「World perversion theater words」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

World perversion theater words - (2007/04/25 (水) 09:37:25) のソース

*World perversion theater words 作詞/にゅる

A Fact that there is nothing. Present I have only it.
Do I who cling to uncertain existence have a meaning?
There is no preparedness to give all up. There is also no preparedness to accept all.
I should do what?

When forgetting was strength, someone taught.
To me, even the language was pressed heavily.
If night comes, a morning will come before long.
The world where even such an opaque occurrence does not carry out doubt, either.
If one desire is realized, I want you to kill world and me.

俺にも理由が在ると言うなら……そして次の言葉は無い

Is there my room etc. in the point of that light that disappeared?
My only words which are only jokes melted into the air. And I was not able to accept even it.

Reality disappeared at the night, and reality faded away in a fantasy
and tortured me in the future and denied the past me.

Be "broken"

*World perversion theater(日本語訳) 作詞/にゅる

何もないという事実。今の俺にはそれしかない。
不確かな存在に、縋る俺に意味はあるのか?
全部を投げ出す覚悟はない。全部を受け入れる覚悟もない。
俺はどうすればいい?

忘れることが強さだと、誰かが教えてくれた。
俺にはその言葉でさえ、重く圧し掛かった。

夜が来ればそのうち朝が来る。そんな不透明な出来事さえ、疑いもしない世界。
一つ願い叶うのなら、この世界と俺を一緒に殺してほしい。

If I have a reason……And the next words are not given.

見えなくなったあの光の先には、俺の居場所などあるだろうか?
戯言でしかない俺の唯一の言葉は空気中に溶けた。そして俺はそれさえも受け入れることができなかった。

現実は夜に消え、現実は幻想に消え、未来は俺を責め立て、過去は俺を否定した。

「壊れちまえ」