中国ドラマ 「独孤天下」第1話 あらすじ

「独孤天下」は北周末年、重臣 独孤信の3人の娘、般若(アン・アン)、伽羅(フー・ビンチン)、曼陀3姉妹は、「独孤一族が天下を取る」という予言を受け、その後、それぞれ北周の皇后(般若)、隋の初代皇后(伽羅)、唐国公の妻、唐の初代皇帝の母親(曼陀)となる物語.独孤天下 DVD


第1話 あらすじ

【南北朝】乱世、風雲奇怪【北魏】永煕三年、恃権犯上権臣の高歓を頼みとして【北魏】孝武帝元修を討伐に向かった。元修は高歓に抵抗できないで、【洛陽】近郊で抑えられた。慌てふためく中、元修は五千兵馬を率いる事しかできなくて、その夜逃走して関中大将軍の宇文泰を頼るつもりだった。しかし、逃亡する途中、元修は敵兵に追いつかれて、生死危機一髪の時、独孤如愿大将軍と楊忠安西将軍が駆けつけて、元修一命を救った。

何人は残兵敗将を連れて一路逃亡した。一処の『破庙(荒寺_)』に着いた。壁上に難解字符に“占卜問签”を見つけた。元修は好奇心が起きて、半信半疑に一卦算了して、結果は一句可怖い予言を得た。“帝星未明 然 独孤天下”。怖い予言であったが、元修は忠臣を信じて、元修は独孤如愿のために新名前、独孤信を与えた。もう一つ、宇文泰関中大将軍は聖人を迎えて、孝武帝元理は【関中長安】遷都したが、元理の権利は宇文一族に死把された。麗王別姫 DVD


557年:宇文覚(542-557)の父親、宇文泰の長兄、宇文顥の子で、宇文覚の従兄、宇文護(※513-572) の助けを借りて王を称して、国号【北周】とした。しかし、独孤信は依然として柱国大将軍であった。この日、独孤信は【北疆】に帰ってから家族と兵士達を連れて【京城】を訪れて、【北周】宇文覚皇帝、元氏皇后から、盛情なもてなしを受けた。年下のオトコ DVD


宇文覚は宇文泰の三男で、此の時、宇文覚に同行したのは宇文泰の長男、宇文毓(534-560.5.30 23歳)、宇文泰の四男、宇文邕(543.12.24-578.4.27 11歳)、及び従兄の宇文護(45歳)であった。宇文覚は剛毅果敢であった。宇文護は野心満々で多くの人の目が光る中、大胆に箭を宇文覚に面するなど悪戯をした。宇文護太師が宇文覚に箭を向けた時、独孤信と娘の独孤伽羅が遮った。宇文覚は宇文護の想いを察することを出来なかったが、単力勢力が薄く他の方法がなかった為に防御することはできなかった。

独孤信は娘が多かったが、その中の最も有名なのは三人の娘で、大娘、般若は美しく上品。曼陀は勝ち気で自尊心が高かった。小娘の伽羅は風変わり。三人の娘はたぐい稀な美しさで人目を引いた。しかし、曼陀の身分は少し特殊であって、三人の娘の生母は違った。曼陀は庶出であったが、他から軽視されたくなかった。