヌ「ジ・エンブリオン・・・何故、レヴィにあんなことをしたの」
ジ・エンブリオン『我は恐れているからだ』
ネプギア「恐れて・・・いる?どうして恐れているんですか」

ネプテューヌの疑問にあっさり応えるジ・エンブリオン、ネプギアは何故レヴィを恐れているのかと思いジ・エンブリオンに問いかけた。
何故レヴィを恐れる必要があるのかを・・・

ジ・エンブリオン『この者・・・レヴィドランはまだ進化をする、最後の超えてはいけない進化を残している』
ネプギア「超えてはいけない・・・進化?」
ジ・エンブリオン『そうだ、その進化概念に囚われる事無くその力を惜しむ事無く解放される・・・人間が守護女神になった・・・だがこの世界の人にはその素質は無かった・・・だが彼は進化を繰り返す事でなる事が出来た。ダーカー粒子も普通の人は汚染され死ぬ・・・だが彼は死なず意識を取り戻した・・・この時でも進化は止まっていない・・・だから我は恐れた人でなくなり制御を保てず破壊の限りを尽くす兵器になる事を』
ネプテューヌ「その、人でなくなるのは・・・どういう事よ」
ジ・エンブリオン『・・・神、この世界の言うアークになる・・・感情の概念に囚われる事無く己の力だけで力を発揮する【例外】過去も、未来への干渉もできる恐るべき存在・・・だから彼の意識が失う頃合いを見つけ意識の奥底へ引っ張り眠らせたそしてこれからも永遠に我が―――』


―ふざけないで!―


ジ・エンブリオンの声を遮るかのようにネプテューヌが叫んだ。
それに反応するように黙り込みネプテューヌの方へ視線を向けた。

ネプテューヌ「レヴィが危険だから眠らせる?はい、そうですかって納得するはずがない!!それは貴方の勝手に過ぎない!それにレヴィは一人じゃない私達がいる!暴走するなら私達がそれを止めて目を覚まさせる!例え目を、手を、足を、宇宙の全てを敵に回しても!私は!私達は!愛する人を守る!!!!」
ネプギア「お姉ちゃん・・・」

怒涛の叫び、そしてその言葉の中にあるレヴィへの想いが詰まっていた・・・その表情は本気で涙も流れていた。最愛の人を見捨てるなど出来るはずがない出来る訳がないからだ。そんなネプテューヌの様子を見てジ・エンブリオンは理解した。

ジ・エンブリオンo0愛、かつて我々だった時にもそれは見た・・・あの二人のようにこの紫の女神も彼を・・・『いいだろう、ならば見極めてやる、我の同類をここに具現しよう、そして彼を正しく導く存在に値するか否か・・・・!』

WARNING!!
A HUGE BATTLE SHIP
AZURE NIGHTMARE
IS APPROACHING FAST


そしてジ・エンブリオンの前に現れたのはやはりどこかクリオネに似た機械の怪物だったその大きさは10mあった。そしてネプテューヌとネプギアを視線に入れると戦闘態勢にはいった。


ネプテューヌ「ネプギア、全力で行くわよ私達は立ち止まらないという事を!」
ネプギア「うん・・・私達の全力を!」

二人はジ・エンブリオンが具現化させた敵・・・アジュールナイトメアへ立ち向かう。最愛の人を救うために・・・


https://www.youtube.com/watch?v=_Ou02VQQND8&index=6&l...

2016年
04月03日
23:56

542: 忘却の亡霊

ソルブレイズ『…?ラプター?何故ここに…?』

ラプターの参戦を知って、不思議そうに首をひねる
アークになってから知り合いは基本放置なのでここに呼んだ覚えは無い
誰かが呼んだのだろうか…?

ソルブレイズ『…まあいい。俺は見届けるだけだ』

腕組みをし、戦況を見守るソルブレイズ
その身体は太陽の火や煉獄の炎などなど様々な焔が巡り、さながら火の地獄…炎獄のようになっている
太陽のアーク、ソルブレイズ…人と世界に対しどう向き合うか…彼は見極めようとしている

2016年
04月06日
23:19

543: レヴィドラン

~???~

レヴィo0あれ・・・ここは、どこ・・・何だろうあの時・・・たしか・・・

ふと何処か分からず真っ暗闇の場所にいた、目を開けようにも力がこれと言って出てこず、眠気と安らかな抱擁を感じていた。

レヴィo0ダメだ・・・思い出せない・・・目を開けようにも暖かくてとても安らかで・・・また・・・眠く・・・

再び意識が奥底に眠ろうとした時だった―――

(しっかりしてください、貴方に――――――さん達を託した人がこのような所で挫けてはいけません)
レヴィo0誰・・・?妖精・・・?
(たしかに・・・大きさ的にそう見て判断しても可笑しくありませんね・・・私は・・・そう、ですね・・・かつてネプテューヌさんのお世話をしてた人と言っておきましょう)
レヴィo0ネプテューヌ・・・の・・・そう・・・ですか・・でも何も見えないですよ・・・
(それは、生命をつかさどる存在が創った結晶に閉じ込められていますからです・・・そして今ネプテューヌさんとネプギアさんが貴方を助けようとしているんです)
レヴィo0僕を・・・?二人が・・・でも何も聞こえない・・・見えもしないよ・・・
(・・・それは貴方を包んでいる結晶が原因でしょう、ですが貴方の心をもっと大きく開いて感じてください二人の想いを意志を可能性を・・・)
レヴィo0想い・・・意志・・・

何も見えない空間から聞こえた声にそう言われたレヴィ・・・人の心、そして可能性を感じ取るそのような事が出来れば見えてくるはずそう言ったあとその声は聞こえなくなった。

レヴィo0意志・・・人の中の可能性・・・そうだ・・・僕は・・・!

今まであったことが激流のように頭の中に流れてくる自分が浚われてしまった事助けられたこと力を合わして【深遠なる蒼き闇】を倒すために立ち向かった事・・・全てを思い出したのだ。

レヴィo0そうだ・・・僕は、僕達はまだ終われないまだ、やるべきことがあるんだから!!!

立ち上がる意志・・・それに反応するかのように真っ暗な空間に白い光のひび割れが起きそして―――

~???最深部~

ネプテューヌ「はぁ・・・はぁ・・・つ、強い・・・!」
ネプギア「大分攻撃が蓄積しているはずなのに・・・倒れる気配がないよ・・・」
アジュールナイトメア『・・・・』


ネプテューヌ達はアジュールナイトメアのトリッキーな動きに劣勢になっていた。
二人のプロセスユニットは彼方此方が欠けており、素肌にも傷があるほか、武器も少し刃こぼれしかけてる他一部欠けている部分もあった。
立つのもやっとでネプギアに至ってはビームソードを支え棒代わりにせざる終えない程だった。
それに対してアジュールナイトメアも切られた跡や撃たれた痕跡もあるがネプテューヌとネプギアに比べると消耗が少なかった。

ジ・エンブリオン『やはりこの程度か紫の女神の姉妹よ』
ネプテューヌ「そんな・・・訳が・・・ない・・・!まだ・・・まだ私は諦めていな・・・い!」
ネプギア「そうです・・・!どれだけ傷ついてもどれだけ挫けかけても必ずレヴィさんを救うを決めたんです!」
ジ・エンブリオンo0決して諦めない人の意志か・・・空しいな・・・『ならばこの精神世界から早急に出て行ってもらおう』

ジ・エンブリオンがそう言うとアジュールナイトメアのヒレらしき部分を畳み込むように二人に向けまるで狙いを定めてるかのように光り始めた、ゴールデンルーラーと同じバースト砲だった。

ネプテューヌo0こんな所で・・・後一歩なのに・・・あと少しでレヴィを助けられるのにまた・・・またなの・・・?諦めずにここまで来たのに・・・なのに・・・!レヴィ・・・レヴィぃ・・・!

悔しい・・・そのような感情が一瞬過ったその時目には一筋の涙が流れた・・・そしてアジュールナイトメアの光がより強くなるその瞬間であった―――

パキッ・・・

アジュールナイトメア『・・・・(ピタッ』
ネプテューヌ「えっ・・・?」
ネプギア「動きが・・・止まった?」

何と突如チャージを中止し、ピタリと止まったのだ。今になって蓄積した攻撃が今になって来た訳でもなく何かに感づいたようにゆっくりと動き始めレヴィが閉じ込められている結晶に視線を向けていたのだ。そして――

ジ・エンブリオン『なっ!?まさか、あり得ない!?そんな事が!?』
ネプテューヌ「結晶に・・・」
ネプギア「ヒビが入っている・・・?」

結晶にはヒビが入っていたのだヒビが入った影響か中の様子が見えなくなったがジ・エンブリオンが今になく驚いていた。決して起きる事のない事に同様が隠せない様子だった。そしてヒビはさらに大きく広がっていく。

ジ・エンブリオン『彼の意識は決して目覚めぬはず・・・人の意志が・・・この結晶を砕こうとしてるのか・・・!?・・・ッ!』

何か危険を察知したのか慌ててクリオネ型から一旦スフィア状に戻り上に上昇する・・・それと同時に巨大なビームが結晶に穴を開けて放たれたそれは照射型だがその色と見た目はビームマグナムと一致していた!

アジュールナイトメア『!!!』

いち早く危険を感じたのかアジュールナイトメアは中止していたバースト砲を発射し押し返そうと放つ・・・だが徐々に押され始め何と一気に押しのけてアジュールナイトメアを吹っ飛ばしたのだ。

 

ネプテューヌ「今のはもしかして・・・」

ネプテューヌはこの時感じた単発ではなかったがアレは確実にビームマグナム、そしてそれを扱える機体はユニコーンとバンシィ、ユニコーンはベールが纏っている・・・ネプテューヌは急いで結晶の方に顔を向けて・・・そして見た。

ネプテューヌ「あっ・・・」

そこに見えたのは結晶の砕けたところから出ている黒い機械の手・・・見間違えることはないこれを見間違えることなどない・・・そしてネプテューヌの予想は確信へとなった・・・

ネプテューヌ「ああっ・・・ああ・・・!」
レヴィ「やっと出れた・・・いやこの場合起きられたと言うべきかな」

そこにはIMSバンシィを纏うレヴィの姿があった。
だがMS同様の姿ではなく部位的な感じに展開、否進化した形状だった。
さらにサイコフレームも蒼く輝いておりIMSすらも進化していたのだ!
(※イメージはアーマードガールズ版MS少女ね

ジ・エンブリオン『馬鹿な・・・進化する事で結晶ですら抑えきれなくなってしまったのか・・・!?』
レヴィ「たしかに進化しましたね・・・歩みと言うね」
ジ・エンブリオン『歩み・・・だと・・・?』
レヴィ「ええ、人は常に前へ進む多少の壁や立ちはだかるのはある・・・けどそれを乗り越える強い意志こそが人を・・・人間を強くするんです・・・そして!」

レヴィの両腕に何とアームドアーマーBSが展開された。狙うは先程ビームマグナムで吹き飛ばしたアジュールナイトメアだ。

レヴィ「例えどれだけ苦しい状況になったとしても『それでも』と言い続けるんだ!可能性と言う神を信じてバーストファイア!」

アームドアーマーBSから放たれた蒼い照射ビームは何処となくアジュールナイトメアの放ったバースト砲にしていたのだ。アジュールナイトメアもバースト砲で対応する、だがあっという間に押し返していく

レヴィ「僕の意識が眠っている間はあの時聞こえた誰かの声のおかげで状況は把握してます・・・アジュールナイトメア・・・悪夢の名がありますが・・・悪夢は恐れる物じゃない!乗り越えるべき壁だ!」

そしてそのまま蒼いビームはアジュールナイトメアを貫きそのまま爆散したのだった・・・レヴィはアームドアーマーBSを解除しネプテューヌとネプギアの所へ歩いていく、ネプテューヌとネプギアもゆっくりとレヴィの方へ歩いていく
だが先程までの戦闘の疲労があってか倒れかけそうになったがレヴィに支えられそのまま抱き寄せられた

レヴィ「心配させちゃったね二人とも、僕を助けに来たんだもんねボロボロだもんね」
ネプテューヌ「レ・・ヴィ・・・?レヴィなのよね・・・?」
レヴィ「うん、正真正銘蒼の傭兵部隊隊長レヴィドランってね」
ネプギア「良かった…本当に無事で・・・良かったです・・・!」
レヴィ「そうだね・・・僕も最初はどうなるかと思ったけどちゃんと無事だからね、ありがとう二人とも・・・」
ネプテューヌ「ッ・・・!れヴぃ・・・れヴぃぃぃ・・・」
レヴィ「よしよし・・・」

ギュッと少し抱きしめる力を強め泣き始めたネプテューヌの頭を撫でつつジ・エンブリオンの方へ顔だけ向ける、こちらの様子をただ見ている様子だった。
だが油断するわけにもいかない相手は自分の意識を閉じ込めた張本人なのだから・・・

レヴィ「それでまだやるきですか、ジ・エンブリオン」
ジ・エンブリオン『・・・・否、汝が目覚めた以上ここにいる理由もない・・・』
レヴィ「そうですか・・・でも何故僕を恐れたのですか?といってもその理由は把握してますけどね・・・直球に言います、僕はもし進化しても人として生きる」
ジ・エンブリオン『何故だ?進化は止まることはないのだ・・・抑える事も不可能なのだ・・・』
レヴィ「それは貴方の思い込みですそう・・・まるで過去にまだ囚われているかのような・・・そう言うのはあまり抱え込んでも意味は無いですよ過去を見続けるな未来を求めよってね」

レヴィは過去ばかり見ていても何も変わらないだから何が起こるか分からない未来を突き進もう・・・と、その答えにジ・エンブリオンは暫く沈黙したあとそれを破るように言い始めた。

ジ・エンブリオン『いいだろう・・・それがお前の応えか・・・ならばコイツを連れて行くがいい』

そう言うと粒子が集まり形が整ったと思えばそこから銀の鷹が出てレヴィの方に着地した。

レヴィ「あの・・・この鷹は?全身銀色ですけど・・・」
ジ・エンブリオン『その鷹は絶対的力を持った鷹だ・・・かつて様々な伝説を作り上げた鷹・・・その名も―――』

 

―シルバーホーク―

 


https://www.youtube.com/watch?v=bj5QPE2qwWI&list=PLk3aAwC...

