書き起こし



1-5サカイ創建の従業員に暴行され怪我をしました (2013/02/12)

堺 「いい加減にしとけお前よぉ」
堺 「いい加減にしとけよ、おい」
堺 「おいっ、たてっ(?)オラァ おいっハンハンッ」
好一「ちょっと」
堺 「うおりゃあ」
好一「ちょちょちょ」
堺 「ええかげんにしとけやぁ」
好一「ちょちょちょ」
堺 「なんや?」
好一「壊れたって」
堺 「あっそう。ええかげんにしとけよゴラ なぁ」
好一「ちょちょちょ…痛い痛い痛い」
堺 「痛っ、おい」
好一「ちょちょちょ」
堺 「なんや?」
好一「壊したってお前」
堺 「ふーん…そうか、そうか、よかったねえ。正当防衛だわ。バーガ」
好一「壊れたって」
堺 「そうがや」
好一「あ…」



隣家の集団ストーカーにベランダから唾を吐いたら親子で乗り込んできました (2013/03/23)

宇宙父「おい!何やお前」
宇宙母「やめなさい。カズ!いい加減にしなさい」
六太 「おいなに撮っとんだてめぇおい」
日々人「うおらぁ」
六太 「なんだテメェおい。は?何撮影してんだてめぇおい」
日々人「オイ!オイゴルァ!おいてめゴラ!」
六太 「おなんだてめぇおいこの野郎!」
日々人「ゴルァ!おめぇおい!(解析不能)誰に言ってんじゃあほんだらぁ」
宇宙母「やめなよ」
日々人「どいとれお前」
宇宙母「ちょっとカズ(?)」
日々人「おい何じゃお前ボケゴラやってみろアホォ」
宇宙父「おい!」
日々人「おい、なにもできんのか?」
兄弟 「おい!」
日々人「おいオラ何だオメェ降りてこいやボコボコにしてやるわあほんだらぁ!」
六太 「おい!出てこれんのかはよかかってこいこの野郎」
日々人「はよこいっつってんだおい!」
宇宙父「やめろおまえら、やめとけ」
日々人「おいジジイてめぇ降りてこいや!」
六太 「てめえ頭悪いんかてめぇおい」
日々人「バカが!」
宇宙父「おいええで、やめとけておまえら」
日々人「馬鹿野郎てめぇおい!」
宇宙父「おい、兄ちゃん」
宇宙母「やめなさい~」
日々人「ドゥワオッだっ、駄目だお前ぇ!お前は降りとけ!」
宇宙母「い~いから、やめなさい~」
日々人「なんじゃこいつ!?」
宇宙母「も~いい~」
日々人「だから!お母さんは降りとけっつっとんの!」
宇宙母「い~いから」
日々人「だから邪魔だってもう!」
宇宙父「おい家で俺が話しするけ~」
日々人「話できんてこいつ急に唾はいて来たんよ?」
宇宙父「お前なんで人に唾吐いとんだおい」
日々人「おい」
六太 「おいゴルァ!降りろ!」
日々人「てめぇ降りろっつってんだ!」
六太 「殺すぞおら殺すぞてめぇ」
日々人「殺すぞてめゴラ!」
六太 「なに撮っとんだてめぇ」
日々人「おい」
宇宙母「手出すんじゃないよ」
日々人「いいよ手ぇださんわ」
六太 「手ぇ出してない!」
日々人「こんなクソに手ぇ出すかて」
六太 「大丈夫、大丈夫」
日々人「もし手出したらほんとにぶっ刺したるわてめぇ」
宇宙母「やめなさい~」
日々人「おい!じいちゃんどうなっとんの?」
宇宙父「おい!にいちゃん降りてこいやちょっとこい」
六太 「降ろせってぇ!」
日々人「おい、じいちゃんが降りろっつってんだよ!」
宇宙母「やめなさいって~」
日々人「おい、じいちゃんどうなっとんこいつ!何撮っとるん!?なに!?」
六太 「何撮っとんだ」
宇宙母「ちょっとやめなさい~」
日々人「ぶっ殺すぞこいつ」
六太 「ねえ喋ってくれる?はよ喋ってくれ?喋れ?」
日々人「喋ろや!」
六太 「テメー日本人じゃねえのか?おい?」
宇宙父「おい!じーちゃんどないなっとんじゃおい!」
六太 「おいテメー日本人じゃねーのかって!」
日々人「おい殺すぞテメェゴラ!」
六太 「おーい!!」
日々人「うんじゃねえんだよおい!」
六太 「おいなんだおいとっとじゃてめおい」
日々人「お母さん降りてっつってんの!だっからー」
六太 「なんだてめぇその顔はイライラするなぁ」
日々人「殺すぞてめぇゴラ!」
宇宙父「おい、顔ならとってええではよ」
六太 「撮れや降りてこいや!」
宇宙父 「おぉいえぇでパパが話するで,兄ちゃんとりあえず降りてこいや!」
岩間父? 「それはえらい困ったね」
六太 「お母さんだけじゃないでしょ?(聞き取り不能)→だから…これ初めてだったらまあいいよ。これもう二回目だからね!?おじいちゃんコイツマジでしつこいよねぇ??」
京子?「まあカメラあんまりかけられたくはないわな」
六太? 「何見とんの(先払い(?)なんの話をしてんの?」
宇宙父「おい兄ちゃん降りて来いって」
六太 「はよ降りてきてくれん?てめーなんだその顔は? はよ!」
日々人「降りてこい!」
六太 「降ろしてくれ」
日々人「手ぇ出さんわ はよ降りてこいや!」
六太 「おいてめぇビビっとんのかおい!」
日々人「おいてめぇびびとんのかオイ!」
六太 「警察呼ぼか?」
日々人「おいてめぇ乗り込むぞこの野郎行くぞ?」
宇宙父「おいお前らそこぉ手ぇ」
日々人「マジてめぇ何だその顔はイライラするなてめぇ?」
好一 「あ、あー」
六太 「おいさっさとやれ!」
好一 「どうする?」
宇宙父「おかしおかしてなにゆっとんじゃお前ぇ」
六太 「おい!」
宇宙父「分かった」
六太 「聞いとんかてめぇは!てめぇは聞いとんかて?」
六太 「耳わりーんかてめぇはクソジジイ!」
宇宙母「もいいからはよはいらんて」
日々人「おい人指差すんじゃねえぞゴラおい!」
日々人「おめーがわりいんじゃねえそっちが」


検事に高校生が首に腕を回して逮捕したと認めなければ厳しい処罰でのぞむといわれました1-2 (2013/10/19)

チリン チリン
好一、自転車のベルを鳴らされ、本間くんを執拗に追跡
好一「あんだとうるせーなボケ」

好一「なんだ今のは?なんだぁ?」
好一、本間くんの自転車を蹴り倒す

本間「もしもし」
本間「今、危害加えられた…(?)シャトー岩倉中アパート…シャトー岩倉…シャトー岩倉…岩倉…(?)カメラで撮ってる…はい」
本間「なんだお!」
本間「いやわかんないです…シャトー岩倉ってアパート……お゛!」
本間「今ここにいる、今ここにいる早くして!……ちょっ、わからんわからん…」
本間「あぁ……あ長瀬東…長瀬橋東…長瀬『ばし』、長瀬『はし』?…あーはい」
本間「…もしもし…………ちょっ、ここ住所」
女性「ここ?ミキの住所教えて」
ミキ「東町東1番」
本間「東町東1」
ミキ「やめて」
本間「…ください!早く」
本間「アパートの…ぅ…アパートの目の前!…さ、シャトー岩倉2の」
好一「助けてー集団ストーカーに襲われてまーす!集団ストーカーに襲われてまーす!」
本間「ああ、は、早く…早く」
好一「集団ストーカーに襲われてまーす!集団ストーカーこいつら仲間でーす!集団ストーカーに襲われてまーす!」
本間「ああ、はい、早くしてだから」
好一「集団ストーカーにやられてまーす!」
ミキ「今警察」
本間「あっ本間巧です」
好一「集団ストーカーに襲われてまーす!集団ストーカーに襲われてまーす!」
本間「腕で抑えてるから早く」
好一「集団ストーカーに襲われてまーす!」
本間「はい!」
好一「おい、ええのかこの、集団ストーカーに襲われてまーす!」
本間「ああはい」
好一「集団ストーカーに襲われてまーす!……ハァー…ハァー…ハァー…集団ストーカーに襲われてまーす!…ハァー集団ストーカーに襲われてまーす!」


午前6時50分に警察が公務執行妨害の家宅捜索令状と逮捕状を持って家に来ました (2015/06/23)

