「LIVE A LIVE」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

LIVE A LIVE」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &font(#6495ED){登録日}:2010/12/15(水) 16:59:50
 &font(#6495ED){更新日}:&update(format=Y/m/d D H:i:s) &new3(time=24,show=NEW!,color=red)
 &font(#6495ED){所要時間}:約 5 分で読めます
 
 ----
 &link_anchor(メニュー){▽}タグ一覧
 &tags()
 ----
 
  
 
 #center(){{{
 SQUARE SOFT
 
 
 \フェアーソーフ!/
 }}}
 
 
 いや、ヤツのこと、すでに来ておることと…
 (シューン スタッ!)
 
 
 #center(){&bold(){&sizex(5){L}}}
 
 
 アニー「あのパイクが、まるで子どもあつかいだわ!
 ビリー「このおじちゃんならきっと…
 
 
 #center(){&bold(){&sizex(5){I}}}
 
 
 (無音で寝床に)
 
 
 #center(){&bold(){&sizex(5){V}}}
 
 
 伍長「私に近よるな!
 (バチーン!)
 カトゥー「何するんです!
 
 
 #center(){&bold(){&sizex(5){E}}}
 
 
 (ズガン!ズガン! ボズッ!)
 
 
 #center(){&bold(){&sizex(5){&color(red){A}}}}
 
 
 まだ わからんか…
 (スバッ!)
 心じゃよッ!
 
 #center(){&bold(){&sizex(5){LIVE}}}
 
 
 藤兵衛「思った通りじゃ!
 この古代ロボットブリキ大王は、念力で動かされていたんじゃ!
 
 
 
 #center(){{{
 &sizex(3){welcome to}
 &bold(){&sizex(5){LIVE&color(red){A}LIVE}}
 }}}
 
 
  
 94年にスクウェアから[[スーパーファミコン]]で発売されたRPG。
 7つの自由に選択できるシナリオ+αで構成されたオムニバス形式で、各編によりエンカウント方式などのシステムが異なる。
 バトルシステムは共通していて、7×7のフィールド上を自由に動き回り、範囲内に入った敵に攻撃をする「チェッカーバトルシステム」が採用されている。
 一作でさまざまな作風に加え、さまざまな光と闇を体感することが出来るよくばりな作風のゲームなので、熱のこもったファンも数多い。
 
 
 【各シナリオ】
 当時小学館で連載を持っていた人気漫画家七人が各編のキャラクターデザインを行っている。
 そのためキャラの版権が一部小学館にある。作風を意識したお話構成もある。
 
 ◆[[西部編>西部編(LIVE A LIVE)]]『放浪』石渡治
 かつてはゴールドラッシュで栄えたという町サクセズタウンに、賞金首である主人公サンダウン・キッドが訪れる。
 たまたま訪れたその町ではならず者の集団クレイジー・バンチが幅をきかせていた。
 サンダウンと、彼を追い続ける賞金稼ぎマッド・ドッグは偶然入ったバーでギャングに絡まれるが、あっさりと返り討ちにする。
 その腕を見込まれ、ふたりは町の人々からクレイジー・バンチ討伐を依頼される。
 
 制限時間までに町の住人達と共に罠を張り、総勢15人のギャングを撃退して町を守るのが目的。その特性上、パズルゲーム的な側面が強め。
  
 ◆[[近未来編>近未来編(LIVE A LIVE)]]『流動』島本和彦
 孤児院「ちびっこハウス」に住む超能力をもつ少年アキラは、人の本音を見すぎ喧嘩に明け暮れる日々を送っていた。
 街では突然人が行方不明になる事件が多発しており、事件の裏では暴走族クルセイダーズと陸軍がつながっていた。
 その巨大な軍事力に立ち向かうためアキラたちは巨大ロボット[[ブリキ大王]]を動かそうと画策する。
 
 基本的にはオーソドックスなRPGスタイルのシナリオ。普通に話しかけるのとは別に、Yボタンでテレパシーを使用して人の心を覗くことができ、これを活用したストーリー進行・演出が多々見られる点が特徴である。
 
 ◆[[現代編>現代編(LIVE A LIVE)]]『最強』皆川亮二
 高原日勝はあらゆる格闘技の要素を取り入れようとすることで最強を目指す、気鋭の格闘家。
 しかし同じ最強を目指す格闘家同士、簡単に他人に技を継がせるようなことはない。
 そこで高原は、実戦の中で直接相手の技を受け、そこから技を学び取ろうとする。
 