ネプギア「シルバーホーク・・・ま、まんまですね(;」
レヴィ「そ、そうだね(; ・・・でも何故この鷹を?」
ジ・エンブリオン『汝なら任せられると確信したからだ・・・今はその姿だが本来あるべき姿に戻るとき力を貸してくれるだろう・・・我は去ろう・・・』
ネプギア「いってしまうんですね・・・」
ジ・エンブリオン『そうだ・・・レヴィドラン・・・汝が進化しその力が暴虐になる時我はまた汝らの前に現れるだろう・・・』
レヴィ「大丈夫ですよ、僕はそうそう簡単に暴走しませんからねネプテューヌにネプギア・・・それに現実世界で待ってるノワール、ベール、ブラン、クリスカに天龍・・・それに姉さんと妹に皆がいるんですから」
ジ・エンブリオン『そうか・・・そうだ最後に汝らの戦っているあの怪物だが倒す方法が一つある』

ジ・エンブリオンの言う怪物・・・恐らく【深遠なる蒼き闇】だろう3人はきっと気を引き締めた。倒す方法があるというのだから聞き逃す訳にはいかない

ジ・エンブリオン『あの怪物の咆哮・・・あれほどの威力だコアに直接つながっているだろう・・・怪物の咆哮の元を破壊する事が出来ればコア・・・心臓へ繋がる一本道があるはずだろう』
レヴィ「それが【深遠なる蒼き闇】の倒す方法・・・でも何故僕に?」

何故【深遠なる蒼き闇】G.Tの倒す方法を教えてくれたのか・・・レヴィがそれが気になり問いかけた・・・先程まで自分を閉じ込めていた存在が何故此処までしてくれるのだろうか・・・その疑問を解消するかのようにジ・エンブリオンが答えた。

ジ・エンブリオン『かつて・・・我に立ち向かった二人の鷹に似ていてな・・・さらばだ』

そう言ってジ・エンブリオンは粒子となって消えた・・・
まるで自分達の行く先を見定めるかのように・・・・

レヴィ「さぁ、いこうネプテューヌ、ネプギア決着をつけに」
ネプギア「はい!」
ネプテューヌ「ぐすっ・・・ええ、行きましょうこの戦いに終止符を打つために」

そして3人と一匹の鷹を光が包み込んでいく・・・それと同時に意識も離れていく・・・だがけして離れ離れにならないように3人は手をしっかり繋いだ・・・これからは共に行こうそう言ってるかのように・・・そして意識が消える寸前・・・


―君たちの未来を見極めさせてもらおう・・・その絆がどこへ進化していくのかを―

そうジ・エンブリオンの声が聞こえたのだった・・・

2016年
04月08日
01:04

544: MI4989 削除

その頃、あっちの世界では……、

~ブラックバーン要塞、ウィルキンスの自宅、執務室~

ウィルキンス「……こいつは弾薬庫が爆発したのか?」

相変わらず領主としての事務処理をいつも通りこなして行くウィルキンス。
いつもの光景である。

シュヴェシィナA「暇……」
シュヴェシィナB「深夜番組でも見ましょ」

暇を持て余すシュヴェシィナ達がどこからかアンティークなディスプレイを引っ張り出してどこかの世界のチャンネルに繋ぎ始めた。
映ったのはソルブレイズことヴェルグが中継してる番組だ。

シュヴェシィナA「なにこれ、生中継風の映画かな?」
シュヴェシィナB「さぁ……適当に繋いだだけだし……」
ウィルキンス「よく出来てるな」
シュヴェシィナA「ご主人様はご存知なんですか?」
ウィルキンス「いや、知らん」

が、映っている光景が現実には見えないようだ。

ウィルキンス「あと、おまえら羊はどうしたんだ?」
シュヴェシィナB「もーっ、ノリが悪ーい!」
シュヴェシィナA「羊の毛刈りなら昨日済ませたよ」
シュヴェシィナC「たまにはマトンじゃなくてラムが食べたい!」
ウィルキンス「ハバロフスクは嫌がりそうだな……」

2016年
04月08日
02:06

545: エアロ

あっちの世界続き

~ブラックバーン要塞都市・戦車のたまり場~

ここは戦車のたまり場。
マッチングに入ったり帰ってきたりした戦車たちがたむろしている。
同じように飛行場では飛行機が、軍港では軍艦達が同様に集まっている。
戦果を自慢したり、お国話を楽しんだりと様々だ。


Pz.Ⅲ「おい知ってるか、今度俺らのガレージの持ち主が新しくプレミアHTを入れるそうだ」
Pz.Ⅳasf.D「らしいな。4月度の更新らしい」
DWⅡ「マジか、ドイツHTは俺しかいなくてそれも数度くらい乗ってポイーなのに」
Dicker Max「そりゃオメェの性能が悪いからだろDameda Warota Ⅱさんようwww」
Pz.sfl.ⅣC「そのとおり。お前さんの稼ぎ悪すぎたからな」
DWⅡ「ぐぬぬ・・・」

その時、ガレージの戸が空き、大きなHTが入ってきた・・・

LOWE「Guten Tag! Ich neme der LOWE!
ドーモ、ミナサン、ハジメマシテ。レーヴェです」
Pz.Ⅲ「ドーモ、レーヴェ=サン。Ⅲ号です よろしくお願いします」

試オイ「ホホウ、2両目の重戦車か・・・」
チハ「大きい大砲ですね」
ハ号「わぁ、おいらがすっぽり入りそう・・・」


こちらは英国戦車の部屋。
紅茶のいい匂いがすることからもTEATIME中なのだろう

センチュリオンMk1「時に諸君、我ら英国戦車は精度が命。誰が一番なのかな?」(レモンティー
トータス「私だろう」(カモミールティー
チャリオティアー「いいえ私です」(セージティー
コンカラー「私を置いて他にあるまい」(ダージリン
TOGⅡ「吾輩であろう」(セイロン
クルセイダー「行進間射撃なら負けませんよ」(ローズヒップ
カベナンター「わ、私「発火率なら、だろう?」ぐぬぬ・・・」

なかなかまとまらない。
そこへ現れる2台・・・

Fv215b183「ふふふ、精度と威力の両立それを成し得るは・・・
9.2以降もロマンを追い続ける紳士である、
私ことFV215b183を置いて他にはあるまい」
コンカラー「おぉ183殿!流石ですな!」

FV4005「いいえ、威力においては私を置いて他にあるまい?」
全員『いいやお前は例外なくゴミ、紅茶の出しきった出涸らし、産 廃 だ !』
トータス「そんな薄々の装甲でTier10だと?笑わせるw」
コンウェイ「砲塔旋回が限定になったのも頂けませんね」
センチュリオン「そんな浅い俯角で何ができるというのかね?」
FV4005「(´;ω;`)ブワッ」

2016年
04月17日
00:37

546: エアロ

※連投ゴーメン

~レルム~

魔城の中心の広間にて一人の男が佇む・・・
その顔は漆黒の仮面で隠され、緋色のマントには混沌の八芒星が刻まれている。
そう、この男は【剣聖】レギオンの後継者・・・名をレムス・ドミナートゥスと言う。
かつての聖騎士レオンハートの弟子にして【レギオン】の名跡を継ごうとするもの・・
そんな彼が立つは祭壇・・・何か儀式を行うというのだ・・・
彼が手に持つは青いタリスのような欠片・・・
そう、あの深遠なる蒼き闇のコアの欠片だ!
アークスに偽装し、艦隊の一斉攻撃が始まる直前、
レギオンも使った空間転移で移動して切り取ってきたのだ!
深遠なる蒼き闇が深遠Gtに変質した一要因の一つである・・・


レムス「触媒、要素、そして深遠なる蒼き闇の欠片・・・全ては整った・・・」
クロウ「して、これで何を復活させるというのだ、”騎士殿”?」
レムス「さきごろ体を破壊された【絶望】のアーク・・・
彼に体を戻してやろうというのですよ・・・」
キスリル「なるほどな・・・
絶望のアークならば今の我々に活を入れてくれるやもしれんな。任せたぞ騎士殿」
みなづき「しかし、アークの復活か・・・なにやら悪い予感がするぞえ・・・」
レムス「みなづき殿、心配は無用です。
この術式はかの大魔導師の本を元にしております故、魂までまるごと消滅ということはありえません。しばしお待ちを・・・(モニョモニョ」


デルゴノフ「ケッ、いけすかねぇ騎士野郎の弟子風情がエラそうに・・・」
タイクーン豚「デルゴノフ黙ってろブヒ・・・剣の腕前は師に勝るとも劣らないブヒ」
ヘリコニウス「さて、あらたなる騎士の術式は如何なものか、見物と参りましょう・・・」

幹部たちも興味津々と言った風で見ている中、騎士は準備を始めるのだった・・・


~ウィスコルフ城~
一方ウィスコルフとレオンは城にて昨今の情勢を見ている。
彼等はソルブレイズの動向を気にしているのだ。
一方で混沌軍の動きも見ている・・・紅茶を飲みながら。

レオン「・・・レムス・・・あくまで私のやろうとしたことを追うか・・・
出来た弟子と褒めるべきか、それとも後追いしかできない愚か者と叱るべきか・・・(はむっ」
ウィスコルフ「ま、今のお前には手出しはできめぇ・・・対峙することになれば間違いなく果たし合いになるだろうぜ・・・(ズズーッ」
メモリアクター『この鯨とか、面白い観測結果ですね(ズズーッ』
ウィスコルフ「メモリアクター!当たり前のように座って紅茶飲んでんじゃねぇ!(イライラ」
レオン「客人をそう邪険に扱うなウィスコルフ」
メモリアクター『あなた達は面白い観測結果をもたらしてくれそうですからね・・・』
ウィスコルフ「キーッ!俺の平穏なニー・・・もとい探求生活が乱れまくりじゃ!」

いつの間にか座ってたメモリアクターに悶絶するウィスコルフであった。


~ファントム達のアパート~

黒猫「なんだあれなんだあれ!?(クルクル」
ロキ「あ?うるせぇぞ糞猫。戻ってくる度にわめきやがって」
黒猫「うるせーバカザル!でっけぇ鯨があの街食おうとしてんだよ!」

TV(のようなもの)をつけてみると確かにブレイゾンに鯨が迫っている。
ヒーローたちが迎撃している様子も映る。

ファング「・・・ま、大丈夫だろう」
リリィ「そうね、少なくとも”ひとつ”よりは凶悪ではないわ」
ロキ「あんなの”原初”に比べりゃ雑魚だ。それにあの世界の”アーク”も見物に回ってるようだし、俺達が出て行くまでもねぇよ」
黒猫「ま、そうだな・・・さて、俺はオリジンの所に戻るじぇ」
ロキ「用があるとき以外は来るんじゃねぇぞ糞猫、他の”プレイヤー”に出し抜かれるぜ」
ファング「あの魔術師と騎士も気になるからな」
リリィ「あたし遊びに行ってもいいかな、このヤマ終わったら」
黒猫「いちいち言葉多いんだよオメェら!じゃあな」ヒュッ

黒猫はドアを開けるように亜空間ゲートを開け、雑貨屋へと戻った。

2016年
04月20日
21:21

547: 忘却の亡霊

ソルブレイズ『サイコフレームの共振…人が持つ意志の力か…』

ドローンでデブリを片付けていると、やや離れた場所でサイコフレームの共振現象が見える
それを見て、ソルブレイズは姿をヴェルグのものに戻した
共振現象をじっと見つめ、しばし今の自分が何者か考えていた

今の自分はヴェルグであってヴェルグでない
ヴェルグの他に神代のアーク『ソール』としての記憶、ヴェルグとして生まれる前に生きた数多の命の記憶
おそらく、ヴェルグとして生まれる前にも何度も産まれては死んでいったのだろう。嬉しい事、悲しい事、様々な思い出が昨日の事のように思い出せる
そんな数多の記憶が混ざり合い今の自分が、ここに居る

ヴェルグ「…それでも、やっぱり俺は俺なんだろうな」

初めてコズミックアークに来た時の、サイボーグだったヴェルグの姿でそっと呟く
色々混ざってはいるものの、ソルブレイズを構成している大元は紛れもなくヴェルグでありその意志はやっぱりヴェルグであるのだ
ああして力いっぱい生きている者達を見ていると、自分が同じ人だった頃を思い出す…

ヴェルグの人生は辛い事が多かった…
故郷を滅ぼされ、仲間を失い、ただ一人仇を討つ為に戦った人生…
だが、決して辛い事だけでは無かった
かつての故郷での穏やかな日々…依頼を果たし、多くのものを守れたあの時…馬鹿な事をやって騒いだ時…
嬉しかった事や幸せだった事も確かにあったのだ
喜びも悲しみも、誰もが抱えて生きていく…

ヴェルグ「これが、生きるという事…喜びも悲しみもあるからこそ…命は、輝いて見える」

ならばその命の輝きを守る為に、世界を支え、見守ろう
それがアークとなった自分に出来る事だと、ヴェルグは一人頷き戦いを見守る…

2016年
04月21日
00:50

548: MI4989 削除

ブロペニュ「あれ、ずいぶんと懐かしい姿をしてるね」

近くをうろうろしてたブロペニュがソルブレイズもといヴェルグの傍に近づいてくる。
相変わらず何しに来たのか、何で連れてきたのか分からない。

ヴェルグが命の輝きというものを眺めるその傍でブロペニュも戦場を眺め始めた。
様々な戦場を飛び回ってきた彼女の目に映る光景は彼女にとってはさながら日常風景のようである。
そしてヴェルグに顔を向けた。

ブロペニュ「この戦いが終わったらあなたはまたどこかに行くの?」

どことなく寂しそうな口調でブロペニュはヴェルグに話しかける。

2016年
04月23日
02:04

549: 忘却の亡霊

ヴェルグ「…ああ。今の俺は紛れもなくアークだ、1ヶ所に長居しているといらぬ争いが起こる」

長いため息を吐き、悲しそうに言うヴェルグ
アークの力は人知を凌駕するので、その力を狙ってくる連中はいくらでも居る筈だ
…ウラノスとの戦いが記憶に新しいが、神代でも人間に狙われた身である
欲を持った人間は実に厄介な為、あちこちを渡り歩いて狙いを絞らせないようにしなければならないだろう

ヴェルグ「あのウラノスやアークとの戦いで、自分がどういう存在なのか嫌という程思い知った…暫くはあちこち渡り歩いてほとぼりが冷めるのを待つさ」

2016年
04月23日
07:59

550: MI4989 削除

ブロペニュ「(´・ω・`)そっか……」

返答を聞いてなんとも寂しそうな顔をするブロペニュ。
その顔はそのような存在に悲しんでいるのではない、ただ単に「まだ家に帰ってこれないの……?」という非常に人間的な寂しさの表情だ。
ブロペニュにとって今のヴェルグは「問答無用で神へ祀り上げられちゃった人」に見えている。
が、どうしてアークがそういう存在なのか彼女は全くと言って良いほど理解できず……

ブロペニュ「それじゃあ、付いて行ってもいいかな」

「帰ってこれないなら付いて行けばいいじゃない」的な発想をするのであった。

2016年
04月23日
20:55

551: 忘却の亡霊

ヴェルグ「…駄目に決まってるだろ」(ジト目
ブロペニュ「(´・ω・`)」
ヴェルグ「あのな…俺はアークなんだぞ…一緒に居ると危な…」

と言いかけてはたと気付く…そもそもコイツ死んでもリスポンするだけじゃん!と
となると危険だから追い返す訳にもいかず、死んでも復活する時点でもう追い返す理由が無い

ヴェルグ「………」(滝汗)
ブロペニュ「(´・ω・`)?」
ヴェルグ「…とりあえず、この戦いが終わるまで保留で」(滝汗ダラダラ)

結局、答えを先伸ばしにするしか出来ないヴェルグであった…

2016年
04月25日
08:52

552: MI4989 削除

ブロペニュ「ヴェルグ……」
ニュルン「ブロペニュ、ちょっと良いかしら」

何故だか惑星ダスドからニュルンかと思ったらフェヌンがテレポートしてきた。

ブロペニュ「え、何?」
ヴェルグ「なんか唐突に来たな……」
ニュルン「あら、ヴェルグじゃない。久しぶりね」
ヴェルグ(こいつリメイラタウンで声をかけた水棲シュヴェシィナに似てるけど魂がニュルンだぞ……?)

