「一柳弓彦」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

一柳弓彦」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &font(#6495ED){登録日}:2011/10/24(月) 13:39:27
 &font(#6495ED){更新日}:&update(format=Y/m/d D H:i:s) &new3(time=24,show=NEW!,color=red)
 &font(#6495ED){所要時間}:約 5 分で読めます
 
 ----
 &link_anchor(メニュー){▽}タグ一覧
 &tags()
 ----
 
 [[逆転検事2]]の2話にて初登場する『イチリュウ』を名乗る新人検事。
 身長173cmで、アメもらって喜ぶ17歳。
 
 
 一番になる事に強いこだわりがあり、肩に羽織っている赤いジャケットは[[逆転裁判5]]に登場した「テミス法律学園」を主席で卒業した証。
 天才を自称しているが、その実態は推理なき推理を振りかざすトンデモ検事で、逆検シリーズ屈指のアホの子。目付きが悪いながらも、黙ってれば可愛い系イケメン。
 作中のアホっぷりは凄まじく、[[矢張>矢張政志]]や[[イトノコ刑事>糸鋸圭介]]にまでバカ扱いされていた。
 裁判官の[[水鏡秤]]と行動を共にしており、トンデモ推理を披露する度に彼女にフォローされている。
 
 折りたたみ式のタクト(指揮棒)を携帯しており、推理を披露する際にBGMに合わせて振っている。
 
 
 名(迷)言として、
 
 「オレがこのダメ検事をくるくる舞いにしてやるからさ!」
 「アソコでアイツのコンセキがみつかったんだ。どうだ? 一番シンプルで、一番決定的な……アレだろう?」
 「そ、それはだな! アレがコウしてアアなって……」
 
 等、枚挙に暇がない。
 プレイ前、プレイ後、クリア後と三段階に評価の変わるキャラ。
 専用BGMは非常にゆるい。
 プレイ初めは誰もが「……こいつこんなにアホなのにどうやって検事になったん?」と思うこと必至。
 その理由は後に明らかになる。
 
 
 以下ネタバレ注意。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 実の父親の[[一柳万才]](ド外道)を慕い、父親に認められたい一心で検事となった。
 
  
 しかし作中では父親の万才からも散々バカ扱いされており、
 検事になれたのも、今まで「天才」でいられたのも、万才の権力があったからという事が第4話で明かされる。
 
 その後は万才が犯罪者だった事、万才に役に立たないバカ呼ばわりなどの罵倒(風見ですら間接的にしか息子に対して酷いことを言っていない)をされたこと、そして自分が持っていたものが全て万才の権力によって、もたらされていたものだったという事実がショックで失踪。
 しかも、その後に万才の部下に人違いで誘拐されて自宅に監禁されてしまい、
 絶望して全てに目を逸らそうとするも、御剣と美雲によって救出。
 その際に御剣に道を示されて見事復活。
 この時のロジックチェスは必見。
 メッキを剥がしてしまえば、とても素直で純粋ないい子だということが分かる。
 ちなみにこのロジックチェスで初お披露目となる、ボロ泣きモーションの破壊力は凄まじい。
  
 ロジックチェスの後逃げ出したかと思われたがそうではなく、万才によって隠滅された証拠品をゴミ処理場で涙まみれになりながら探していた。
 法廷にて御剣のピンチに駆けつけ、自身が探し出した証拠品で万才に引導を渡した。
 この時彼のテーマ曲がこれまでのゆるゆるワルツから、タンゴに変わるのだがその曲が&font(#ff0000){やたら格好いい。}
 
 一度は父親に自分の手でトドメをさすなんて出来ないと躊躇うが、御剣に助けられて決意を固めている。
 最後の万才に引導を渡す際のセリフは涙腺崩壊必至。
 
 たった一話で急成長し、本気を出せば頭も回るようだ。彼もまた、もう一人の逆転検事なのである。ギャップが凄い。
 
 1日で
 ・ずっと認めて欲しかった父親に酷い言葉をたくさん浴びせられる
 ・父親が殺人犯
 ・今まで信じてきた首席合格、検事としてのプライドなどを奪われる
 ・誘拐され、監禁される
 ・信じていた親父に証拠品を捨てられる
 
 など普通の人間なら自殺ものの体験をしているのにも関わらず、1日で覚悟を決め、もう二度と家には帰れなくなるだろう(おそらく死刑)尊敬していた父親に引導を伝えた彼は凄すぎると言っていい。
 