 この編はSF編とは対照的に戦闘のみで構成されている。6人の対戦相手から任意に敵を選択し、1対1のバトルで相手の技をラーニングしながら倒していくという形式。
 とはいえ戦闘に勝利すればストーリーは進むため、技は全部覚えなくてもよい。あるキャラの技だけあればラスボスまで倒せるため通称「通打ゲー」「君にあびせげるRPG」なんて言われたりもする。
 技を全部習得しようとすれば、難易度はそれなりに上がる。
  
 ◆[[SF編>SF編(LIVE A LIVE)]]『機心』田村由美
 宇宙空間を地球に向けて航行する輸送船コギトエルゴスム号の中で、1台の作業用ロボットが造られた。
 丸いのにキューブと名付けられたそのロボットは乗組員達との交流を通して船内の様々な出来事を学習していく。
 しかし、地球への帰路は前途多難などというのも生ぬるいほどの展開に…二つの機心が船内を駆け巡るSFホラー・アドベンチャー。
 
 ミニゲーム要素を除けば戦闘がボス戦以外存在しないという、現代編とは対照的なお話。
 数々のトラウマ要素を乗り越えれば、ヒロインであるツンデレ伍長のデレが味わえる。
 
 ◆[[功夫編>功夫編(LIVE A LIVE)]]『伝承』藤原芳秀
 中国大志山に伝わる功夫の流派・心山拳師範の老師は自らの衰えと寿命を悟り、継承者を捜すため山を下りる。
 老師は三人の有望な若者、レイ・クウゴ、サモ・ハッカ、ユン・ジョウの三人を見出し、彼らを弟子として育てる。
 
 老師自身はレベルアップはせず、三人の弟子に稽古をつけて成長させるシステム。
 三人の内修行の回数が一番多かった一人が継承者となる。
 厳密な正解というものが存在しないこの要素を、貴方はどう選択するか? 醍醐味であり悩みどころでもある。
  
 ◆[[原始編>原始編(LIVE A LIVE)]]『接触』小林よしのり
 原始時代。人々は洞窟に集落を作り、たくましく生きていた。
 狩猟を許される年齢になった少年ポゴが初めて狩りを行った日の晩、少し離れた所に住むクー族の生贄の少女べるが逃げ込んでくる。
 ポゴは異部族のべるに対し掟破りの恋をしてしまい、彼女を守ることを決意する。
 
 このシナリオでは言葉がまだ存在しないため、台詞ではなくキャラクターの仕草や絵文字のふきだしによってストーリーが進行していく。
 特色は不可視シンボルエンカウントで、Yボタンで周囲の臭いを嗅いで敵を探し当てる。
  
 ◆[[幕末編>幕末編(LIVE A LIVE)]]『密命』[[青山剛昌]]
 炎魔忍軍は、大名・尾手院王の居城の動きを探っていた。
 そこへ尾手忍軍が維新の要人を誘拐したとの一報をうけ、炎魔忍軍頭目のハヤテは若き忍者おぼろ丸を救出に向かわせる。
 
 ストーリーそのものは要人救出+城主の打倒というだけのものだが、多くのやり込み要素や選択が含まれている。
 城内には総勢100名の人間がおり、斬った人間の数や、見逃したキャラでイベントの結果が左右され、アイテムの入手や技の習得に影響が出る。
 陰に隠れてやり過ごすか、姿を現して邪魔者を切り捨てるか、あらゆる場面において自由に選択することができ、果ては任務を放棄するという結末も存在する。
 100人斬りを目指す場合、シビアな操作タイミングを要求されるアクションゲームのような面も。
 
 ◆[[中世編>中世編(LIVE A LIVE)]]『魔王』
 魔王とそれを倒した勇者の伝説が残るルクレチア王国。
 主人公の剣士[[オルステッド>オルステッド(LIVE A LIVE)]]は御前試合で優勝し王女[[アリシア>アリシア(LIVE A LIVE)]]に求婚する権利を得る。
 アリシアと共に愛を誓うものの、その夜アリシアは蘇った魔王に連れ去られてしまう。
 オルステッドは、ライバルであり親友でもある魔法使い[[ストレイボウ>ストレイボウ(LIVE A LIVE)]]や、今は老いた伝説の勇者ハッシュ、僧侶ウラヌスと共に魔王山へと向かう。
 
 他の7編をクリアした後で全貌をあらわすこのシナリオ、特徴的なシステムもなく世界観もRPGのテンプレ通りと、一番スタンダードなものに見えるが…
  
 ◆[[最終編>最終編(LIVE A LIVE)]]
 8人の主人公が一同に会する。[[魔王>魔王オディオ(LIVE A LIVE)]]によって異世界へと集められた主人公たちが、元の世界へ帰るべく奔走する。
 