何かがおかしい。

ブロペニュ「で、何の用なの?」
ニュルン「チタンのブラを特注で作ってくれるところ知らないかしら……なんかリスポンしたらブラが合わなくなって肩凝りが辛いの……」
ブロペニュ「あの、その身体……フェヌンさんのだよ」
ニュルン「え、マジ? ……あ、ほんとだ」
フェヌン「まさかと思って付けてみたらビンゴ……」
ニュルン「あらやだ、隣同士で並んでたから間違えちゃったのかしら」
フェヌン「うーん、体格が似てるからまた間違えちゃったかも……。リメイラに行って取り替えてもらいましょ」
ニュルン「そうね」

そうして二羽はテレポートして去って行った。

ヴェルグ「……どうやって間違えるんだよ」
ブロペニュ「間違えられたことも間違えたことも無いからわからないよ」

2016年
05月07日
16:44

553: 忘却の亡霊

ヴェルグ「………」

ヴェルグはただ見守る、この混沌とした戦いを
叫びが聞こえる。
かの者を助けたいと願う強い叫びが
敵を打ち倒すという強い敵意が
進化をし続ける物の命の叫びが
数多の願いや欲望がおり混ざる、混沌とした戦い
人の一人一人でこうも考え方、生き方が違えばそれらが混ざっていくこの場所は、ひどく混沌としているのだろう

ああ…眩しい…
誰もが自分の思いのままに生き、戦っている
その意志が、命の光が、今のヴェルグには眩しく見える
思いのままに生きる…それがこんなにも眩しく見えるのは、自分がヒトで無くなったからだろうか?
他のアークも、何処かでこの戦いを見ているだろうか?それとも、興味無いと無視しているのか…?

ヴェルグ「…」

自分もあのように生きていけたらどんなにいいだろうか?
一瞬浮かんだ考えをヴェルグは振り払う
最早この身はアークそのもの。アークの力無しには存在を維持出来ない
そしてアークは世界とともにあり続けるもの。もう以前のように自由に生きられない

…だが、それでも…

2016年
05月08日
13:51

554: MI4989 削除

ブロペニュはというと相変わらずうろうろそわそわしてる。
なんだかんだ言ってヴェルグと再会できたのが嬉しいようだ。
その一方で、

ブロペニュ(そういえばAMMONシリーズっぽいのがいっぱい湧いたけどなんなんだろ)

ヴェルグと同じく戦場を見渡しながら武装翼内蔵のAA-52と拳銃とその他内蔵武装の残弾をチェックする。新しい存在が新しい脅威となったときの為の備えである。

ブロペニュ(まぁ、面倒なことにならなければ良いけど……)

2016年
05月08日
18:17

555: レヴィドラン

~蒼壊世の果て周辺宙域~

シュトルラック達が突入している頃空間を裂くように出てきたのはグレートシング(ベルサー)型だった。それに続くようにアイアンフォルスが5機出てきてそしてミラージュキャッスルと口に何か咥えたギガンティックバイトが出てきた。

~グレートシング内部~

レヴィアタンス「やれやれ、まさかあのデカイマンボウが思ったよりタフだったとはなぁーまっ!ギガンティックバイトの噛みつきには耐えられなかったみたいだけどな」
エスーシャ「頭部だけであの耐久力だ、余程の執念があったからあそこまで稼働したのだろう」
コンパ「でも最後はギガンティックバイトに食べられちゃったです」
アイエフ「ベルサーの旧式と最新型じゃやっぱ性能にも差が出るわよそれにアタンスの改造力とかの御蔭でさらに性能が向上してるからね」
レヴィアタンス「HAHAHA褒めても何もでにぃ」
ケーシャ「それよりもアレは一体・・・」

モニターを見ていたケーシャがモニターに映る巨大な物体を気にしていた。それにつられてアタンス達もそれを見る、その空間はグレートシング【深遠】に変異した蒼壊世の果てがブレイゾンを喰らおうとする形になっていた。

エスーシャ「何だこれは・・・まるで獲物を喰らおうとする鯨だな」
海男「そのようだ、恐らくこの現象の原因はあの蒼い空間の中枢と見ていいだろう」
レヴィアタンス「成程な・・・そう見ていいな・・・よし!皆!"アレ"で突っ込むぞ!」

一同『え"!?』
ネプテューヌ(大人)「ちょ、ちょっと待って!あ、アレってもしかして・・・アレなの?」
アイエフ「それ以外ないでしょ・・・(;」
レヴィ「アイエフよく分かってるじゃねぇか!搭乗式ドリルミサイルだぁ!」

一同『やっぱりー!!』

~グレートシングカタパルト~

そこには大型のドリルミサイルがある搭乗式な為爆発自体は無いがドリルの威力は凄まじい、アタンス達は己の愛機MAS(モビルアームドスーツ)を纏う。
レヴィアタンスはエイハブリアクターを搭載したガンダム【ガンダムバルバトス】
コンパはガンダムバルバトス同様エイハブリアクターを搭載した【ガンダムキマリストルーパー】
アイエフはビーストモードに変形できるほかアタンスの強化によって飛行形態に移行できる【ガイアガンダム】
ケーシャはビームショーティーにマシンガン機能を搭載し、ビームワイヤーに強化した【ストライクノワール】
エスーシャは一見中世にあるような騎士の鎧だがその鎧は圧倒的強度と軽量を誇る装甲と強靭な切れ味を持つラージソードを追加したリアル等身【ナイトガンダム】
ネプテューヌ(大人)は基本性能を上げた他接続可能なダブルビームサーベルを追加した【ガンダムレギルス】

当然レヴィアタンスの徹底的な強化もありオリジナルより上の性能の上其々の操縦者の得意な戦闘スタイルにも対応できる性能になっている。
何より操縦者の動きに完全に合わせる脳波リンクシステムがある。
人によって強度(リミッター)は違うは一番リミッターを外しているのはレヴィアタンスである。
尚、すでにアイエフ達は搭乗しているため後はレヴィアタンスだけである。

レヴィアタンス『おっし!んじゃ一発派手に行きますかぁ!』
イストワール「アタンスさん待ってください」
レヴィアタンス『おん?どうしたのよイストワールの姉御さんよ』

いざ乗り込もうとした時にイストワールに止められたのだ、どういう事なのか自身の得意のメイスを先にドリルミサイルに放り投げる『あいだっ!?』・・・のは良かったがどうやらネプテューヌ(大人)の頭に見事に命中これは痛い(笑
それは兎も角イストワールはレヴィアタンスにある物を渡した。

レヴィアタンス『これは・・・あん時あのドリル次元(アタンス名称)で貰ってそん時お守り兼思い出に作ったマイカラー(蒼い)コアドリルじゃねーかこれがどうしたんだよ?』
イストワール「ここの宙域へ到着するさい少しの間でしたが蒼く光ったのです、そう・・・まるでコレが何かに導いてほしいように」
レヴィアタンス『・・・そうか、なら持っていかないわけにはいかねぇな』

そう言ってイルトワールから蒼いコアドリルを受け取りドリルミサイルのハッチの前に立ち振り返ることなくこういった。

レヴィアタンス『じゃ、派手に行ってくる!』
イストワール「はい、どうかお気をつけて」

それに対しレヴィは親指をグッ!と立ててまるで『おうよ!』と言っているように見えた・・・そのままドリルミサイルに入りハッチが閉まる。そしてグレートシングのハッチもとい、口が開きドリルが回転し始めた。
イストワールはレバーの前に行きそのまま手にかけた。

イストワール「射出!」

ガゴン!ゴォォォオオオオ!!!!

そのままレバーを引きドリルが切り離されドリルはスラスターを噴かせ一気に蒼壊世の果てて突っ込んでいった。イストワールは祈った。どうか彼とその二代目が無事にこの戦いに勝ってほしいと・・・

その後ドリルは見事にグレートシング【深遠】の装甲を貫き内部へ侵入したはいいがその際目撃してる者は多数いたことは言っておこう。

2016年
05月09日
23:53

556: zyabara

ブロペニュ「ヴェルグ?…どうかした?」

ヴェルグ「いや…少し…考え事を…な」

ヴェルグはドローンで救援をしながら物思いにふける。
先ほど現れたアイスクリームみたいな無人機群がヴェルグのドローンとともに救援に入り幾分か作業が楽になり深く考える余裕も出てきた。
巡る思考は止めどなく…

「ハイパー童貞スラッシュ!」

サクッ

唐突に飛来したカレードマスクがヴェルグの額に突き刺さった!!

ヴェルグ「がぁあああッ!?」

ブロペニュ「ヴェルグーッ!?

「からーの~!エアリアルコンボ百連発!!」

ボコバコベコバコ

更に飛来したカレードマスク男が身悶えするヴェルグをボコボコにする。

ヴェルグ「あばばばば!?

ブロペニュ「ヴェルグーッ!?」

カレードマスク「そして食らえッ!!総ての童貞の怒りを!その体に!!ハイパー童貞アタァアックゥウッ!」

ヴェルグ「ぎゃああああああ!?」

ブロペニュ「ヴェルグーッ!?」

バコーーン!!

ヴェルグは派手にぶっ飛んでいき、アークスシップに突き刺さるのだった!!

ブロペニュ「ヴェルグ…」
ヴェルグ「…」犬神家状態

死ーん…

ブロペニュ「ヴェルグが死んじゃった!!この人でなし!!」

カレードマスク「フルコンボだドン!!」

ヴェルグ「いや…死んでないぞ」めりめりっ…ぽんっ

ヴェルグ「まったく…現れるなりいきなりなん…」

カレードマスク「(^q^)うわあぁあああ!!」

バキッ

ヴェルグ「ぶはぁああっ!?クソッ!だから何なんだよ!!ウ…う…ウィリアムズ!!」

ウィスコルフ「ウィスコルフだっ!!」ブンッ

ブロペニュ「ああ…凄い童貞の人…」

ウィスコルフ「ど…童貞ちゃうわ!!」

ヴェルグ「…どうでも良いわ!!つーかやめろ!!…いい加減にし…」

ウィスコルフ「うるせぇええ!!」ブンッブンッ

ヴェルグ「だから…何なんだよ…お前…は!!」回避

ウィスコルフ「やっぱりわかってねぇえ!!」

特に理由の無い…理由のある暴力がヴェルグを襲う!!

ヴェルグ「はぁ!?」回避

ウィスコルフ「お前がっ!!」ブンッ

ヴェルグ「っ!」

ウィスコルフ「テレビなんかでるからっ!!」ブンッ

ヴェルグ「あ?」回避

ウィスコルフ「ルミアが!」
ヴェルグ「あ…!」ピタ

めりっ

ウィスコルフ「大変だったんだよぉお!!」

めりめりっ…

ゆっくりとスローモーションでヴェルグの顔面に拳がめり込んで行く。

ヴェルグ(しまった…すっかり…その辺の配慮を…)

回転しながらぶっ飛んでいくヴェルグ…

ドカーーーン!!

そして再びアークスシップにめり込み…犬神家状態にあるヴェルグ!!

ブロペニュ「ヴェルグーっ!?」

~遡る事…数時間前…ウィスコルフ城~

ウィスコルフ城「…まったく…あのアークも因果なもんだな」テレビを見ながら
レオン「まぁ、言ってやるな…あいつにも考えるところはあるのだろう」

ガタッ

ウィスコルフ「…はっ」青ざめる
レオン「…」止まる

ルミア「あれ?二人共何を見てるんですか?…?…このテレビの人…なんか雰囲気がヴェルグさんに…」テレビに近寄る

ウィスコルフ「(^q^)うわあぁあああ!!手が滑ったぁああ!!」

ウィスコルフは魔力パンチを繰り出した!

しかしウィスコルフ特製のテレビに効果はいまいちだ!!

ルミア「えええええ!?」

レオン「しまった!!手が滑った!!」

レオンハートは紅茶攻撃を繰り出した!!

しかしウィスコルフ特製の防水テレビに効果はいまいちだ!

ルミア「えええええっ!?」

ウィスコルフ「(^q^)うわあぁあああ!!足が滑ったぁああ!!」

ウィスコルフの魔力キック!!

しかしウィスコルフ特製のテレビに効果はいまいちだ!

ルミア「えええええ!?」

レオン「しまった!!私の呪われた右腕が暴走した!?」

レオンハートは呪力パンチを繰り出した!!

しかしウィスコルフ特製のテレビに効果はいまいちだ!!

レオン(おい!?なんだこのテレビは!?頑丈過ぎるぞ!!)
ウィスコルフ(チッ!数万年の使用に耐えるよう作った事が仇になるとは!おのれ毎週日曜放送魔女っ子メルル!!)
レオン(この暇人が!!)

ウィスコルフ「(^q^)うわあぁあああ!!魔法が滑ったぁああ!!」
レオン「しまった!!魔道機関が暴走した!!」

ウィスコルフとレオンハートのダブルアタック!

特に理由の無い暴力がテレビを襲う!!

ルミア「えええええ!?」

ヴィオーラ「普通にスイッチ押してください」ポチッ

ブツっ

ウィスコルフ「…」ピタ
レオン「…」ピタリ

ルミア「…。…なんか二人共隠そうとしてませんか?」

ウィスコルフ「さ、さあて何の話かなぁ?」白々しい
レオン「ぐっ…頭が…」頭を押さえる

ルミア「…」ぶすっ

ルミア「もう良いです…多分ヴェルグさんに関係あるんですよね?…自分で調べますから」スタスタ

ウィスコルフ「るるるルミアちゃん!!紅茶ののの飲まないかっ!!」カタカタカタボタタ~
レオン「砂糖もあるぞ!!」ザァアーッ(大量投入)

ルミア「要りませ…ってなんかその砂糖睡眠薬って書いて…おぼぼぼ!?」

∥|∥∥∥ |

__n|`<⌒つ
/゚3 ヽ Y
)l゚∥∩ / そ
Σ \___/ (
⌒ヽ/V⌒v⌒

ビダァァァン!!!!