江南A「…てやめてこっち側に来て、ちょっと来て」
好一 「なにぃ?」
江南A「説明するで、ちょっとやめて(うん)やめてやめてっての!やめなさいっつっとんの!」
好一 「何いったい?」
江南A「やめなさいって言ってんのじゃあ…応じてくれんか?」
好一 「何いったい?」
江南A「いやだから説明するって言ったずら。ちょっとやめてください。」
江南B「応じない」
江南A「応じない?応じる?」
好一 「いや何?」
江南A「説明するで、ガサ状だ、ガサ。ちょっとこっち来て」
京子 「ガサァ!?」
江南B「うんガサ状出たから」
江南A「こっち来てって説明するで。ちょっと離して」
好一 「なんでガサな…て、はい、いー」
江南A「ほらほらほらはい、じゃあガサするよ、はい、ちょっ見て。見てぇ!」
好一 「何ガサっていったい」
江南A「ガサ、せつめ、やめなさいつっとんの。やめて、止めてくださいつっとんの!やめなさいつっとるがぁ。やめろ、やめなさいって言っとるの。やめなさい」
江南B「いい?聞けない?」
江南A「聞けない?」
好一「何ガサ」
江南A「捜査差し押さえきょう状…止めなさいつっとるの。止め止め止めなさいって言っとるの」
江南B「止めて」
江南A「止めて、止めれない?止めれんか?」
 ?  「止めない」


愛知ヨークの嫌がらせを撮ったら通報されて1時間くらい警察に映像を消せと言われました (2013/5/9)

ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ
牛乳「どうしました?」
好一「いや、こっちがな、どうしたのか聞いてんですよ、聞きたいですよ」
牛乳「え?い、いやなんで撮ってるんですか」
好一「何やってるんですか?ここで」
牛乳「今ちょっと電話してるもんで」
好一「あなた学校に用事があるの?」
牛乳「いやー…まああの回収があるんですけど」
好一「あーそう。なっ何?なんで、なんでここにおるの?」
牛乳「いや、回収の時間までそこ、ここで待ってたんですけど」
好一「あ、回収の時間があるの?」
牛乳「え、ええ」
好一「何時に回収するの?」
牛乳「え、1時ぐらいです」
好一「今、11時でしょ」
牛乳「あーえーまあ…」
好一「それまでここで待ってるの?」
牛乳「ええまあちょっとここで今電話して」
好一「うん」
牛乳「ほんで今からちょっとコンビニ行ってそこで買い物してって感じなんですけど」
好一「今…は何してるの?」
牛乳「今、電話してまして、停めて」
好一「うん」
牛乳「うん…でっ、で、で、なんで撮ってるんですか?」
好一「それで1時まで何してるの?」
牛乳「だから今から電話して、今電話してますよね?で、乗りながら電話できないじゃないですか」
好一「うん、うん」
牛乳「で、停めて、今電話して、今からちょっとコンビニに移動するという…感じです」
好一「今あなただって、今だってそこの道を…そこの道を来てぇ~、ぐる~って回ってここに来たでしょ」
牛乳「ええ、だから」
好一「わざわざここに来たでしょ。あんた、だって」
牛乳「ええ来ましたよ」
好一「ねぇ?」
牛乳「来てー、で今電話したかったもんで、電話させてもらって、停めて。で今から昼飯を買いに行くんですよ」
好一「うん」
牛乳「ええ。えっ…あっ学校の方ですか?学校の方だったらあの謝りに行きますけど…もしここが邪魔でしたら」
好一「いや、何してるのかな~って思ってね?」
牛乳「いや、電話して」
好一「ふうん」
牛乳「えっ学校の方ですよね?なら謝ります」
好一「違いますよ」
牛乳「えっどこしょ」
好一「何してるのかな~って思って来たんですけど」
牛乳「どちらの方です?これこれ、これ撮ったらこれに」
好一「ん?そ、そこの家の人ですよ」
牛乳「どこです?」
好一「そこの家の人ですよ。家の前を通って牛「家の前」ぐる~っと回ってここに来たでしょ?」
牛乳「うん、来ましたよ」
好一「何やってるのかな~って思ったらここでひ」
牛乳「だってそれ録るとあれですよ。侵害ありますよ、それ」
好一「あっそう」
牛乳「訴えたら」
好一「訴えてくだ、訴えりゃいいじゃない」
牛乳「なんか(?)どこの家に住んでるの?行きますから」
牛乳「別にこっちも悪い事してないですよ。ちょっと何してんですか?」
好一「お前みたいなストーカーがおるから録ってんだよ」
牛乳「ストーカーじゃねえだろてめぇこの野郎。いい加減にしとけよお前。もうちょっと警察呼ぶわ」
好一「うん」
牛乳「あっ、ああすいません。あのーちょっとねー変な人に」


杉本和巳前衆議院議員の選挙カーを撮ったら秘書に追いかけられました (2016/02/22)

好一「ハァー…ハァー…」

秘書「こんにちは。何か用ですか?…何か用ですか?なんで写真撮ってるんですか?」
好一「うん?」
秘書「なんで写真撮ってるんですか?なん、なんで写真撮ってるんですか?なんで撮ってんですか?撮らなくていいですか?」
好一「やめてくれぇ?」
秘書「撮らないでください。やめてください。あなたこそやめてください」
好一「やめてくれぇ?」
秘書「あなたこそやめてください。勝手に撮らないでください。なんの目的があって(?)」
好一「ちょと…押すな危ねーな!」
秘書「じゃああなたこそ写真撮らないでくださいよ」
好一「危ねーな、お前」
秘書「勝手に撮らないでくださいよ。何の用があって撮ってるんですか?」
好一「ちょっとやめろって危ねーなー…アブッ…オッ…お…お前…ヤメロッテ」
秘書「あなたこそやめてください。勝手に撮らないでくださいよ。何の用があって撮ってるんですか?」
好一「何の用じゃねーわ」
秘書「ファイル消して…ファイル消してくださいよ。靴踏まない…」
好一「車、おめぇ」
秘書「靴踏まないでくださいよ」
好一「お前だろ!危ねーな」
秘書「撮らないでくださいよ勝手に」
好一「ちょっと付きまとうなって」
秘書「じゃあ写真撮らないでくださいよ僕の車勝手に」
好一「お前の車かいw車ろめっ、路上に停めたらかんて」
秘書「勝手に撮らないでくださいよ」
好一「車、おめぇ路上に、お前、ここ…ここは車停めるところじゃねーぞ」
秘書「駐車してんですよ、一旦」
好一「いや、お前車停めるとこじゃねーって」
秘書「ちょっ勝手に撮らないでくださいよ」
好一「何?ほんで。なに」
秘書「じゃああなたこそなんですか?勝手に写真」
好一「もう帰るんだってもう、邪魔せんで」
秘書「あなたからも(?)ついていきますから。ちょっと写真溜まって、勝手に撮られたら困るんで」

秘書「誰に許可取って写真撮ってるんですか?」
好一「お前何やっとんだって」
秘書「あなたこそ」

好一「危ねーなー!」
秘書「勝手に撮らないでくださ」
好一「危ねーだろ!おめぇ!」
秘書「どっちがですか!?」

秘書「紙くださいよ(?)」
好一「何やっとんだお前ぇ。何やっとんだ一体」
秘書「どっちがですか。勝手に人の写真を撮って」
ジジジジジジ
秘書「人の写真返してよ(?)」
好一「おい、鬱陶しいんだ。どっか行け、邪魔くせぇ…ん?」

ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ
秘書「何か用ですか!?何か用ですか!?…何か用で」
好一「うわー」ガッガッガッガンザザー
秘書「何か用、用があると(?)言ってくださいよ。何か用ですか?」


覆面警官がチャイムを鳴らしておびきだしてデッチ上げ警察が近くに隠れて事件が起きるのを待っていました (2016/08/14)

