「Linuxでよく使うコマンド」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Linuxでよく使うコマンド」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *Linuxでよく使うコマンド
 
 #region(open,説明)
 Linuxでよく使うコマンドを書いています。必要最低限の説明しか載せていないので
-詳しく知りたい人はググってください。また、ここの説明は秋田大学のTurboLinuxの環境を想定して書いています。
+詳細は各自調べてください。
 説明が2行以上のときは+を押して読んでください。
 Linuxではコンソール上でコマンドを使っていろいろな操作を行います。
 コンソール上で
  コマンド名  [オプション]  [ファイル名・ディレクトリ名]
 と入力します。オプションは-o,-iなどたくさんありますが省略可能です。
 ファイル名・ディレクトリ名の指定が不要のコマンドもあります。
 またファイル名・ディレクトリ名を複数指定できるコマンドもあります。
 #endregion
 
  pwd
 カレントディレクトリの表示
 
  ls 
 ディレクトリの表示
 #region(close, 説明)
  ls  -aと入力すると普段は表示されないファイルもすべて表示されます。 
 #endregion
 
  date
 今日の日付・時間の表示
 
  cal
 カレンダーの表示
 
  cd
 ホームフォルダに移動
 
  cd  ディレクトリ名1
 ディレクトリ名1に移動
 
  cd  ../
 一つ上の階層に移動
 
  cat  ファイル名1
 ファイル名1の内容を表示
 #region(close, 説明)
  cat  a.txt
  と入力するとa.txtの内容がコンソール上に表示されます 
 #endregion
 
  cp  ファイル名1  ファイル名2
 ファイル名1をファイル名2にコピーする
 #region(close, 説明)
  ファイル名2が存在すると上書きされます。 
 #endregion
 
  cp  ファイル名1  ディレクトリ名1/ファイル名2
 ファイル名1をディレクトリ名1の中のファイル名2にコピーする
 
  cp  -r  ディレクトリ名1  ディレクトリ名2
 ディレクトリ名1に含まれるファイルすべてをディレクトリ名2にコピーする
 
  cp  ディレクトリ名1/ファイル名1  .
 ディレクトリ名1の中のファイル名1をカレントディレクトリにコピーする
 #region(close, 説明)
  3つめの引数の . がカレントディレクトリを表しています。 
 #endregion
 
  cp  ディレクトリ名1/*  .
 ディレクトリ名1の中のすべてのファイルをカレントディレクトリにコピーする
 #region(close, 説明)
  *はワイルドカードと言い、特殊な意味を持つ記号列です。
  2番目をディレクトリ名/*.txtとするとファイル名の末尾が.txtとなっている
  ファイル(テキストファイル)すべてをカレントディレクトリにコピーします。
 #endregion
 
  mv  ファイル名1  ファイル名2
 ファイル名1をファイル名2に名称変更
 
  mv  ファイル名1  ディレクトリ名1
 ファイル名1をディレクトリ名1に移動
 #region(close, 説明)
  mvコマンドはcpコマンドと使い方がほとんど一緒です。
  mvとcpの違いは、mvはファイルを移動した後、元あったファイルは消えるが
  cpはのこるため2つにファイルが増えます。
 #endregion
 
  rm  ファイル名1
 ファイル名1を削除する
 
  rm  ファイル名1  ファイル名2  ファイル名3
 ファイル名1~3を削除する
 #region(close, 説明)
  rmコマンドはファイル名を半角スペースで区切れば複数指定できます。
  また rm *.txt と入力すれば拡張子が.txtのものをすべて削除できます。 
  cp <- CoPy
  mv <- MoVe
  rm <- ReMove
 #endregion
 
  rmdir  ディレクトリ名1
 ディレクトリ名1を削除する(ディレクトリ名1が空でないと削除できない)
 
  rm  -r  ディレクトリ名1
 ディレクトリ名1を削除する
 
  xemacs  ファイル名1  &
 ファイル名1をxemacs(エディタ)で起動する
 #region(close, 説明)
  ファイル名1が存在しない場合には新規作成されます。
  コマンドの最後に &と追加することによりバッググラウンドでxemacsを動かすことができます。
  バッググラウンドで動かすとxemacsで編集しつつ、コンソールで並行して操作できます。
  xemacsの使い方はここでは説明しません。
 #endregion
 
  vi  ファイル名1
 ファイル名1をvi(エディタ)で起動する
 
  cc  ファイル名1.c
  g++  ファイル名1.cpp
 ファイル名1をコンパイルする
 #region(close, 説明)
  ccコマンドでC言語のソースファイルをコンパイルできます。
  g++コマンドでC++言語のソースファイルをコンパイルできます。
  ソースファイルに間違いがあるとコンパイルエラーが出ます。
  コンパイルに成功するとa.outというファイル名のオブジェクトファイルが生成されます。
 #endregion
 
  cc  -o  ファイル名.exe  ファイル名.c
  g++  -o  ファイル名.exe  ファイル名.cpp
 #region(close, 説明)
  -o オプションを付けることで生成されるファイルの名前を指定できます。
  ファイルの名前は何でもいいのですが、
  実行可能ファイルなので拡張子は.exeにした方がいいでしょう。
 #endregion
 
  ./実行したいファイル名
 コンパイルしてできたファイルを実行するにはファイル名の前に./とつける必要があります。
 
  man  コマンド名
 コマンド名のマニュアルを表示する
 
 
 
 
 
 
 
 ...