ウィスコルフ「ふぅ…危なかった」
レオン「…無駄に精神力を使ったぞ…あのアークめ…殺してやろうか」(殺意の波動)

ヴィオーラ「婦女暴行で通報しました」

ウィスコルフ「緊急事態だろ!?合法だ!」
レオン「ウィスコルフが悪い」
ウィスコルフ「ズルいぞ!貴様!!」
レオン「とにかく…記憶の処置をだな…」
ウィスコルフ「…こいつ最近成長してきたからな…生半可な術じゃ破られるぞ」
レオン「…全く」


~アークスシップ付近~

ヴェルグ「正直すまんかった」ドケザー
ウィスコルフ「隠し通すって言ったよな!言ったよな!(半ギレ)」
ヴェルグ「すまんかった…」フカブカー
ウィスコルフ「まぁ…いいわ…。…今度会ってやれ。…少なくとも今の状態を悟られない様にな…そのくらいは朝飯前だろう…アーク」
ヴェルグ「…」

2016年
05月11日
21:22

557: 忘却の亡霊

ヴェルグ「ルミア…ルミアねぇ…正直誰だったか思い出せん」
ウィスコルフ「おいコラこのクソアーク」
ヴェルグ「待て…少し待て…もう少し…もう少しで思い出せるかもしれん…」
ウィスコルフ「馬鹿野郎そもそも忘れるな!」

あまりにもあんまりな対応にウィスコルフがヴェルグの顔をブン殴る
しかしヴェルグは全く応えておらず、殴られて首を横に向けたままルミアの事を思い出そうとしていた

ヴェルグ「…ルミア…ああ、思い出した。暴食のアークの依代だった子か。元気そうでなによりだ」
ウィスコルフ「テメェ…!」
ヴェルグ「そちらで暮らしてるんだったか。まあやりたい事があるならそれでいい」
ウィスコルフ「ざけんじゃねぇ!」

ウィスコルフのアッパーがヴェルグの顎をかちあげる
しかしヴェルグは痛がるそぶりも見せず、ゆっくりと顔を戻した

ヴェルグ「それで気が済んだか?アーク殺し」

ぞっとするような冷たい目でウィスコルフを見るヴェルグ
彼は確かにヴェルグであるがその存在は既にアークそのもの。人と共に歩む事は出来ない
故にヴェルグはルミアを突き放す。人である身で、アークである自分に関わって来られても困るのだ
なにせヴェルグはアークとして狙われた身。とばっちりで死なれても困る
ブロペニュだって殺しても死なないから好きにさせているだけだ。アークの荒事に付き合わせる気は毛頭無い

ヴェルグ「ルミアの事に関しては関わるつもりは無い。俺は俺の目的の為に生きるのみ」

力は人を孤独にする…その事を噛みしめ、ヴェルグはルミアをあえて突き放すように言った

2016年
05月11日
23:17

558: MI4989 削除

ブロペニュ「(´・ω・`)そんなことよりあっち早く決着付かないかな。タンニン足りちゃってる人達がイラ付き始めてる気がするの」

ヴェルグ「いや、そもそもお前が居た世界の奴らはこの世界に何の用があるんだよ……」
ブロペニュ「プリッツアからカカオ豆と紅茶を少量買ってるのは知ってるよ。他の地域でも同じ感じ」

2016年
05月12日
00:07

559: zyabara

ウィスコルフ「…っ…テメェ…」

ウィスコルフは怒りの形相になり、ヴェルグの襟首を掴む。

ヴェルグ「気に入らんか?…なら気がすむまで殴れば良い…」

ヴェルグは冷ややかな視線を向けたまま呟く。

ウィスコルフ「黙れ…テメェには殴る価値すらねぇ…」

そう言うウィスコルフの拳は仄かに帯電しており、怒りで魔力が漏れ出ているのが解る。

ウィスコルフ「中途半端に救って拾って…それで面倒みきれなくなったから棄てる…?…このウジ虫野郎が…アイツはお前のペットじゃねぇんだぞ…!」
ヴェルグ「…」

語るウィスコルフの拳から洩れる魔力の帯電はいやに増し、バチバチと音を立て始める。
ヴェルグは変わらずその様子は冷ややかな表情で見続けた。

ウィスコルフ「お前は知らねえかも知れねぇが…いや知る気すら無いだろうが…アイツは今の今までずっと…ずっと血の滲むような努力してきた。…それこそ…今だってなぁ!…何でか解るか!?ああ!?」

ウィスコルフは怒声を上げるとヴェルグの襟首をより強く締め上げた。

ウィスコルフ「…お前の為だよ!!お前の為になりたい!お前の手助けがしたい!!お前に認められたい!!…ずっと…ずっとその事しか言ってねぇ!!…それを…もう関わらねぇだと!?…ふざけるな…ふざけるなよ!?ヴェルグ・ラスタ!!」
ヴェルグ「…」
ブロペニュ「…!」

ブロペニュは先ほどと様子が違い、ウィスコルフの怒号に殺意の籠った怒りを感じ、思わずホルスターに手をかけたが、それをヴェルグが軽く目を向け静止させる。

ウィスコルフ「…いつか…お前言ってたよな…。…困っていたらいつでも俺に連絡しろって。ルミアに!…なのに…今さら全部投げ出して無かった事にしろだと!?ふざけるな…ふざけんじゃねぇ!!逃げんじゃねぇ!!逃げんじゃねぇよ!!」
ヴェルグ「…俺は俺のせいでもう誰かを死なせたくないだけだ…」

ヴェルグはウィスコルフに向き直り、拳を押し返す様にウィスコルフの拳を握り返し押し戻す。

ウィスコルフ「ッ…!…〜ッ!!」

ウィスコルフを唇を噛み締めるとアークスシップにヴェルグを押し付け、より強く締め上げる。

ウィスコルフ「…失いたくない?…テメェ…テメェはテメェの…テメェの都合しか言ってねぇじゃねぇか!?…ふっざっけんじゃねぇぞ!!ああ!?」

ガンッ

ヴェルグ「ッ…」

ウィスコルフはヴェルグを締め上げたまま揺さぶり、ガンガンと叩きつける。

ウィスコルフ「失いたくない!?失いたくないだと!?…それはアイツだって同じに決まってるだろ!?…アイツはお前の為に自分と戦い続けるのに、お前は逃げるってのかよ!?アイツを見棄てて!!逃げて!!それじゃ何にも変わらねぇんだよ!!お前には人の気持ちが解らねぇのか!?心の底までアークになっちまったってのか!?ええ!?」
ヴェルグ「…ッ。…そうだ…俺はアークだ…俺は人と関わるべきではない…皆の為に…人々の為に」

ウィスコルフ「ン…の…糞野郎がァッ!!」

ウィスコルフは怒声を上げると、勢い良くヴェルグを締め上げたままアークスシップに叩きつける。
アークスシップの外壁が潰れたアルミ缶みたいにグシャグシャになり、ウィスコルフから漏れた魔力の雷が壁面を走り溶解させる。

ウィスコルフ「お前はその程度の中途半端な覚悟で人々の眼前に姿を晒したってのか!?ああ!?…自分は沢山の人を失ったからもう失いたくない?失った自分は可哀想だから見たくない物から目を背けて逃げるだと!?…ただの…ただの自己憐憫じゃねぇか!!…そんなに自分が可哀想可哀想って慰めたいなら…ッ」

ウィスコルフはヴェルグを締め上げ、締め上げたまま頭より高く上げる。

ウィスコルフ「永遠に岩戸に隠って念仏唱えてろォッ!!この糞野郎がぁああッ!!」

ヴェルグを怒号と共に叩きつけ、バチバチと止めどない雷がアークスシップに走りボロボロにしてしまう。
ウィスコルフ「ッ…ハァッ!…ハァッ…ハァッ…ハァッ……糞が……もう二度とその面現すなよ…ウジ虫野郎…」

ウィスコルフは乱れた髪をかき上げると、ヴェルグに唾を吐きかけ…その場から去って行った。

ヴェルグ「…」
ブロペニュ「…ヴェルグ…大丈夫?」
ヴェルグ「…ああ、問題ない…アークスシップ…避難が完了していて良かったな…」

ヴェルグは立ち上がると、アークスシップに立ち上を見上げながら嘯く。

ヴェルグ「俺は…もう戻れない…なんと言われようとな…」

2016年
05月12日
00:59

560: 忘却の亡霊

ヴェルグ「…これでいい。俺は決めたんだ、アークの道を進む事を」

たとえ憎まれようとヴェルグの…いや、ソルブレイズのやる事は変わらない…変えられない
人がどれだけ努力しようがアークにとって一時の助けに過ぎない…そんな当てにならないもの、無い方がいい
互いが全く違う存在になったのだ、考えを理解してもらえるとは思っていない。もう親しい友人など必要無い
どこまでも愚直に、アークとしておのれの出来る事を為す。その為に進むのみ
たとえそれが、かつての友人と敵対する事になろうとも
たとえそれが認められなくとも

ヴェルグ「来るがいい、人間よ…俺はもう誰のものにもならない…!」

2016年
05月12日
13:28

561: MI4989 削除

ブロペニュ「(´・ω・`)ヴェルグ」
ヴェルグ「なんだ?」

ブロペニュ「あとで少し頭を冷やそっか☆」

2016年
05月12日
23:50

562: 忘却の亡霊

ヴェルグ「だが断る」

そう言うとヴェルグはソルブレイズに姿を戻し…

ソルブレイズ『デブリの回収やアークスシップの修理はあらかた終わった、決着がついた以上最早ここに用は無い』

最後に軽く点検を終え、ドローン達は消える
急に消えたドローン達を見て慌てている者も居たが最早どうでもいい

ソルブレイズ『…お前ももう俺に会おうと考えるな。今の俺は確かにヴェルグだが、これからそうである保証は無い』

そう言い残すとソルブレイズは再び転移して消えた
誰にも頼る事をやめ、ただ世界を生かす道を歩く為に
己がヴェルグである事を殺す為にアークとしてテレビに姿を晒したのだ、追っ手は必ず来る
これから歩む道は、恐らく彼にとって生き地獄となるだろう…

2016年
05月13日
00:03

563: エアロ

>>562

先ほどのウィスコルフとヴェルグ・・・いやソルブレイズの殴り愛を見ていたティーンチ。
彼にとっても人間であった頃の記憶はあった。
だが、無限の知識への欲求、世界の変化を操る大いなる力。
その前には人であった記憶など、余白を埋めるあとがき程度のものであり、
すでに掻き消えて久しかったのだ。

ティーンチ「なまじ成りかけの頃に交流を持ったのがいけなかった・・・
神、いやこの世界の概念そのものである我々とそこに暮らす者たちなど、所詮分かり合えるはずもないのです・・・

ソルブレイズ、貴方はさらに大衆の目の前に姿を晒した。
これから貴方の無限の力を求め、愚かなる者たちが貴方を追うことでしょう・・・


それでも、貴方は歩みを止めることは許されない・・・貴方は”愚者”。


希望の道標となるべく歩みを強制されたもの。
”誰のものにもならない、世界そのものになる”それがどれだけ難しいか・・・
私はただ、見つめましょう。どんな結末をもたらすのか・・・
さて、それにしてもレヴィドラン。
アークに親しい存在になるとは実に興味深い。
絆と進化と可能性、人間の持つものを全て内包した、優しきもの。
今度、招いてみるのも一興ですね、楽しみなことだ・・・」


一人語った後、ティーンチは歪みの渦に入り消えていった。
彼は見つめる。変化し続ける世界を。その結末がどうなるのかを。
見届けることこそが、彼が神代から世界に縛り付けられた定め・・・


一方レヴィアーナもここから立ち去ろうとしていた

団員「団長、トランスワープ準備完了です」
団長「よろしい、指定座標に向かうのじゃ。アーク様、これでよろしいのですか?」
レヴィアーナ「ええ。今日はこの辺で退散と行くわ。
・・・それにしても、アイツだけじゃなくて、”先代”ってなんなのよ!
それに兄貴キャラでリア充で!ぶっ潰してやるんだから!」
ソニックブーム「お盛んなことだ。帰ったらエンハンス・カラテの練習だぞ」
レヴィアーナ「わかってるわよ、センセイ。おねがいしますね!」

数分後、レヴィアーナの船もワープに入り、ブレイゾン宙域から消えた。

2016年
05月13日
04:46

564: zyabara

ブレイゾン・蒼の襲撃事件収束より9時間前…

〜ルアナ銀河系 アラファラス星系…三番衛星ムスタルファ付近 座標287〜

「アーチャー1より通達!依然として異常は無し!オアホワイト!ムスタング・ハリソンからも同報!」

「小惑星イ87への敷設はどうなった。…もう完了しているのだろう。工作部隊は帰艦させろ。…アーチャー1とムスタング・ハリソン4の隊は帰艦だ。グリム・リーパーの隊と交代させろ…艦内の交代要員も同じくな」

慌ただしいブリッジに仮眠を終えた艦長“エドワード・ヘルマン”が手すりを伝いながら入り、指揮席に近づくと軍帽を絞め直しモニターを起動する。
事態に備え艦内重力を切ってから既に30時間が経過している。
艦内は張りつめた空気が漂い、ロボ系以外の隊員達はじわりじわりと噴き出す生温い汗を拭いながら各々の責務を果す。
それはヘルマンも同じだった。
噴き出す汗を拭いもせず、モニターに映る作戦概要を見直しながら入念に穴が無いか精査し直す。

「…やはり一旦帰航されては?…既に作戦開始から2782時間経過しています…隊員達の体力も限界かと…以前の戦闘からろくに補給も出来ていませんし…“銛”も残り8本しか…」

帰航を提案する副官に対し、ヘルマンはモニターを見ながら口を開いた。

「駄目だ。俺達が此処を離れる訳にはいかん。…それに補給は無理だ」

チェックを終えたヘルマンはようやく椅子に腰掛け、遮光壁越しの宇宙(そら)を見る。

「やはり…ブレイゾンの件ですか?」

指揮席の横に立つ副官がヘルマンに問う。

「ああ、あの脅威のせいで天使軍のほとんどがブレイゾンを注視しながらの張り付け状態にされている。…それに混沌の動きも分からん以上は末端の我々に補給なぞ望めまいよ」

「…皮肉なものです。…ウラノス戦役からそれほど経っていないと言うに、既に人々はアークの脅威を忘れさっている」

「仕方あるまい。以前の脅威より眼前の敵だ。…だがそれは“彼ら”に任せよう。…俺達は俺達の役割を成す。人々に再びアークの脅威がふりかからぬ様、責務を果すのが俺達の務め。…あの痛みを知る者なら尚更手は抜けん」

ヘルマンの言葉を訊き副官は襟を正す。

「痛みを知る者なら…ですか。ならば我々は人々に痛みを思い出す事が無い様よりいっそう務めなければなりませんね…」

「そう言う事だ。わかったなら貴様も8時間ほど休め」

「はっ…。エドワード艦長」

敬礼してブリッジを去る副官を見送り、正面に向き直りヘルマンは再び遮光壁越しの星達を睨む。

「…我慢くらべだ…アーク。…先に根を上げた方が死ぬ…。…俺達は負けんぞ…絶対にな…」

そう呟きヘルマンは拳を強く握り締めた。

 


座標407、朽ちた輸送船に陣取るアーチャー1は人員を交代しおえると、狙撃機体のRS、アーリア・カスタムのモニター越しに小惑星群を睨む。

「…この宙域からは絶対に逃がさんぞ…早く出てこい…早く…早く…」

『出てきても先走るなよ?ハインツ』

「…当たり前だ。…この宙域を抜けられたら直ぐにバリ星があるんだぞ…尚更俺達が止めなけりゃいけないんだ」

狙撃機体であるアーリア・カスタムは観測手のコックピットもあるため二人乗りだ。
その観測席からややを飛ばしてくる、相方にハインツは軽く返しチューブから飲み水を吸う。

『おい、飲むのは良いが見逃すなよぉ?責任重大だぞ?』
「それはお前の仕事だ。ガガ。…いいよなロボは…瞬きする必要すら無いしな…こっちはスコープ覗きっぱなしじゃ目が乾いてきそうだぜ」
『ははは…そりゃ悪いこった。…ん?…待て…何か動いたぞ』

「何…?」

ハインツはモニター類を確認するとパネルを操作し、反応を探る。

「レーダー類には反応は無い。やはりアークの可能性が高いな…刺さってる銛で探れるかもしれん…見えた位置を教えてくれ」

『座標806!やはり小惑星群の中に!…どうだ?』

「…銛らしい影が見えた!ヒットだ!…急通達!オアグリーン!オアグリーン!」

<確認した。…速度は此方からみて相対速度300…視認できるか?>

通達を受けた母艦から直接ヘルマンが確認を取る。

『デブリが多すぎて…良く…ですが位置は掴めます。…やりますか?』

「…待て、マスタング4と連携しろ…マスタング4、座標407付近に向かえ。それらしきものがあれば発砲を許可する。…アーチャー1はムスタングから連絡が入り次第攻撃開始。…MFCS起動ミサイルハッチオープン。確認出来次第6番まで発射しろ。各RS隊員は休憩を中断し全戦闘待機。サジ副艦長もブリッジに戻れ。急げ!…アーチャー2とハリソン3は小惑星群の観測を続けろ」