好一「おめぇか犯人はボケェ」

ジジジジジジジ
ジジジジジジジ

江南「お待たせしました緊急通報110番警察です」
好一「家の前に覆面をした怪しいやつがいます」
江南「わかりました。えーっと、今、今まさにいますか?」
好一「ええいます」
江南「何人いますか?」
好一「一人います」
江南「ちょっと待ってくださいね」
好一「ええ」
好一「お前警察来るまで待ってろよ」
江南「今その人ーと今話できるような状態ですか?」
好一「うんうんここにおる、目の前におるわ」
江南「目の前にいる?」
好一「うん」
江南「あなた怪我はないですか?」
好一「おうなんかこいつなんか凶器持ってますよ」
江南「どんなもの持ってますか?」
ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ
好一「ん?なんだこれ?なんか挟むやつ。今カチカチやってますわこいつ」
江南「カチカチやってる?どんな風にですか?」
好一「なんか…ふーんと…挟むやつ」
江南「挟むやつ?」
好一「ええ。おうお前待てよ。え?おい、待てよお前」
江南「お名前お伺いしていいですか?」
好一「あ、俺です…です。ええ」
江南「怪我ない?」
好一「ええないです」
江南「今相手の人多分面接(解析不能)なんです」
好一「面接っていうかなんかやってますよ」
江南「み、見てるような状態でいいんですよね」
好一「あぁ~今目の前にいます」
江南「何?具体的に何やってますか?」
好一「自分がばらまいたゴミ、なんかかたづ、かい、片付けてますね」
江南「ばらまいたゴミをかたづ」
好一「ええ。自分でばらまいてったぼ、ゴミを自分で片付けてますわこいつ」
江南「え?凶器ってのはそのなっなんていうのそのおの、あのー火バサミみたいなやつ?」
好一「ふーん。うんそんなような形ですね」
好一「覆面して怪しいので来てください」
江南「今もう警察官そちらの方に向かわせる手続きはもう取ってありますので」
好一「ああそうですか」
江南「あのーそのまま身なりなどで結構なので(解析不能)このまま電話繋げたままでもいいですか?」
好一「ええいいです」
江南「ちなみにその男の近くに車ってありますか?車とか自転車とかバイクとか」
好一「お前なんか、何で出てきた?」
好一「自転車できた、来たみたいです」
江南「どんな形の自転車になります?」
好一「うん?普通の自転車じゃないですかね」
江南「あの色って何色ですか?」
好一「うーんと…青いみたいな」
好一「おーはえっ、はえーもう来ましたわ。どっかに隠れてたみたいに」
江南「来ました?」
好一「どっかに隠れて、待ってたみたいじ、あの110番するの待ってたみたいに来ましたわ」
江南「わかりました。じゃあ、あのー到着し」
江南(現地)「録らないでくださ」
好一「めっちゃんこ早いですわ」
江南「もしもしあの話して(?)くださいね、あのお願いします」
好一「どっかに隠れて、あの110番掛けるの待ってたみたいに来ました」
江南「あの話して(?)ください、紹介(?)お願いします」ピッ
好一「ああっはいっはい」
江南「はいー」
好一「はいえっ」
江南「や…録らないでください」
好一「お前らなんだ110番すると金になるんか!?110番して来ると金っ、誰かが110番すると金になるんか?はえ~」
好一「騒ぎを起こして110番させてなんだお前ら!?金になるんか?」
好一「110番させると金になるんか!?すげえなぁおまえらぁ!はえ~」
好一「しかもサイレン鳴らさずに来たわお前ら!おいどっかに隠れとったんだろおめーら」
好一「おんもしれぇ奴らだなぁこのキチゲェ共」
好一「しかもあれは見て見ぬふりかい。道路であんなことやって、あれ?なんて」
江南「事件…事件性ってあります?」
好一「安全、なんか…安全…」
江南「事件…事件ってありました?なんか」
好一「あれでお前人が怪我したらどうするんだ」
江南「あなた事件ってありました?」
好一「そんでこいつよぉ…こいつチャイム鳴らしたぞ、うちのチャイム」
江南「なんか事件ってあったんですかね?」
好一「こいつぅ」
江南「うん」
好一「うちのチャイム鳴らしたで、こんな格好して、これ覆面してぇ」
江南「ふーん…了解」
好一「おいチャイム鳴らしたってこいつぅ、こんな格好してぇ」
江南「まぁチャイム鳴らすのは事件等と関係ないんでねやっぱり」
好一「こんな格好でチャイ、うちのチャイム鳴らしたって」
江南「なんちゅう要件あったかようわからんけどうん」
好一「うん事件じゃないのか」
江南「うん今ちょっと」
好一「わかったわかった、もういいわ」
江南「いいですk」


2階のひさしの下に防犯カメラを取り付けたら2日で集団ストーカーに盗まれました (2016/08/27)

#12
:38~
KTZW「いいよ、離して」
KTZW「これ映してないでしょ顔は」
好一「顔はね。こは隠しとるで」
KTZW「おーん。ま、うつ、映しちゃったらいかんよ」
好一「なんで?」
KTZW「なんでかわかる?」
好一「わからん」
KTZW「自分か、自分で考えて」
好一「わからん!」
KTZW「わからん?じゃもし。これがなんかやっとったらどうすんの?」
好一「なん」
KTZW「お前さんまたこれー動画上げるやろ、なぁ?動画上げたらそれどうなるの」
好一「あぁそう、そういう意味ですか」
KTZW「そうだって」
KTZW「一つ言うとくぞ。お前さんがそうやって動画に上げると、もしなんかやっとったら、あれが犯人とかなったらさぁ、それがネット上に流れるわな」
KTZW「そしたら社会的制裁も受けたって形で量刑に、関係してくるんだわ」
好一「あぁそうですか。あのガキどもどうせ何もならんでしょ」
KTZW「今現時点はな。ま、話聞いてないからわからんけども」
好一「んでこんなんも置かれましたわ」
KTZW「置かれてない。これはさっきあったわ。俺らが来たときにはもうあったこれは」
好一「さっきあったってどういうこと?」
KTZW「俺らが今日朝来たんだって、ここ。目の前通ったときにはもうすでにあったこれ。」
KTZW「だからあの子らじゃない。それはわか、それは言える」
好一「あぁそうですか…」
KTZW「これ動画上げさせるのもうやめさせてくれん?お母さんもさぁ」
KTZW「どうやってやめさせるも何も話してもらうしかないわな。この前言ったんだって」
KTZW「上げるたんびにどんどん来るよって話をしたの。この人に」
KTZW「は?なんで俺らがそんなん消さなきゃなんないの?俺らそんな権限ないよ」
KTZW「言った言った俺あの人に。やめさっ、こういうのが頻繁に来るもんで、ゆーちゅ」
KTZW「110番してくるから来るんだ、ですよもう」
KTZW「要はここが今ネット上で有名になっとって、ちょっとした観光地になっとんですここが」
好一「かーさんに言ってもわからんて。かーさんちょっと、あれも被害届出すわ」
好一「なんっ、かーさんは知らんのだって、そういう事情を」
KTZW「そしたらさぁ、まぁ」
好一「かーさんは事情知らんのだ。あのげん、玄関の、玄関の被害届出すって」
KTZW「まぁお母さん警察来てもらうわ」
好一「なんで?」
KTZW「だってこの後来る?そしたら警察署」
好一「あれの被害届出すって」
KTZW「うん、だから来るんでしょ」
好一「玄関の?」
KTZW「うん」
好一「うん、出す。見ないの?」
KTZW「じゃ来てくれ?」
好一「行くけど見ないの?」
KTZW「見るわ」
好一「いつ?」
KTZW「は?今だよ、今から見るわ」
好一「うんほんだったら行くわ俺が。かーさんにい、言ったってわからんて」
KTZW「それあなたもでしょ」
好一「無理だってほんなもん」
KTZW「あなたの息子さんが(動画を上げ続ける限りは(?))」
好一「いや、かーさんにいってもわからんって」
KTZW「一切無理ですわ。もうこの人だけの問題じゃないよ。周り近所ゆ…周り近所の人達だって迷惑しとるし、畑のところだって持ち主さん迷惑しとるやろ」
好一「かーさんに言ってもわからんって」
KTZW「お前さんに言ってもわからんもんでこっちに話しとんだから」
好一「ほいじゃわかるように言ったれよ」
KTZW「は?」
好一「今日はな、か、アイニイク、あな、あ、かーさんにわかるように説明しろって言っとんだわ」
KTZW「カメラしまって今すぐ署に来い早く」
好一「おいこれ調べんで、調べんのかってこれ」
KTZW「調べるて」
好一「いつ見るんだ」
KTZW「調べる前にこっち来いっていって話してんの。調書も取らないかん、写真も撮影しなきゃいかん」
KTZW「協力してくれるやろ?被害届出すって言うんだったら」
好一「おうする…おうするわ」
KTZW「じゃあ動画消して。動画じゃねぇやあの…も録るのやめてくれ」
KTZW「今からあなたのしょ、全部写真撮るんでね」


集団ストーカーに住居侵入され自転車を逆さまにしたり牛乳をぶちまけたりされたから捕まえたら暴行罪をでっち上げられました (2016/08/30)