 
  
 同時期に[[FFⅥ>FINAL FANTASY Ⅵ]]が発売され、グラフィックなどが見劣りし、さらに各シナリオに鬱要素が見られ地味な印象を受けるが、作りは丁寧なため隠れた名作的な扱いをされがち。
 ただしネットなどでは&font(#ff0000){スクウェア三大悪女}の一角が登場するゲームとか、他にいろいろと語り草となっているため、全然隠れてない気がする。
 
 BGMは下村陽子嬢。
 世界観の全く異なる各シナリオに合わせたBGMは評価が高い。
 特に現代編はまんま[[ストリートファイターⅡ]]。作曲者が同じためほぼセルフパロディである。
 ちなみに下村さんは当時カプコンからスクウェアに移籍してきたばかりで、念願のRPG担当だったらしい。
 
 長らくリメイクや配信がされていなかったが、ファンや関係者の声が届いたのか現在では[[Wii U]]や[[Newニンテンドー3DS]]のバーチャルコンソールにて配信中。
 前者の公式プレイ動画は一見の視聴有り。
  
 
 
 追記・修正は全編でワタナベを見つけた人間だけが行ってください。
 
 #include(テンプレ2)
 #right(){この項目が面白かったなら……\ポチッと/
-#vote3(time=600,14)
+#vote3(time=600,15)
 }
 #include(テンプレ3)
  