『了解』

『ムスタング4座標付近に到着した。それらしきものは此方からは視認出来ない』

『此方アーチャー1。ムスタング4からの連絡を確認。目標速度変わらず前進中。攻撃を開始する』

宙域では音は響かない為、閃光のみが瞬いた。
5射。…閃光が五回瞬き、目標から破片が飛び散る。

『…ヒット。着弾確認。…動かない?…ムスタング4!接近して確認を!』

『ムスタング4、了解。接近する』

RS・アーリア三機が指定座標に向かい、確認を取る。

『…ッ。これは…!…こちらムスタング4!目標はダミー!目標はダミー!“銛”を腕ごと引きちぎってやがる!』

「何?…くそ…釣られたか!ムスタング4!そこから退避しろ!居場所が割られたぞ!」

『…了解!何…ッ!?…うがっ…!?』

「ムスタング4、6、2ロスト!!通信途絶!!粒子反応確認!しかし位置までは特定出来ず!目標の位置は以前として不明です!」

「チッ!」

思わずヘルマンは座席を叩くが、直ぐにモニターを見て指示を出す。

「アーチャー1。応答しろ。どうなっている。…そちらからは確認出来んか?」
『こちらアーチャー1!目標の位置を先ほどの砲撃から推定!…現在光学に機器よる探査中!…小惑星キ267に動きあり!攻撃する!』

「待て!アーチャー1!まだ攻撃を…」

言うが言わずかして既にアーチャー1は攻撃をしてしまったらしく、閃光が瞬いた。

「アーチャー1ロスト!!…粒子反応確認!目標の位置を推定!!本艦から距離およそ30万キロの小惑星キ267!」

「…。…やはりこの小惑星帯に隠れて居たか。キ267に10番までミサイル発射!いぶり出せ!!その後本艦は40度回頭!左舷スラスター噴射!慣性航行開始!」

「了解!ミサイル各自発射開始!」

長距離ミサイルが次々と発射され、小惑星に飛翔していく。
その後位置の特定を避けるべく、艦を移動させる。

「ミサイル着弾まで5、4、3、2、1…着弾確認!煙幕晴れるまで少しかかります!」

「…」

ヘルマンはモニターを睨み、指示を更に出した。

「出れる者は全て出ろ!もう戦闘は始まっている!」
『ラジャー!』
『了解!』

「ッ!飛び出して来ました!…目標です!!」

「…来たな…もう…逃さん」

モニターに腕の長い異形のいそぎんちゃくみたいな口を持つクジラの様な風貌の“何か”が弾けた小惑星群を押し退け、白煙の糸を引きながら飛び出して来るのが、確認出来た。
身体中に“銛-封神槍-”が突き刺さっており、右腕は引きちぎれており…激戦の後が窺える。
“銛”は以前ウラノス戦役にて使われた、アークに対しその空間との繋がりを遮断する事で“力”を弱める効力を持つ神代兵器の模倣品であった。

「小惑星ハ375からヒ854の爆砕ボルト点火!奴の動きを止めろ!!」

「了解!爆砕ボルト点火!!」

周囲の小惑星から閃光が瞬き、小惑星が動いていく。小惑星を避けるべく動いた目標に対しヘルマンは砲撃指示を出した。

「30度回頭!全速前進!砲門ひらけ!全ミサイルハッチオープン!RS隊!目標に両側面から突撃しろ!本艦の砲撃後攻撃開始!!銛は全て打ち込め!!…撃て!」
艦からレーザー砲撃が瞬き、目標に着弾していく。
続けざまにミサイルが飛翔していく。

「着弾確認!!目標に探知された模様!粒子反応…来ます!!」
「回避機動だ左舷スラスター噴射!慣性制御!」

濃密な粒子砲が艦の上と側面を擦過していく。

「ッ…」
「回避成功!損傷なし!ミサイル着弾まで30秒!!」

『こちらRS隊!目標まで10000キロ!!攻撃を開始する!』

RSに側面から攻撃された目標は悲鳴をあげる様にうねりながら粒子砲による弾幕を張り始める。

『クソッ!!銛の射程内まで…近付けば!…ッ!?ぐあっア!?』

『ハーリー!…グオッ!?』
「ハーリー機、ウルア機、サムラ機ロスト!!カジマ機大破!ナミビア機中破!損耗率拡大!」

「くっ…再生していたか…!見積りが甘かったな。銛を消費し過ぎるな!後何本だ!?」

「あと5本です!損耗した3本のうち2本は打ち込みに成功!!」

「よし!打ち込み部隊以外は囮になりつつ、砲を潰せ!!」

「目標!急上昇します!」

「!…RS隊が離されるな…。回避機動!各砲照準…撃て!上を取らせるな!」

砲撃を目標に浴びせかけるが、目標からも砲撃の雨が降り注ぐ。
左舷に粒子が着弾し、壁面が溶解する。

「左舷格納庫被弾!損耗状況確認中!!…隔壁閉鎖!!」
「ッ…!後部上向きスラスター全噴射!回頭しろ!火力を集中させろ!!」

「り、了解ッ!!」

スラスターが噴射され、艦が軋みを上げながら艦の砲が全て集中する艦首を敵に向ける。

「…ッ。…!」
砲撃にエネルギーを割いている為に慣性制御は最低限しか働いていない為、乗員は艦に凄まじい遠心力で押さえつけられるが、ヘルマンはモニターから目を離す事なく、目標を睨み続けた。

「…左腕だ!左腕に砲撃を集中させろ!!」

目標の右腕に激しい損傷を視認したヘルマンは砲撃に指示をだす。
凄まじい閃光と共に目標の左腕の付け根辺りに着弾した砲撃により左腕がちぎれで飛んでいく。目標は悲鳴をあげる様に口を大きく上げながら艦を擦過していく。


「よし、RS隊!今のうちに目標に攻撃を…止めをさせ!!」

『了解!』

RS隊が突撃し、銛を打ち込みにかかる。一本…二本…三本…いよいよ最後かと思われた瞬間…目標に変化が起きた。

「…ッ!?目標から大規模なエネルギー反応!!空間に亀裂が…!?」

「何…!?」

目標が叫ぶ様に口を大きく開くと、空間が圧壊していき、接近していたRS隊が次々と巻き込まれていく。

「…ッ…奴め!まだこんな力が…!?」

「目標が…!?…な!?…目標…本艦後方より急速接近!!突貫してきます!!」

「…な…何!?空間転移か!?………くっ…イ87に点火しろ!!」

「な!?…近すぎます!?」

「このままでも落ちる!やれ!!」

閃光が走り、小惑星が揺れて目標にぶつかってゆく、更に砕け散った岩石群が艦に叩きつけられた。

「右舷各部被弾!損傷拡大!!」

「…ッ!目標はどうした!?」

「…目標…反応なし!動きません!鎮圧した模様!!…やりました!」

「…。…全機帰還…。…戦闘終了だ。…解析部隊を出せ。…被害の確認と修復も急げよ」

ヘルマンは指揮席に深く腰掛け、ため息をついた。

「…終わったか……。…?…サジ副艦長…来ていないな…まだ寝ているのか?」

「サジ副艦長…寝つき…悪いのでは?」

「…なら良いがな…解析と修復が完了次第直ちに帰投するぞ…今のうちに休んでおけ」

ヘルマンは立ち上がると、オペレーターを下がらせ…指揮をとり始める。

「…また…減ったな…」

…遮光壁の向こうのRSの残骸を見ながらそう呟いて

2016年
05月13日
06:05

565: MI4989 削除

~惑星ダスド、リメイラタウン上空のどこか~

一騒動が終わり、日をまたいで朝日が昇った頃合い。いつもの通りにシュヴェシィナ達が朝食を取ってからただなんとなく空に飛び立ち、そこで無駄話を繰り広げる。

ブロペニュ「(´・ω・`)ヴェルグが変な宗教に入っちゃった……!」
カスターダ「あんたもあんたで結構諦めが悪いわね……」
ニュルン「そりゃそうよ、彼女にとっては初めての彼氏なんだから」

ブロペニュ「(´・ω・`)どうすればいいの」
ニュルン「アーク程度だったら宇宙棲シュヴェシィナ群を送り込んで心をバキバキに折って分裂症を起こさせて目的の魂を取ってくればいいんじゃないの?」
カスターダ「その前にこの世界が死にそうなんですが」
ブロペニュ「(´・ω・`)そんな方法で安全に取れるのかなぁ」
ニュルン「私の彼氏もそうやって 無 理 矢 理 連れ戻したからね、ノラ兵器群になっちゃってた時に。あの時は大変だったわ……」
カスターダ「いや、その前にこの世界の住民にそれやってちゃんと分かれてくれるかどうかが問題なのよ」
ブロペニュ「ニュルンちゃん、そもそも彼氏との出会いがそれじゃなかったっけ」
ニュルン「あ、そうだったかも……」

ブロペニュ「……はぁ、せっかく会えたのにあんなんじゃニュルンちゃんみたくノラ兵器群から彼氏探してた方がよかったよ……」
カスターダ「……二人がおかしいのよ。アレックスなんて水棲系が好き過ぎてノラ兵器群になっていろんなところにスポーンしてたし、ニュルンもニュルンで彼を見つけちゃうし……」
ニュルン「ちょっとっ、どっちも狂人扱いしないでよ!」

ブロペニュ「でもこれからも気が向いたらヴェルグに会いに行って適当にお話ししてくるね」
カスターダ「あんた、ほんとにぶれないわね」
ブロペニュ「この程度でぶれてたらあっという間にノラ兵器群になっちゃうもんっ!」
ニュルン「いっそのことこの世界でノラ兵器群になっちゃうのも手よ!」
ブロペニュ「やだ」
ニュルン「(´・ω・`)」
カスターダ「当り前よ」

2016年
05月13日
21:18

566: レヴィドラン

~ブレイゾンの市街地のどっか~

ブレイゾンの外もとい宇宙で【深遠なる蒼き闇】が撃破されて30分過ぎた頃蒼の傭兵部隊の拠点のマスコット的存在(?)ことネコクジラはのんびり散歩をしていたのだ。
自身のお姫様(妹ドラン)達が勝ったのだ、やっとのことで一安心して散歩を始めた頃だ、え?道に迷わないのかって?既に地形を完全に把握してるので大丈夫だ、問題ない。

ネコクジラ「にゃっにゃっにゃ~♪・・・にゃご?」

ふと自由気ままに散歩していると目の前になっぜか無駄に器用に棒を持って近寄ってくる彼方此方包帯がある黒猫がいた。

黒猫「あ"ー・・・久々にヘマしぃ!?ケ、ケツがまだ僅にいたいひぃ・・・!あ、そこに居るのはあん時のクジラっぽい猫じゃないか」
ネコクジラ「にゃごにゃご?(※翻訳でございやす※どうかしたの?ボロボロだよ?」
黒猫「かくかくじかじかなんだよ、背中乗せて俺を帰らせてくれ☆彡」
ネコクジラ「にゃ~(分かった~」

突然のお願いにも優しく対応するネコクジラ、妹ドランと一番長くいるだけあって優しさも感染してる模様、身をかがめた後黒猫が乗ったのを確認しのんびり散歩+お家へお届けを再開&開始した。

~15分後~

気づけばあっという間に雑貨屋へ到達した。流石地形を完全に把握してるだけある。雑貨屋へ入ったあとネコクジラは身を屈めて降りやすい態勢になった後黒猫が降りた。

黒猫「ありがとな、大トロの刺身を奢ってやろう」
ネコクジラ「にゃご~(一枚でいい」

感謝の気持ちなのか黒猫が爪でくいっとした後何処から取り出したのか大トロの刺身一枚をネコクジラに投げそれを見事にパックンチョするネコクジラ、実際器用である。

ネコクジラ「にゃ~(じゃ~ね~」

そう言って雑貨屋を出た後再び自由気ままに散歩を始めた。
今日も天気のいい青空と【深遠なる蒼き闇】が完全撃破された事に喜ぶ人々の声が聞こえる中気長に歩くネコクジラであった。

2016年
05月14日
00:07

567: zyabara

「エドワード少将、そう畏まらないで。」

「はっ…」

総司令官であるモーラに促されヘルマンは姿勢を崩した。

「…すまないわね。貴方に辛い役目を押し付けてしまって」

「お気遣いありがとうございます。ですが総司令が気になさる事はありません。これは私の問題ですから」

目を伏せて謝罪するモーラにヘルマンは淡々と答えた。

「…それで?…やはりあれはアークその物では無かったのね?」

「はい。我々が3ヶ月以上追い続け仕留めたあれはアークが力を蓄える為に放った突兵の様なものであり…アークその物ではありませんでした」

「…そう。…それでも隊のほとんどを損耗した…。…足りないわね…何もかも」

「…」

口に手をつけ、思案するモーラにヘルマンは黙殺して答える。

「…動かせる兵力は有るはずなのに、中央局の派閥争いでまともに機能してない…。そしてその弊害を貴方達が被る。…これは本来あってはいけない事よ。…やはり私が直接中央局に掛け合う必要が有るわね…でも…」

「…お気遣い感謝します。ですが限られた兵力のみで作戦を達成する…。これは私の責務です。ですからモーラ司令がお気になさる必要はありません」

表情を険しくして語るモーラにヘルマンは変わらず淡々と答える。
その様子は機械的にも見えた。

「…。…そう。…けど兵力の増強に関しては必ず掛け合うわ。…こんな状況が許される訳にはいかないから」

「…はっ。重ね重ねお気遣い感謝します。…では自分は事後処理が有るため失礼します」

ヘルマンが敬礼し、部屋を後にしようとしたところでモーラが呼び止めた。

「待って。…カルマ新局長から貴方宛てに通信要請が来ているから、執務室に向かって頂戴。…私からは以上よ」

「はっ…では失礼します」

ヘルマンは部屋を後にすると、軍帽の鍔に指をかけながら呟く。

「…またか」

執務室に向かい、机のモニターを起動するとAF中央情報局、新局長であるカルマ局長に通信が繋がる。

「エドワード・ヘルマン少将です。カルマ局長の要請に従い出頭しました」

『情報局、局長カルマだ。…作戦達成ご苦労。今回の作戦も見事だった…さて…また要請の件だが、例の封印処置を施したアーク関連の物は指定の機関に運んでくれたまえ』

「はっ。指定の機関の情報が届きしだい直ちに向かいます。…ですが今回の回収物はアークでは無いのですが…よろしいので?」

『無論報告書は読んでいるとも。…だがそれもまた研究の役にたつものだ。平和の為にな。…以上だ。では…よろしく頼むよ』

「…了解しました。では失礼します」

通信が切られるとヘルマンは執務席に腰掛け、ため息をつき書類を手にした。
書類には今回の作戦で出た戦死者のリストと、新たに補充される隊員達のリストが記載されている。


「…サジも戦死するとは…な…。……。…30人か…ふん…私は…恥を知るべきか…」

ヘルマンは書類をしまうと執務室を後にした。
…もうすぐ補充される隊員達が来る。
やるべき事の為に今は立ち止まる暇は無かった。

2016年
05月14日
21:25

568: MI4989 削除

~クレリア、バリスト州、クリムクリフ地上域、森林のどこか~

春が過ぎ去り、夏が来る頃合い。
バリスタンジャングルが近くにあるこの熱帯雨林では雨季にさしかかるあたり。
雨季がさしかかると密林の向こう側から何故かモスキート等のノラ木製航空機や木製空中艦艇が大量発生しては襲撃頻度が上昇してくる時期だ。
このあたりから航空機とシュヴェシィナの仕事が増えてある意味では稼ぎ時、ある意味では地獄だ。
勿論空中都市でもない限りはノラ戦車が率いるノラ兵器群による襲撃も無視できないがあまり襲撃頻度は上がらない。

ケピニェコは深夜と早朝のノラ兵器群討伐に参加、それらを終えて昼食の時間まで大木の枝の上で遅い睡眠を取るつもりで寝ていた。
蒸し暑く、寝苦しい環境の上に雨も降っている中で。