好一「うん?」

好一「はい」
岡崎「カメラプレゼントされてるみたいですけど」
岡崎「これいらないですか?」
好一「なんだお前」
岡崎「ああ…失礼しました 集団ストーカーの者なんですけども」
岡崎「こちら、ほら、きれいなカメラ、プレゼントされてますよ」
好一「何言ってんだお前」
岡崎「フフッ…でー今日の問題なんですけど、自転車の方ちょっと直させてほしいなと思ってるんですけど」
岡崎「どうですかね?」
カシャッ
岡崎「俺はお前が俺を撮ったのを撮ったぞ」
岡崎「えーカメラ直していいですかね あ…カメラじゃないごめんなさい」
岡崎「え~っと自転車」
カシャッ
岡崎「ちょっとこちらの自転車を見させてもらって…」
岡崎「フフッ↑」
岡崎「岩間さんどこ行くんですか…」
岡崎「人の話聞いてくださいよ」

江南「110番警察です」
好一「家の前でマスクをしたやつが自転車弄ってます」
好一「いっ家のちっ…」
江南「もしもーし」
好一「家のじてんっ、家の自転車をですねぇ…」
好一「もしもし?」
江南「もしもしぃ」
好一「もしもしぃ?」
好一「もしもし!あの家の前で自転車あの…じゅ…家の自転車を弄っているんです」
好一「マ、マスクをしたやつが弄ってるんです えぇ…男です」
好一「えーとですね、マスクしてます いや、マスクっていうかは、顔半分黒いマスクで隠してます」
好一「服はですね…たっ今は見えないんですけど、さっき見たら白のTシャツでした」
好一「う~んズボンは多分黒だったような気がするんですけど」
好一「ハイ…ハイ…」

岡崎「自転車のサドルってあります?なければ一緒につけますけど」
岡崎「あーだめだ答えねぇ」
岡崎「フフッ↑」
岡崎「岩間さんすいませんちょっと今日急だったんであまりちゃんとしたもの持ってこれなかったんですけど、これ置いていきますから飲んでってくださいね」
好一「勝手に入るな」
岡崎「じゃあ置いてきますね、ぜひ飲んでください」
好一「置くな」
岡崎「いや、やっぱ飲んでほしいので」
岡崎「飲んでください。プレゼントですからね」
好一「おい!持って帰れ!」
岡崎「飲んでください!」
岡崎「まぁとりあえず自転車直すんでまた来ますから…パーツ買って…パーツじゃない…とりあえずチェーン付ければ乗れるんで」
好一「持って帰れ言っとるだろアホォ」
岡崎「フフフッ↑」
岡崎「イキますよー、イキますよー、それっ」バシャッッ
岡崎「あ゛あ゛っ」
岡崎「あーこぼれちゃった。すいませんじゃあゴミだけ持って帰ります」
好一「おいっ待てっ」
岡崎「んだぁ~お前~」
好一「かあさーんちょっと警察呼んで!警察呼んでー!おい…」
岡崎「アッアブネ」
好一「警察呼んでえ゛!」
岡崎「アッ…アッ」
好一「警察呼んでえ゛!」
岡崎「フクヤブレタ…」
岡崎「そんな俺のパンツ撮りてぇんか」
好一「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…」
岡崎「イヤ~ン」
好一「警察呼んでえ゛!!」
岡崎「オラオラオラ~」
岡崎「危ねーな、おい」
岡崎「タスケテー好一「警察呼んでえ゛!」ストーカーニオソワレテマース タスケテーストーカーニオソワレテマース」
岡崎「オカアサンケイサツヨンデー」
岡崎「変態無職中年にズボン脱がされてまーす タスケテー」
岡崎「ヘヘッ↑」
岡崎「マスク(解析不能)、マスク。マスク取ろ?ほら、ほらほらー。ほらほら~ほら~」
岡崎「取ったよ(?)ンンーンwww」
岡崎「ほらマスク取れって、な?ほら、な?マスク取れよ。」
岡崎「まぁあんま俺もね手荒なことはしたくないっていうか、したら捕まるからやなんだけど」
好一「もう十分捕まるだろ」
岡崎「何が捕まるんだよ?自分で投げただけだろ」
好一「お前だろ」
岡崎「おい」
岡崎「シュッシュッ フフッ↑ シュッシュッ」
好一「おいかーさんこれ見とってよ。な、俺がこいつ俺が、俺に殴っとるで、殴ったで今」
岡崎「見てないよ、おかあさん。おかあさん、息子さんがYouTubeに動画あげてんの知ってますぅー?この動画」
好一「お前こそ取れや」
岡崎「おっ」

岡崎「ほら~俺のマスク取らないのか!?早く取れよ~?」
京子「『ゆーちゅーぶ』ってなん(解析不能)」
岡崎「子供さんね息子さんね、YouTubeっていうとこに動画サイトっていうものがあるんですけど…動画を上げる」
岡崎「で、この録った動画をね、上げてるんです」
好一「相手にすんな、そういうのは。話聞くなこいつ」
好一「今やっとるの見ただろ!?そいつが俺に。俺何もやってないぞ、こいつがうちに来て自転車ぁ弄っとったんだで」
好一「ほんで、あれそれ、ぎ、ぎ、ぎゅ、牛乳を俺の、俺の敷居に投げたわ」
岡崎「いや、話す、話すだけ話すだけもう何もしないよ岩間さんには…岩間好一さんに。あー、で、おかあさん庭の向こうにいる人(?)(解析不能)」
好一「うん…そこに、そこにおれ」
京子「近くにまだいます」
好一「おっ来たわ」
岡崎「おっ来た?」

江南A「うんあのさ」
岡崎 「こんにちはー」
江南A「ちょっとご苦労さんね」
京子 「何がご苦労様や」
岩間 「仲間なんだって(涙声)」
岡崎 「えっとー自転車直そうと思ったんですけどぉ」
江南A「はい」
岡崎 「そのついでで持ってきたプレゼントをーあげたら投げ、投げられて」
江南A「い止めてもらってい」
江南A「警察で対応するんでちょっと消して」
岩間 「これ壊れ、壊されたし、これ、これこいつがやったんです」
江南B「やったの?」
岡崎 「岩間さん(解析不能)」
江南B「違う違う違うなんでそこに入ってんの?」
江南A「うん、とりあえず一回止めてもらっていいですか?」
岡崎 「回してーんでー」
江南A「もう、もう録る必要ないですもんね。とりあえず止めてもらっていいですか?」
岩間 「フーン」
江南A「ちょっと止めてもらっていいですか?」
江南B「奥の車を直そうとした?」
岡崎 「そうです(?)」
江南A「とりあえず止めてもらっていいですか?人の話聞いてます?」
岩間 「止めんでもいいでしょ、証拠録ってんだから」
江南A「うん、うん、もう録る必要ないですもんね。もう録る必要ないですもんね。」
江南A「うん、だからまだ説明してなかったですか?これからちょっ話するんで一回止めてもらって、」
江南A「止めましょっか。止めましょう」

好一「はい」
江南「警察ぅ」
好一「何ぃ?」
江南「江南署ぉちょっとぉはな、木の木から(?)」
好一「なん…なんだぁロープ…に入るなって書いたんじゃないの?」
江南「警察だって」
好一「何ぃ?」
江南「ちょっと昨日の続きで話しに来たの」
好一「うん」
江南「うん」
好一「何ぃ?」
江南「録らんでいいわ今日は」
好一「昨日は!…」
江南「うん、ロープ張ってくれた好一「ロープはっ、」じゃんねぇ」
好一「はっ、」
江南「ロープ張って好一「うん」くれたじゃん」
好一「うん、張ってって言いに江南「でぇ~」来たんでしょー?」
江南「うん。んでー張ってくれたの今日、交番のおまわりさんから聞いたもんで、それはいいんだけど、これ知っとる?」
好一「なにそれ?」
江南「2ちゃんねるでこうやって書かれとるの」
好一「なにそれ?」
江南「2ちゃんねる。これ今プリントアウトしてきたの」
好一「だからなにそれぇ?」
江南「うん」
好一「読む、読む、読むの?俺が?」
江南「違う違う、こういう好一「何ぃ?」風に」
好一「知らんって、読んでない、知らん知らん」
江南「知らん?」
好一「うん」
江南「『メッタ刺しにして殺す』とかさぁ」
好一「あっ殺すって書いてあんのぉ?」
江南「お父さんの、ねぇ入院先?」
好一「うん」
江南「をー、あの~『誘拐して五条川に遺棄する』とかさぁ」
好一「そんなこと書いてあんだったら逮捕すればいいがね」
江南「うん、それはいいんだけどぉ。もうYouTubeに載っとるとこういうのどんどん続くよっていう話」
好一「あそうですか」
江南「な?だでーYouTubeをもう自分で削除することできるでしょう?」
好一「さ…なんで削除しないといけねーの」
江南「こういう風に書き込まれて、今も警察官ずっと警戒ついてるじゃん爆破予告が入っとるもんで。不審者が来るといかんもんで」
好一「あ、今まで俺が犯人捕まえてもすぐにが、逃がすくせに、逃がしとったくせに」
江南「違好一「突然」うそういうことじゃないってぇ。今後のことを言っとるんだって今までのことじゃなく」
好一「いや、今後も何もこの前俺が捕まっ、昨日、一昨日、捕まえた犯人だってもうその日に釈放したんだろぉ?」
好一「もう釈放したんでしょお?」
江南「そういうさぁ…その事件処理は事件処理でやるんだけどぉ~、自分の身を守ることとぉ」
好一「うん」
江南「お父さんとお母さんのことも考えないかんよ」
好一「はい、分かりました」
江南「分かるぅ?」
好一「はい、はい、分かりました」
江南「そういう風に注意してってお願いに来とる好一「あっはい。分かりました。はい。」」
江南「そのためには好一「はい」自分で身を守るためには昨日ああいう風にやってって言ったらやってくれたもんで」
好一「はい、はい、分かりました」
江南「それはいいんだけどぉ好一「はい」YouTubeも削除してかんとこういうことがどんどん続くよっていう好一「あっそうですか」という話」
好一「はい、分かりました」
江南「ねっ」
好一「はい」
江南「いい?」
好一「はい、分かりました」
江南「はい、お願いします」