 
 父親にバカバカ言われても、使えない駒扱いされても、最後まで父親を慕い続けた。どんなにクズの親父であっても罵倒されても感謝を伝えた優しい子。
 
 ちなみに母親は失踪中となっているが、万才によって消された可能性が高い。
  
 
 
 
 「そ、それはだな! 追記が修正してアアなって……」
 
 #include(テンプレ2)
 #right(){この項目が面白かったなら……\ポチッと/
-#vote3(time=600,23)
+#vote3(time=600,24)
 }
 #include(テンプレ3)
 
 #openclose(show=▷ コメント欄){
 #areaedit()
 - 7年後は無事にアウチ検事くらいの実力に成長して、1話で主人公に論破されてればいいと思いますw  -- 名無しさん  (2014-05-28 08:21:37)
 - これでもガリュウ検事の同期なんだって  -- 名無しさん  (2014-07-12 00:12:29)
 - 王泥喜と法廷で戦って欲しいな。  -- 名無しさん  (2014-08-07 17:20:26)
 - プレイ前→ああ、馬鹿検事キャラか。 プレイ中→うぜーよ何回目だ プレイ後→将来有望だな  -- 名無しさん  (2014-09-06 11:16:41)
 - そもそも「馬鹿」に育ってしまった原因は事実上父親(万才)の歪んだ教育である。  -- 名無しさん  (2014-09-06 21:14:11)
 - 5で登場したレイくんとはかなり仲良くなれそうだ。歳も同じくらいだよね?  -- 名無しさん  (2014-09-09 03:48:30)
 - 一流には程遠く、一人前ですらない、それでも一人の検事として法廷に立つ覚悟を決めたってのが熱くていい。  -- 名無しさん  (2014-10-07 12:43:33)
 - いつか静矢弁護士VS一柳検事の天才VS一流対決が見てみたい。  -- 名無しさん  (2014-10-27 00:51:44)
 - 個人的には王泥喜のライバル検事になって欲しいな… 何処か似ているもしくは対となる所があるしな…(慕っていた人物が犯罪者、その後世話になった弁護士と検事が凄い人、それぞれ赤と青の服を着ている等)  -- 名無しさん  (2014-12-13 21:59:30)
 - 6が  -- 名無しさん  (2014-12-13 22:44:58)
 - ⬆ごめんなさい、ミスです。6が出たら登場してほしいな。異議ありボイスが聞きたい。声優って居たっけ?  -- 名無しさん  (2014-12-13 22:47:48)
 - ↑確かいなかったはず。声当てるとしたら山口勝平さんが適役かもw  -- 名無しさん  (2015-02-04 12:50:09)
 - ↑あれ?でもPVの声サスケの中の人っぽかったけど  -- 名無しさん  (2015-02-04 12:56:21)
 - 最終話以外ほとんど無能  -- 名無しさん  (2015-02-05 19:22:25)
 - 「証拠品だって独りで見つけられるようになったんだ!」からかかる追求は屈指の燃えシーン  -- 名無しさん  (2015-03-05 14:15:57)
 - 170あるこいつとランドセルが似合うサイズのショタを取り違えるバンサイの部下はいくらなんでも無能だと思うの  -- 名無しさん  (2015-07-24 15:39:47)
 - 親父のきったない嘘泣きの涙と、嘘偽りの無い綺麗な涙が対象的だったな…。  -- 名無しさん  (2015-08-07 02:17:46)
 - 下手に賢くなってたら、二代目万才になっていたり、芽は摘もうと万才に消されたかもしれないからアホの子に育って逆に良かったかもしれない  -- 名無しさん  (2016-03-11 12:40:36)
 - ちなみに彼が身に付けている制服はテミス法律学園の弁護士クラスの制服。 検事なのに。  -- 名無しさん  (2016-05-16 22:09:36)
 - 万才が手をまわして主席に…みたいなほとんど裏口入学レベルの学生だったから学校側がそっちの服を与えてたとか  -- 名無しさん  (2016-05-30 05:27:18)
 - 「今までありがとう・・・・さようなら・・・・」  -- 名無しさん  (2016-06-02 22:39:49)
 - アニメ化されたら声優は宮田幸季さんのイメージかなー  -- 名無しさん  (2016-06-29 01:06:56)
 - ↑PVの杉山 紀彰ェ……。PV内では喋っていたのに記事に無いのはどういうことだ?  -- 名無しさん  (2016-06-29 01:55:49)
 - 本編で出てほしいキャラno.1  -- 名無しさん  (2017-02-05 10:44:52)
 #comment
 #areaedit(end)
 }