藤巻語録

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一話
「そーだなぁ、じゃ、これはどうだ?『死ぬのはお前だ戦線』」
「いやぁ、もちろん相手はあの女だ」
「うっ、やべぇ、確かに俺が殺されそうだわ」
「玉砕戦隊」
「ほぉう、ゆりっぺに歯向かうたぁ、いい度胸じゃねーか」
「んだとっ」
「へっ、魂が人間だけに宿るもんだと思ってたのかよ、てめぇ」
「ほぅら、とっととここから出て行けよ。
天使の言いなりになって、無事成仏するんだろ。
フジツボになって人間に食われでもするんだな、幸せな来世じゃねぇか」
「フジツボ戦線」
「いい蹴りだったぜ」
「自分の仕掛けた罠にはまってやがる」
「藤巻だ坊主」
「一番弱ええ所、狙われたんじゃねぇか?」
「くそーっ」

第二話
「おい、誰かいるぜ!」
「トラップが解除されてねぇのか!」
「まさか俺達を全滅させる気かよ」
「トラップが解除されてねぇ中をかよ」
「うわっと」
「もち無理だぜ」
「よけろっ」
「第二射来るぞ」
「第三射来るぞ」
「Xだ」
「開いたぞ、急げ!」
「少しはダイエットしろってもんだ」
「じゃあな」
「へっ、よくもまぁ、新入りのてめぇが生き残ってるもんだな」
「次はてめぇの番だぜ」

第三話
「そんな青瓢箪が使い物になんのかよ」
「みろ、かっこいいハンドルが台無しだ。流石ゆりっぺだぜ」
「なんでだよ、みずくせーぜ、ゆりっぺ」

第四話
「ねーな」
「単にミーハーなだけだぜ」
「流石だぜTK!死ぬまで何やってたか謎だらけだぜぇーっ!」
「くっそぉーっ!!」

第五話
「何か思いついたみてーだなゆりっぺ 聞かせてもらうぜぇ」
「じゃあメンバー全員で固めちまったらいいんじぇねえかぁ」
「ゆりっぺ…」
「はぁーーーーーーーッ!!?」
「バカ言ってんじゃねぇぜ!!!これまで一体どれだけの仲間がヤツの餌食に…
いや…餌食っつーか…みんなピンピンしてっけど…どれだけ痛めつけられて来たか!!!」

第六話
「かぁーっやっと解放されたぁーあんなかってー床で寝かされて首痛ってぇー」
「通れば…追いリー!」
「なんだよくっそーひさ子の一人浮きじゃねぇか…」
「あー…すんませーん」
「んぁっ!?」
「やっべずらかるぜ!!」

第七話
「どうする、トルネードいっとくか?」
「神じゃねぇっつってんだろ!」
「だ、大丈夫かよ…」
「はぁ?」
「俺達ごとかよ!」
「なあ、これあったら暫くトルネードしなくていいんじゃねぇ?」
「んじゃあ、一体なんになるってんだよ」
「なんでぇそりゃ」
「どーせどっかで高みの見物だろ?こんな奉仕活動みてぇなことに参加するたまかよ」
「つかてめぇも手伝え!」

第八話
「いいからやるぞ!」
「しっかし、そっくりそのままじゃないって感じだったぜ」
「おいおい、ちょっと待てよ!」
「あれが消えねぇって、あんなのが居続ける世界になるのかよ」
「授業を受けるフリでさえやっとだったのによぉ…」
「前回はほぼ壊滅状態だぜ…」
「真っ先に死んでたろお前…」
「くそぉっ!」
「どうでもいいが、また真っ先にやられたなあいつ」
「武器の補充も出来やしねぇんだぞ…やられるのを待つだけじゃねぇか」
「大人しく消えろってことかよ」
「三体目かよ…」
「堪えろよ、松下五段!」
「へっ…へへっ、ビビってられるかってんだ」
「うぉらあああ!!」

第九話
「椎名が喋った!」
「で?どっちの天使なんだ?」
「数でいけば100対1ぐらいだぜ 」
「はぁ、くっそ…」

第十話
「おっ、片腹痛しなんてよく読めたな、あほが治ったか」
「いろんなものが混ざっちまったから、こんなあほな挑戦状も書きかねねぇか」
「成る程言えてるぜ」
「誰かいるぞ」
「なめんじゃねーぞ、コラぁ!」
「なにやってんだ野田ぁ」
「どうわぁ!」
「審判!レッドカードだろ、今のっ!」
「何処の誰のつもりだよ?」
「頼むTK、音無ー!」
「よっしゃぁ!」
「てめぇ、どっちの味方だよっ!?」
「日向ぁぁぁぁっ!」
「ユイ一人にだぞ」
「絶対、内緒にしておこうな」

第十一話

第十二話
最終更新:2010年07月02日 02:54