江南「「ハハハハハハハ」」


住居侵入を捕まえようとしたら相手がけがして警官にやり過ぎといわれました (2016/09/27)

ピンポピンポピンポピンポピンポ~ン
ガラァッ
好一「那覇ァ」
ミラ「お゛ぉ゛ーい!やめてくれ!メッメンゴメンゴ、メンゴメンゴメンゴ」
ガシャア
ミラ「う゛ぅ゛~~ヤメロッパーカーハヤメテクレッ」
好一「おい!警察呼んで」
ミラ「ヤメテクレッ」
好一「誰か警察呼んでぇっ」
ミラ「オーイ」
好一「誰か警察呼んでぇっ」
ミラ「ヤメテクレッ」
好一「ヤルルルルォ」
ミラ「ヤメテクレッ」
好一「誰か警察呼んでぇっ」
ミラ「ヤメテクレッ」
好一「誰か警察呼んでぇっ」
ミラ「オイッヤメロォッ」
ミラ「ごめんなよしくん、謝るから。なぁ?アヤマルカラ…な?…わぁ」


警察に集団ストーカーが残して行った証拠を回収され証拠隠滅されました

#23
:44
好一「おいかーさん110番してぇ!110番してえ゛!」
好一「かーさん110番してぇ!かーさん110番してぇ!110番してぇえ゛!かーさん110番してぇ!かーさん110番してえ゛ぇ゛!110番してえ゛ぇ゛!」
好一「がーざん゛110番じでぇ゛ヴォ゛ォ゛がーざん゛110番じでぇ!がぁさーん゛」
好一「かーさん110番してぇ!110番してぇ゛え゛!Foo↑ローレライ110番じでぇ゛え゛ぇ゛110番じでぁ゛!はや゛ぐー!110番しでぇ゛ぇ゛ー!110番してぇ゛ぇ゛ー!110番してぇ゛ぇ゛ー!110番してぇ゛ぇ゛ぇ゛!110番してぇ゛ぇ゛!110番しでぇ゛!」
凸者「なんだお前?なぁ」
好一「110番しでぇ゛ぇ゛ー!」
凸者何か言う
京子?何か言う
好一「110番しでぇ゛ぇ゛ー!」
無音編集
好一「110番しでぇ゛ぇ゛ー!……110番してぇ゛ぇ゛ー!」
好一「おい事故だ!事件だ!おめぇらの仲間のストーカーが来たぁ!おい来いアーロー!証拠もあるで来いはよ!おめぇらの仲間の集団ストーカーの、証拠持っとるではよ来いアーオアー!はよ来いアーッルルォーッ!あ゛ぁ゛?岩倉市東町(無音編集)…いや、待てよ…まあええわ。来んでもええわ。先によぉ、証拠撮っ…しょ、先に証拠、の写真撮ってからだ!おめぇらに証拠持ってかれたらあかんでよぉ!」


覆面を被った不審者に不法侵入され捕まえようとしたら暴行の容疑者にされ警察署に連行されました (2017/02/21))

ゴンゴンゴンゴンッ
好一「お前さぁ、なにこれ?」
好一「やめろやっ!あ゛ぁ゛っ」
緑 「岩間さん落ち着いてください」
黒 「落ち着いて」
好一「はぁっ」
黒 「落ち着いて落ち着いて、暴力とかする気ないから」
好一「フシュー」
黒 「岩間さん…岩間さん」
緑 「どくなカッター離して」
黒 「ゴミ片せ(?)」
黒 「押さえて押さえて、押さえっ」ガォン
黒 「押さえて、手伝って」
緑 「えっなになになに?」
黒 「押さえて、思いっきり顔押さえて、顔押さえて!背中!」
好一「フゥー…フゥー…フゥー…」
黒 「押さえて!これもっと背中打ったって(?)」
黒 「もってもっと力入れて」
好一「フゥー…フゥー…フゥー…フゥー…フゥー…フゥー…ふいうっ」
好一「ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙~~」ガォン
黒 「落ち着いて」
好一「ヌ゛ッ」
黒 「僕らは…ゴミ拾ってたんですよ」
京子「は?」
黒 「ゴミをす」
緑 「いきなり殴られて」
黒 「そう、ゴミを捨てている人がいたから、拾いに来たんですよ」
京子「それでなんでここに居るの?」
黒 「こっ…w、僕ら片付けたんですさっき」
黒 「知ってる、ゴミを捨てられてるの僕知ってるんで。み、停まってる人とか迷惑だから。僕ら来たんですよ。拾い、拾いに」
京子「あっ、あ…」
緑 「攻撃するつもりとか黒「ない、ないです!」まったくなくていきなりちょっと殴られたから仕方なくちょっとこういう状態になってるんですよ」
黒 「そうです、ほんとに」
京子「すいません、あの」
緑 「申し訳ないです、はい」
京子「うん…」
緑 「こちらこそ」
京子「いつ…いっ、まっ、あのすいません…けい…さ…つ…ちょっと待ってくださいね」
緑 「眼鏡は…眼鏡は?」
黒 「この眼鏡…探して今」
緑 「ん?あ…」
緑 「眼鏡そっちかもしんない…あっあったあったあった」
黒 「車乗って」
緑 「車?」
黒 「うん」
京子「うん、下下下下下、下(?)」
黒 「ほんと動画上げたりするのやめたほうがいいですよ」
京子「わかった、わかった」
黒 「それか(?)ですから。もう入って、車に、乗って!」
緑 「ちょっと待って」
好一「おい、母さん!」
黒 「乗って!」
好一「車のナンバーメモして」
黒 「今乗って!早く」
好一「車のナンバーメモして」
黒 「乗って!早く!」
好一「車のナンバーメモしてよぉ」
黒 「早く乗って!」
好一「車のナンバーウッ」
好一「かあさーんメモした?車、ナンバー。メモした?してない?」
京子「380までは覚えてる」
好一「ファッ!?」
京子「380は覚えてる」
好一「ふーん」

好一「おい母さん逃げた車のナンバーこいつらに教えてやって」
好一「おい逃げた車のナンバーこいつらに教えてやってくれぇ」
江南「それ誰の?」
好一「あー?」
江南「それ誰の?」
好一「犯人のやつだわ」
江南「うんちょっと一回止める」
好一「何を止めるんだ」
江南「うん、それ」
好一「何を止めるんだ」
江南「(解析不能)」
好一「あ゛ー?」
江南「何をやられたの?」
好一「おめーらの、あの送り込んだな、な゛ー仲間にやられたわ」
江南「っと警察が送り込んだ?」
好一「おめーらの送り込んだやつにやられたわ」
江南「何をやられたの?」
好一「暴行だわ。殺されそうになったわ。おいかあさん、こいつらに逃げた車のナンバー言ったってくれ。どうせ捕まえんと思うけど」
好一「全部、こんなにあるけど捕まらんって証拠いっぱいあるでいいわ」
好一「はいはい、どうぞどうぞ、はいっはいっ」