ケピニェコ「zzz....」

ネズミ「……」すたすた
ふみっ
BOM!
ネズミ「ぎゃああああああああああああ!!」

コバルトヤドクガエル「またキノコが爆発してる……」
イグアナ「この時期はいつもそうだよな」

グンタイアリ達「totsugeki!!」αレーザーを乱射虫
イグアナ「うるせぇっ!」特に意味もなく拡散波動砲
グンタイアリ達「gyaaaaaaaaaaa!!」一掃された

ピタヤ「あー、虫がついたわー、虫が嫌いだからマスタードガスをばら撒くわー」毒ガス散布
ハエトリソウ「やめろっ、虫が来なくなる!」

オオアナコンダ「……」ソローリ
ケピニェコ「zzz....」ゴロゴロ

蛇にとって寝ている動物を襲うのはいつもの事です。

オオアナコンダ「……」シュルシュル
ケピニェコ「(-ω・)」パチッ

まる飲みできるかどうか測っているようです。

オオアナコンダ「っ!」がばっ!
ケピニェコ「やったーっ、お昼ご飯だーっ!」

巻き付かれる直前で眼を覚ましたケピニェコは素早く蛇の側頭部にスパイクを突き立てて発動、メタルジェットで蛇の頭を突き割って殺傷。
そしてケピニェコにとってはさっと捌いてもぐもぐする所までがテンプレ。

ケピニェコ「うめぇ」もぐもぐ

2016年
05月15日
10:16

569: 忘却の亡霊

~ブリスガンド銃士皇国 地中~

ソルブレイズ『…やはり資源は枯渇している…か』

戦いを見守った後、ソルブレイズはブリスガンドの地中に来ていた
マナストーンの代わりのエネルギー源を探しに来たのである
マナストーンが枯渇状態にある今、かの国が苦しい状況には変わり無い
しかし彼が見たところそれに代わる資源も無さそうだ
…継続的に得られるエネルギーは自然エネルギー…それで暮らすには些か範囲と文明レベルが大きすぎる

ソルブレイズ『…さて、エネルギー問題は根が深い…魔力を結晶化させる技術も、渡していいものか…』

しばし悩み、地上に出るソルブレイズ
どのみち直ぐには答えが出ない、じっくり悩む必要がある
そう思い直すと彼は姿を変え、ベリルスキットの姿で森の中を歩いた…

2016年
05月16日
21:19

570: MI4989 削除

~リメイラタウン郊外のどこか~

郊外にある空き地にシュヴェシィナ達が集まっている。
シュヴェシィナ達が住むようになってからはいつもの光景である。

フェヌン「ねぇ、ニュルン。明日か明後日あたりマグロ漁に誘っても行けるかしら」
ニュルン「行けるけど」
フェヌン「良かった。これで駆逐艦を動かしても利益が付くわ」
ニュルン「前みたくこの世界の住人も誘う?」
フェヌン「うーん、技術レベルがどうだかよく解らないから無理ね」
ニュルン「そう、なら良いけど」

どうにも狩猟に行こうとしているようだ。

ブロペニュ「なになに」
カスターダ「何時もの狩猟?」
フェヌン「ええ、そうよ。たまには狩らないとお金と食べ物が無くなっちゃうから」
システィ「こっちに住んでても狩猟はやめないのね」
ゼルフィン「大海原(宇宙)を回遊しながらの生活史が長かったからね」
ニュルン「だって私達ベレロフォンは超古代からずっとそういう生活なのよ。主にクレリアンと狩場をめぐって喧嘩しながらだけど」

カスターダ「そもそもクレリアンも宇宙で狩猟をしてた時代があったんだ……」
システィ「あんなめっちゃ重い奴らが宇宙をうろうろしてたって思うとゾッとするわ……」
ブロペニュ「いや、グロスタルおじさんみたいな戦車級じゃないと思うんだけど」
フェヌン「グロスタルさんだったら先月あたりにサーモン漁してたら狩場が被ってお互いにノラ兵器群かと思って誤射しちゃった。……よくあることだけに金髪碧眼はちょっとトラウマだわ」
ブロペニュ(あのときの台詞はそういう事だったのかなぁ……)
システィ「あ、わりと身近な人がそうだったんだね」
ゼルフィン「まぁ、私達ベレロフォン同士でも誤射はよくあるからあまり狩場が被らないようにしているのよね」

ノラ兵器群がうようよする世界だからなのか狩猟中の誤射も結構多いようだ。

2016年
05月17日
17:20

571: zyabara

~bv867a 中央都市区・全棟総管理局・局舎【代表執務室】~

クリス「…うーん」

クリス・フォッカードは唸っていた。

ヴィオラ「あの…代表、外壁管理局から『3光年先でレーザー撃つイカの軍団とどうみても戦艦な漁船が争ってて邪魔だから止めさせろって言いたいから、通信許可をくれ…と』連絡が来ていますが…」
サレスティン「イカァ!?イカってあのイカ?」
ヴィオラ「ああ…画像みるか?」

ヴィオラがアクティブペーパー(動画紙。容量一ペタバイトから~)を取りだしサレスティンに渡す。

サレスティン「マジでイカだ!この宇宙頭おかしいよ!」
ヴィオラ「情報監査局によるとこの次元のやつじゃないらしいけどね」
サレスティン「これはツカファー博士には伏せとこう…」
ヴィオラ「…当然。…で?代表?話聞いてます?」

クリス「…聞いてるわよ。…で…イカと漁船とポットがツカファー博士に改造されて、合体変形して平和の使者・スーパー荒ぶりタコの目になるんだっけ?」

ヴィオラ「何の話ですか!?すっとんきょうに!?」

サレスティン「だめだ…これは下の階と上の階と俺達の話し事が混じっちゃってる…」
ヴィオラ「感覚過敏になってませんか?…代表。…ていうか…何をそんなに唸っているんです」

クリス「…。…ブレイゾン宙域ってまだ騒動の直後じゃない?…今行っても迷惑よねぇ…うーん…」
ヴィオラ「…ずっとそれで唸っている訳ですか…」
サレスティン「…ゲートもポータルもこの次元に対しては閉じぱっなしですしね…住居区の連中は多次元断層通信ネットワーク勝手に繋いでる見たいですけど」
ヴィオラ「え?…それ初耳なんだけど?…つぶプリ見てみるわ…」

そう言ってヴィオラはピアス(端末兼)を触れて、つぶプリ(つぶやきプリーズ。ツ○ッターみたいなもん)を閲覧する。


この宇宙消滅するってょ!マジwktk!! 幼女男@ババァ
詳細を表示 [再つぶ] . [はんこを押す]


はよ消えろwww死ね死ねwww今日も他人の不幸で飯がうまいwww 暗黒大帝の奴隷@ちんぽ丸
詳細を表示 [再つぶ] . [はんこを押す]

マジかよ!消えねーってつまんねー!マジおこちんちん丸:-< 幼女男@ババァ
詳細を表示 [再つぶ] . [はんこを押す]

なんだよ!せっかくおつまみにしようかと用意しながらネットに入り浸ってたのに!! 暗黒大帝の奴隷@ちんぽ丸
詳細を表示 [再つぶ] . [はんこを押す]

せっかくだからおれらが次元断層爆弾使って消そうぜwww 黄昏のベジタリアン@お肉大好き
詳細を表示 [再つぶ] . [はんこを押す]

バァン!!!!!!(宇宙が次元破壊により114514個消滅) ガチホモ武士@ところてん
詳細を表示 [再つぶ] . [はんこを押す]

やったぜ。 暗黒大帝の奴隷@ちんぽ丸
詳細を表示 [再つぶ] . [はんこを押す]

ヴィオラ「屑ばっかだな…(呆れ)…ん?」

ゴルダッツァのプラモかったったwww実際と同じ武装の仕組みが使えるモデルやでwwwカッコヨスwwwあ、仕事中なのは皆内緒だゾ☆ 中央管理局員サレスティン@公式
詳細を表示 [再つぶ] . [はんこを押す]

ヴィオラ「おいキサマ」
サレスティン「痛い!痛い!耳が千切れる!」

クリス「うーん…」

サレスティン達が下らない話に白熱している間もクリスは唸っていた…

2016年
05月18日
14:08

572: MI4989 削除

~π245A-4、(´・ω・`)星団、(´・ω・`)星団洋、潜水士資格にまた落ちたorz星系周辺 水深5000光年くらい~

異世界の人から見るとどこかしらがいつもおかしく見えるこの銀河、
この(´・ω・`)星団にまたやって来ました。今度はマグロ漁です。

ブロペニュ「宇宙でまさかの水中行動な件について」
ニュルン「まぁ、よくある事よ」
カスターダ「つまりどうでも良い事ね」

駆逐艦より発艦したシュヴェシィナ達はさながらいつもの如く巡洋艦“くろまぐろ”の群れをこっそりと追いかけていく。
マグロ達はこの無駄に広い海の中でゆっくりと身体を冷やしている所、その上で水中における光速を超えて移動しているらしくチェレンコフ放射による青白い光を放っている。

シュヴェシィナ達はあらかじめマグロの群れの針路を予測し、最大でも水中における亜光速に速度を抑えてこっそりと接近していく。

ニュルン「青く光らなくなってしばらく経ってから接近するのよ……」
ブロペニュ「熱々だと焼き魚になっちゃうの?」
ニュルン「そうよ。マグロを巡航中に獲っても不味い生焼け魚肉が手に入るだけなの」
ブロペニュ「だからこうしてこっそりと接近して……さくっと」

銛を持って刺し仕留めるタイミングは光をもたなくなってから。
シュヴェシィナ達はじっくりと待っておいしいマグロを獲るのだ。

2016年
05月19日
07:14

573: 忘却の亡霊

~ブリスガンド 岩石地帯 廃鉱~

ベリルスキット「…こっちも当然、マナストーンの反応無しか」

人が居なくなった廃鉱で作業用の装備を積んだベリルスキットが調べものをしていた
両手の削岩用ドリルに背中のライト、そして鉱石用のソナーをサブアームで持ちマナストーンを探してみたのである
…結果は当然の如く空振りであったが

ベリルスキット「これがブリスガンドの現状だとすると非常によろしくないな…プリッツアに攻め込むのも苦し紛れか」

そう一人呟き、一つだけ見つかったマナストーンを手に取る
手に乗るくらいの小さな原石であるが、結晶化しているだけあってそれなりの魔力を感じる
…しかし、品質に左右されなければ同じようなマナストーンは人為的に作り出せるはずである
ダイヤモンドでも、工業用の人工ダイヤモンドがあるのだから理屈としては出来なくないだろう
問題はどうやってマナストーンを作るかである

ベリルスキット「…空気中のマナを集め、結晶化が一番自然か?」

とりあえず仮説を立て、姿をハードボンバーに変えて彼は歩き出す
急がなければブリスガンドの経済やエネルギー問題が取り返しのつかないレベルになってしまう
そう考えた彼は、その歩みを早めた

2016年
05月19日
09:42

574: MI4989 削除

~潜水士資格にまた落ちたorz星系、“岩石惑星が大ッ嫌いな”燃える木星型惑星の公転軌道周辺 水深5000光年弱~

マグロ達が光らなくなって1時間経過し、航行速度が緩んだ頃合い。

<フェヌン:かかりなさいっ!>

リーダー格たるフェヌンが核爆弾起爆時のような極大EMPを号令の如く発し、銛を構えたシュヴェシィナ達は一斉に発動機を点火して急接近を開始する。
EMPを察知したクロマグロ達は続くようにEMPを発して迎撃態勢に入った。
5000tから10300t級巡洋艦たるなまもの兵器群であるクロマグロ達は輪形陣をとって対空重力砲・速射砲・機関砲・対空ミサイル・攻性粒子防壁による対空射撃を開始。

ニュルン「やっぱり大型魚類のおいしさと火力は一味違うわ……!」
ブロペニュ「ニュルンちゃん、あぶない人に見えるよ」
カスターダ「元からあぶない人だからいいのよ」
ニュルン「何よっ、あぶない人って! 私だって乙女にはなれるのよっ!」

彼らのような大型の魚系なまもの兵器群を狩る事はシュヴェシィナ達にとってもあまり楽な狩ではない。
対空重力砲によって敷設されまくる不規則重力球と対空ミサイルによって回避機動を強いられ、回避する方向へ127mm速射砲や30mm機関砲から放たれた徹甲榴弾や対空水雷弾や対空榴弾が大量にかなりの密度で降り注いでいく。
それらは超古代から続く食うか食われるかの果てしない生存競争の中で進化してきた火力による防御。

ブロペニュ「あいつらめっちゃ正確に狙って来るよ!? ひゃっ!」
<対空榴弾至近起爆、全機中破! 退避します!>
<頭部大破っ! 索敵・制御が困難! 退避!>
ニュルン「ブロペニュ、大きく回避すると奴らの思う壺よ、構わず前進しなさいっ!」
カスターダ「距離4000m、2000m、1000m! 突入成功!」

そしてシュヴェシィナ達は手持ちの小火器で対空ミサイルを迎撃しながらマグロの群れへ突入。
何機かのシュヴェシィナは後退していくものの多くのシュヴェシィナはマグロの群れへ突入成功。
そして交戦距離が音響索敵によって解る範囲になって初めておよそ30隻からなる艦隊を組んでいたクロマグロだということが分かった。
クロマグロ達は光学迷彩と量子煙幕を使って数をごまかしていたようだ。

フェヌン「目標、30000t級2隻! 大物用の長銛を用意!」
ニュルン「ブロペニュ、この銛を構えて可能な限り加速して刺し込んで頂戴」
ブロペニュ「うん」

ブロペニュに渡されたのは全長にして6mもあろう大きく重い銛。重心が先端にあるため体感重量は5t以上もあるような重さだ。
ブロペニュはそれを握って群れの中では最も大きいクロマグロに狙いを定めて一気に肉迫していく。
そして全方位から殺人的な弾幕が張られて榴弾破片や爆轟波、徹甲榴弾がブロペニュに殺到していく。

ブロペニュ(やっぱり狩られまいと頑張っている……でもこっちだって一緒よ!)

