柳刃

概要

幾世代を含めてもどの世界にも存在し得なかったほどのイレギュラー。
世界機構をまるごと書き換えようとしている。ていうか世界代謝をまるごとシステム化して誰も犠牲にならないように作り変えようとしているのがこの人。
そのため、世界代謝システムを乗っ取って好き放題しようとしている敵組織からはちゃめちゃに狙われている。
人を人として扱おうとしないサイコパス。でも皆に優しいし皆に平等だし皆殺そうと思えばすぐに殺そうとする。
梧桐のことだけは一生おれだけのモルモットだからなって顔している。

せいかく

わるい。なんで味方サイドにこいつがいるのか。敵では?
傲慢で軽薄。他人に優しくする時は基本的に自分に益がある時だけ。優しくしておかないと後味が悪いとか可愛そうとかは微塵も思わない。
ただ梧桐に対する執着心はアホほど高い。

ちから

世界の機構を定命ながら見切ってしまうほどのカンの良さと観察力の高さと異能適正の高さを持つ。
実は半神なのでは?という疑惑もあったけど只々素質が高すぎるただの一般動物。
―だったと思いきや実は体が細胞質ナノマシンで構築されていて本体はサーバー上にアップロードされた情報意識体。
齢25で肉体を捨ており、過剰気味な能力の高さは自力で神坐にたどり着きうる肉体を得てしまった“あまりにも高すぎる知能”の産物。このままではメタまで侵食しかねないと思ったギムノスが監視と牽制も兼ねて真実を伝えている。

行動原理

梧桐と柳刃が世界代謝に選ばれそうということが判明したのと、世界代謝システムが誰かを犠牲にするというところが非常に気に入らなかったので全部作り変えてついでに全員救ってやろうというところ。優しいのではなく自分が居る世界のシステムが汚いのが許せないだけ。
あとは梧桐が犠牲になるのはなんか横取りされた気がして非常に気に食わないとのこと。