好一「押すな!アーロー」
江南「車を連れてきますよ」
江南「岩間さんも出て!岩間さんも出発」


平成29年5月28日今日の集団ストーカー 夜中に玄関の横のドアから中に入ろうとした女を捕まえて110番したら江南警察に事件じゃないといわれました (2017/05/28)

(江南警察が来るまで)
亜美「岩間さん」
京子「誰ぇ~?ねぇねぇ何ぃ~?」

好一「何だお前?何だお前!?」
亜美「うん、ごめん」
好一「何だお前?」
亜美「違うの」
好一「何だお前?なんだって?」
亜美「違う 悪戯じゃない」
好一「悪戯じゃねぇ泥棒だろ!」
亜美「ううん」
好一「うんお前待て」
亜美「うん、ま…うんいいよ」
好一「何やっとんだお前ここで」
亜美「静かにしないと警察来るから…じゃあはい(リュック?)」
好一「警察来るじゃねぇ何やっとんだお前」
亜美「いいよ、ほんとに全部見てもいい」
好一「ファッ!?」
亜美「シィッ」
好一「やかましいわバカヤロー何やっとんだお前(ガラッ)何やっとんだお前!」
亜美「シィ」
好一「なんだって?」
亜美「うんじゃあ全部ほんとに見て(?)あるのはあるっていうんだけど(?)」
好一「うるせぇ!」
亜美「うん」
好一「なぁんだ入るな!!」
亜美「入るょ…」
好一「入るな!!」
亜美「じゃあ…」
好一「何だお前は!?」
亜美「何もないでしょ なんにもないよ」
好一「おいちょっと出て行け」
亜美「いいよ その代わりその中ほんとにちゃんと見て」
好一「うるせぇ!…おぉい!壊れるだろ!!」
亜美「ゴメン…」
好一「頭悪いだろ(?)お前」
亜美「亜美と一緒だからさ」
好一「110番してくれ」
京子「110番がおかしい時間わぁー(ピッ)」
亜美「大丈夫だよ…ほら(パンッ)」
ピッピッピッピッ…ッツーツー
京子「なにやっ…どうしっ、どう、どう」
亜美「まあそこに住んでる辻なんですけど」
京子「うん」
亜美「会いたくて♥」
好一「泥棒遣いましっ、捕まえました。(えっ)泥棒捕まえました」
江南「泥棒を捕まえた?(ええっ)どういうそ泥棒ですか?家に入ってきたりするんですか?」
好一「入ろうとしました。で、ドアを開けて入ろうとしました。はぇっ?」
江南「何を開けて入ろうとしたんですか?」
好一「ドア、ドア」
京子「なんでそんなことしたの?入ってきたりなんで」
江南「犯人は何人いますか?」
亜美「まぁあたしー」
好一「なんか外人の女?外人?みたいな女です」
亜美「そこに住んでる辻です」
江南「はい。わかりました。外国人の女性が一人いるということですか?」
亜美「東町東掛目(?)」
好一「ええ、ええ」
京子「だからなんでそんなドアなんか開けて入ろうとしたの?」
江南「もしもし?(はい)…町ですか?(ええ)」
亜美「同じ気持ちだから」
好一「ええっ!?」
江南「ケガないですか」
好一「ええないです」
江南「はい、家に向けますのでお待ち下さい(はい)はい」
京子「で?だけどそんなことしたらいかんでしょ。ドア開けてはい、入ろうとしたらなんかしたら」
   「困ったなぁほれぇ~」

好一「うん、後やっといてな?後やっといてな!」
亜美「うん」
好一「おい!おいしょうもねぇ芝居後やっといてな」
亜美「ねぇねぇ、ねぇ!ねぇ?」
京子「何?」
好一「うるせーなーしょうもねぇ芝居やってんなボゲェ」
亜美「ねぇ芝居じゃないんだって」
好一「バーカ!うるせぇな」
亜美「ねぇちょっと、ちょっと!」
好一「まあいいや、好きにやっとれ」
亜美「リュックだけ返してよ~」
好一「あとやっとれ勝手に」
京子「は?」
亜美「リュック」
好一「おーおーおーあと勝手にやっとれ」
亜美「リュックだけ返してよ…(あれぁ)何も凶器も入っ…ああいいよ」
京子「あれはあなたの?」
亜美「そう…黒い、バッグ、黒いリュックサック」
京子「うん、なんでこんなことしたの?」
亜美「えーと…同じ思いをしてきてぇー…うちはたまたまそこに住んでるんだけど(うん)なんだろう」
京子「おんな、こ?」
亜美「女です」
京子「はぁ、男かと思ったのに」
亜美「フフッよく言われるんですけど(うん)別に家を襲おうとか…」
京子「だったらそんなドア開けて入、愛したりなんかしたらダメでしょう?」
亜美「なんでこんな苦しい思いしてるのかなーって」
京子「あぁ、や、知ってるの?このうちの…やっぱ知ってるわね近所だもんね」
亜美「近所だから…で、あたしも同じようなことしてきて、親を泣かしてぇ」
京子「あっそう」
亜美「でも、ほんとに一歩出れば違う世界もあるし…なんだろう警察方にも、うちも警察方になってるから…したくなくて…手紙を書いて持ってこようと思ったけど…それでもなんか考えちゃうかなとか思って…だってまだ40代だし」…これからまだまだ先の人生だってあるのに…でもあたしの考えを押し付けても良くないけど…うちも2年間家から出れない時かった時があって(うん)お母さんさえも受け付けない時があって…でもやっぱりそれを超えて、今があって、まだ31なんですけど(うん)」…なんかそんなに一人で抱え込んでほしくないなーと思って」
京子「だったらさ、そんなドア開けてはい、入ったりしたら、ざ、ふん、あれでも しょうがないじゃん(うん)…でもうちの子警察呼んでるよ どうするってば?」
亜美「いいよ!来ても…」
京子「ふ~~ん。でも、あの、そんなったいっ、いっ、その態度が良くないよ、ドア開けてあれ来たら」
亜美「だってこんな風に締め切ってたらいいことなんてないじゃない…いい家族でいいところに住んでるのに」
京子「気持ちはわかるって、わかって嬉しいけど、そすることがじぶっ、あのー」
亜美「じゃあ謝ります」
京子「う、うん、うん、ああ、はいはい。わかったわかった、ウンウン。うん、はい、けいさく、じゃ、来たらそう言うから、ねっ?」
亜美「でもさぁ(うん)」
好一(?)「江南署よー」
亜美「バッグ返して、ちゃんとうちの身分証明も入ってるし。私も警察方にしたいわけでもからかってるわけでもないから」
京子「うんだから、それ、んで、今、今聞いてわかるけど、最初の態度のあの、あれはあの(そうだね)よくないよ(うん)でしょお?警察呼ばれてもしょうがないじゃない」
亜美「うん、それでもいいの」
京子「よくないよ~」
亜美「いいの。でもとりあえずあたしのバッグ返してほしい。お金も入ってるし、身分証明も入ってるし…ちょと…」
京子「あっあるじゃんそれ、それ何」
亜美「あっこれか」
京子「んお?フフフフフフそれ?…あーいい、いい、それとっていいから」
亜美「なんであんなに」
京子「困ったなー」
亜美「二人で話したかったんだけど」
京子「んー?いや気持ちは、な、い、今」
亜美「助けたいとかじゃなくてあたしも相談したくて同じ気持ちだったからずっと」
京子「ふぅん…あっそういえば長野、あの、あの、なんだってあれだよねあの人…(辻?)そこの田山さんの」
亜美「横の人?」
京子「んあの時の葬式の時に来た(そうそうそう)来た人?(そう)…あの時はなんかいい子でなんかあれじゃったのになんでこんなこと…することは良くないってー…あれだったらびっくりするよ誰だってー、でしょう?(ウン)…まぁいいわ。ん警察来たら事情話して、あのー、あれする、するから」
亜美「うん、全然あたしは攻撃するとかじゃなくて…でもまぁ不法侵入」
京子「で何?そこに、しゃ、今お母さんたし、たちと一緒にいるの?」
亜美「今は(うん)あ、でも(あそこは何)6月?、6月に沖縄に引っ越すんですけど」
京子「ほんと(うん)自分だけ?(あっそう)」

