「池田千歳」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

池田千歳」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &font(#6495ED){登録日}:2013/04/22 (水) 00:06:18
 &font(#6495ED){更新日}:&update(format=Y/m/d D H:i:s) &new3(time=24,show=NEW!,color=red)
 &font(#6495ED){所要時間}:約 6 分で読めます
 
 ----
 &link_anchor(メニュー){▽}タグ一覧
 &tags()
 ----
 
 #center(){&font(#FF00FF){「うちも綾乃ちゃんが友達で幸せやわ」}}
 
 
 ***概要
 池田千歳とは、[[ゆるゆり]]の登場人物。
 CV:[[豊崎愛生]]
 
 3月10日生まれの14歳。血液型はO型。
 七森中学校2年5組。
 
 身長は155cmと2年生組の中でも最短(その為か同級生の中で彼女だけが&font(#0000ff){スクール水着}である)。
 
 七森中生徒会役員の1人で、一人称は「ウチ」。 
 関西出身で関西訛りの言葉使いが特徴。漬け物を漬けるのが得意。 
 
 
 まず千歳について特筆すべきことは、彼女が「ゆるゆり」の数少ない&font(#ff00ff){百合要素}の一角を担う貴重な存在であることだろう。
 
 千歳は視力が著しく低い為にメガネを掛けているのだが、&font(#ffdc00){京}&font(#800080){綾}(後述)の百合妄想する際にはあえて外して視界をぼやけさせる事で妄想力を高めることが出来るのだ。 
 彼女が脳内で&font(#ff00ff){あらあらうふふ}な妄想をして鼻血が噴き出す様は、作者曰く&font(#ff0000){脳に疾患を患っていると疑ってもいいレベル}なんだとか…
 
 ちなみにこの(とてもレズレズな)妄想の内容は千歳本人も自覚していなかったらしく、赤座あかりに妄想の内容を聞かれて言葉に発しようとすると、
 あまりの恥ずかしさに顔を覆って赤面していた。千歳も思春期真っ只中の女の子なんです
 
 また、アルコールにとてつもなく弱く、酔うとキス魔になる。 
 (アニメで飲酒はマズかったのか、チョコを食べると暗示によって暴走する設定になっている) 
  
 実は、[[千鶴>池田千鶴]]と言う一卵性双生児の妹がいる。
 外見はそっくり(文字通り瓜二つ)だが、千歳の目は青色でタレ目、千鶴の目は緑色でツリ目、と言う風に異なる。
 性格は千鶴と対照的クールで無口。しかし姉にはデレッデレである。
 千鶴は千歳と同様にメガネを外して百合妄想をする癖の持ち主で、よだれを垂らすのが特徴。対象のカップリングは&font(#800080){綾}&font(#808080){ちと}。
 ちなみに、直接的(キスはハグなど)な描写の妄想が多い千歳に対し、千鶴の妄想はあまり直接的ではない。(仲の良い親友のような雰囲気)
 
 ***【性格】
 やんわりした口調で喋り、どんな相手にも優しく接する穏やかな人物である。
 あかり曰く「&font(#7B68EE){おばあちゃんみたいで可愛い人}」
 
 妄想ばかりが目立っているが、献身的に綾乃の恋を応援していたり、どんな人物にも優しく接しることができる女の子である。
 中学校に入学したての頃、クラスの隅っこで一人ぼっちだった綾乃に声を掛けてあげた人物でもあり、
 今でこそ「歳納京子ー!!」と叫んでいる綾乃だが、それはいつも側で支えてくれている千歳があってこそなのかもしれない。
 
 実は原作において「&font(#FF0000){一度も怒った描写が確認されていない}」珍しい人物でもある。
 興奮している顔はあるが、怒っている顔は一度もない
 
 ***【ちょっとしたネタバレ】
 &font(#FFFFFF){妄想して鼻血を噴出している変態なイメージの千歳だが、この妄想癖は何も昔からあったものではない。}
 &font(#FFFFFF){千歳が百合妄想するようになったのは、(1年生の頃に)「綾乃は京子のことが好きだ」と気付いた時からである。}
 
 &font(#FFFFFF){つまり、千歳が京綾で百合妄想するのは「綾乃が京子と結ばれて、綾乃がシアワセになって欲しい」という願いがあるからだ。}
 その為か、原作ではこの2人以外で妄想することは殆どない。(というか無い)
 実際アニメで目の前で[[櫻子>大室櫻子]]と[[向日葵>古谷向日葵]]が手をつないでも微笑む程度である。
 
