※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「評価値演算における誤差要因」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

評価値演算における誤差要因 - (2007/01/16 (火) 04:51:05) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

 これは質問ではなく、問題提起ですがご容赦ください。
 
 現状、リアルデータ⇔評価値の換算について誤解しやすい点が一点あり、
 それに関する混乱が予想されるので早めに問題提起させていただきます。
 誰が何処まで(芝村さんも含め)勘違いしているか把握できていない為、
 下記のような表現をさせていただきます。
 
 **課題の本質
 リアルデータで1と1.5の中間値は1.25
 しかし、1.25を評価値変換すると0.550(以下略)であり、
 リアルデータにおける評価0と評価1の中間値≠評価値における評価0と評価1の中間値
 であること。
 
 **仮定①芝村さんの提示している数式=INT(LOG(セル番号;1.5)+0.5)が正解とした場合の例
 ・具体的な境界
 芝村さんの提示している数式=INT(LOG(セル番号;1.5)+0.5)から導かれる評価0と評価1の境界
 評価値で0.5、リアルデータで1.225
 
 ・してはいけない間違い計算例
 リアルデータ1とリアルデータ1.5の中間が1.25
 だから、1.24は評価値0になる。
 (これを芝村さん配布のエクセルシートで計算するとリアルデータ1.24は評価値1となる)
 
 ・必要な記述
-「リアルデータを評価値に戻す際、評価値の中間値を境目に近い方を取ってください。リアルデータの中間
-
-値と、評価値の中間値は違うので、気をつけてください。使うのは評価値の中間値です。」
+「リアルデータを評価値に戻す際、評価値の中間値を境目に近い方を取ってください。リアルデータの中間値と、評価値の中間値は違うので、気をつけてください。使うのは評価値の中間値です。」
 
 
 
 
 **仮定②リアルデータの中間値が評価0と評価1の分かれ目であった場合。
 ・具体的な境界
 リアルデータの中間値が評価0と評価1の境界
 評価値で0.55、リアルデータで1.25
 
 ・してはいけない計算例
 底を1.5にしてリアルデータから評価値へ演算
 その後「四捨五入する」
 
 ・対処
 芝村さんの作成した計算式をこう変化させる
 =INT(LOG(セル番号;1.5)+0.5)
 ↓
 =INT(LOG(セル番号;1.5)+0.45)
 
 ・必要な記述
-「リアルデータを評価値に戻す際、リアルデータの中間値を境目に近い方を取ってください。リアルデータ
-
-の中間値と、評価値の中間値は違うので、気をつけてください。使うのはリアルデータの中間値です。」
+「リアルデータを評価値に戻す際、リアルデータの中間値を境目に近い方を取ってください。リアルデータの中間値と、評価値の中間値は違うので、気をつけてください。使うのはリアルデータの中間値です。」