京子「あん時は何年、1、2年か…もうあれからもう2年かいかないかな」
亜美「3年ぐらいですかね」
京子「そんなになるの?」
亜美「私はあの時に薬とかで頭が狂ってて(うん)で警察に捕まって(うん)誰も信じれなくなって(うん)外に出れなくなって」
京子「(?)そうだね」
亜美「親にも恥かかして…で名古屋に一人住んでて…嘘ばっかりついてて…カーテン開けるのも嫌で…でも…乗り…越えさせられてくれた親とか、周りが…岩倉に帰ってきて…でももうそこでのしがらみとか…うんまぁそういうのがあったlあら、あるから…その大事なこと、大事にして…やりたいことやろうって思ってて…で、そのたまたまあたしが帰ってきた時に『岩間さんちさー』みたいなこと聞いて」
京子「うん、知ってんの?」
亜美「うん、知って、で、まぁYouTubeとかで(?)してるからそれも見て…なんか…もっと信用できる人、家族以外で…いるのになぁ、とか…おぅ、っていうかここに悪戯来る人の気持ちがわからんくて…遊び半分で…こう牛乳パック押し付けたりとか」
京子「(?)集団ストーカーみたい」
亜美「うん。もうそいつらぶっ潰したいし言ったら、何考えてやってんのと思うし…YouTuberか何か知らんけどぉ…何が面白いのと思うし…でもそれをママ・パパに言ったら『関わんのやめときな』」。でも自分は関わってくれた人がいるから…家族以外で、気づけた時とか、それが何年後、今遅いけど…そういう時期が来たし、で、これすごい考えて…多分きっと家にゴンゴンってやったら…考えちゃうだろうなーとか…じゃあ手紙書こうかなーって…とかいろいろ考えてたけど…だってせっかく生まれてきて生命があってー、まだ40代でー、ナ゙ン゙ダロ゙ヴ…お義母さんのこともすごいあるしぃじゃあ、ママパパが死んでしまった時に、どうやって生きてくんだろうとか…言っても近所だしー、知らないけど、全然。性格とか」
京子「ああいう性格」
亜美「うん。見てる限りではそうだけど、その助けになりたいというかぁもっと、もっともっとなんか………誰もが知らんぷりしてー加害者みたいになってぇネァン(?)ってだってぇ…ヴン…警察呼ぶなら呼べばいいしぃあたしはもう何回も捕まってるしぃじゃあ今連れて行かれようがなんでもいいの、ほんとに」
京子「いや…そ、とまぁ」
亜美「人間が怖いていう~気持ちはうちも一緒で、今でも無理して笑ってる時もあるし…パパとママのために警察呼んで尿検査したりもあるしぃ、でも自信があるから…ナ゙ン゙ダロ゙ヴ…あんなに…まだ!まだまだ若くて可能性があるのに…家にいて、シャットアウトしてぇ…カーテン、人を全部し、裏切っ…なんだろう信じれなくてってなっても当たり前だと思うけど…だってこんだけ悪戯しに来るやつがいるから、ムカつくじゃん!…牛乳パック投げたりとかさぁ」
京子「ありがとう、いや、嬉しいわ。そんな言ってくれて。あぁ…」
亜美「うぢはさっぎそご開けちゃったけどぉ゛そうしないともうこれ破れないど思っだし…でもああやって暴音立てたりとかぁ゛ほんとに悪さを来てる人、悪さしに来てる奴らがいて…もうこの世はクソだと思うしぃ!…ほんとに゛ぃ゛…何も面白いのかわからんしぃ」
京子「面白くてやってるんだからね。相手、向こうはね」
亜美「マジでほんとにそいつら刑務所行きだよ゛っ゛…それこそ」
京子「あぁ困ったなぁこれほんとに」


11月14日 aiueo700夜の集団ストーカー街宣ビラまき (2018/11/14)

11月14日 aiueo700夜の集団ストーカー街宣ビラまき 1
集団ストーカーはキチガイの群れでーす。皆さまお気を付けてお過ごしくださーい。 ご ろ つ き は 群 れ ま ー す。
集団ストーカーのことを広めるビラはいりませんか。集団ストーカーはキチガイの群れでーす。みなさまお気を付けてお過ごしくださーい。
ご ろ つ き は 群 れ ま ー す。キチガイが自分たちのことを政治家と言ったり、ヤクザと言ったり、警察と言ったり、
役人と言っているだけでーす。こいつら根は一味でーす。もともとただの土地を占領して何坪いくらで売ったり、税金を取ったり、
こういう奴らのことを ご ろ つ き っていうんでーす。集団ストーカー被害者になると、スーパーや路上でトラブルを仕掛けられたり、
暴漢に襲われて警察にこっちから仕掛けたと言って逮捕されまーす。みな…

11月14日 aiueo700夜の集団ストーカー街宣ビラまき 2
集団ストーカー被害者になると、車やトラックやバイクや自転車に行ったり来たりされたり、 ラ イ ト 攻 撃、 ブ レ ー キ ラ ン プ 攻 撃、
ハザード攻撃されまーす。こいつら馬鹿じゃねえとできねえことやってるだけでーす。
集団ストーカー被害者になると、スーパーや路上でトラブルを仕掛けられたり、暴漢に襲われて警察にこっちから仕掛けたと言って
逮捕されまーす。みなさん自分からぶつかっていって転んで公務執行妨害をでっちあげる警察を信じないでください。
集団ストーカー被害者になると、尾行監視されまーす。集団ストーカー被害者になると、車でライト攻撃されまーす。
こいつら馬鹿じゃねえとできねえことやってるだけでーす。

11月14日 aiueo700夜の集団ストーカー街宣ビラまき 3
…のことを政治家と言ったり、ヤクザと言ったり、警察と言ったり、役人と言っているだけでーす。こいつら根は一味でーす。
もともとただの土地をナッ…占領して何坪いくらで売ったり、税金を取ったり、こういう奴らのことを ご ろ つ き っていうんでーす。


11月17日 aiueo700 集団ストーカー街宣ビラまき(2018/11/17)

11月17日 aiueo700 集団ストーカー街宣ビラまき 遭遇 クソネコヤマト 1
…近所からストーカーが集まってきて、車やトラックやバイクや自転車でライト攻撃…行ったり来たりされてライト攻撃、ブレーキランプ攻撃、
ウインカー攻撃… 排ガス攻撃されまーす。集団ストーカー被害者になると… 出 ま し た ク ソ ネ コ ヤ マ ト で ー す !!
集団ストーカー被害者になると、クソネコヤマトに付きまとわれて、ライト攻撃、ブレーキランプ攻撃、ウインカー攻撃されま…ウインカー攻撃、
排気ガス攻撃されまーす。今クソネコヤマトが通っていきました!集団ストーカー被害者になると必ずクソネコヤマトに付きまとわれまーす。
必ずッ!排ガッ…ゴ…ウインカーを出しまーすハザード出しまーすハザード攻撃されまーす。クソネコヤマトに、ニクッギテくださーい。
集団ストーカー被害者になると、どこに行っても近所からストーカーが集まってきて、車やトラックやバイクや自転車で行ったり来たりされて
ライト攻撃、ブレーキランプ攻撃、ウインカー攻撃されまーす。 パ タ ー ン で ー す 。パタンでコィツォコェンォパターンでーす。

11月17日 aiueo700 集団ストーカー街宣ビラまき 3
集団ストーカー被害者になると、車やトラックで幅寄せされまーす。集団ストーカー被害者になると、電気、ガス、水道、電話料金を
高額請求されまーす。
集団ストーカーのことを広めるビラはいりませんかー。集団ストーカーはキチガイの群れでーす。みなさまお気をつけてお過ごしくださーい。
ごろつきは群れまーす。集団ストーカー被害者になると、警察に家の周りを調べられて、近所の住人をストーカーと入れ替たり、会社や
学校をアジトにしたり、家を建てて次々とストーカーを送り込まれまーす。集団ストーカー被害者になると、どこに行っても近所から
ストーカーが集まってきて、車やトラックやバイクや自転車で行ったり来たりされてライト攻撃、ブレーキランプ攻撃、ウインカー攻撃、
排気ガス攻撃されまーす。集団ストーカー被害者になると、車でコンビニの駐車場の出入口で待ち伏せられて、出合い頭をされまーす。
集団ストーカー被害者になると、車やトラックで幅寄せされまーす。集団ストーカー被害者になると、どこに行っても近所からストーカーが
集まってきて、車やトラックやバイクや自転車で行ったり来たりされてライト攻撃、ブレーキランプ攻撃、ウインカー攻撃、排気ガス攻撃
されまーす。車でコンビニの駐車場の出入口で待ち伏せられて、出合い頭をされまーす。集団ストーカー被害者になると、車やトラックで
幅寄せされまーす。