狙いを付けたクロマグロにいったん肉迫し、くるくると回転しながら宙返りをして30mほど距離を離してから銛を長く握って一気に加速。
狙いを付けられたクロマグロは体表に熱プラズマを発生させて爆轟波を生成、なんとしてでも肉迫を阻止しようとしたがブロペニュも爆轟波に押されまいと発動機とスラスターを爆発させる勢いで突貫を試みる。

投影面積が少なかったブロペニュは爆轟波をもろに受けようと押されること無く銛を突きいれる事に成功、長く握った銛が自分の手にクロマグロの体表が付くほど深く刺さった。もうそのときにはブロペニュの外殻はボロボロでこれ以上の戦闘行動はかなり危険な状態となった。
刺したクロマグロの動力源を銛が突き破ったらしく急速に速力が落ち始めた。
それに続いて他のシュヴェシィナ達も次々と銛を突きいれてとどめを刺す。
もうその頃にはクロマグロの群れは狩場である恒星系を離脱し始めており狩は終わっていた。

ニュルン「フェヌン、今日の獲物はどれくらいかしら」
フェヌン「今日は30000tと10300tが1隻ずつ、5000t前後が3隻。充分ね」
ブロペニュ「(´;ω;`)めっちゃ痛かった」ボロ……
カスターダ「あのアサルトアーマーを直撃してながらそれで済むならまだ大丈夫じゃない?」
フェヌン「あとは損傷機を回収して帰りましょう」

こうしてシュヴェシィナ達のマグロ漁は終わりを告げて帰還するのであった。

2016年
05月20日
22:26

575: MI4989 削除

~Vb867aから見て3光年先らへんの宙域~

700t級貨物船をそこそこ改造した謎の武装漁船が潜水コルベット“にせほたるいか”3隻と交戦中だったようだ。しかし大量のデコイを撒いているため見た目では30隻以上の艦隊との交戦に見える。
武装漁船を運用するなんかちっこい乗組員達は僅か3隻しか居ない“にせほたるいか”をかなり正確に判別して集中攻撃を加えている。
今は3隻のうち1隻を仕留めて回収しているところだ。

飛来する炸裂プラズマ弾の弾幕を彼らは手持ちの電子ビーム拳銃で迎撃し、ある者は飛行するオートバイ的な謎の物体に搭乗してクロスボウのような対物狙撃銃を背負って発艦する。
その傍らで甲板上に据え付けられた3ポンド速射砲をせっせと動かして偏差射撃を始める。

2隻の“にせほたるいか”の攻撃も小さい奴らの攻撃も光を引いているがどちらもレーザー火器な訳ではない。
おそらくρ次元群では一般的である高弾速な銃砲による攻撃なだけである。

量子通信機を持つ者だったらρ次元群以外にはどこにも存在しない上にそこの住人でも解る人が限られている言語で喋る謎の通信が微かに聞こえるかもしれない。……解読できた所で意味は無いが。

そうこうしているうちにもう1隻仕留めて回収し始めて残り1隻。
ちっこい奴らは狩をしているのか、それとも出てきてしまったなまもの兵器群を追って撃破・回収しているのか、どちらが目的なのか定かではないが殲滅までそうそう時間はかからなそうである。

2016年
05月20日
23:55

576: エアロ

長すぎ注意な

>>573 ホイ コナミ

~惑星ブリスガンド ブリスガンド皇国帝都~

太陽のアークが廃坑を探索していることも知らず、
ブリスガンドの臣民達は今日も復興のため働いている。
彼等の努力により、帝都はその輝きを取り戻しつつある。


先ごろのカオスハートによる帝都襲撃(>>513)から半年。
瓦礫や兵器の残骸は片付けられ、レストアできる兵器は徹底的に再利用され戦列に復帰している。
ドミニクから戦車や戦闘機を買っていたことが幸いし、
設計図をもらっていたのでレストアもスムーズに行ったのだ。


しかしハードたる兵器はすぐに直せても、ソフトたる乗員、兵士、銃士の補充は簡単にはいかない。
陸軍は3個方面軍あった内、帝都防衛隊4個師団が壊滅。
空軍は2個飛行中隊、海軍は1個艦隊が壊滅。
オートプログラムに対応できない部分のカバーのためにも人員の補充は不可欠である。
しかし、復興の意志に燃える臣民達からの志願者が多く、
半年の時間で軍その物の補充は完了しつつあった。


皇室護衛銃士隊・赤シャツ隊は王宮に詰めていた6個中隊が壊滅。
生き残った中隊人員を中心に各中隊司令部を再編し、再訓練に勤しんでいるが、
人材育成というのはゲームのように簡単にはいかない。
ことに赤シャツ隊は皇族の護衛という任務からマナー百般など軍事以外の教育事項も多く、
半年を過ぎた今でも、練度は往時に遠く及んでいないのが現状だ。


一方ラスカー将軍直属親衛銃士隊・黒シャツ隊はコズミックロイド中心のため、再編は容易だった。
ロボタイプの場合HDが無事ならば人格を引き継げるし、訓練促成プログラムも組める。
帝都襲撃であえなく戦死したアントニヌス総銃士長からその任務を受け継いだアレニウス新銃士長は、
リリーパ襲撃にも参戦し、黒シャツ隊の練度を魅せつけた。
今日も彼は練兵場で黒シャツ隊人員の訓練に明け暮れる。


さて話は変わるが、元々ブリスガンドがプリッツァに攻め込もうとしていたのはエネルギー問題が発端である。
エレオノール皇女が求めていたのはエリザロッテ姫の持つプリンセスシヴァリー。
この宝剣がユグドライドの起動キーだったからだ。

だが、リリーパ襲撃で明らかになったように、ユグドライドはエネルギー源ではなかった。
神代の昔、絶望のアークを封じ込めるために作られた、封印のゆりかご・・・
エネルギーを作り出すのではなく、吸い込むためのものだったのだ・・・

エレオノールはリリーパでの戦いが終わった後このことを臣民の前に明かし、
マナストーンにも頼りきらない、新しいエネルギーを求める方針を示した。
臣民はこれに賛同し、ブリスガンドは新たなエネルギーへの転換を打ち出したのである。


しかし、ソルブレイズが見たように、マナストーンは枯渇に近づいていることは明らかであり、
作り出せる手段を見つけなければ、国として危機に陥るのは自明の理であった。

~ブリスガンド王宮・応接間~

そういうわけで、エレオノールは企業の担当者を招き、この国にふさわしいエネルギーは何かを模索していた。

ユニオン担当者「我々が提唱する風力発電プラントは如何でしょうか」
エレオノール「風力が安定して得られる地点は限られるわね・・・」

トーラス担当者「我々としましては、ロカマロ鉱山の採掘権が保証されるならば協力は惜しみません
コジマ技術についても全面的に提供できる用意がございます」
エレオノール「採掘権については保証しよう。だがコジマ技術は危険も大きい、検討はさせてもらうが・・・」
トーラス担当者「わかりました。我々としても結論は急ぎません。どうぞゆっくり考えてください」

大きなこの惑星の鉱物資源に並々ならぬ興味を抱くトーラスとしては、
採掘と同じペースで進められる上に同社がリードカンパニーであるコジマ反応炉を勧めるのは当然のことだ。
だが、メリエス星のジウラジマ発電所の汚染事故、B2大深度採掘施設の爆発事故など、
コジマ技術関連は未だに爆発と汚染がついて回る危険な技術なのだ。
ρ系次元やVb867星団のような別次元ならば容易に制御できうるのだが・・・

セシール・キャンデロロoO(ブレイゾンにいるエイプールさんに連絡しようかしら。
彼女、魔力結晶化についての論文を提出していた気がするわ・・・・)


一方こんな深刻な話をしている横では・・・

コレッティ(あ^~おなかすいたよ^~ 速くペスカトーレいきたい^~)
ネーベル(あ~あ、面倒くさい・・・エレオノール様のためとはいえ、仕事ばっかりでつかれた・・・)
テレーゼ(早く映画が見たいよ^~ ちはやふるにキャット・ロスト・アット・ワールドにシビルウォーにデッドプール・・・あ^~)

三銃士はエレオノールのそばに立っていながらこんなことを考えていたのであった・・・

2016年
05月22日
00:50

577: レヴィドラン

~???~

レヴィ「ん~・・・んんっ・・・?」

ふとレヴィは妙な違和感に目を開くと、そこは巨大な本棚と歴史がかかれてそうな本が大量にあったのだ。しかもかなり上の方には何か妖精やら人やらロボやらetcetc・・・とりあえず色々不思議な場所に来ていたのだ。

レヴィ「たしか僕は病院でゆっくり眠って・・・それで気が付いたらここにいると、よし、また精神世界だね」

お前は何をどうしたらそう理解するんだ、っとツッコミは兎も角レヴィは何となく近くにあった古い本を取り出しそれを読もうとするのだが・・・

レヴィ「な、なにこれ全然読めない(;」

これでもかと言うぐらいに古すぎて全然読めなかったのだ、それ以前に古すぎる文字なのも当然だ。うーん・・・っと唸っていると―――

くずめ「うむ・・・たしかにとても古い文字だ、この世界で言う太古、神話時代と予測してもいいかな」
レヴィ「道理で全然読めないのが頷ける・・・ってくろめさん何で此処に(;」
くずめ「私だってこれでも一応女神だこれはちょっと特殊だが可能だからな」

いつのまにかくろめがいたのだ、何をどうすれば此処へ来たのだろうか・・・もっとも考えすぎても仕方ないので、とりあえず再度神話時代の古文の本を確認する。

くろめ「どうだ?分かるかい?」
レヴィ「んー・・・大半は不明ですけど・・・単語ならギリギリ・・・アーク・・・戦争・・・多分これは今よりとっても大昔にあったアークの対戦があった・・・と判断ですね」

―ほほぅ、アークに親しい存在になっただけありますね―

レヴィ「うん?」

ふと声が聞こえ二人は振り返ると、其処にはマントを羽織ったのがいた、恐らくこの精神世界へ導いた張本人なのだろう。

レヴィ「えっと・・・もしかして貴方が僕を此処に?」
ティーンチ「その通りだ、そして私は変化のアーク、ティーンチです以後お見知りおきを・・・しかし貴方まで自らの意志で来るとはこれもレヴィドランの変化の影響力が大きいな」
くろめ「ふっ・・・たしかにその通りだな私は彼の優しさで変わったからな」
レヴィ「たしかにそうかもしれないけど、くろめ抱きつぎすぎ(;」
くろめ「いいじゃないか夢の中なんだ、それにこういうのはネプテューヌ達に譲るべきだからね、私はその後でいいさ」
レヴィ「くろめ・・・もしかして君も・・・」
くろめ「ふっ・・・察しがいいな、けど今はここへ招いた理由を聞いてなかったわね」

ティーンチ「おっとそうだったな・・・単刀直入に言おう君はどうしたい?」
レヴィ「どうしたい・・・とは?」
ティーンチ「む、少し分かりずらいか、君はアークに親しい状態だ、つまりその気になれば神に進化する事も不可能ではない・・・君ならどうする?」
レヴィ「・・・僕は僕です、神様になるつもりはありませんよ」
ティーンチ「ほぅ、何故かな?」

ティーンチはレヴィがアークへなる気などまったく無いらしく、迷う事無くそう答えたのだ。

レヴィ「僕は僕が進んだ道を進んでるだけです、人間の可能性を背負い自分が進むべき道を進むだけです、僕は僕だ、それ以上も以下もないそれだけですそれに、大切な人たちが待っていますからね」
くろめ「レヴィの言う通りだ彼にはネプテューヌ達にその先代までいる、彼の絆は決して砕け散らないだろう」
ティーンチ「・・・そうかならば行くがいい己が信じる変化の道を・・・今の貴方は"可能性を背負う戦士"・・・私はその先を見届けよう・・・」

ふと周りが少しずつ白い光が包まれていく。

ティーンチ「君をここへ招いて正解だった。レヴィドラン、もしかしたら君は私以上に変化をしているのかもしれんな・・・考えが少し変わった気がする・・・ではまた会いまみえるその時まで・・・」

ティーンチの気配が消え光で包まれていく・・・

レヴィ「そろそろ、お目覚めかな」

そう判断しレヴィはそっと瞳を閉じる前にくろめが正面からレヴィに抱き着いて来てこう言ったのだ・・・

くろめ「すまないがまだ私がやろうと思った事をしていない、だから不思議な夢の次は甘い・・・とても濃厚で甘い夢へ私が導こう・・・もっと貴方を知りたいから・・・」
レヴィ「えっ・・・?」

どういう事なのか聞く前に光が蒼く変わっていくのであった・・・

―特殊ルート、蒼き光に導かれし魂が発生し始めました―
※言ってしまえばフレ限定の小説制作開始ナンジャー

2016年
05月25日
22:47

578: MI4989 削除

~ブリスガンド、岩石砂漠のどこか~

既にバフォグリーズの災厄から長い年月が経っている岩石地帯もとい岩石砂漠。
ここもかつてはプリッツアの国土のような緑豊かな土地だったがバフォグリーズの災厄からはこのような岩石砂漠へと変貌していた。
隆起した崖の上にある端っこに薄く残っている焼けてマナを吸い尽くされた土地だった地層がそのような出来事を物語っている……、

惑星「そりゃね、何億何十億年と惑星やってりゃ表面のどこかがやばい程度の災害はよく起きるんですよ」

しかし惑星の歴史から見れば所詮その程度であり薄い地層としてしか残らない出来事だ。
それは人類を含むあらゆる生命にとっても同じだ。
もう既にあらゆる動植物がかつての緑豊かな土地を目指さんとそれこそ死に物狂いで偶然の適応を繰り返すことによって進化して岩石砂漠と呼ぶにはやや躊躇するくらいには環境が遷移しつつあった。

動植物たちはマナを必要としないように進化していたのか、
もう既に大気中に漂うマナを固定化する能力を持った生物が居て元の環境へ戻るのは時間の問題だったのか……どちらなのかは定かではない。


タシュ「前置き長いよ」はむはむ

と、そんなブリスガンドの岩石地帯を観光目的でうろうろして干し肉を食べるタシュであった。

「ウサギさん、こんなとこにやってきて何してるの」
タシュ「お散歩だよ」
「ずいぶんと物好きね」
タシュ「そういう君も随分と物好きだと思うんだけど」

そんなタシュに話しかけてきたのはブリスガンド人の女性。ブリスガンドではよく見る服装の女性なので仮に“コルセット”とでも呼ぼう。
――と、思ったがタシュの目に付いた服装と持ち物がなんとなく銃兵っぽいので素直に“銃兵”と呼ぼうか。

銃兵「私はただの歩哨よ」
タシュ「お仕事ご苦労さま――ってあんなに廃鉱があちこちにあると犯罪の温床になりそうなんだけど大丈夫なの?」
銃兵「大丈夫よ、モンスターロボの巣窟になってるから」
タシュ「ダメじゃん」

2016年
05月27日
23:59

579: MI4989 削除

~ブリスガンド、王宮のどこか~

王宮で外国の技術者を招いていた頃、その他の政治家もエネルギー問題について対策を練っていた。

大臣A「――で、軍が優先的に使っている魔境のレシプロ機関やタービン機関は使えないのか」
大臣B「あれらは技術屋が言うにはブラックボックス。私が知る限りでは自国で今すぐに実用化できるとは言い難い」
大臣C「そもそもエネルギー供給源の転換には多大なる経費と労力は勿論のこと、とにかく時間も要る。それはエネルギー源がなんであろうと同じ、それまでにマナストーンが枯渇しないでいてくれるかが不透明だ」

……が対策を練るどころかどうにもエネルギー転換が完了しようとするまでにはエネルギー不足になりそうで今からではもう遅過ぎたのではないのかという懸念が出始めていた。

大臣D「人造マナストーンの話はどうなっている」
大臣A「まずマナがどのようにして自然界で生成されて結晶化しているのかが全く解ってないそうだ。一つ言えるのは自然界も必要としている背景があるらしいくらいか」
大臣B「ユグドライドによってマナが減ってプリッツアの環境に異変が生じたというのは記憶に新しいな」
大臣C「せめてどのようにしてマナが集まっているのかさえ分かればなぁ……」

そして結局マナストーン頼りでしたとさ。


そのころ、王立研究所では……

ブリスガンド将校「 な ん で 例のウサギを見た時に捕まえなかったのっ!」
銃兵「えーっ、だってちゃんと目を見てお話しするし、そんな子をペット扱いなんてしたら……」
ブリスガンド将校「だーかーらー……」

研究所の前で下らないことで揉めてるのをよそに今日も研究所では研究を……

研究者A「おいしいパスタの茹で方は……」
研究者B「ワインを揺らさずに運べるバッグの構造は……」
研究者C「過去にマナストーンの人造に成功した記録は無いのかな……」

まじめにしてません。

2016年
06月06日
08:22

580: MI4989 削除

~惑星ダスド、リメイラタウン郊外のどこか~

ブロペニュ「マグロ漁から帰ってきたけど暇……」

ニュルンとカスターダはお出かけ中、ここには気軽にお話ができるシュヴェシィナは今居ない。
工房に行こうにもSTRTSは何やら忙しそうだ。
格納庫に戻ってもやることはあまりない。