 #openclose(show=▷ コメント欄){
 #areaedit()
 - 各編のラスボス前の会話からのMEGALOMANIAの流れが熱すぎる。  -- 名無しさん  (2013-07-23 14:27:27)
 - やっぱゲームは勧善懲悪なほうがうれるんだろね  -- 名無しさん  (2014-01-21 23:22:32)
 - 当時にしては珍しい例のアレで小中学生はどれだけトラウマになったのだろう…  -- 名無しさん  (2014-02-25 18:47:29)
 - 現代編のワタナベだけは無理だった…。功夫編も(心情的な)難易度高めだけど。  -- 名無しさん  (2014-03-08 20:20:54)
 - このタイトル、逆さまにすると「EVIL A EVIL」(不幸な悪)になるんだよな。まさに中世編の事だよな  -- 名無しさん  (2014-03-08 20:31:12)
 - \フェアーソーフ!/が脳内再生余裕  -- 名無しさん  (2014-03-08 20:59:37)
 - バーチャルコンソールで配信しないかな。  -- 名無しさん  (2014-06-17 01:56:00)
 - ツイッターでなにやら時田貴司さんがライブアライブについて呼びかけてるが……VC来るか?  -- 名無しさん  (2014-08-01 23:08:44)
 - ↑なん…だと…。Twitter垢もってないわ\(^o^)/  -- 名無しさん  (2014-08-01 23:15:52)
 - 正直、このまま良い思い出のまま眠らせた方がいい。世間で言われてるほど良いゲームでもないよ、これ。  -- 名無しさん  (2014-08-01 23:31:37)
 - ↑信者だけど同感。でも何だかんだ大好きだから大きく扱われると嬉しい。…人にはあんまプレイを薦めないけどね。  -- 名無しさん  (2014-08-02 00:05:23)
 - もしリメイクとか来たら 規制とか入りそうでいやだなあとくに近未来  -- 名無しさん  (2015-02-26 08:01:17)
 - もしリメイクされたらキャライラストは全てガンガン系作家に差し替えだろうな  -- 名無しさん  (2015-04-22 07:24:50)
 - 確かスマホ移植が決定してたっけ  -- 名無しさん  (2015-04-22 07:32:21)
 - 今リメイクしたら女性キャラが増えそうなヨカン  -- 名無しさん  (2015-06-09 12:31:36)
 - WiiUのVCで移植決定!  -- 名無しさん  (2015-06-17 21:08:53)
 - 案の定「ラブライブ?」とか言われてたよ。  -- 名無しさん  (2015-06-17 21:57:49)
 - 好きなゲームを尋ねられて、このソフトの名前を答えたら、「あいつラブライブが好きなんだって」「うわー」とヒソヒソされたっけ。いくら「ライブアライブだって!」と言っても「だからラブライブの事でしょ?」「お前発音悪いなー」って言われるだけだった。  -- 名無しさん  (2015-06-17 22:14:26)
 - 昔、このゲームをプレイした同級生が「要するに女を寝取られた負け犬が八つ当たりしてるだけじゃん、みっともない。敗北者に発言権なんて無いんだよ、言いたい事があるなら勝者になってから言え♪」なんて嘲笑っていたっけ…そんな彼も今や公務員で美人のかみさん持ち。今年小学校に入学した子供にも同じことを言って聞かせているそうな。  -- 名無しさん  (2015-06-17 22:53:55)
 - このゲームのファンから蛇蝎のように嫌われているケロリーヌの発言だけど、読み直してみると一理あったりするんだよねー。  -- 名無しさん  (2015-06-17 23:29:46)
 - 権利関係で揉めてたらしいけど、誰か反対してる漫画家でもいたんだろうか?島本は喜んでたし、よしりんはこのゲーム自体忘れてたから、この2人は違うだろうけど。  -- 名無しさん  (2015-06-21 20:53:21)
 - ↑漫画家じゃなくて小学館と揉めたんじゃない?  -- 名無しさん  (2015-06-21 20:58:12)
 - なんせ露骨に売れなかったしなあ。  -- 名無しさん  (2015-06-21 21:16:28)
 - 発売当時はファミ通の入れ込みっぷりが凄かったので特集記事やSSも掲載されてたなぁ。電撃オンラインのコラムも読んでたら目頭が熱くなってきた  -- 名無しさん  (2015-06-21 22:15:14)
 - 知り合いにこのソフトを貸したら、「面白かったよ。最後はオルステッドぶっ殺してスカッとした」と返してきた。俺は「殺さないで帰ろうとするのが真のエンドなんだぞ、見なかったの?」と言ったが、「え?国を皆殺しにするような奴、殺されて当然じゃん。殺さないエンドなんてありえないでしょ?」と爽やかな顔で言っていた。…因みに彼は射撃の国体選手で、現在はそのコーチをやっている。正直怖くなった。  -- 名無しさん  (2015-06-28 10:10:36)
 - やっぱエリートって精神クズいな  -- 名無しさん  (2015-06-29 21:33:06)
 - ↑6 むしろオルスは勝者なんだけどね。ストレイボウの行動こそ負け犬の逆恨み。  -- 名無しさん  (2015-07-04 18:08:41)
 - ↑9や↑3見ると、世の中の勝者になるためには人の心を全く慮れない残忍な人間にならなければならないのかと、鬱になる・・・  -- 名無しさん  (2015-07-22 15:55:26)
 - 社会に出たことなさそうなピュアな人多すぎやろ・・・  -- 名無しさん  (2015-07-22 16:25:17)
 - VC来てるな  -- 名無しさん  (2015-07-22 16:30:14)
 - 20年以上経ってるのに未だに現役第一線走ってる漫画家ばかりかよ  -- 名無しさん  (2015-09-25 01:56:15)
 - 本当の強者はアキラやサモのように自戒し、自分がされて嫌なことを他者にしないようにすることができる人だと思う。真の敗北者は「敗北者に発言権はない」というような人。そういう人よりもサモやアキラの方が立派で真のエリート  -- 名無しさん  (2015-12-12 23:01:14)