11月17日 aiueo700 集団ストーカー街宣ビラまき 5
集団ストーカー被害者になると、警察に家の周りを調べられて、近所の住人をストーカーと入れ替たり、会社や学校をアジトにしたり、
家を建てて次々とストーカーを送り込まれまーす。集団ストーカー被害者になると、どこに行っても近所からストーカーが集まってきて、
車やトラックやバイクや自転車で行ったり来たりされてライト攻撃、ブレーキランプ攻撃、ウインカー攻撃、排気ガス攻撃されまーす。
集団ストーカー被害者になると、車でコンビニの駐車場の出入口で待ち伏せられて、出合い頭をされまーす。
集団ストーカー被害者になると、車やトラックで幅寄せされまーす。集団ストーカー被害者になると、電気、ガス、水道、電話料金を
高額請求されまーす。。集団ストーカー被害者になると、水道に苦かったりぬるぬるする水を流されまーす。集団ストーカー被害者になると、
水道にカビが生える薬品を流されて、パイプが詰まったり、洗面所風呂場がカビだらけになりまーす。
集団ストーカーのことを広めるビラはいりませんかー。集団ストーカーはキチガイの群れでーす。みなさまお気をつけてお過ごしくださーい。
ごろつきは群れまーす。集団ストーカー被害者になると、警察に家の周りを調べられて、近所の住人をストーカーと入れ替たり、会社や
学校をアジトにしたり、家を建てて次々とストーカーを送り込まれまーす。集団ストーカー被害者になると、どこに行っても近所から
ストーカーが集まってきて、車やトラックやバイクや自転車で行ったり来たりされてライト攻撃、ブレーキランプ攻撃、ウインカー攻撃、
排気ガス攻撃されまーす。集団ストーカー被害者になると、車でコンビニの駐車場の出入口で待ち伏せられて、出合い頭をされまーす。
集団ストーカー被害者になると、車やトラックで幅寄せされまーす。集団ストーカー被害者になると、電気、ガス、水道、電話料金を
高額請求されまーす。集団ストーカー被害者になると、ピンポンダッシュ、ワン切り、脅迫電話、イタズラ電話が掛かってきまーす。
集団ストーカーのことを広めるビラはいりませんかー。集団ストーカーはキチガイの群れでーす。みなさまお気をつけてお過ごしくださーい。
ごろつきは群れまーす。集団ストーカー被害者になると、警察に家の周りを調べられて、近所の…


岩倉駅街宣 (2019)

タイムテーブルニキの書き起こしを元に作成した岩倉駅演説内容。欠落や順番の変更、内容繰り返し、言い間違いなどで毎回内容が若干変動する。演説終了後はもう一度内容をループすることが多い。<>内は欠落することが比較的多い文。

電車(でええんしゃ)に乗る時は、集団ストーカーに用心してくださーい。
集団ストーカーに囲まれて、男はチカン冤罪をでっちあげられまーす。
女は痴漢をされまーす。

ニュースでは、被害者役と逮捕役と通報役としか報道されませんが、実際は他にも乗客を装った仲間が、2、30人か、もっといまーす。
もちろんでっちあげで逮捕されて裁判にかけられるので、やってないといっても無駄でーす。
チカンがチカンじゃない人を逮捕しているだけなので、チカンにチカンを訴えても捕まりませーん。

岩倉駅西口に、「特別警戒中 チカンご用心 不審者を見たら110番」という看板がありますが、インターネットで調べると、チカンや強姦被害者が警察に追い返されたという書き込みが多いでーす。

町じゅうNシステムと、監視カメラと、スパイだらけでーす。必ずやつらがどこかで見張っていまーす。
タクシー運転手に化けたり、バス運転手に化けたり、駅員に化けたりしていまーす。

<飲食店で、女性が店員に料理に睡眠薬を盛られ、強姦されて拉致されたり、町なかで女子小学生が女子高生に声をかけられ、ついていって監禁されて売春されたり、女性や少女の拉致、連れ去りも多いでーす。>

昔から床屋はスパイといわれてまーす。
集団ストーカー/スパイは監視するだけじゃありません。拉致、連れ去りもしまーす。
集団ストーカー/スパイは学校、警察、警官OB、警備会社、タクシー会社、新聞販売店、郵便配達、宅配業者、消防団、コンビニなどでーす。
やつら防犯ネットワークとか、防犯パトロールとか、子供110番などとぬかしてまーす。
戦中は隣組といってました。隣組に入会を断ると家に動物の死骸を投げ込まれたらしいでーす。
やつら子供を犯罪から守るため、不審者を警察に通報するとか、監視するといってますが、国語辞典にこういうことを、魔女狩りとのってまーす。
きれいごとを言ってますが、あったまがおかしい連中なので、気をつけてくださーい。

教師が女子児童の着替えや、身体検査をしている教室に入ってきたり、警官が白昼集団で未成年を強姦したり、コンビニの店員や、クロネコヤマトのドライバーが請求書の支払いや、配達伝票で女性の住所や電話番号を調べてストーカー、強姦をしたり、監視が必要なのはやつらでーす。

暴走族も、ヤクザも、政治家も、仲間でーす。
キチガイが自分たちのことを政治家とか、ヤクザとか、警察とか、役人といっているだけでーす。
根は一味でーす。
もともとただの土地を占領して何坪いくらで売ったり、税金をとったり、利子をとったり、こういうのをゴ ロ ツ キといいまーす。

このキチガイどもが、いったい何をしているかといったら、地上げ追い出し、アパート追い出し、リストラ追い出し、桶川ストーカー事件、毒ギョーザ事件、アグリフーズ農薬混入事件はみんなやつらの仕業でーす。
警察に家のまわりを調べられて、近隣住民をストーカーと入れ替えたり、会社や学校をアジトにしたり、家を建てて次々とストーカーを送り込まれ、騒音嫌がらせ。
自転車にいたずら。
電気、ガス、水道、電話料金の高額請求。
外に出れば奴ら総掛かりで追い回して、代る代る道を塞いで邪魔をする。
昼でも車のライトを照らして視覚妨害。
トラブルを仕掛けて事件作り。車で待ち伏せて出会い頭の事故。
自転車に乗って、集団ストーカーのことを拡めるビラ配りをしている被害者を蹴り倒して、顔面を何回も蹴って暴行。
無抵抗でもこっちが仕掛けたと言って逮捕されて精神病院に放り込まれ、退院してビラを配っているとまた大怪我するぞと脅迫。
スーパーの商品を人海戦術で薬物や異物を混入した飲料水や食品、頭や体が腫れものだらけになる薬品を混入したせっけんやシャンプーと入れ替えて販売。
給食や弁当に頭が痛くなる薬や下剤や、利尿剤や嘔吐剤を盛ったり、風上で砂や埃やスプレーや農薬を撒く。
風上でほうきをはいて砂や埃をまきあげてかけるなどでーす。

家に花火を撃ち込まれたり、物を投げつけられたりされても捕まえようとすると、相手は被害者で、あなたが暴行や傷害の容疑者にされて逮捕されるのでほっとかないといけませーん。
やつらはぜったいひとりでは行動しませーん。
必ずまわりに野次馬役や通報役がいて、パトカーがそのへんに隠れて事件が起きるのを待っていまーす。

みなさん、自分からぶつかって行って転んで公務執行妨害をでっちあげる警察を信じないでくださーい。
ゴロツキなんか信じたら駄目でーす。
取り調べは、警察、検察、裁判所のいうとおりの供述しかできませーん。
裁判は尋問が公開されるのが、警察、検察の尋問と違いますが、裁判をする前に弁護士が来て、なにを言えばどう答えるか聞くので、しゃべられると都合の悪いことは聞かないし、本当のことを言おうとすると退廷させられまーす。
たとえ本当のことが言えたとしても、裁判官に認めてもらえず、記録から削除されるので、いくら本当のことを行っても無駄でーす。

<この看板に「特別警戒中 チカンご用心 不審者を見たら110番」と書いてますが、インターネットで調べると、チカンや強姦被害者が警察に追い返されたという書き込みが多いでーす。
江南防犯連合会、江南警察署とけーてまーす。>

あなたは監視されていまーす。
床屋や喫茶店であなたの会話を聞いていまーす。
昔から床屋はスッパイといわれてまーす。
無職だったり、政治や宗教を批判すると、異端者として警察に通報され、ブラックリストにのせられまーす。
カルト宗教が支持母体なのは公明党だけじゃありません。自民党の支持母体の統一教会は人身売買組織でーす。
オウムはこいつらの下部組織だったと言われてまーす。

<集団ストーカーのことを広めるビラはいりませんかー?
集団ストーカーはキチガイの群れでーす。
皆様お気をつけてお過ごしください。>