ブロペニュ「ヴェルグに会いに行こうかな」

そんな訳でどこにいるかもわからないヴェルグ宛にそういう内容のメッセージを書き、秘匿回線(アーク御用達な通信回線)で送信した。

ブロペニュ「送ってから思ったけど今の姿じゃ絶対追う人がでるよね……どうしよ」

2016年
06月09日
22:39

581: 忘却の亡霊

~ブリスガンド 帝都~
メガネを掛けた技術者「…なにもこんな時にメール寄越さんでもいいだろうアイツ…」

黒髪で白衣を着た技術者がため息をついてメールを返信
1週間程時間を掛けてコズミックアークの身分を偽造し、ようやく潜り込めた所なのだ。問題があっても困る
そうやって、黒髪の技術者ことソルブレイズは「我今潜入中、しばらく待て」とメールを送る

研究者「どうした?こんな所で油売って」
黒髪技術者「ああ…ちょっとメールが来てな、もう戻るよ」
研究者「…今回の研究…上手く行くと思うか?」
黒髪技術者「マナストーンの人工精製か…難しい問題だが、それを何とかする為に俺達が居るんだろう?」
研究者「…そうだな、何とかしないと」
黒髪技術者「マナストーンの欠片でもあればソイツを核して魔力をつぎ込むって手もあるが…」
研究者「そもそもの核がなぁ…」

2016年
06月13日
09:24

582: MI4989 削除

研究者C「うーん、マナストーン人工精製の論文はいっぱいあったけどなんだか信頼性に疑問が……」
研究者D「そこの本棚にある奴はやってみたけど“再現性無し”か“デタラメ”だった論文よ」
研究者C「マジか……orz」
INFO:よくある事です

研究者B「魔境のバッグは入れたものを揺らさずに運べるけどどんな構造なんだろ……」ごそごそ
シュッ
がちゃっ
研究者B「あ、ありのまま(ry」ポルナレフ状態
タシュ「ミ´・ω・`ミ」
銃兵「(´・ω・`)そろそろバッグを返してあげてよ」


~惑星ダスド、熱圏~

ブロペニュ「zzz....」

あまりにも暇なのか星空を眺めながら衛星軌道に乗って昼寝しているブロペニュ。
ブロペニュにとってはいつものお昼場所(軌道)である。

ブロペニュ「……返事かな」

お昼寝中にメールが届いたので閲覧してみる。ヴェルグに送ったメールの返信のようだ。

ブロペニュ「(´・ω・`)」

内容を読んでやっぱりと思って「了解」と返信してお昼寝を再開したブロペニュでした。

2016年
06月16日
17:30

583: 忘却の亡霊

~ブリスガンド 帝都~
研究員1「サンプル1、失敗」
研究員2「サンプル2、失敗」
研究員3「サンプル3、失敗」
研究員達「「「全部失敗ッスねwwwww」」」
黒髪技術者「チクショーメェー!!」

ブリスガンドの帝都に技術者の叫びがこだまする
なんだか愉快そうに言っているが、研究がまた失敗したのだ、笑いたくもなる

黒髪技術者「おのれ…魔力をただ圧縮させても駄目か…!」
研究員「高濃度の魔力を集めても、定着させる事が出来ないとはなぁ…」
黒髪技術者「マナストーンは魔力の塊…そこは分かってるんだが…何だ…何が足りない…!」

2016年
06月17日
21:40

584: MI4989 削除

研究員C「あっちは大変そうねぇ……」文献調査中
研究員A「あれ、ウサギさんのバッグを勝手に調べてたあいつはどうしたの」
研究員D「今度は岩石地帯に飛んじゃったみたいね」
タシュ「ミ´・ω・`ミ もう帰って良い?」
研究員D「適当な言い訳付けとくから帰りなさい」
タシュ「やったー!」バッグを持って去っていく

研究員D「で、文献調査の成果はどうなっているの」
研究員C「少なくともこの恒星系ではいろんな物質にマナが含まれているらしくて本当ならどこにでもマナストーンが析出する可能性があるらしいの。そういう訳なのかどうだか知らないし、最近の報告だけどこの恒星系に侵入してきた魔境の生物群はプリッツアの魔術師のように皆してマナ弾のようなものを撃ってくるんだとか」
研究員D「襲われるとマナが腐るほど手に入りそうだけど国が滅びそうね……」

研究員C「はぁ、謎の金属たんぱく質を使って窒素から硝酸とかアンモニアとかを作る根粒菌みたいにマナを固定化してくれる生き物が居ればちょっとは固定化プロセスが判明するのに……」
研究員A「どうせなら空気からパンと火薬を工業的に作るハーバー・ボッシュ法みたいに大量生産する方法も研究したほうが良いと思うんだけど」


エレオノール「で、マナストーン人工精錬の研究の進捗状況はどうなっているのかしら」
所長「さっぱりじゃな。少なくともやみくもに魔力を圧縮すりゃどーにかなるものではない事は判明した」
エレオノール「(´・ω・`)……」
所長「そんな顔されても出るものは無いぞ」

2016年
06月24日
21:44

585: MI4989 削除

~どこかしらの宙域ってか銀河系のどこか~

お昼寝中に出撃要請が通達され、たまたま軌道上に居たブロペニュがダルそうに現場へ向かうことになり、適当になまもの微生物群の殲滅を済ませた。
デブリとなったタキオン機銃やタキオン機関砲そしてプラズマ砲や光子爆弾が結構な速度で見覚えのある銀河系へすっ飛んでいくのが見えたが。

ブロペニュ「げっ、文明があるっぽい所へデブリがっ!? 回収しなきゃっ!」

大急ぎで加速しデブリ回収に向かうブロペニュ。重力アンカーを起動し、上手い事ひっかけていくらか回収するが一門のプラズマ砲を回収しきれず、これでもかとすっ飛んでいく。

ブロペニュ「このっ、このっ……あっ!」

そしてとうとう銀河系内の恒星の重力圏に入ったらしく、すいっと軌道を変えるデブリ(プラズマ砲)。さらにその先でブラックホールや中性子星等の重力圏を通り過ぎながらがっくんがっくんと軌道を変えていく。


~プリッツアやブリスガンドがある恒星系のどこか~

幾多の恒星系を一瞬で通り過ぎてとうとう亜光速域に減速した所でこの恒星系にある惑星の重力圏に乗ってしまった。
よりにもよってヴェルグもといソルブレイズが潜入中のここである。

惑星「なんかめっちゃ速いのが来たんだけど」
衛星「気にしたらジェットストリームアルマゲドン」

ブロペニュ「もうすこし、もうすこしっ!」

速度を微調整し、惑星や小惑星の重力圏に揺らされながらデブリ(プラズマ砲)を追うブロペニュ。

小惑星1,2,3「行くぞっ! ジェットストリームアタックだ!」
デブリ(プラズマ砲)「おいすー」
BOM!
BOM!
BOM!
小惑星1,2,3「踏み台にされたああああああっ!?」粉砕☆爆砕☆大喝采
ブロペニュ「え、ちょっ」

おもいっきり小惑星に衝突して急減速しやがったデブリはとうとうなんか見覚えのある惑星の重力圏に乗っかり、ブロペニュは通り過ぎてしまう。
そしてデブリは……その惑星の衛星になりましたとさ、ちゃんちゃん♪

2016年
06月29日
23:00

586: エアロ

>>584

帝都にある中央研究所に視察に来たエレオノールと三銃士。
しかし、研究の進捗はあまり芳しくはなさそうだ。
黒髪にメガネの技術者がまたの実験失敗の報告に悶絶している様子が見えることからもわかる。

エレオノールと三銃士はその様子を研究室上の応接間から見ている

エレオノール「そう簡単にはいかないとはわかっているが・・・難しいものだ」ズズーッ
ネーベル「(パラパラッと論文参照)・・・このハルカ・マイヤー・オギって研究者の論文、机上の空論ね。
こんな術式が使えるなら理論上どんな物質もできるわ、でもできない」ポイッ
テレーゼ「・・・ネーベルちゃん、その研究者は当時の所長エイキ・サザイと結託して、
出来もしない万能細胞をあたかも簡単にできるように宣伝して研究補助金だまし取ろうとした詐欺師まがいよ?
もう辞めちゃったけどね。ちなみにサザイ教授は直後に自殺。疑惑は闇の中よ・・・」
面倒くさがりお得意の速読術で論文を読み解くネーベルとスマホで検索しながら見ているテレーゼ。
一方コレッティはというと・・・


コレッティ「うーん? つまり、マナはそのままではガスみたいだから固まらないんだよね?
それなら、ラザニアみたいに何かに挟んで固定するとか、カキやムール貝みたいに芯に固定すればいいんじゃないかな?」

さすが天然娘、たとえがアレだが的確に核心をついた。

所長「おぉ!それはいいアイディアだ!早速下の連中に知らせてきましょう」タッタカタッタカ
マナストーン人工生成の研究が、やっと初期段階を突破する号砲が響いた瞬間であった・・・

 

~帝都・練兵場~

練兵場ではラスカーが演習を眺めている。
模擬戦はどうやら赤シャツ隊有利に進んでいるようだ。
ここ最近で赤シャツ隊も訓練の練度を上げており、黒シャツ隊にも引けをとらない。

ラスカー「エレオノール様は今日も研究所か・・・」(オペラグラスで見てる
アレニウス「マナストーンの人工生成は先帝陛下の時からの研究命題ですな。
すでに主要鉱山の中にも鉱脈の枯渇が相次いでおります・・・」
ラスカー「お祖父様も具合がすぐれない。家のことも国のことも見なければならないのは楽ではないな。
チェスをする暇もない・・・」
アレニウス「閣下はよく努めていらっしゃいます。
ですがあまりご無理をされて気を詰められてはお体に障ります、適度なお休みも必要かと」
ラスカー「心配してくれてありがとう、銃士長。
だが、エレオノール様は陣頭で指揮を取られている以上、軍を預かる私がのんべんだらりとしているわけにもいかないだろう?」
アレニウス「そうでした。いらぬ言葉でした、ご容赦を」

やがて演習試合は赤シャツ隊の勝利で終わったのだった。

2016年
07月03日
21:58

587: MI4989 削除

~プリッツアやブリスガンドがある惑星、熱圏~

ブロペニュ「(´・ω・`)やっとデブリを回収できた……けどお腹空いた」

戦闘の後始末に随分と時間をかけてしまい、お腹が空いてきた。
と言うことで惑星に降りるのであった。


~プリッツア、森林地帯 高度4000mくらい~

ブロペニュ「わー、懐かしい……」

大気圏に突入、減速しながら滑空していく。ブロペニュの真下に広がるのは彼女にとってはヴェルグと初めて仕事を共にした森である。
が、今回は狩をしなくても良いようにちゃんとこの世界でのお金を持っているので森の近くにある街まで飛んでいく。

スズメ「ちゅんちゅん」
ブロペニュ「(´・ω・`)ほんとはヴェルグの所に行きたかったけどちょっと待ってって言われちゃったからなんだけどね」

お前は誰に話しているんだ。

スズメ「マジかー、大変だねぇ」

魔境出身のスズメと話してた。
うん、高い高度にスズメが飛んでる時点で気づくべきだったね。

2016年
07月03日
22:11

588: 忘却の亡霊

コレッティがヒントになる事を呟き、研究が進み始めようとしていた頃、とある技術者は…

黒髪の技術者「…高温と高圧…それでようやくマナに変化が見られたか…」

机に転がっている親指大のマナストーンを調べ、1人研究に打ち込んでいた
コレは誰も居ない所でこっそり調達したものであり、研究用にとっておいたのである
正直コレを核にしてマナを定着させても良かったのだが、マナが固形化する過程を調べておきたかったのだ
そのかいあってか、高濃度のマナを密閉容器に詰めマナに高温と高圧を加える事でゆっくりと固形化の兆しが見えてきたのである

黒髪の技術者「…とはいえ、まだまだ時間が掛かりそうだよなぁ…」

そう、状況に変化が見られはしたがそれはほんの少しの変化でありマナストーンになるまではまだまだ時間が必要であった
ため息ひとつつき、マナストーンをポケットに入れて立ち上がる技術者
研究を重ねれば結果が見えてくるだろうが、今は時間が惜しい
恐らく、このマナストーンを核に使わなければいけないだろう
しょうがないかと区切りを付け、皆の所に戻ってみるとなにやら騒がしい…

所長「お前達!ようやくマナストーンの作り方のヒントが分かったぞ!ヒントはムール貝だ!」

と、所長が研究員達に話しかけていたのだ
どうやら誰かが何かを核にマナを定着させる方法を思い付いたらしい
これぞ渡りに船、ポケットに入れているマナストーンを核に使うにはちょうどいい
そう思い、技術者は所長の白衣にこっそりとマナストーンを放り込んだ

2016年
07月04日
00:14

589: MI4989 削除

研究員A「ムール貝ってあれですよね、支柱にびっしりついてるアレ」
研究員C「マナストーンを固定化するのにその支柱的な何かが要るってことなのかな」
研究員D「いや、もしかするとムール貝の成長の様子がヒントなのかも……?」
所長「ということでマナストーンを固形化するのに最適な素材を探すぞ!」
研究員CAD(これって結構めんどうな検証の部分なんじゃ……)
所長「先ずはマナストーンを核にしてみようか」ごそごそ

そう言って所長は堂々と机に発煙手榴弾を置いた。

研究員C「それは煙幕です」
所長「はて……確かにマナストーンが入ってたような気がしたんじゃが」ごそごそ
研究員D「所長のポケットっていっつも四次元ポケット状態だよね……」
黒髪技術者(なんでポケットに煙幕が入ってるんだよ……)
所長「多分これかね」

今度こそちゃんとマナストーンを置いたのであった。

研究員A「うん、確かにマナストーンを核にすればマナストーンは増えるよね」
研究員C「高速増殖炉的な感じかな」
研究員D「ところで、マナストーンを核にした場合に必要な固定化条件って判明しているの?」
所長「判明していると言うと微妙だが地質屋の話ではマナ鉱床が出来上がる条件と過程は深度3000m以上の大深度で岩石中に含まれるマナがマナストーンへ結晶化し、その地層が何らかの形で隆起することで採掘可能なマナ鉱床として使える……と聞いたな」

なんか地質学的な話になって来ました。

研究員A「うん、マナストーンを核にするのはあまり現実的ではなさそうね」
所長「となると……実地調査か……」チラッ
黒髪技術者(あ、これって……)
所長「君、ちょっと北の海まで貝を採集してきてくれないかね?」

なんでだか所長は黒髪さんに貝の採集を頼んできた。
どうする?

1.拒否ッ、全力で(代案を出しながら)拒否ッ!
2.しぶしぶ採集に向かう

 

3.そんなことよりクラムチャウダーをたべたいよ

2016年
07月04日
17:13

590: 熱湯カルピス

-オラクルマザーシップ艦橋-

シエラ「…という訳でして、チーム規模で捜索に向かった部隊も未だ行方不明なんですよー。」
ジャヌス「その場に何か残っていなかったのか?」
シエラ「情報部がカスラ総長の元、その惑星の大規模な調査を行ったのですが、あったのは戦闘の痕跡と、『コジマ粒子』、『メタトロン』、『D因子』やその他多数の、少なくとも他の惑星には同時に存在しないはずの特殊な物ばかりでして、交戦したと思われるアークスの遺体や持ち物でさえ見つかりませんでした…」
ジャヌス「…そうか」
シエラ「別件ですが、総司令から『フォトンギア』の完成と、貴方にのみ使用許可が下りています。このタイミングでという事は…」
ジャヌス「あぁ、分かっているさ…」

ジャヌス「下手をすれば、俺だけじゃない、皆の命が危険に晒される…」