 - オルステッドを単なる女寝取られた負け犬としか見れない人は自分が同じ境遇になったとしてもそう言えるんでしょ(棒読み)  -- 名無しさん  (2016-01-24 10:44:01)
 - パケ絵、ポゴの存在感が凄すぎて幕末編青山さんが描いているのには気づかなかった。  -- 名無しさん  (2016-01-27 21:16:02)
 - ↑3:最終編のオルステッドシナリオにて「勝った者が」  -- 名無しさん  (2016-01-28 00:15:57)
 - ↑4::投稿失敗…最終編のオルステッドが「勝った者が正義」という価値観になっていたのはかつてストレイボウ(と話を聴いてストックホルムのような状態になっていたアリシア)による敗北者の恨みつらみを叩きつけられたトラウマを吹っ切ろうとしているかのようだ。最終編のオルスデッドは人間の憎しみ以上にストレイボウや敗北したオディオ達等の敗北者達のルサンチマンに囚われてしまったんだろう。オルスデッドが魔王になったのも世界や人の悪意やルサンチマンに対する耐性が弱かったからかも知れない。  -- 名無しさん  (2016-01-28 00:35:48)
 - ↑19 マジかよラブライブ最低だな。……ってのは冗談として、そういうのは大抵単なる仲間内での弄りネタなので気にせん方がいい。個別に聞いてみればわかるだろうが、多分本気でそう思ってる奴はいないと思うぞ。  -- 名無しさん  (2016-03-11 20:45:21)
 - ↑いや、本気でそう思われてた。当時ラブライブの悪いファンが問題起こしてるのがネットニュースになってた時期だったもんで、俺も危ない奴と決め付けられた。いくら「ライブアライブ」と言っても、このゲームの事自体誰も知らなかった。  -- 名無しさん  (2016-04-07 21:37:53)
 - 俺もまったく同じ経験をしたけど、すぐにスマホでこのゲームの画像を見せたから誤解がとけてよかった。他にも好きな曲聴かれてthe pillowsの「LITTLE BUSTERS」と答えたらゲームの「リトルバスターズ!」と間違えられた事も…  -- 名無しさん  (2016-04-07 22:39:52)
 - 独立した作品のクロスオーバーってイメージなんかな  -- 名無しさん  (2016-04-10 05:01:40)
 - 今リメイクしたら、最終決戦は7人の主人公が集わないと決戦地に突入出来ないとかになりそう やっぱアキラからスタートかな 主人公間やアキラたちとオルステッドの掛け合いとか増えそう  -- 名無しさん  (2016-04-12 17:42:51)
 - このゲームをプレイして「どの編も映画のパロネタの寄せ集めじゃん。あのシーンは○○のパクリ、あの辺は××のパクリ。パクリシーンを組み合わせるだけで飯を食えるんなら、物書きって楽な商売だ。俺でもできる。俺も目指してみっかな~」なんて、舐め腐った発言してた自称映画マニアの知り合いがいたっけな…そんな彼は今や人気のラノベ作家になって大儲けしてる。まさか実現するとは…。  -- 名無しさん  (2016-08-06 23:19:43)
 - ↑あらゆる著作物には、執筆者の意図の有無にかかわらず必ず何らかの参考文献が無数にある。彼の言っていたことはまったくもって正しい。  -- 名無しさん  (2016-08-06 23:22:38)
 - ↑2それと同じようなことを手塚治虫先生も言ってたしね。↑の言うとおりその考えは割りと正しい。ただ、うまく調理できないと粗悪なパクり作品になってしまうから組み合わせてアレンジする能力は必要だろうけど。  -- 名無しさん  (2016-08-10 22:43:26)
 - 発売当時はただ、チェッカーバトルシステムとかの目新しさに惹かれて手に取ったシロモノだった。そして20年以上たった今でも、触れなおすたびにいろいろなものを楽しめる「怪作」にして、個人的に「傑作」。一度最終編まで遊んだあと、各編における正の面探しに一生懸命になれちゃうもんなんです。  -- 名無しさん  (2016-11-16 23:30:30)
 - New3DSで遊べるようになったのは嬉しいな  -- 名無しさん  (2016-11-30 04:39:51)
 - ↑28「敗北者に発言権なんて無いんだよ、言いたい事があるなら勝者になってから言え」 これってむしろストレイボウに対して言うべきセリフだろ。  -- 名無しさん  (2017-01-17 23:14:28)
 - 結局自分さえ良ければ他人はどうでもいいという考えの持ち主だったのじゃないのオルスは。  -- 名無しさん  (2017-06-08 19:24:40)
 - ↑ そんな奴に誰も信じられない状態のハッシュやウラヌスが心動かされるかね  -- 名無しさん  (2017-10-05 15:25:39)
 - VCやったけどめっちゃ面白かったわ。昔のゲームと思えないほど夢中でやっちまった  -- 名無しさん  (2018-05-09 20:04:58)
 - 小学館関連作品だけどコロコロ派よりボンボン派に受けがよさそうなゲーム(大偏見)  -- 名無しさん  (2018-09-17 16:12:46)
 - このゲーム関連の項目で今勝ち組の友達は昔このキャラやシナリオの事を冷めた評価してたとかいうコメントが何かと目に付く。  -- 名無しさん  (2019-02-27 21:43:51)
 - どう見ても同一人物  -- 名無しさん  (2019-08-23 06:34:28)
 - ↑ソースは?当然あるんだよね?  -- 名無しさん  (2019-08-23 20:35:01)
 - どの世界でも不憫なワタナベも結構鬱な気がす  -- 名無しさん  (2019-08-23 20:51:15)
 - ↑4  正直しつこ過ぎるよなぁ  -- 名無しさん  (2019-08-25 15:08:25)
 - 考察を見ようと思ったらたまげたなぁ、年代物の嘘松がいるじゃないか  -- 名無しさん  (2020-03-10 02:38:50)
 #comment
 #areaedit(end)
 }