会津風土記

最終更新:

aizufudoki

---,--- view
管理者のみ編集可

はじめに

新編会津風土記の気になった点をまとめるために作ってみました。
きっかけは「珍しい神社があるね!」と思った事なので、その辺のまとめから始めたいと思います。
できる事からやっていこうかと。

会津風土記について

wikipediaの記述によると会津風土記は『寛文6年(1666年)に完成』とあります。編者は友松氏興。新編会津風土記は再編集し『1803年(享和3年)から1809年(文化6年)にかけて編纂され、江戸幕府に上進された』とされています。編者は田中玄宰。全国の風土記の先駆けとなるものだったらしいですね。なお、明治26年(1893年)以降各出版社より活字版が出版されています。
現在、国立国会図書館と国立公文書館で風土記の内容をデジタル化したものを公開しています(万翠堂版は90-98巻が非公開ですが)。左側のリンクから見ることができるのでご覧になってみてください。本wikiでは雄山閣出版大日本地誌大系及び国立公文書館で公開している新編会津風土記の内容元に記事を作成しています。

新編会津風土記の巻数と内容

その他


参照

国立国会図書館デジタルコレクション
国立公文書館デジタルアーカイブ
大日本地誌大系
  1. 東照宮
  2. 安積郡福良組馬入新田村
  3. トップページ
  4. 耶麻郡吉田組極入村
  5. 歴代会津領主
  6. 蒲原郡上條組橡堀村
  7. 魚沼郡
  8. 耶麻郡川西組土田新田村
  9. 大沼郡冑組魚淵村
  10. 河沼郡野沢組
最近更新されたページ
記事メニュー
モバイル版はこちらから

メニュー

参考



更新履歴

取得中です。

人気ページ



管理人 がらすけ
Twitter @aizufudokiwiki

ルビの文字が大きく見える方、ブラウザの最小フォントサイズの設定を確認してみてください。

旧字はなるべく新字に置き換えたいのですが手古摺ってます。それでも読むのが楽になるように多めにルビを振っていますが、逆に読みにくいかもしれません。加減がわからない。マイペースでやっていきます。年内を目途にはしていますが、完成はいつになることやら。
2020年2月3日

ルール等を簡単にまとめ。



最近更新されたwiki