 
 ***【カップリング】
 &font(#800080){綾}&font(#808080){ちと}
 綾乃と千歳のカップリング
 
 夫婦色の濃いゆるゆりのカップリングだが、綾ちとの場合は「夫婦」というより「親友」という雰囲気である。
 
 呼び方も特別で、千歳は、基本的に相手を「○○さん」と苗字で呼ぶが、綾乃だけは「綾乃ちゃん」と呼んでいる。
 綾乃も基本的に相手を「○○さん」苗字で呼ぶが、千歳にのみ「千歳」と呼び捨てにしている。(京子はデレているせいかフルネームで呼んでいる)
 
 2年組でお泊まり会をした時も、綾乃は一緒にお風呂に入る相手を京子ではなく千歳を選んでいた。
 その理由は「&font(#00FA9A){千歳が一緒にいて一番落ち着く存在}」と思っているからである。
 
 仲良く勉強するのはもちろん、2人で一緒に泊まったり修学旅行以外でも一緒にお風呂に入ったこともあるくらい親密な間柄である。
 
 
 妹の千鶴は綾乃と千歳で妄想をしているが、千鶴の妄想のみならず、千歳が綾乃に特別な感情を抱いてる節は本編でも時々見られる。
 千歳は綾乃の(京子への)恋を応援しているが、綾乃に自分自身の事を言われると、ハッと目を見開いた後、やんわりと照れる表情を見せるなど、
 「&font(#ff00ff){千歳自身が綾乃に恋愛感情を抱いているのでは?}」とも推測されている。
 
 もしも千歳が綾乃に対して恋心を抱いているとしたら、千歳は普段どんな気持ちで京子と綾乃のを仲を見ているのだろうか。
 
 千歳は綾乃が幸せになってくれることを心から望んでいるため、2人の仲を応援している。
 でもそれは同時に、綾乃のことが好きだからこそという自己犠牲の恋なのかもしれない。
 
 だばぁ
 
 
 &font(#808080){ちと}&font(#808080){ちづ}
 千歳と千鶴のカップリング
 
 千歳の優しい包容力と千鶴の全開のデレが合わさった姉妹カプである。
 
 千鶴はクールで無口でお堅いイメージがあるのだが、&font(#ff9966){お風呂に入ってきては千歳の背中を流し}、&font(#ff9966){千歳の布団に潜り込んできては一緒に寝るなど}、
 そのデレっぷりはたまらなく可愛い。
 さらに幼少の頃はは&font(#ff33ff){夜中一人でトイレに怖くて行けず、寝ている千歳を「トイレついてきて~・・・」「だって廊下暗いんやもん」と涙目で懇願しながら起こして、&br()トイレの扉の前で待っている千歳を扉越しに繰り返し呼んで確認する}など、その溺愛(執着)っぷりは一目瞭然である。
 
 また千鶴も、千歳と似たように「千歳と綾乃が結ばれて、姉さんがシアワセになって欲しい」と願っている。
 その為、綾ちとの障害となる京子を敵視している。(ファンブックのおまけ漫画でデレましたが)
 
 
 
 追記・修正もよろしく頼むで~
 
 #include(テンプレ2)
 #right(){この項目が面白かったなら……\ポチッと/
 #vote3(time=600,3)
 }
 #include(テンプレ3)
 
 #openclose(show=▷ コメント欄){
 #areaedit()
 - キーゼルバッハ部位損傷不可避  -- 名無しさん  (2014-03-11 15:30:26)
 - 綾乃ちゃんはこの子がいてくれるおかげで『としのーきょーこ』とかその他いろいろな事で助かっているのだなぁ  -- 名無しさん  (2014-04-23 21:32:00)
 - 千歳の一番の魅力はあののほほんとした雰囲気だと思うや味B疲れた時は千歳の笑顔に癒やされてる。  -- 名無しさん  (2014-06-14 22:16:55)
 - ??「うそやでー」  -- 名無しさん  (2020-01-21 20:12:02)
+- そういえば千歳は主要8キャラで唯一「ちゃん」付けで呼ばれてない ・1年生組→池田先輩 ・2年生組→千歳  あかり→ちなつ櫻子からちゃん付け 結衣京子→あかりからちゃん付け ちなつ→あかり櫻子からちゃん付け 綾乃→千歳からちゃん付け 櫻子向日葵→あかりちなつからちゃん付け  -- 名無しさん  (2020-03-08 18:17:46)
 #comment
 #areaedit(end)
 }